【インド ジャイサルメール】砂漠のテントで一泊!満点の星空で天の川鑑賞!!

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

インドの砂タール砂漠でラクダツアーに参加する。

(ラジャスタン州にあるタール砂漠ではラクダに乗ることが出来る。)

ラクダに乗るのはこれが人生で2回目だった。

人生で初めてラクダに乗ったのはオーストラリアのブルームという場所。

そこでは海沿いのビーチをラクダで歩くというツアーだった。

このツアーはジャイサルメールで予約したものではなくニューデリーの旅行代理店ですでに予約をしてあった。当日はホテルの前にはリムジンならず、suzukiの軽自動車がお出迎え。

その後、ツアーが開始されるタール砂漠に向かう道中、各ホテルに立ち寄りながらこのツアーの参加者が乗り合って向かうという内容だった。

1泊2日のキャメルライドと砂漠の宴コース。

(1泊2日の宿泊。この建物か砂漠の中のテントか寝る場所を選ぶことが出来る。有料か無料かは相談次第らしい・僕の場合は無料だった。)

街の中心部から1時間ほど走ったところで荒れ地の中にポツポツと人が歩く姿が見える。

この周りには小さな村があって女たちは頭に水瓶を乗せて水を運んでいた。

敷地に入ると全員で20人ぐらいの観光客の姿が見えた。

ほとんどが欧米人ばかりでアジア人は僕だけだった。

話を聞くと日本人は結構来るらしい。

僕のようにデリー等の大都市でツアーを組み訪れる観光客が多いようだ。

(ラクダ引きの少年とベテラン。ベテランは小声で「チップ?チップ??」を要求。)

ジャイサルメールの町中から同じsuzukiの軽には僕以外に、イタリアからとスペインからの旅行者を乗せた3人で向かうことになった。

タール砂漠へ向かう車内ではお互いの旅行のプランや母国で何をしているか?など話がはずんだ。一人は学生で一人はビールの工場でビールを作っているらしい。

一番の話題はどれだけの休暇があるのか?取れるのか?

僕「僕の場合は10日間が精一杯。長期で来る場合には会社を辞めなければならないよ」

ヨーロピアン「俺は2ヶ月の予定だ!これからインドとネパールを回って帰るんだ。ん?やっぱり日本のホリデーが少ないっていうのは本当なんだなw」 と。

(マークは自分のラクダを判断する為の焼印。)

雲ひとつない空の下、今日のラクダツアーの説明を受ける。

ウェルカムドリンクはインドらしくチャイ。

ビールは追加で150₨を払えば飲むことが出来るらしい。

僕は酒を飲まないのでパス。

到着したのは午後、これから夕方の時間に向かい砂漠をラクダで歩いて行く。

そして夕日が沈む時間に合わせサンセットポイントで夕日を鑑賞した後に宿に戻るというプランだった。

キャメルライドツアーに出発。

(僕を乗せてくれたオスのらくだ。コブは1つのタイプ。)

ラクダは隊列を作り砂漠をあるき出した。ツアー出発。

ラクダ使いの言う通りにラクダの背に乗るハンドルを強く握る。

起き上がる時と降りる時には前足から立ち上がりまるでロデオボーイ。

しっかりつかまっていないと落っこちてしまう。

ラクダの乗り心地ははっきり言って良くない。

お股が擦れてちょっと痛かった。

ラクダに乗車中は隊列の前後の写真を撮り合いながら先へ進んだ。

ラクダは大きく揺れるので撮影は結構難しい。

それよりも砂漠を日本の島サン(島サンダル)のような靴で普通に歩けるインド人に驚いた。

靴でも歩きにくいのに彼らは全く呼吸が乱れない。

インド人強し。

(サンセットポイントに到着。僕ら以外にも30人ぐらいの観光客がいた)

ラクダツアーのゴール、サンセットポイントへ到着。

ラクダはラクダ使いからご褒美にニンジンをもらっている。

ラクダもしっかりと働いて美味そうにニンジンを頬張っていた。

欧米人の老齢女性観光客がその愛らしい姿を撮影しようと口の近くに近づいた。

するとラクダの首が突然にょきにょきと伸びて危うく彼女のカメラにかじりつく所だった。

ラクダもやっぱり動物。

食事を邪魔されるのは嫌なのね。

サンセットポイントで砂漠に日が沈む景色をしばし鑑賞。

そこへ何処からともなく両手にパンパンのビニール袋を持った少年が走ってきた。

観光客達のグループを回りながら僕らのところへやってきた。

彼が持っていたのはコーラやスプライトなどのドリンク。

見事にこれがまったく冷えていないというインドらしいおまけ付き。

砂漠を走ってドリンクを販売している彼を応援するつもりで一緒にいた欧米人達と
ドリンクを購入した。

「冷えてないねぇw」

そんな笑い話をしながらドリンクを飲んだ。

そして後ろを見ると賞味期限が1年以上過ぎていた。

欧米人達と顔をあわせドリンクの賞味期限を確認すると全員のドリンクが賞味期限切れ

またそれもインドw

それだけでノンアルコールなのに盛り上がる事が出来た。

僕たちの体は大丈夫か?

音と踊りのインド式ディナーショー。

(日がくれた頃に宿に戻る。楽器と踊り。火を囲んでのディナータイム。)

ラクダツアーが終わり宿へ戻ってくると中庭では夜の食事の準備が進んでいた。

食事はビュッフェ形式で出てくる料理はやっぱりインドらしくカレーが出てきた。

町中のレストランとは一線を画するほど料理は美味しかった。

さすが欧米人中心の観光ツアーといったところ。

この晩飯が終わったら夜中は全く食べるものがなくなってしまう。

こっそり持参したビニール袋にライスやカレー・ナン等を失敬して保管しておく。

これで夜お腹が空いた時にやってきそうな物売りから物を買わなくて済みそうだw

タッパーとかジップロックを持っていくと便利だよ。

そして2時間程のディナーショーが終わり今日のプログラムは終了。

これから各自宿場に向かうのだが前述したようにテント泊か宿舎泊かを選ぶことが出来る。

ヨーロピアン達は隣接する宿舎にて。

僕はジープで砂漠の中へと連れていってもらい準備されているテントで宿泊する事にした。

スポンサーリンク




満点の星空を独り占め!銀河鉄道の夜!!

(毛布やまくらは準備されているが結構寒いので寝袋があるとさらに安心)

食事が終わりジープでテントのある場所へ連れていってもらう。

明かりが全くない砂漠を走る車は轍を頼りにキャンプサイトへ向かう。

ハンドル操作を誤ったら砂漠にひっくり返ってしまいそうになる運転。

15分程走ると白い三角テントが立っているエリアへ到着。

日の出になった頃にスタッフが迎えに来るとの事だった。

僕は車を降りた。

ジープが走り去りライトが消える。

空を見上げると満点の星空が広がっていた。

僕以外には誰もいない。

柔らかく冷たい風が吹き抜けてなかなか寒い。

昼間は暑く夜は寒い。

自然は本当にすごい。強い。

それにしてもすごい星空だ。

いつまでも見ていることが出来た。

テントの中に水や食料品を置いて撮影を始めた。

今回持ってきたのは旅行の為に買った超広角レンズ。

星空を撮影する為に買ったこのレンズで撮るはじめての星空。

誰もいない。光害もない。最高のロケーションだった。

今回の僕の旅行で撮りたいと思った写真が超広角レンズを使った星空や景色の写真。

それが叶った瞬間だった。

砂漠の上でごろ寝しながらリモコンを使って撮影。

考える事もない。ただ、ただ目を輝かせて写真を撮影するのみ。

2時間ほど外で撮影したところで体が冷えてきた。

テントに入り水筒に準備したお湯で日本から持ってきた味噌汁のパックを飲む。

異国の地で飲むアマノフーズの味噌汁が体にしみる。

体が温まった所で就寝する事にした。

明日の早朝迎えが来ることになっている。

寝袋に入るとすぐにウトウト…。

極寒の早朝!砂漠から感動のご来光!!

(朝焼けに染まるタール砂漠)

「おぉ寒い…。」

極寒の早朝になって目が冷めた。

テントのジッパー開いて外に出ると空は紫色になり遠く東の空が明るく貼り始めていた。

夜明けが近い。

そして風も昨晩よりも一段と冷え込んでいて寒くなっていた。

ダウンベストからダウンジャケット。

日本から持参したすべての衣類を身に着けても寒いぐらいだった。

んーっ!!

と体を空に伸ばしバタバタと足踏みをして体を温める。

さて急いで写真を撮る準備!準備っと!!

テントの中に入れたカメラを準備して外に持ち出す。

三脚を砂にしっかりと鎮座して朝日の方向へ構えて日が登るのを待つ。

朝日が登ってくると今まで見えなかった部分が明るくなり見えてくる。

ゆっくりとゆっくりと砂漠の暗かった部分に光があたり白い砂の色を変えていく。

朝日が登り始めると気温もゆっくりと上がり始める。

心の中で「早く!早く!!寒い!!!」と言いながら気温の上昇を待つ。

ある程度まで日が登った後。

周囲を見渡すと少し離れた場所に同じようなテントを発見。

なんと中から人が出てきた。

あれ?人居たのか。と思ったら観光客ではなくスタッフのインド人だった。

声が届かない程遠い場所から僕に向かって大きく手を降るインド人スタッフ。

すると更に遠くの方からこちらに1台のジープが向かってきた。

どうやら迎えが来たらしい。

昨晩、食事をした宿舎に戻る事になる。

車に乗るとブランケットを渡され身を包む。

走り出したジープから登りきった朝日を見ながら宿舎へ戻る。

最高の夜だった。

人もいない。音もない。

物事を考えるには最高のロケーションだった。

旅を初めて数日目。その中で一番の感動だった。

そんな事を考えながら宿舎へ戻った。

朝ごはんを食べてツアーは終了。

(宿舎の中庭の洗面台。カラスも洗顔中)

宿舎の中庭に戻ってきた。

数人のインド人スタッフは忙しそうなようで、ゆっくりと朝食の準備をしている。

「おはよう!!」

昨日一緒に街から来た2人のヨーロピアン達と再会した。

2人は食事が終わった後にはすぐに寝入ってしまったようだった。

「あんな寒い中で良く寝られたなw」

チャイをすすりながら3人で談笑。

2人に言われながら僕は昨日の夜に撮った写真を見せた。

「OH MY GOD!」

彼らの口から出た言葉はそれだった。

すごいな!俺たちも行けばよかった!!

そう言ってもらえると寒い中テントで寝た甲斐があったってもんだ。

(朝食会場の風景。手前のポットから料理をセルフで取り出して食べる。)

ゆっくりと準備された朝食を食べる。

朝食も今までホテルで準備されていた、ガキの使いのような目玉焼きとパンではなくしっかりとした朝食だった。

食事の味に関しては満点だ。

インドではいつもほどほどに食べていたご飯もここだけはガッツリと食べる。

食事が終わるとぼつぼつと片付けが始まり各自、オプションの精算を始めた。

精算とはビールなど料金に含まれていないものを追加で注文した場合に支払う。

(チャパティ&ナンが好きなワンコ。インドの犬は怪我だらけだけど愛嬌たっぷり)

朝食会場には犬も顔を出す。

狂犬病が怖い、衛生面が怖い。

インドではそんな危険とも隣り合わせだけど愛嬌のある動物はやっぱりかわいい。

傷だらけのこのワンコも目の前に来るとフセて餌をねだってくる。

野良犬なのに「待て」「おすわり」も出来る。

話しかけると「くう~ん」と鳴いて話も出来る。

インドの犬は日本で繋がれて散歩されて犬よりよっぽど頭がいいと思う。

しっかりと意思がある。

お金と引き換えにレビューを書いてほしいと頼まれる。

(トリップアドバイザーにて良評価を書いてほしいと頼まれる。)

朝食が終わりポツポツと観光客が引き上げていく。

1台の車に乗れるのは2人から3人。

20人ほどの旅行者達は複数の車に分かれ、各々の帰る場所へ帰っていく。

一緒に街から来たヨーロピアンを含め他のツアー客が帰っていく中なぜか僕は最後だった。

「どうだ?予定がないなら少しチャイでも飲んでゆっくりしていけよ」

インド人のスタッフに言われる。

どうしてアジア人の僕だけ残されるのだろうか?

隣に座って無言でチャイを飲む中でポツリとスタッフが僕に向かっていった。

「あのさ?レビュー書いてくれないか?」

やっぱり…。

今回の旅行、インドで感じたこと。

インドではトリップアドバイザーの評価を他国よりも非常に気にする所が多い。

(書いてほしい)ぐらいの希望のところもあれば(ドリンク代の代わりに書いてくれ。)

と言ってくる場所もある。

そもそもトリップアドバイザーの規約違反になる。

僕は普通にドリンク代を支払い彼らの申し出を辞退した。

しかし、それとは別に素直に今回のツアーについては大満足だったし

提供される食事も美味しかった、そして何よりも星空が素晴らしかった。

僕は彼には言わなかったが後にしっかりとレビューをする事にした。

きっと僕のレビューもトリップアドバイザーを見た誰かの参考になっているだろう。

これで砂漠の街ジャイサルメールでの観光は終了となった。

次に向かうのは(青の街 ジョードプル)ツアー会社で組み込んだ最後の街だ。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク