【インド ジョードプル】名物オムパンと微妙なブルーシティ。

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

2ndクラス列車でジャイサルメールからジョードプルへ。

(2ndクラスの3段シートの最上ベッドから。ファンはゴミ置き場になっている。)

デリーのツアー代理店で予約をしたツアーの最終行程であるジョードプルへ。

列車はジャイサルメールを昼に出発して約7時間、青の街ジョードプルへ。

席は予約席だが床には4人家族が川の字ならぬ【井】の字に寝ている始末。

そろそろインドに到着して1週間ぐらいになる。もうその光景にも驚かない。

一番上段のベッドになった場合、貴重品はもちろん自分のそばに。

そしてバックパックは席の下にワイヤーロックを必ずかけて置くことを忘れずに。

ワンピース アラバスタ編の原作の舞台となった都市

(駅舎からの景色。時計塔&ジョードプルシティはワンピースのモデル都市らしい)

バックパック旅行などラフな旅のスタイルの場合、土地勘の無い場所に夜に到着するのは避けたいところ。人が居なくなって治安が悪くなるというよりは変な輩が多くなる。

ここからホテルまでも駅前でオートリキシャをつかまえて向かう事になる。

駅前のプールにタムろしている奴らはボッタクリの可能性があるので流しのリキシャを狙う。

流れのリキシャの場合、適正な料金で利用する事が出来るが英語が通じない&読めない。

そんなドライバーも多い。

狙いどころは「英語は通じなけどホテルの地図を見せてわかる人」

事前交渉でホテルまでの価格をドライバーと決めたらナビで誘導しながらホテルへ行くのが一番安上がり。

事前に Maps.Me(マップス・ミー)で目的の都市をダウンロードしておこう。

インドは日本と比べてWi-Fiのスピードが結構遅いので場所によってはDLに時間がかかる事も。余裕を持ってDLしておこう。

長期の旅行ならばSIMカードを現地調達。

短期の旅行ならば日本でWi-Fiをレンタルするのも便利。

海外Wi-Fiレンタルなら<イモトのWiFi>   

リンクは下を参照。

iPhone版

Android版

Wi-Fiが早く朝食が美味いナイスなゲストハウス

(ホテルの裏から見るメヘランガール城塞)

問題なくホテルへ到着した昨晩のこと。

旅行代理店で予約されていたホテルはこの旅一番の快適な宿だった。

ジャイプールの屋上のような閉鎖的な屋上テラス、ジャイサルメールのような野犬に囲まれたホテル。それとは違った立派な宿だった。

ホテルからはメヘラーンガル城が見える絶好のロケーション。

デリーの代理店にはしてやられた感があったがこのホテルのブッキングはナイス。

(部屋の前のルーターには鳩が巣を作っていた、一年中暖かい場所は鳩の絶好の住まい)

この宿の一番の高ポイントは部屋の真ん前にWi-Fiルーターがあったこと。

インドやアジアではルーターから遠く部屋でネットが出来ない場所も少なくない。

日本では当たり前のように使えるインターネットもインドでは使いづらい場所が多い。

ジャイサルメールの宿は夜になるとネットの電源を落とされるという始末…。

ここで、今まで撮りためた写真をAmazonフォトにアップロードしておくことに。

マップスミーアプリの地図DLなども忘れずやっておく。

Amazonフォト

Amazonプライム会員特典。ドライブは5GBまで。

写真データのraw・jpegは無制限でクラウドに保管が出来る。

ここのホテルはおすすめなので紹介。

ブッキングドットコム等のネット経由でも予約出来るが直接行って交渉すれば、もしかしたらネットの料金よりも安い金額で宿泊出来るかも知れない。

ネット予約の方がインド的な面倒な交渉がないので楽だが実はその面倒な交渉もインド旅行の楽しい所でもあったりする。

Hare Krishna Guest House
हरे कृष्णा गेस्ट हाउस

Near the Fort, Mehron Ka Chowk, Killi Khana, Sodagaran Mohalla, Jodhpur, Rajasthan 342001 インド

観光スポット 旧市街編

(ブルーシティと呼ばれるのは旧市街のみ。観光のメインは入り組んだ旧市街。)

到着したのは夜でほとんどの店はシャッターが降りた状態。

そして街頭も少なく町の姿は良くわからなかった。

写真を撮るために早い時間に外出してみることに。

まだ街が動き出す前に外に出るのが良い。

13億人が暮らしているインド。

町が動き出したら何処もかしこも人だらけになる。

実際に旧市街を歩いてみると想像していた「青い街」と呼ばれるよりも青く塗ってある場所はまぁ青いかな?と言う感じで塗ってある場所は塗ってある。

そんな生活感のある町だと言う印象を受けた。

一番の見どころはこの旧市街とホテルの裏手にあるメヘランガール城塞。

町を歩きながらメヘランガール城塞方面へ向かって歩いていく。

(拡声器付きの謎のオートリキシャ。)

まず旧市街を歩いていて出くわしたのがリキシャの青空駐車場。

そこには定番の黄色・緑色のリキシャと特別仕様の街宣リキシャが止まっていた。

町中には、このメガホン・拡声器の類を販売しているお店もちらほら。

ジョードプルは賑やかな町なのだろうか?

町を歩いていても客引きも今まで回って来た2つの都市とは違っておとなしいような。

(町中の壁画にはインドらしい曼荼羅が描かれている。)

青い町に来たはずが写真を撮ろうと興味をそそるのは(それ以外のもの)

この曼荼羅壁画なんかはインドらしくていい感じ。

別の場所では写真のような曼荼羅の絵を書いているおじさんがいたので近くで見学。

こちらを見ておじさんはニッコリ。こちらもそれを見てほっこり。

インドは汚い・うるさい・嘘つき。

そんな印象ばかりだけれどやっぱり色々な人がいる。

そんなところが何度でもインドに行きたくなる理由なのかも知れない。

何がおこるかわからない。

毎日がパルプンテなインド旅行。

(路地裏で出会った女性。自らを指差し写真撮影を申し出てくれた。)

何処の町でも旧市街は迷路のように入り組んだ作りになっている。

一度歩いただけで道を覚えるのは難しい。

日本であれば案内板が主流だがインドでは壁に直接書き込んでいる。

ゲストハウスの案内は旧市街の町の至る場所で見る事が出来る。

旧市街を歩いていると突然行き止まり、人の家の敷地に入っている。

そんな事が良くあるある。

突然に割腹のよい女性が現れ「通り抜けるはあっちだよ」とジェスチャーで道の反対側を指で示す。それと同時に自分も撮影してみなさい。

と自分を指さし撮影させてくれた女性。

デジカメのモニターで自分の姿を確認すると満足したように静かな笑顔を見せてくれた。

スポンサーリンク




(フォト?フォト?の後にしっかりお金を要求してくる子どもたち)

(「1フォト 10₨!」と子供の頃から商売上手な子供)

大人も子供もチップ!チップ!

リキシャも子供も二言目にはお金の話。

まったく大人から子供までたくましい限り。

「10₨あげるから20₨くれ!」

そう言ったらモジモジして何処かへ行ってしまった。

しばらく離れた後にアッカンベーをしてくる。

インドのガキはイタズラ好きなのが多くて疲れる。

それでも憎めないのがインド。

(野良猫ならぬ野良犬もバイクのシートにしっかりと陣取り。)

(名物の野良犬。ジョードプルでは垂れ耳・Mサイズ・茶色系の野良が多い。)

近づいても逃げる気配もないし襲ってくる事もない。

日本では全くみなくなった野良犬もインドでは人と同じように立派に生活している。

犬たちは夜になると大群を組み縄張り争いに明け暮れている。

母犬は子犬を守り、オス犬は種付けが出来るパートナーを探し回っている。

「用がないならさっさとどこか行ってくれない?」

そんな事がいいたげな野良犬の目がこちらをしっかりと見つめていた。

観光スポット メヘランガール城塞編

(メヘランガール城塞からの景色。旧市街がポツポツと見える。)

旧市街歩きを終えてジョードプルのメインであるメヘランガール城塞へ登ってみた。

ジャイプール~ジャイサルメール~ジョードプルと来てすべて城塞系の観光ばかり。

城塞からの景色で手前に見える青い場所が旧市街。

歩いてみると青い場所はあるが期待していた程の青い町ではなかったところが少し残念…。

メヘランガール城塞の入場料は外国人は600₨と少々高め。

でもせっかく来たなら中に入ってみることに。

(城塞の城中にあるPhul Mahal)

お城の中は王朝時代に使用されていた部屋が展示。

写真のPhul Mahalはまさに豪華絢爛の作り。

(当時の展示品がたくさん展示されているが…。)

場内をぐるっと見学。

感想はというと…。

正直もうお腹いっぱいかなぁ…。

日本でもほとんど美術館的な場所に行くこともなく。

当時の鉄砲や歴史については「フン。フン。」とうなずくぐらいで

あまり感動するような響きはなかった。

という事でメヘランガール城塞の観光も早々に旧市街へ戻ることに。

旧市街で現地の人達と絡んでいる方が自分にはあっているかな。

インド名物 オムパン本舗

(名物、オムレツショップの看板はアジア人向けは手書き)

ジョードプルの名物?オムパンショップにある掲示板。

英語に弱いアジア人向けに書いてくれている。

おそらく観光客に頼んで書いてもらったものだろう。

オムレツ1つとってもチーズ入りやマサラ入り等たくさんの種類がある。

オムレツをパンズに挟んだオムパンで30₨~60₨ぐらい。日本円で50円~100円ぐらい。

(このオムパンショップはポルトガルで新聞に掲ったらしい。)

インドの各地でオムパンを食べる事が出来るがここはかなり有名。

おじさんはもう”ウン十年”とオムレツを焼いているらしい。

周りには観光客以外にもたくさんの現地のインド人が集まって賑わっている。

積み上げられた卵のケースの数が繁盛店を物語っている。

店の外には小さなベンチがあって5人から6人ぐらいが座る事が出来る。

そこにはアジア人よりも欧米人の観光客がいた。

ガッツリと肉を食べる機会の少ない北インド。

オムパンはそんな食の寂しさも満たしてくれる孤独のグルメなメニュー。

ジョードプル観光を終えて

(有名なマンガ ONE PIECE アラバスタ編に登場する?噂の時計台)

You Tubeにあるダイジェストムービーでアラバスタ編をおさらい。

(町中に路駐されている台車。八百屋・お菓子屋などに使われる。)

(ジョードプルの町並み)

1泊2日のジョードプルの旅。

青の町と言われる旧市街を散策。

メヘランガール城塞の見学。

ラジャスタン州を周遊した最後の町ジョードプル。

急ぎ足で観光地へ足を運んだ行程だった。

そして感じたことは僕にとって観光地を巡るのは重要では無いこと。

何処の町も個性的で楽しい場所だった。

観光都市としても楽しいものだった。

それでも僕が旅にもとめているのは少し違うこと。

現地の人と絡んで、現地の人と同じご飯を食べて、同じ目線になること。

それは1日や2日でならず。

スルメのように噛めば噛むほど味が出るような。

何度も何度も顔を合わせる事で普通の観光の一歩先へいけること。

今までの旅がそうであったように今回もそれを期待する。

すべてが決められた短い日程では到底その体験は出来なかった。

今夜の電車で代理店の設定したツアー最後の場所。

悪名高きペテンの観光地 タージ・マハルのあるアーグラへ向かうことに。

ありがとう。

ラジャスタン。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク