【インド ジャイサルメール】夕日が照らす黄金の街!絶景・夜景のおすすめレストラン。

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

寝台列車に揺られること13時間~ジャイサルメールへ到着。

(ジャイプール駅。ジャイサルメールまでの所要時間は13時間ほど。)

ホテルをチェックアウトしてリキシャで駅へ向かう。

23時ぐらいに出発予定の列車の寝台列車を予約しているので乗り遅れる訳には行かない。

ニューデリーのようなカオスな雰囲気と違い人もリキシャも少なめなジャイプール。

普通過ぎて僕のようなずれた観光客には少し物足りない感じがした。

駅舎に入るまえに荷物のX線を通して通過。

駅員は全く見ていない様子。

(車両には窓からの乗るのを防止する為の鉄柵がついている)

2ndクラスは寝台も無い座席車。

インドの電車に乗ったらバッグをワイヤーチェーン等で柱にロックする必要がある。

ちなみに1stクラスに乗るとスマホを使ったり富裕層のインド人が乗車している。

1stクラスは2ndクラスに比べて荷物の盗難の心配もぐっと減る。

特別こだわりがなければ料金は10倍ぐらい違うが1stを推薦。

2ndクラスはトイレに行く際にも1stよりも置いている荷物に注意が必要。

(スリーパークラス=寝台列車の入り口には座席表が張り出されている。)

インドの電車の車両は非常に長い。

東海道線の15両よりも遥かに長い。

自分の目当ての車両を発見したらホームで並走して目当ての車両に向かう。

止まってから向かっていくと下手すると乗り遅れそうになる。

それぐらい車両が長い…٩(′д‵)۶

(翌朝 ジャイサルメールへ到着。日本人よりも韓国人の観光客が多かった。)

エアコンなしの寝台車で一晩を過ごし翌朝ジャイサルメールへ到着した。

砂漠の街ジャイサルメール。日中は30度以上になるが朝晩は上着が必要なぐらい寒かった。

駅を降りるとジャイプールと違って観光客が目立つ。

日本人と近い風貌のツーリスト、「ハロー!」と挨拶すれば韓国からのツーリストだった。

電車を降りた所で少し韓国のツーリストを雑談する。

今後の予定、インドでの気をつけなければならないこと。

お互いの持っている情報を交換して別れる事に。

深切な事に彼は持っているスマホで僕の泊まるホテルを検索してくれた。

日本でシムフリースマホが流行る遥か前からお隣の韓国ではシムフリースマホはメジャー。

*シムフリーの携帯を持っているならSIMを購入した方が絶対にお得!

レンタルWi-Fiは割高。

アマゾンで旅行用SIMを買うか、現地調達が一番割安で便利。

僕は現地でSIMカードを購入した。

価格は800ルピー(1,300円ぐらい)で通話はほぼ利用なし。

データは1日1GBまで利用可。使用出来る期間は6ヶ月ぐらい。

地図アプリやSNSを使っているだけなら全く問題ない。

短期の旅行の場合は下のようなSIMを日本で調達して行くのが良い。

逆に1ヶ月以上の長期の場合は現地契約が安い。

 野良牛・野犬に囲まれたアニマル ホテルへ到着。

(ジャイサルメールの町中。インド標準装備の牛も他の街と比べて小奇麗な印象)

いつもどおりに駅から出ると大勢のリキシャの営業攻撃が始まる。

値段が一番安く気の弱そうなリキシャを選んでホテルへ向かう。

韓国人ツーリストの彼からホテルも調べて貰っていたのでリキシャの運転手との値段交渉もスムーズにすることが出来た。

ある程度の距離が分かればボラれる心配も少ない。

スポンサーリンク




(リキシャはどんどんと細道に入っていく。はめられたか?)

リキシャは大通りを抜けて小道に入っていく。

おやおや?

初日のデリーでの事件いらいまったくインド人を信用していない。

手元のMaps meアプリを確認しても道は間違っていない。

ホテルは市街地を抜け、人が一人も見当たらない住宅地へ入っていく。

リキシャの運転手もホテルの名は知っているが場所は知らない。

するとリキシャ ドライバーは車両を降りて近くの民家に入っていった。

どうやらホテルの場所を訪ねているようだった。

リキシャ ドライバーが戻ると ホテルはすぐ近くだという。

それにしても野良犬や野良牛が多い。

野犬や野良牛に囲まれたホテルへ到着。

早速チェックインを済ませ街歩きに出発することにした。

ジャイプールと違い、ガイドを名乗り出てくる運転手ではなかった。

最初に提示された金額のみを支払い、ねちっこさいもないままリキシャは去っていった。

どうやらジャイプールよりもジャイサルメールの方が僕にとっては相性が良さそう。

(オンボロ リキシャ と野良牛 (小) )

(温度が高い日中は日陰で転がっている野犬。インドの野犬は人懐っこいのが多い。)

 歩いて回れる小さな観光地ジャイサルメール。

(ジャイサルメールの町並み。革製品や観光客向けの雑貨を扱う店が多い。)

ホテルを出て歩くこと数分。

野良牛や野良犬は草木の作る小さな木陰で涼んでいておとなしい。

牛も犬もインド人も日陰に寄り添っているのが微笑ましい光景だ。

城郭がある街の中心部に近くなってくると道路の両脇に商店が目立ち始める。

日用品も販売されているが、ほとんどは観光客向けの雑貨ばかりだ。

(インドでよく見かけるクリケットセットと、しばしば登場するニセドラえもん。)

(この市場でサングラスを購入。500₨が交渉すると100₨なった。)

ジャイプールに比べるとあまり客引きが無いジャイサルメール。

あまり商売っ気がないのか暑くてダラダラしているのか露店に近づいても「ハロー」と挨拶されるだけでしつこい営業はして来ない。

リキシャは相変わらずうるさいやつが多かったがジャイプールほどではなかった。

ここでRay-○anのニセサングラスを購入。

言い値は500₨から始まったが、背中を向けるとすぐに値段が100₨にディスカウント。

そこで買う意思を示すと、”まぁ待て!”と店主のおばちゃんが手でジェスチャー。

露店のテーブルの下から、1つ、2つと偽 Ray-○anが飛び出してくる。

もはや色がどうこうというより100₨で売れればなんでもいい。

そんな感じの売り方がちょっとウザいが憎めないのがインド。

(色が毒々しいインドスイーツたち。)

どうしてこんな色に作ってしまったのか?

合成着色料をたっぷり使っていそうなスイーツを発見。

しかも冷蔵庫ではないのに溶けないというミラクル。

いったい何で出来ているのだろう。

そして右側にある、グリーンピースのような写真はなんだろう。

観光客で賑わうジャイサルメール城の城郭都市を観光。

(世界遺産にも登録されたジャイサルメール城。)

ジャイサルメールのメイン観光といえばゴールデンシティと呼ばれるお城や城郭都市。

今でも城郭の中では民家がありローカルな人の生活が垣間見える。

この中にはリキシャも入り込む事は出来ないので外界とは違って静かに過ごす事が出来る。

観光客目当ての物売りはたくさんいるので、やはり完全に気を抜くことは出来ない。

(城郭内の路地にはお土産品が中心に並べられている。)

城郭内を観光。

確かに街全体がが世界遺産なだけあって見応えはそれなり。

建物や石畳の道が続く。

それにしてもお土産屋が多い。売っているものも似たり寄ったり。

ひっきりなしに営業されるのでムシしていても疲れてくるのがインドの観光地。

(今夜の食事は城郭内のこのレストランを選んだ。)

城郭都市の中の道をひたすら上へ上へ登って歩いていく。

石畳なのでビーサンを履いている観光客なんかはたまに滑って転んだりしている。

中はある場所へ行けば行き止まり、ある場所は何処かへ続く道。

さすが要塞。迷路のような作りになっている。

中をウロウロしていると一軒のレストランを発見。

「はろー!このレストランの自慢は景色なんだ!見るだけみていってよ!!」

「ピエール瀧」似のインド人ぽくない店員に呼び止められ休憩することに。

リアルにピエール瀧に似ているので行った人にはぜひ見て欲しい。

看板の書体も消えかかっているのがインド風。

景色が良いというので中に入って吟味してみることに。

(リトル・チベットのテラス席から見える景色は中々よい!)

店内に入って砂壁のような細い通路を上へ登っていく。

通路を抜けると柵も何もない吹き抜けの空間にテーブルが置いてある。

景色も良かったのでお茶だけでなく食事も注文して見ることにした。

お店の名前はリトル・チベット。

このテラスから沈む夕日を見るのは中々の光景だった。

初日のジャイサルメールは城郭都市を歩き観光をして終了。

見どころも歩いて回れる場所なのでジャイサルメールは観光しやすい。

ジャイプールと比べて都会感が少ないジャイサルメール。

明日はジャイサルメールの砂漠でラクダに乗って砂漠を散策するツアーに参加予定。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク