【インド デリー】日本語で話しかけてくるインド人には要注意!! 偽の政府公認案内所での手口とは?

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

15日間のラジャスタンツアーを申し込んでしまう…。

ツアー会社に入り2時間以上が経った。

デスクに座りスタッフと話を続けている。

プランの内容はこうだった。

目的地、アーグラをこのツアーの最後に訪問。

ラジャスタン州の3つの街を周遊してはどうかと…。

移動は全てバスか寝台列車。

ホテルは評価の悪くない場所を予約するということだった。

カウンターにあるパソコンの画面を操作しながら彼の話を聞く。

インドに到着した疲労感から、断る事も出来ず眠気も取れない、頭で彼の話を聞く。

ツアー会社のカウンターに座りながら彼のプランを自分のスマホでも調べてみたい。

彼にそう申し出ると返事はこうだった。

「イマハ デンキ トマッテテ ツカエマセン」

「ノー Wi-Fi デス」

今は10年前のインドではない。

ネットで自力でなんでも調べられる時代だ。

しかし、彼の術中に不覚にもハマってしまった。

自分で情報を検索する事も出来ず彼のツアー話は、こちらの返答を待たず進む。

「18,000₨で15ニチ ツアー Ok デス」

冷静になって考えてみると相場よりもかなり高額だった。

自分は何度かインドにも訪れていたし、自力でチケットや宿を手配する自信もあった。

しかし3度めのインドにしてツアー会社の術中にハマってしまうとは。

後で考えると本当に悔しい思いでいっぱいだった。

「地球の歩き方」にも特集を組まれるほど、有名な手口なのに。

最終的に5時間ほど、旅行会社に滞在した僕はツアーを申し込む事に決めた。

本来ならば予定には無かった北インドのツアー旅行。

手配してもらったのは12日分のホテルと3日分の寝台車を含む電車のチケット。

ツアーの内容は12日間の宿泊&移動やアクティビティを含めたもの。

旅行を申し込むと返答すると、スタッフの彼は更に安心材料を提供してきた。

このツアー会社を使って旅行をした日本人とのLINEでのやりとり。

やりとりは日本語だった。

日本人は、何から何まで彼にLINE上で質問をしていた。

訪れた旅先での記念撮影した写真や、ホテルでの困りごとなど。

インド初心者の大学生らしき日本人とのやりとりを自慢げに見せてくるスタッフ。

僕にとっては騙された。と思っていたツアーも、この大学生のように初心者からみれば異国の地で、何でも相談出来る強い味方だったのだ。

それからスタッフは用意周到にスマートフォンで撮影した別の写真を僕に見せてくる。

それは「地球の歩き方」の一部を撮影した写真だった。

インドでの一日の費用の目安は3,000円ぐらいですと書いてあるページ。

18,000₨ を 15日間で日割り計算する。

18,000₨÷15日=1,200₨/日

1,200₨ ✕ 1.6 = 1,920円

*2018年のレートは100₨ = 160円

最後にほとんどの旅行者が手にとった事があるであろう「地球の歩き方」のページを見せて価格の正当性、決してボッタの価格では無いことを証明してきたのである。

確かに普通に旅行をするならば、決して高い金額ではない。

だが、当初予定していた僕の旅とは全く違う方向に進んでしまった。

インドで滞在に2,000円/日を使うのは僕にとっては多すぎる。

それにいいホテルに泊まりたいなんて願望もまったくなかったから・

それでも最終的に自分の意思でツアーを組んでしまったのは、久々の旅で警戒心や経験値がほとんど0に戻ってしまっていた事。人を信用して任せっきりにしてしまったこと。

話が終わり僕はお金を支払う事になった。

昨日、インドに到着したばかりで手持ちのインド・ルピーは全く無かった。

「チカク ATM アリマス」

「カレ アンナイシマス 」

店の入り口には子供が立っていた。

スタッフの話では、この子供がATMまで案内してくれるそうだ。

僕は久々に店の外に出た。

到着した時には真っ暗だったニューデリーの街は朝になっていた。

深夜とは違い人々が活動し始めていた。

怪しい雰囲気は消え、皆がお店の開店準備をしたり道路を掃除していたり。

明るくなったインドの街を見て僕は我に返った。

「どうしてこんな事で躓いてしまったのか」

「ありきたりな術中にハマってしまったのか」

言葉を全くしゃべる事が出来ない子供を引き連れATMへ向かった。

現金をおろし終え旅行代理店に戻り料金を支払った。

だいじょうぶ…。

だいじょうぶ…。

全てのお金を失った訳ではない。

僕は何度も自分が騙されてしまったこと。

相手のペースにハマってしまった事を自分の中で正当化する言い訳を考えていた。

自分の未熟さ、不用心さを何度も何度も悔しがった。

デリーからピンクの街ジャイプールへ。

(デリー~ジャイプールへは電車でなくバスで向かった)

お店に戻りスタッフにツアー代金を支払った。

自分の財布から出ていく18,000₨。

今までインドにいて、こんな大金を持ち歩いた事なんてなかった。

そのお金がこの物価の安い国で一瞬で消えていった姿は一生忘れない。

お金を払った後のスタッフの行動はすばやく、二杯目のチャイを飲んでいる時にはお店の前にバスステーションまで向かうタクシーが到着していた。

「コノ タクシー ノッテ バスステーション イッテ クダサイ」

自分のバックパックを背負いタクシーに荷物を積み込んだ。

5時間以上いたツアー会社を後にしようとタクシーに乗り込もうとする。

そこでスタッフが僕に小さな声で耳打ちする。

「オミセノ シハライ イガイニ 1000 ルピー クダサイ。ワタシノ コミッション。」

さすがにもうこれ以上、お金の事を考えるの疲れたのでキッパリ断った。

するとスタッフも「OK」と返答。

これ以上、1₨も彼らにわたすつもりはなかった。

ジャイプール行きのバスターミナルへ向かうタクシーが走り出した。

僕は、心の中で「ようやくデリーから抜け出せることが出来た」と安堵した。

空港についてから5時間から6時間の間にこんなドラマを経験する事になるとは。

改めてインドでは自分の意見をしっかり持ち流されないようにしないといけない。

この事件をきっかけに忘れていた旅の「感覚」が戻ってきた。

あのバックパッカーとして、危険を察知出来る、前の旅で経験したこと。

体験した人だけが身にしみてわかる、あの感覚が。

バスに乗り込みチケットを渡される。

そのレシートに書かれている金額は600ルピーだった。

ジャイプールへ向かうバスの中で日本を発ってからの事を思い出していた。

飛行機の前の席の中国人との座席スペースの戦い。北京の空港での執拗なぐらいの荷物検査。

この2日間の間で、いろいろな事を経験した。

冷房の効いたバスの車内で、ようやく僕はゆっくりと気持ちを落ち着かせる事が出来た。

車内はローカルな人間ばかりで、騙しの輩も、物乞いも、泥棒もいない…。

バスの車窓から街を眺め「二度とデリーには来たくない」と正直に思った。

騙された。強制的にツアーを組まされた。そんな事は思わない事にした。

してやられたのは自分の甘さからだったからだ。

思ったところで状況は変わらないし、自分の旅を楽しくするのもつまらなくするのも自分の選択次第ということ。

この経験がこの先のトラブルを回避する為のレベル上げのようなものだと思うことにした。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク