【キャンプマット】コスパ抜群!寝心地抜群!ISUKAピークライトマットレスがオススメ!!

スポンサードリンク



はじめに

Image by Pexels from Pixabay

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

いつもはカメラに関連した事や旅行記を書いている僕のブログですが、今日は僕の旅行にも大きく関わっっているキャンプ道具についての記事を書いて行きたいと思います。

というのも僕は長期で旅行する時、物価の高い国に滞在する時や、海外のフェスティバルに参加する時にはキャンプ生活を送るので僕の旅道具にはキャンプ道具も入っています。

さて。

キャンプ道具と言えばテントに寝袋、バーベキューセットなどなど…。

キャンプギアといえば家の家具と同じぐらい多くのギアが存在しますが、今日話題にするのはギアの中でもかなーり僕が重要だと思ったもの!

買う人は買うし買わない人は買わない!

そんなキャンプギア。

それは寝袋と同じぐらい重要なアイテム!

寝袋の下に敷いて使うマットレスです。

これがあるとないとじゃ大違い!寝袋の性能と同じぐらい高性能の物がオススメです。

寝袋やテントにお金をかける人って多いけどマットレスはついつい忘れがち。

マットレスも値段はピンキリです。

キャンプを始めた頃はマットレスを使っていませんでしたがいちどマットレスを使ったらもはやマットレスのないキャンプ生活は全く考えられません。

(結論)1万円前後の価格帯のマットレスがオススメ。

Image by Susanne Jutzeler, suju-foto from Pixabay

基本的にコンパクトで収納面にも優れ軽量なマットレスとなると1万円前後。

3千円〜5千円の安価なものは寝心地、大きさ、共に1万円前後の物とは全く別物です。

2万円近い商品もありますが、これは価格的に手を出しにくい・・・。

結局、何回か買い直した結果、僕は1万円前後のマットレスに落ち着きました。

安いものは処分し、他のものはフリマアプリで転売してしまいました。

1番最初に買った安価なマットレス

Image by Hebi B. from Pixabay

僕がキャンプを始めた時に1番最初に買ったマットレスは5000円もしない安価なもの。

収納サイズは大きく重量もありバックパック旅行等には不向きです。

車でキャンプに行くオートキャンプで使う。

重量や収納した際のサイズにはこだわらない、連泊をしないそんな人にはオススメ。

用途や価格で変わるマットレスの種類。

Image by Luisao Pepe from Pixabay

マットレス の種類は大きく分けて3つ

これからマットレスを買うことに向けてどのようなマットレスが自分に合っているのか。

用途やコストによって購入する商品も変わってきます。

どの商品にも共通することですが高価なものは良いものが基本的に多いです。

お金のある方は良いですがそれ以外の方は自分の用途と予算に合ったものを選択しましょう。

銀マット

銀マットはホームセンターでも500円程で売っているオートキャンプ向きのマットレス。

最近ではヨガマットとしても使われています。

何処でも使えて便利!そして安いしホムセンでも売っている場所が多いです。

使い捨て、スポットでキャンプや日帰りバーベキューでゴロゴロするのにはいいかもです。

寝心地&断熱性は普通悪くはありませんがつるつるして滑るのがデメリットです。

銀の部分も衝撃に弱く、発泡スチロールのような作りなのですぐ凹み傷も出来ます。

耐久性も弱く1シーズン使えてポイッという感じでしょうか。

花見会場のゴミ捨て場にも良く捨てられています。

空気注入式のエアーベッド

寝心地で言えばダントツにエア注入式のマット!

弱点は重量もダントツの重さと言う事!

友達が家でこのマットレスを使っています。

いつでも空気を抜けば折りたためることができるこのエアベットは、自宅でも使用OK!

ベッドを置かずにこのマットレスをおけばスペースも節約できます。

僕も試した事がありますが素晴らしい寝心地です。

厚みは銀マットの比ではありませんし、地面の冷気や凸凹もまったく感じません。

この大きさになるとさすがに人力で空気を入れるのは大変すぎるので電動ポンプ必要。

さすがに無いと膨らませるのは大変です。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥1,881 (2020/08/09 23:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

インフレータブルマットレス

重量・収納性・寝心地。

ソロキャンプがメインの僕の場合。

上記の3点で考えた場合に選択肢に残ったのがインフレータブルタイプ。

自分のスタイルは基本的にバックバックスタイル。

以下の装備を50リットルから80リットルのバックパックに詰め込んでいきます。

1.2人用のテント&ミニタープ

2.調理器具・バーナー

3.寝袋・マットレス

4.ハンモック

この中でも大きさを比較的調整しやすいのが寝袋やマットレス。

購入する際に比較したインフレータブルタイプを下記で比較していきます。

インフレータブルタイプマットレスの比較

Image by Ben Frieden from Pixabay

購入するマットレスの種類をインフレータブルマットレスに決め、次はブランドの選定です。

選択したブランドは「モンベル」「コールマン」「ISUKA」の3種類のブランド。

結論から言うと日本製の「ISUKA」のマットレスを購入することになりました。

以下比較した商品を説明していきます。

信頼の国産キャンプギア mont-bell

U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180

店舗で実際にこの商品を触って確認しました。

さすがに国内屈指のアウトドアブランドモンベルのマットレス。

触り心地から30デニールの生地を使った堅牢性。

そして堅牢ながらも664グラムと抑えられた重量。

価格も10,000円前後と手を出しやすい価格帯。

モンベルの商品は色についての好みが分かれますが性能についてはお墨付き。

U.L. コンフォートシステム エアパッド 180

アルパインパッドよりも軽量で厚みのあるエアパッド。

保温性を見るとアルパインカットより劣りますが重量が軽くマットレスを膨らました場合の厚みも大きくなります。

2つのモンベルの商品は重量や収納時のサイズなど多少の違いがありますが値段もそこまで大きな違いもありませんので好みで選んでOKかと思います。

実際に店頭で2つの商品を触って比較した場合、エアパッドの方が柔らかくアルパインパッドの方が硬く保温性があるように感じられました。

価格と品質が中間ぐらいで手が出しやすいコールマン

mont-bellよりも安価な価格でカラーもグリーンでキャンプっぽいです。

フラットなマットレスと違い凸凹した凹凸のマットレスです。

目立った機能としては他のマットレスには無い手動ポンプが装備されています。

根強いファンが多い 信頼の日本製ブランド ISUKA

created by Rinker
イスカ(Isuka)
¥10,340 (2020/08/09 23:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

コールマンやモンベルに比べてネームバリューは低いですが、「寝袋&マットレス」に特化した商品を開発、販売する信頼の日本ブランド「ISUKA」

このコンフィライトマットレスの特徴は厚めに作られたマットレス。

32mmの厚さで、快適性と断熱性を重視したモデルです。

ツーリングやキャンプ、冬山や、寒さに敏感な女性にも最適。

材質はモンベルと同様の30デニールの素材を使い耐久性と軽量性を両立しています。

色もモスグリーンと言うアウトドアに使いやすいカラーになっています。

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
¥9,000 (2020/08/09 22:46:08時点 Amazon調べ-詳細)

コンフィライトマットレスと比べ、更に軽量のピークライトマットレス。

素材は変わらず耐久性と軽量性を両立したナイロン30D素材がベース。

このフェライトマットレスよりも薄めの25mmのマットレス厚。

軽量性、快適性、耐久性の全てをバランス良く実現されたバランスの良い商品です。

すべてのマットレスの調査を完了。

最終的に購入を決めたのは最後に紹介した「イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス

となりました。

ISUKAのマットレスを選んだ理由

ブランドの信頼度です。

ホームページにはブランドコンセプトが事細かに説明されている点。

実際に商品を使っているユーザからの評価も高い点。

寝具に特化して販売をしている点。

キャンプギアはその商品自体に趣味趣向性の強い商品が多く、使い勝手はもちろんのことその商品を開発するに至るコンセプトや創業者の考え方など。

上記のことをトータルして考えた結果「ISUKA」の商品を購入することにしました。

ちなみに寝袋は夏用と3シーズン用の2種類を持っていますが夏用の寝袋はISUKAのイスカ(ISUKA) 寝袋 ウルトラライト グリーン を愛用しています。

寝袋でISUKAブランドのクオリティの高さは確認済みなので同社の製品に信用もありました。

あとはキャンプ友達からオススメされたってのも大きいです。

やっぱり口コミとか仲間の評判って大事です!

created by Rinker
イスカ(Isuka)
¥8,277 (2020/08/09 22:46:10時点 Amazon調べ-詳細)

最安値を検索+Amazonで購入

*ISUKA ピークライトマットレス商品ページより

先ずは恒例の最安値調査を行います。

キャンプ用品はマーケットが小さいので新品で購入する場合は中古と違い、店ごとに大きく値段が変わったりする事はほとんどありません。

それでも買うなら最安値が良いと言うことで「お買い物のミカタ」。

価格コムにてピークライトマットレス 180の価格を調べてみました。

んっ?

ざっと検索してみた結果、新品価格はどのお店もあまり変化なし。

多少のばらつきはあれど500円も変わらないようです。

そうするとポイント還元率で選ぶのが自然な消費者の買い方ですね。

検索上位には楽天からの出品が入りますが楽天の場合は送料別が多い。

商品代金+送料で合計すると結果、価格はほとんど同じ。

価格が変わらないのであれば一番はやく手元に届くAmazonで注文です。

楽天も頑張って欲しいけどやっぱりAmazonかな。

最安値のAmazonで実物を購入。

相変わらずのスピードでAmazonからは注文の翌日に到着。

この場を借りて配達員さんいつもありがとう(*´σー`)

箱を開封するとちょうど箱にピッタリなサイズのマットレスが登場

Amazonプライムに登録しているので”お急ぎ便”や”日時指定”が全て無料で利用できます。

余談ですがAmazonプライムには”お急ぎ便”や”日時指定”以外にも沢山のメリットがあります。

年会費で3,900円かかりますがそれ以上の価値を僕は感じています。

話しが脱線しますがそれはAmazonのPrimeビデオ。

レンタルビデオ店で旧作を7泊8日 100円で4本借りればAmazonプライムよりも月額支払う料金が高くなります。

ニコ動の有料会員も500円/月掛かりますので、それ以上のサービス内容で年間3,900円の会員価格は決して高くないと思います。

その他にも無料の写真ストレージもサービス内ですので利用をしています。

配送以外にもメリットが大きいAmazonプライム。

値上げしてもいいぐらいのメリットの多さ!

(使ってる方は1円でも安い方が嬉しいけどね♡)

*2020/04/11時点では4,900円に値上げされている。


 


収納ケース&商品のスペックを確認

Amazonよ・・・。

梱包ももっと簡単でいいのだよ。

って事で梱包に梱包を重ねたマットレスを丸裸にしちゃいます。

事前にネットで確認した通りのサイズの商品。

商品に付いているタグには商品の説明があった。

冬以外の登山に最適な厚さ25mm。

軽量性・耐久性のバランスの良い30デニール。

サイズは 横 50 cm 縦 175 cm 厚 2.5cm

以前使っていたマットレスは収納時でも1kg以上の重量…。

ピークライトマットレス 180は約半分の580 gと軽量。

このサイズならバックパックの中でも邪魔になる事はありません。

この収納ケースから「いいもの感」が出てますよ。

マットレスの上部のポチポチした部分がありますよね⁉

これがマットレス本体の裏側に採用されているノンスリップシートです。

部屋の中のフローリングで敷いて実際に横になってみました!

この滑り止めのポチポチのおかげで寝返りを打った際にマットレスから落ちてしまうようなこともありません。

さすが商品のメリットとして書くだけのことはあります。

自動注入式エアー&手動で厚みを調整可能

画面左上のバルブを緩めると自然と空気がマットレス内に入ります。

ちょうど中心部分が2つに折れてくるくると丸めていくと収納バックにぴったりと収まるサイズになります。

自動拡張するタイプで自動で空気が入るのですが、もう少しハリがあった方がいいと感じる場合は自分で空気を吹き込む事も出来ます。

口で空気を吹き込むのも女性でも簡単。

大きく深呼吸をする要領で5回から6回、空気を注入すればいい張りになります。

あと、このイスカのマットレスのいいところ

補修キットも付属してるので現場で穴が空いちゃっても補修OK!

メジャーで実測もして見ます!

僕の身長が大体180cm弱なのでピッタリジャストサイズです。

足元の部分が少し幅広になっているので寝ている時に足がマットの外へ飛び出しにくいところもお気に入りのポイントです。

こういう小さな気遣いがあることでブランドへの良い印象が生まれます。

そうするとまた国産ブランドが好きになって行くんですよねー。

収納バッグも図ってみます。

サイズは30cmぐらい。

ジャストサイズなのでバッグに入った後でも膨らんでザック内を圧迫する事もありません。

しっかり空気を抜いてバルブを閉めればきれいに収納することが出来ます。

スタッフバッグの内側には裏ポケット、中には補修キットが同封。

裏ポケットの中には“説明書”と“補修キット”が同封されています。

前のマットレスには補修キットは付属していませんでした。

実際に使う場面になって穴が空いてしまって使い物にならないでは話になりません。

こういう装備がついていると安心して使用することができます。

値段の高い商品=全てが良い。

ということではないですが「補修キット」がついている事や「足元の幅広い感じ」はいい商品だということを感じます。

さいごに

僕の中ではキャンプギアの中で優先順位が低かったマットレス。

マットレスを新しく新調してから何度か現場で実際に使っています。

控えめに言っても今までの寝心地とは断然ケタ違いに良いです♡

夏場の背中に熱が溜まる不快感。

ブヨブヨと落ち着かないクッション感。

ネックになってお世辞にも快適なキャンプとは行きませんでした。

ところがマットレスを変えた途端にあら不思議(๑˙❥˙๑)

テントの中の座布団代わりにも使えて素晴らしい便利アイテムです。

テントやシュラフも大事なキャンプギアですが、もう一歩上の快適性を味わう為にはマットレスにも注目してみると良いでしょう。

ちなみに室内でも毎日使っていますw

キャンプ道具って値段の割に使う頻度が低いので高い買い物に感じますがこのマットレスは毎日使っているので、なんだか得した感じです。

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク