【インド デリー】インドの洗礼!高額ツアー 旅行会社への案内には気をつけろ!!

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

(観光客だけが利用出来るチケットカウンターは駅の2階にある)


深夜のニューデリー駅は人でごった返していた。

ごった返しているのは行き交う人ではなく路上で寝ている人々だ。

駅の柱や壁に沿って、毛布にくるまって寝ている人。

いついっても変わらないインドの光景だった。

薄暗い駅舎の中。

駅の中を歩いているだけで漂ってくる臭気。

観光客とみるや両手を出してお恵みちょうだいのポーズをしてくる。

電車のチケットを手にいれるため駅舎の中の観光客専用のカウンターを探しまわっていた。

しかし探せど、カウンターは見つからない。

カウンターがある2階へ登ってみたが、薄暗い廊下が続くだけで、それらしい場所はない。

誰かに場所を訪ねようとしても、言葉が通じそうな人間が誰もいなかった。

立ち止まるとすぐに話しかけてくる騙し目的のインド人。そして物乞い。

まるでバイオハザードのような世界だった。

深夜に到着して駅舎に降り立ち背中には20キロ近いバックパック。

飛行機疲れと荷物の重さで体力と気力は限界に近い…。

騙された結果、旅行代理店へ連れていかれてしまう…。

(デリーの駅舎内には詐欺師注意の看板がある)

「観光客専用のチケットカウンターは何処ですか?」

僕はなるべく身なりがきれいそうな人を選び質問してみる。

ワイシャツ・スラックスのインド人だ。

彼はほとんど英語を話す事は出来ないようだった。

しかし、意思は通じたようだった。

彼はポケットから地図を出しチケットカウンターの場所を説明して来た。

その地図を覗き込む。なぜか彼が指し示す場所は駅から15分ぐらい離れた場所だった。

「クローズ! フィニッシュ!!」

質問をした彼は身振り手振りで僕にそう伝える。

観光客専用のカウンターは現在は閉まっているという。

えっ?

ほんとうにそんな事ってあるのか??

彼は、その場所まではリキシャ(インドの3輪タクシー)に乗る必要があるという。

その場所までのタクシー料金は「30₨」で「政府公認」のリキシャがあるという。

うーん…。

今まで何度かインドに来ているが、そんなの聞いたことない。

僕は結論を出した。

これは嘘の手口だと。

適当に彼に相づちを打ちその場を離れようとする。

お礼を言って彼に背中を向けると後ろから彼がこう言った。

「おい?どこへ行くんだ?教えてやっただろう?マネーだ。」


彼は嘘の情報まで教えたあげく、お金を要求してきたのだ。

僕は振り返ることなく、再び自力で観光客専用カウンターを探し始めた。

そうだ。

ここはインドだ。

初っ端から騙しの洗礼を受けイラッとする気持ちをスルーする。

僕は歩きながら「きれいな服装」から「駅員の服装」をしている人に声をかける事にした。

「ツーリスト専用のチケットカウンターはどこにありますか?」

「こんばんは。インドへようこそ。ツーリストカウンターはこの場所じゃないんだ。2ヶ月前に移動したんだよ。ほらここ。(地図を取り出して見せてくる)」

あれ?

前のやつと同じ地図を持っているし、場所も同じ場所を示している。

やっぱり自分が調べた情報が間違っていたのか?

もしや、本当に旅行者専用のカウンターはなくなってしまったのか?

2人に聞いても同じ答えが返ってくる。

駅員に聞いても同じ事を言って来るということは…。

彼はインド風な英語を話しながらスマートに話を続ける。

「リキシャに場所を説明してあげるから一緒においで。ツーリストが沢山間違える場所なんだ。それで俺がいつも案内してあげてるんだよ。」

それに一人は駅員だし、もしかして本当に場所が変わったのかな。

僕の確信はだんだんと揺らいでいった。

僕は駅員のいうままに駅の外に案内された。

すると彼が、一人のリキシャを捕まえ何かを話している。

彼らの話を横目に聞いている僕。

その会話の内容は僕には全くわからない。

一通り話し終わった後、駅員は僕にこういった。

スポンサーリンク




「いいか?このドライバーは政府公認のドライバーだ。英語が通じない。でも説明しておいたから大丈夫。オフィスについたらドライバーに30₨だけ払えばいい。では私は仕事に戻るから。では良い旅を。」

彼はそう言い再び駅舎の中に戻っていった。

僕の目の前にいるのは英語も話すことが出来ないリキシャ。

政府公認か何か知らないが身なりも決して良くはない。

デリーの駅の雰囲気にすっかり疲れ果てていた僕はリキシャに乗り込んだ。

一刻も早くこの場所を離れたかった。

本当かどうか分からないままリキシャは駅を後にする。

しばらく走るとあたりは街灯も少なくなり、いったい何処を走っているのか分からない。

スマホのナビで場所を確認すると、リキシャが向かっているのはニューデリーの中心。

コンノート・プレイス方面へ向かっているようだった。

少し不安になった僕はトゥクトゥクの運転手に声を掛けた。

「いったい何処に向かっているの?」

ドライバー全く英語が分からない様子で手を左右にブンブンと振るだけだ。

果たして政府公認のドライバーが英語も出来ないなんて事があるのだろうか?

そう考えているうちにある建物の前でトゥクトゥクが止まった。

その建物は深夜なのに煌々と明かりが灯っている小さな建物だった。

その建物には、観光地で良く目にする インフォメーションの (i)が書かれている。

看板をよく読むと「Travel agent」と書かれている。

チケットカウンターではなくトラベルエージェント。

どうやら旅行会社に連れて来られてしまったようだ。

日本語を話すインド人。高額なツアーを組ませる手口にあう。

(深夜のデリーは人がいなくなる。暗い場所も多く深夜の出歩きは危険)

建物の前には見た目が悪いインド人がタバコを吹かしている。

僕はそこで気づいた、ここは旅行者専用のカウンターではないと…。

僕を乗せたリキシャが建物の前に到着すると、タバコを吹かしているインド人が店の中の仲間に声を掛ける。

すると、日本語を話すインド人スタッフが中から出てきた。

僕以外にはリキシャの運転手と旅行会社の人間が2人。

完全なアウェイな深夜のデリーで3人のインド人に囲まれた。

気づけば、リキシャの運転手が僕の荷物をタバコを吹かしているインド人に手渡している。

リキシャの運転手はタバコを吹かしている奴に言われるままに動いているようだった。

そして、日本語を話すスタッフが僕に言った。

頼んでいないが気づけば僕の荷物はすでに建物の中に運び込まれていた。

「ウェルカム。ナカニ ハイッテ クダサイ。」

細長い店内の一番奥の方へ僕の荷物は運び込まれ僕もそれを追うように店内に入った。

ドアの外を見るとコミッションを受け取ったのかトゥクトゥクはすでに居なくなっていた。

「コンニチワ。ドゾドゾ。インドハハジメテ?」

中に入ると日本語を話すスタッフが僕らを迎えた。

店内に入ると更にもう1人のスタッフが居た。

彼を含めて合計3人のインド人が僕らを囲んでいた。

リキシャがいなくなった今、自分は何処に移動する事も出来ない状況になってしまった。

僕の荷物は奥の通路へと運び込まれ、眼の前には日本語を話すスタッフがいる。

彼は自己紹介をはじめた。

「ワタシノ ナマエ ハ 「Sharma」デス。」

「ドコへイキマスカ?イツマデインドニイルノ?」

流暢な日本語で矢継ぎ早に質問をしてぶつけてくる。

自分の荷物を引き取って今すぐにこの場所を出たいと思った。

僕はこの時に思い出した。

前にインドに来た時にも、同じような手口にあった事がある。

騙された…。

その時にはすでに遅かった。

前と同じような境遇になった時に手口が全く一緒だった事をゆっくりと僕の頭が思い出し始めていた。

前回は真っ昼間だったし、荷物も軽かった。

今回みたいな深夜でも無かったので気づいてすぐに逃げ出すことが出来た。

今回は深夜で、囲まれてスマホも通信が出来る状態にもない。

僕は全ての自由を奪われた状態となってしまっていた。

自分の頭をフル回転させ、なんとかこの場を凌ぐことを考えた。

そして出した答えは「デリーからアーグラまでのチケットのみ」ここで手配して貰おうと。

それで、なんとかこの場所を離れようと決め彼らと話をするようにした。

僕は自分の考えを「Sharma」に伝えた。

すると日本語を話す「Sharma」カウンターの横からバインダーに挟まった白紙のA4の紙を取り出し手書きでインド旅行のスケジュールを勝手に書き始めた。

アーグラまでの電車のチケットのみ欲しいという僕の声は全くムシされていた。

Sharma」は僕の意見を聞くことなく話を続ける。

「オマツリデ デンシャノ チケット ハ トレマセン」

「デモ ワタシナラ ダイジョウブ トレマス」

「マズハ ココ イッテ ソレカラ ココ イッテ」

電車のチケットが欲しいと伝えているがまったく希望は聞き入れられず話は続く。

Sharma」が提案して来たのはインドを30日で周遊するプランだった。

はっきり言って、僕には全く興味の無いプランばかりだった。

そして彼は話しの時々に自分のスマホに保存されている写真を見せてくる。

その写真は日本各地を彼が旅行して撮影した写真のようだった。

「ワタシハ ニホンノコト イッパイ シッテマス」

今回の僕のように同じ手口で何人の日本人がここに連れてこられたのであろう。

僕はパッケージツアーなんて全く興味がなかったし、利用するつもりもなかった。

日本でも海外でもほとんどパッケージツアーを利用したことがない。

その分自己責任でもいい。不備があってもいい。そんな考えを持っていた。

日本で会社員として過ごしてきた時間。

会社を辞めて、ようやくやりたかった自由な旅が出来る。

そう思って訪れたインドで突然こんな事になってしまった。

3人のインド人に囲まれる僕。

時間は深夜。荷物は店の奥。逃げ場のない恐怖だった。

僕は彼らに囲まれながら、なんとか被害を最小限にしようと。

そればかり考えながら威圧感のある店内で戦っていた。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク