【インド ジャイプール】リキシャの料金で揉めた時は立場の強いインド人を味方につけろ!

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

秘密の観光地 → ただの原っぱだった。

(昔は湖があったあという場所。猿と野犬のいる廃墟になっている。)

リキシャのオッサンは得意げに言い放った。

「さぁ!着いたぞ!!」

ゾウ園からトロいリキシャで走ること2時間。

ついにオッサン自慢の秘密の観光地へ到着した。

到着した場所は、何処かの廃墟のような使い古された場所だった。

ワイルドサンクチュアリ(野生動物の聖域)とあるが目に入ってくるのは野犬と猿ばかり。

2時間以上も炎天下の中走って来た割には感動が薄くがっかりしてしまった。

(オッサンは猿にイタズラされないように車内で昼寝中。)

(かつては湖だったという場所。何もないただの景色が広がっていた。)

オッサンは猿にイタズラされないようにリキシャで昼寝をしている。

オッサンのリキシャはエンジンを始動するのに”ロープ”を使う。

エンジンを掛けるためのセルがイカれたオッサンのリキシャは手動でエンジンを掛けることが出来るようだった。

リキシャのエンジン部分にロープを巻き付けて勢いよく引っ張る。

バイクのキック、車の押しがけの容量でエンジンが掛かる仕組みになっている。

後部座席の下に隠してあるロープを猿に取られたらこの場所から帰れなくなってしまう。

僕は昼寝をしているオッサンを横目にトボトボを周辺を見回って見ることにした。

しかし歩いても歩いてもゴミ・野良犬・猿、野良牛。

どの角度から見てもリキシャで2時間も掛けて来る場所ではないと思った。

観光地というかいるのは時々通る地元に人だけで観光客は全くいない。

というか人自体がいない。

(床には無数の鳩の羽が散らばっている。通路の中は鳩ノ巣だらけ)

オッサンは、何処で手に入れたのか知らないがポケットからビスケットを取り出した。

それを野良犬にあげて楽しんでいる。

これは果たしてこの場所じゃないと出来ない事なのだろうか?

2時間掛けて来た場所で野良犬に餌をあげて終了なんて…。

そんなバカな…。

(ビスケットを食べてご満悦の野良犬。)

30分もいればすっかり飽きてしまった。

ここからジャイプールの街まで2時間。

往復4時間掛けて来た場所がこんな場所だなんて…。

インドで選択を間違えると、とんでもないことになってしまう。

こんな場所で暗くなったら身ぐるみはがされそうだ。

一刻も早く人のいる場所へ帰りたくなった。

「オッサン!そろそろ帰ることにしよう。」

オッサンは不思議そうな顔で僕を見つめる。

「んっ?もういいのか?」

もういいのか?

もう十分だよ…。

2時間掛けて来た場所なのに30分で退散。

リキシャのオッサンはあくびをしながら「やれやれ。」という感じでエンジンを始動した。

スポンサーリンク




場所はこちら↓

酒を飲んだおっさん突然、危険になった!

(日没が近くなっても街中に帰る事が出来ない。日没が近くなってくる。)

もちろんだが通って来た何もない単調な道をひたすら街へ向かって戻る。

一刻も早く街へ帰りたい僕の気持ちをムシしておっさんは路肩にリキシャを停車。

リキシャ「フレンド?酒を飲まないか?俺に1本ビールを買ってくれ。」

酒を飲まないか?

誘ってくる割にはビールの銘柄まで指定してくるオッサン。

おっさんは100₨も持っていないし払うつもりもなさそうだ。

正直、観光地のがっかり具合とおっさんのねちっこさに相当イラついていた。

さらに「酒を飲ませろ」とは本当にウザい典型的なインド人だった。

(道路の脇に起床とめてビールを飲んでいる僕らを見つめるインド人。)

今日は1日中運転をしてもらっているし…。

旅の序盤で嫌な思いもしたくない。

オッサンの希望の銘柄のビールを100₨で買ってあげる事にした。

「はいよオッサン!」

ビールをオッサンに手渡した瞬間にオッサンはゴクゴクと一気飲み。

そしてオッサンは驚きの行動に出た。

(バリーン!)

なんと一気飲みしたビールの空き瓶を民家の庭に放り投げたのだ!

どうやらオッサンはだいぶ酒癖が悪いようだった。

調子の良くなったオッサンはさらに続ける。

「さぁ!2本目のビールを買ってきてくれないか!?俺とお前は友達だ。今日はこのままうちに来て一緒にご飯を食べよう!!」

酒を飲んで気分が良くなったおっさんは要求をどんどんエスカレートさせる。

明日はもっといいスポットに案内してやると言い出す。

もうあたりも暗くなってきたし本当に帰らないとオッサンと二人っきりになってしまう。

オッサンの機嫌を損ねないようにホテルに向かうよう促した。

道中、何度もオッサンが後ろを振り向きながら話しかけてくる。

その度に「頼むから前向いて運転してくれよ」と思った。

実際に何度か車線からはみ出しそうになり反対車線のトラックにパッシングされた。

何故か客である僕がオッサンのご機嫌を伺いながら無事に?ジャイプールの街へ帰ってきた。

ホテルの前でオッサンと金で揉める。

(オッサンは空き地に向かってビール瓶を投げる。周りのインド人もびっくり。)

ようやくホテルに帰ってくることができた。

今日は本当に長い一日だった。

そしてホテルの前でリキシャから降りる。

酒を飲んで上機嫌のオッサンはまだまだ喋り足りない様子だった。

一秒でも早くこの場を立ち去りたい僕はオッサンに今日のガイド料について聞いてみた。

最初の話では「気持ちで良い。ガイド料は僕が決めて良い」ということだった。

オッサンは今日のリキシャ&ガイド料を期待しているようだ。

僕は今日1日を振り返った。

「全然たのしくないじゃん…」

はっきり言って全く楽しくなかった。

1番初めに連れていかれたゾウ園では説明もなく寄付を求められた。

あれははっきり言ってハメられた感じだ。

その後、数時間リキシャを走らせ到着した場所は野良犬や野良牛ばかりの廃墟。

合わせて行きと帰りの道中、合計2本のビールをおっさんにおごっている。

果たしておっさんにいくら払えばいいのだろう。

とりあえず楽しくなかったし、オッサンには酒もオゴっているし。

様子見ということで1,000₨をオッサンに払うことにしてみた。

すると…。

突然、アルコールで上機嫌になっていたオッサンの顔が険しい顔になった。

オッサンはすでに酔っ払っている様子で僕に絡んできた。

「フレンド?冗談だろう?1日走って1,000ルピーはないだろう?」

「普通ならば$100ぐらいは払ってもらう。」

「$100が無理なら$50は払ってもらうぞ!」

興奮したオッサンは、なぜか、インドの通貨 ₨ではなく$でガイド料を請求してきたのだ。

ホテルの前でオッサンは怒った顔でこちらを睨みつけて大声を出す。

これは面倒な展開になってきた…。

今日1日連れ回され疲れ切った体に酔っ払ったオッサンの相手。

どこまでも面倒に付き合わされる。

騙されそうになり、ビールを奢らされ、さらに金をくれという。

オッサンが言うにはガイド料の基本は$50か5,000₨とかもう意味不明。

オッサンの声が大きくなりはじめ周りのインド人も集まりはじめてきた。

僕とリキシャのオッサンの押し問答が平行線で続く。

しばらくそんなやりとりをしていると宿泊しているホテルの従業員が外に出てきた。

従業員は僕らの方へやってくる。

従業員は事情を知らずに僕らの間に割り込んでくる。

「おかえり!フレンド!今日はどうだった? これから従業員同士でご飯を食べるんだけど一緒に食べないか??」

とりあえずリキシャのオッサンと、金の問題で決着がつかないことを説明した。

ホテルの従業員は僕の話を聞き、酔っ払ったオッサンを睨みつけた。

従業員とオッサンはヒンドゥー語で何かを話している。

従業員が諭すように話すとオッサンは身振り手振りで何かを言っている。

見ている限り従業員の方がインテリな感じがしてオッサンが焦っているようだ。

従業員は僕に質問してきた。オッサンと違って彼は非常に冷静だった。

「おい?フレンド??金を払わないってリキシャの奴が言ってるけど本当か?」

料金についてはオッサンの言った通り”言い値”で良い。

そう約束をしたからガイドを頼んだのだ。と従業員には説明した。

そして、彼らが会話し終わるとリキシャのオッサンは落ち着いた様子でこういった。

「フレンド…。わかった1,000₨でいい…。」

先程まで僕に食って掛かってきたオッサン。

態度をころりと変えてしまった。

ホ「アイツは俺が言うことには逆らわない。」

話の決着がつき、オッサンが悔しそうに走り去っていった。

いったい彼らは何を話したのだろうか??

そして、ホテルの中に戻り僕は先程の従業員に礼をいった。

従業員は「大したことない」とだけ言った。

そして、ホテルの従業員は僕にチップなどを請求する事もなかった。

後に聞いた話だがインドでは廃止されたとはいえカースト制度がある。

ホテルの従業員の方がリキシャのオッサンよりもカーストが上だったのだろうか。

真相は不明だが結果、支払いは1,000₨で収まったので僕としては良かった。

今回の事で学んだ事。

インドでトラブルにあった時は少しでも信頼のおける位の高そうなインド人に助けを求めるのが良さそう。ということ。

オッサンに一日のガイド料として支払った1,000₨が安いのか高いのか?

おそらく安かったと思うが、金額の大小は別として、とりあえず疲れた。

思い通りに行かない国インド。

本当に何処までも疲れさせてくれる。

宿に戻り水量の微妙なシャワーを浴びてぐっすりと眠った。

明日はジャイプールを離れ次の街、ジャイサルメールへ向かう。

僕は思った。

二度とジャイプールへ来ることはないだろう。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク