【神奈川】座間ひまわり祭り 2015 │ ファミリーからカップルまで無料で楽しめオススメスポット

スポンサードリンク



今日の使用機材

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7100

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

Canon デジタルカメラ PowerShot S200(ブラック)

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3 ボディ

8月のとある休日。

We are ZAMA!!
青空の下汗だくで会場に到着した僕らを出迎えてくれたのが園内スピーカーから流れる座間市のテーマ曲??

タクシー使えば早いけどせっかく景色のいい場所に来たから歩いてみましょう。他の記事で“座間米軍基地”へ来た記事を書いているのですが、米軍座間基地に行く場合も同じ“相武台前駅”を利用します。

夏はバーベキューや凧揚げ。ジムニーが土手の中を走って川に入っていたり。他の河川敷と違い自由な河川敷。その手前が座間ひまわり祭りの会場です。

今回のレンズはAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gと Canon PowerShot S200。 D7100には単焦点のみの装着で広角はコンデジで撮影してみようと思います。

 Canon デジタルカメラ PowerShot S200

コンデジ撮影は失敗がない。誰でも手軽にキレイな写真を撮影することが出来る。
だったら一眼レフなんていらないんじゃない?そうかもしれません。普通に見たものを撮影するだけならiPhoneでもコンデジでも撮影出来るでしょう。

一眼レフの魅力ってレンズを交換出来る事が一番の醍醐味。レンズを変える事にどんなメリットがあるの?と聞かれたら“コンデジよりも自分の思った風に写真が撮れる” そんなふうにしか僕は説明出来ません。

そんな説明出来ない僕ですが一眼レフの楽しさにすっかり見せられてしまいました。自分の思い通りに写真を撮ることが出来る、編集することができる。

それはもう絵を書いているのと同じような気持ちですよ。

8月は野菜が高かった。

私はキャベツの千切りが大好きでスライサーまで持っています。ところがこの年の野菜は高値が続いていて1番高値の時で キャベツ 1 250円ぐらいしたのかな。

ところでカボチャっていくらぐらいだったのかな?

かぼちゃの煮物が大好きな僕ですが今の自宅はキッチン設備が貧素なので煮物は出来ません。かぼちゃ・とうもろこし。夏を感じる野菜が並びます。

会場では生ビール以外にもご当地ビールならぬご当地オーレが販売されていました。

その名も“ザマオーレ”いったいどんな味なのか全く想像がつきません。2017年も参加する予定なので、あの“ザマオーレ”を今年は飲んでみたいと思います。

飲みのも以外にも軽食も販売されているので疲れた時には一休みができます。会場は土手に近い場所なのでコンビニは駅からの途中にありますが、買い出しに行くにはちょっと距離があります。

食材はコンビニで調達しても良いのですが無料でこの“ひまわり祭り”を開催してくれている座間市へ感謝の気持ち。ここで沢山お買い物をしてお金を使う事にします。

また来年も楽しみにしています🌻

青い空に太陽に向かって伸びるヒマワリ。

植物は太陽に顔を向けて東から西へ

植物は太陽の光を浴びて光合成のみで生きる事ができるパーフェクトな生命体。ひまわりの花は元気を与えてくれます。僕の身長を軽く超えるぐらい大きく育っていました。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F5.6

会場の全体を撮影したところで一眼レフにチェンジです。コンデジはきれいに撮影が出来る事。それと持ち運びに便利なコンパクトさ。一眼レフと違いお出かけカバンにスマホを入れる感覚で持ち歩く事が出来ます。

会場で通る旅にもみくちゃにされていたデカワンコ。犬用のカートに揺られて会場内を散策。サングラスを掛けている犬は時々見かけますがこの子も良くお似合い。

しっぽをフリフリ♬

すれ違う人にも大サービスで答えるデカワンコさんでした。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F2.5

レンズの絞り値を2.5まで開放しました。単焦点レンズで初めて撮影した時にはこの発色の良さに驚きました。これ!これ!ネットで見るような写真。一眼レフってオモシロイ!

レンズを交換するだけでこんなに写真が変わるんだ。

カメラ本体のモニターで確認しただけでも大感動。僕の自宅のモニターは23インチを使っているのですがPCモニターで見ても大迫力!! ISO感度も100で撮影しました。

単焦点レンズの怖い所はズームや広角がないので“35mm” “50mm”と固定されています。固定されているので別の画角が無いわけです。そうして「次は〇〇mmを試してみたい」

どんどんレンズ沼にハマり寝ても覚めてもレンズの事ばかり考えるようになるのです。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F5.0

ミツバチもひまわりの周りをブンブン飛び回っています。ホバリングしているミツバチを撮影しようと思っていてもちょろちょろと動くもんだからピントがあわない。そこでコマンドダイヤルを連射にして5連写で撮影。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F値3.2

太陽の向きに合わせて動くヒマワリ。ほとんどのヒマワリの花が同じ方向を向いているのに数本は違う方向を見ている??

F値は3.2で撮影。このように手前、中間、奥。中間にピントをあわせて撮影。単焦点レンズならではの奥行きのある写真が簡単に撮影出来ます。

35mm換算で75mmの画角になります。さらにD7100に搭載されている“クロップ”機能を使うことで、プラス2.0倍の画角で撮影することができます。画素数は1540万画素になりますが十分な高画質です。

PENTAX K-3 18-135WR レンズキット

今回はPENTAX K-3で撮影しました。

同行者のカメラを借りてゴーヤを撮影です。今日は自分のカメラにはズームレンズがないので18mm-135mmまでのレンズは遠い被写体を撮影するのに非常に重宝しました。

NikonになくてPENTAXにある機能。

夏といえばゴーヤ。あの苦さが癖になるんですよね。沖縄県名産ですが夏になると八百屋さんでも売られているので夏場は良く食べてます。

ざまりんぽてとも販売されていました。ポテトがどうというよりパッケージが座間のキャラクター“ざまりん”で作られていてカワイイです。

最近は二輪から車まで色々なナンバーがあるんですね。たとえば東京だったら”世田谷”とか”杉並”とか。ご当地ナンバーは日本中で色々な場所にあるようですよ。

ご当地ナンバー(ごとうちナンバー)とは、「新たな地域名表示ナンバープレート」の通称であり、国土交通省が自動車の番号標(ナンバープレート)に表示する地名について、対象市町村の区域を限って、新規の自動車検査登録事務所の設置によらずに独自の地名を定められるよう新たに開始した制度、およびこれにより2006年10月10日以降、新たな地名を表示して払い出された番号標を指す。

※wikipedia より抜粋

さいごに

あっ・・・ やっと雲で太陽が隠れたー・・・

そんなホッとする瞬間が無いぐらいの見事な夏空の1日でした。それにしてもこの写真は8月。記事を書いているのが11月。灰色の空の日が多くなり、夏には沢山の葉をつけた木々たちも冬につれて葉っぱを落としていきます。あれだけ元気だったヒマワリも次の子孫を残した後は朽ち果てていきます。そしてまた翌年には新しい花を咲かせる。

夏の終わりは子供の頃から何故か悲しくなります。桜と一緒でヒマワリも花が咲いている時期はさほど長くありません。精一杯咲いて元気な姿をぜひ来年も見に行こう。

この、ひまわり祭りに参加して元気をもらえました!!


広がる青空に黄色いヒマワリ達。

お盆休みはあえて遠出しないで近場を選択したのが大正解。僕らが訪れた時間は1日の中で一番日が高い12時前後。ひまわり祭りで良く見られる写真が夕日とヒマワリ畑の写真。夕方になればまた違う姿のヒマワリが見れることでしょう。

来年は、夕日とヒマワリ畑を見るために、到着時間を午後にしよっかな。

夕方になる前に会場を後にします。

会場に行く前に腹ごしらえをしたお蕎麦屋さんでは夏の高校野球を放送していました。お店の人と野球談義に花を咲かせながら、冷えたもりそばをいただきました。

この日の試合は鶴岡東高校 VS 花咲徳栄高校
3回戦 花咲徳栄高校が勝利した試合でした。

高校野球を見ると夏って言う感じがしますね!!プロ野球も良いですが夏の高校野球は野球を知らない人でも面白い!!自分の出身地の高校って応援したくなりますよね。

以上 神奈川県座間市で行われた“座間ひまわり祭り”のレポートでした

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク