【インド ジャイプール】シティ・パレス&ハワー・マハルを見学。ピンクシティの魅力とは?

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

自慢のブレックファーストとルーフトップテラス。

(朝食はトースト2枚と塩味のオムレツにチャイ)

宿のオーナー自慢のルーフトップでモーニング。

朝食の時間に合わせて起床。

朝の8時から10時まで宿の屋上で朝食が食べられるプラン。

料金に含まれているならば、ということで屋上へ上がる。

僕以外には宿泊客は一組だけだった。

屋上へあがると自称、シェフの従業員が話しかけてくる。

メニューは一つ、卵の焼き方を選ぶことが出来るようだ。

「スクランブルエッグ?オムレツ?」

目玉焼きという選択肢はないのかな?

僕はオムレツを注文して見る事にした。

サンダル履きのシェフはダルダルのTシャツを着ていた。

そして彼は注文を聞き終えると、元気よく階段を下っていった。

どうやら調理場は地下にあるようだった。

30分ほどして朝食を手に持った彼が戻ってきた。

写真のとおり簡素な朝食だった。

僕以外にも遅れて他の宿泊客が屋上に到着。

シェフは僕と同じ要領で注文を取り、再び元気に階段を降りていった。

この建物の階数は4階建て+屋上。

これぐらいの料理だったら屋上でプロパンガスのコンロで作った方がいいのでは?

いったいシェフは1日に何回この階段を上り下りしているのだろう。

僕が朝食を食べ終えて下に降りる時に、2人分のプレートを持ちながら階段を一段とばしで登ってくる彼の姿があった。ウエイターレベルはプロフェッショナル。

チャイの一滴もこぼれていないようだった。

(自慢のルーフトップバーは四方を壁に囲まれて景観はあまり良くない)

ジャイプールの町を散策。

(ホテル前のチャイスタンド。ホテルの中で飲む半額の値段でチャイが飲める。)

ジャイプールでの2日間の滞在中、何度もここでチャイを飲んだ。

毎回作ってくれる人が違うので、一体誰が本当の店主なのかは分からない。

「グッドモーニング!」

ホテルのドアの真ん前にチャイスタンドはある。

出入りする度に挨拶をするようになった。

そんな、チャイスタンドは2日間の滞在で合計5回ぐらい注文してしまった。

一服していると時々ホテルの従業員も混ざっておしゃべりが始まる。

やっぱりインドは自由だ。

誰でも何処でもすぐにチャイ屋が出来てしまう。

(街中には沢山のヤギがいて人間のセーターを着ている)

チャイスタンドでチャイを飲んで街歩きに出発。

ジャイプールは街の色々な場所で飼いヤギを見かける。

人間の着古した洋服を着ている(着させられている)ヤギが多い。

メスヤギはミルクを出す、オスは食用の家畜としてインドでは重宝されているそう。

街の中はメェメェとヤギの声が賑やか。

ジャイプールの町並み。

(商店が集中するバザールは金物・生地屋などが多い)

(完全にアウトなドラえもんとアラジン)

この建物はどうやら学校のよう。

我ら日本が誇る、ドラえもんもしっかりとパクられている。

なんでもやっちゃうインド。

ある意味で某国よりも”自由の国”でしょうね。

(一応おもちゃ屋さん。後ろには細身のムックとさらに細身のドラえもん…。)

(同じ商品を売る店が数件並んでいる。特別他のお店との差別化はナシ)

(ジャイプールはピンクシティと呼ばれ、建物がピンク色に塗装されている)

ホテルからリキシャに乗りバザールの中心で降りる。

バザールを歩いてみるが、特別観光客向けの商品は販売されていない。

ほとんどがローカルな人が使う生活雑貨が売られている。

歩いていても強引な客引きもないが刺激もない。

ここでは銀のマグカップを買ってみた。

旅をしていると部屋にコップが無いこともあるので一つ持っておくと便利なのが銀コップ。

値段は50₨。日本円で80円。

歩いていても特別珍しいものも発見出来ず観光地へ向かって見ることに。

ホテルのWi-Fiで調べた、いくつかの観光地へ向かう。

スポンサーリンク




チップ?チップ?がうざいシティ・パレス。

(トリップアドバイザーで調べた観光地。シティ・パレス)

1月といえど中々の暑さだ。

日向にいると汗がダラダラとたれてくる。

ジャイプール観光をスタート。

せっかくなので少しは観光客っぽい事をしてみよう。

やって来たのはピンクシティの中心部にあるシティパレス。

ジャイプールは観光地が中心に固まっているので徒歩で簡単に観光する事が出来る。

ジャイプールもデリーも一緒。

物売りの攻撃は少ないけどリキシャ攻撃がかなり多い。

シティ・パレス入り口のチケットカウンターに到着。

カウンターでチケットの価格表を見ていると突然、視界に入り込んで来るインド人。

ニヤニヤしながら話しかけて来た内容はやっぱり金。

「2,000₨ プリーズ!!」

あれ?そんなに高いの?

ちょっと待てよ?

そもそもこのインド人はただいるだけ、ニヤニヤしているだけ。

こいつ偽物。

チケットカウンターの前でどうどうとダフ行為ならぬ詐欺行為を働こうとしてくる輩。

「冗談だよ。1,000ルピーだよ」

そもそも、奴はなんでも無いただの通行人。

またもや「インド」…。

関係ない人間がドカドカと会話に入ってくるのがインド。

物乞い以上に騙そうとする輩ばかりいるのが疲れるインド。

観光地の中でもかなりな鬱陶しさがあるジャイプール。

正規の価格は1,000₨(インドにしては以外と高い。)

まだ旅も始まったばかり。

ものは体験という事でカウンターで本物のチケットを買って中に入る。

どうやらこのチケットは他の施設にも入れる共通チケットらしい。

「それならば」と少し奮発して1,000₨を支払う。

(王宮の中庭からの一枚)

(王宮の中庭にある建物、前の写真の建物を外観から)

(建物内の至る場所にこのような彫刻が施されている)

石造りの宮殿の中は外の強い日差しを受けていても涼しい。

この中には物売りも、物乞いもいない。外の喧騒が嘘のように静かな建物内。

そうか。そうか。

とリラックスしているとコスチュームを来た2人組のインド人が近づいてきた。

「フォト! フォト!」

当時の兵装を身にまとったインド人が話しかけて来た。

さすがに1,000₨も払っているのだから、これぐらいのサービスは込みなのかなと。

一緒に写真を撮ろうとジェスチャーしてくるが、どうせチップを請求してくるのだろう。

一緒に撮影するのは遠慮してムシしていると後ろから小声で何かを囁いている。

「チップ…。 チップ…。」

そもそも、一緒に写真も撮っていないのにチップを請求してくる兵装インド人。

チップ・チップ。もうその言葉は嫌いになりそうだ。

その営業熱心さに彼らの写真を一枚撮影させて貰うことにした。

そして彼らの希望通り、1人に10₨ずつチップを渡すとシャキッと直立していた姿勢が崩れた。

「モアー!モアー!もっとくれ!!」

なんだここ?

入場料も高いしチップマンもしつこいので10₨だけを渡してさっさと次の場所へ移動した。

チップマン恐るべし。

ざーっと建物内をまわってみた。

残念ながら僕にはあまり響かなかった…。

場内の建築物は非常にきれいだけど…。

歴史建造物とかって、どれだけ過去の歴史を聞いてもあまり興味がわかないのが残念。

ってことでサクッと引き上げて次の目的地 「風の宮殿 ハワー・マハル」へ移動。

風の宮殿 ハワー・マハル。

(薄っぺらさで有名なハワー・マハルの壁)

(入場しなくても外から、この壁画を見れれば結構満足してしまう)

(観光客らしいことをする事が一応の目的なので、期待して中に入って見ることに)

(チケットカウンターにある料金表)

正面の城壁を見て感じたこと。

「トリップアドバイザーに良く投稿されている写真だなぁ。」

以上。

ここで僕の痛恨のミス!

一つ前に訪れた「シティ・パレス」で購入したチケットは、ジャイプールにあるいくつかの観光地のフリーパスになっていたのだが、ここでは使えない事をここで知った。

それはカウンターで「シティ・パレス」のチケットを提示した時に発覚した。

チケットカウンターの人に購入済みのチケットを見せた。

「ノーノー!これは違うチケットだから新しいのを買わないと入れない」

実はまた嘘っぱちなんじゃないの?

なんて思ったが、本当に使えないらしい。

共通券だから1,000₨も払ったつもりだったのに。

これは完全に自分のミスだった。

入場料も安くないし、自分には響かないし、なんだか損した気分だった。

それでも、「まだまだ旅の序盤だから…」と言い訳して新しくチケットを購入。

(多言語対応の音声ガイドがあるが、日本語はないし興味もないのでパス)

ハワー・マハルの場内へ入る。

正面から見た壁を裏面から見てみる。

中を歩いていると、いるのはインド人観光客ばかり。

そしてみんな自撮りをしている姿が目立つ。

日本より少し遅れた世代のセルカ棒。

ビニール傘の骨のように細い棒で粗暴に扱うったら壊れちゃいそう。

壁からベンチから色々な場所で自撮りしている、カップルやメンズの集団を見ながら淡々と中を見学していく。

とりあえず、僕も写真を撮ってみる。

いや、本当に楽しめない観光地だなぁ…。

(全く目隠しもなく堂々と置いてある室外機)

順路に突然 エアコンの室外機が登場。

壁画やステンドグラスを見ていると突然順路に現代的なものが登場する。

しかし他のインド人観光客を見るとまったく気にしてはいない様子。

なんだかネガティブな事ばかり書いてしまった記事になってしまった。

でも響かないものは響かないし、入場料払ってまで見る価値は無かったかな…。

すみません…。ジャイプール。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク