【その他】33歳で会社を退職→後悔しない。やりたい事をやる人生を選ぶこと。

スポンサードリンク



はじめに

おはようございます!

すっかり朝晩は寒い日が続くようになりました。

先日の台風が通り過ぎてから一気に陽気が変わって秋になりました。

さて…

2017年も残りわずかとなってまいりました。

年の瀬。年末に近づいてくると、そこいら中でイベントが開催される

ようになって気づけばクリスマスが終わり1年のイベントが終わります。

2018年

今まで続けて積み上げてきた生活を一変。

タイトルの通り来年の1月末日で会社を退職する事にしました。

僕に取って人生3回目の会社退職です。(正社員を辞める)

今までは新人で入った会社に4年、転職した先のブラック企業で3ヶ月

そして今の会社で4年ほど勤めました。

今の会社は経営者が知り合いで面接も無く「なぁなぁ」で再就職した事もあり

はっきり言って毎日会社に言ってノルマに追われることもなく営業から事務、社内の

備品発注からトイレ・社内の掃除など大体1人で好きにやっています。

ということでストレスは0ではないですがそれなりに好きにやらせて貰っている会社で

あり、会社それを認めてくれているので労使関係も順調の会社でした。

それでもいつかは会社を辞めたい日ってくるんです。

なぜ会社をやめるの?

仕事を探すときには探す悩みが、辞める時には辞める悩みがあります。

幼稚なのかもしれませんが僕が会社を退職しようと思った事の1つに会社

の仕事内容が飽きてしまったのです。

僕は都内の会社に勤めて1人で東京で生活出来る程の給与を貰い生活しています。

ボーナスも年二回 夏、冬と給与の一ヶ月分は必ず支給されている会社でした。

給与が2万円上がりました。

ですがその昇給した2万円でその次の1年が人生で何が大きく変わるのでしょうか?

・今よりも会社に近いマンションに引っ越しをする。

・年に数回行く海外旅行の為の資金を貯める

・投資する・貯金する。

すぐにどうこうなるような内容の物が見当たりません。

給与は上がるけれど、あがればあがるほど僕の本当にやりたい事から

どんどん遠ざかっていく。

東京に住んで生活をしていますが家賃などの固定費が毎月掛かってきます。

都心の会社に勤めれば=通勤となるわけでなるべく体力の消耗が少ない

職場の近くに住む(部屋を借りる)ということになるわけです。

その時点で給与の3分の1近くを消費していると言うこと。

そして楽になるためにはどんどんとお金を消費し続けなければならない

そんな生活を続けないといけなくなるのです。

そして僕にはその家に住む権利を守る為にサラリーマンとして生活をするしか

選択肢がなかったのです。

この生活を10年間続けて僕が40代になった時に今よりも多い給与と

役職を与えられ生活のグレードはゆっくりと上昇していきますが

やはり、やりたい事とは正反対の方に人生が進んでいってしまうのです。

僕は仕事が好きです、仕事が楽しいです。

でもその仕事が続けられる理由はプライベートが充実しているからです。

でもそれが出来なくなったらどうなるでしょう。きっと仕事に翻弄される毎日で

がんじがらめにされ疲れ果ててしまう気がするのです。

プライベートの趣味を犠牲にしてまで仕事を続ける事が良い事とはなりませんでした。

やりたい事と正反対の事をしている。

そして僕の夢のひとつでもある地方移住。

それも今の生活を続けていたらきっと実現する事は出来ない。

「いつかやろう」「いつかやろう」

いったい何年経過してしまったのでしょう。

自分のやりたいことに蓋をしてしまう。

それが数十年後、過去を振り返った時に後悔が無いか?

そう考えたらこの機会に会社を辞めて自分のやりたいことをやって

みようと考えたのです。

渦中にあった僕の後押しをしてくれた素晴らしい本をご紹介。

会社をやめて何をするの?

旅です。

僕が一番大好きな旅です。

スポンサーリンク




 ここ最近、デスクに座って仕事をしている時にふと思い気づく事があるのです。

例えば凄い天気が良くて外に居たら気持ちが良いと思った日。

仕事をしていればそんな時間も目の前の仕事をこなさなくてはなりません。

そういう時間の使い方がある日

もったいない。と感じるようになったのです。

時間が有限だと言うことを強く感じるようになりました。

それでも、申し分ない休暇と給与。

それに甘んじて今の生活を捨てることが出来ませんでした。

今の生活を捨てることが出来ない。

生活を捨てることが出来ない=会社員でいるしかない。

僕の本当に今やりたいこと。と仕事を天秤にかけた時、やりたいことを優先した

方が後々に後悔しないという考えに落ち着きました。後々に後悔する方がいやだった

という事ですね。

旅が終わった後の事について

キャリアを断ち切ってしまったのですぐには社会人には戻れないでしょう。

日本の社会は一度辞めてしまうと元の会社員生活に社会復帰するの簡単ではありません。

実際にネットを見ると同じような事をして帰ってきて再就職が出来ず悲惨な人生を送る

ことになってしまった。辞めなければよかった。などという記事を目にする事もあります。

そんな体験談を目にする事もありますが少なくとも僕は全く悲観的には考えていません。

だって今の生活を続けていても僕にとっては「死なないだけ」ですから。

3年以上過ごした第二の家のような仕事場を去るのは本当に悲しい限りですが

やりたいことに邁進する自分の決断を信じる事にしましょう。

さいごに

このブログのタイトル。

旅人という生き方を目指して…。

ブログを書き始めて1年が経過しました。

書いている事は僕の趣味の旅行記を紹介するサイトでしたが来年からは本格的に

自由の身になって世界中の何処からかサイトを更新する予定です。

これがまさに僕がこのブログで一番にやりたかったこと。

毎日、あったこと、感じたこと、それを行く旅先々で起きたことをブログに書き記す。

旅ブログですね。それ一番やりたかったこと。

写真+ブログの組み合わせ。

2018年ブログのタイトル通り、旅人と言う生き方。を探しに行ってきます。

まずは最初の3ヶ月で今までできなかった自由な時間を目一杯使って自分のやりたい

ことだけをする事からスタートです。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク