【インド ゴア】南インド再び!!2回目のゴアは深夜着で外で1泊!!インドの洗礼再び…。

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

30時間の列車移動。南インドのゴアへ到着

(アーグラから30時間以上をかけてゴアのThivimという駅へ到着)

3等AC(エアコン付き車両 3段ベッド)に乗り到着ゴアに到着した。

途中下車や乗り換えは一切なし。インドの電車は移動距離が半端なく長い。

長時間の電車移動の途中、車両の接続部にあるトイレに向かうと開けっ放されたドアからはぬるい暖かい風が入ってくる。

北から南へ向かっている。

数時間前までは夜になれば凍えるような寒さだったのに。

インドの電車に限らず海外の電車では車内放送がない場合が多い。

日本のように丁寧に次の駅を車掌が案内してくれることはほとんどない。

手に持ったスマホの地図と駅の駅名が書かれた看板を見ながら自分の目的地をチェック。

降りそこねると次の駅までしばらく停車しない。

そして本数も少ないので簡単に戻る事ができないのも海外では注意しないと行けない。

予定よりも5時間以上遅れた列車はようやく目的地のThivimに到着。

到着したのは深夜の2時過ぎ。

当たりは真っ暗で駅前にはタクシーを手配できるプレハブ小屋があるだけだった。

30人程の客がThivim駅に降り、ある人は迎えの車で去って行き、ある人はプレハブ小屋のタクシーを手配して何処かへ向かっていった。

そして客の数に対し全く足りていないタクシーは一度駅から出発すると30分ぐらいは戻って来なかった。

気づけば僕は最後の1人。

駅の明るくない電気。壊れたATM。プレハブ小屋。

誰もいなくなった蒸し暑い夜。

僕は走り去っては駅へ帰って来るタクシーを待った。

駅に到着してから2時間後。

ようやく1台のタクシーが戻ってきた。

僕はタクシーの運転手に行き先を告げた。

宿は予約していないし深夜。

直接深夜に宿に行ってもチェックインする事は出来ないだろう。

それでも駅にいるわけには行かない。

初日から波乱万丈な南インド旅のはじまり。

ホテルへ到着、深夜でチェックイン出来ず朝まで廊下で過ごす。

(真っ暗なホテルの敷地内で待つ。フロントは朝まで開かない。)

深夜に駅を出発したタクシーで向かったのはゴアにあるチャポラというエリア。

このエリアを観光拠点にしようと考えて事前に宿の情報だけは調べていた。

今回泊まる予定の宿は前の旅行をした時に出会ったインド人から紹介してもらった宿。

僕がゴアに行くというと事前に連絡して仮予約をしてくれていた。

車がチャポラの宿に到着したのは深夜3時過ぎだった。

もちろんオーナーは寝ている最中。宿に到着するが誰も起きてくる気配もなくフロントもないような個人宅の延長のようなホテルだった。

30時間も電車に揺られ、ようやく到着したホテルにはチェックインする事すら出来ない。

僕は真っ暗な建物の敷地内に腰を降ろしその場で朝まで待つことにした。

遠くの方から「ズン ズン」と音楽が聞こえてくる。

ゴアで有名なトランスパーティーをやっているのだろう。

遠くに聞こえるサウンドをBGMにホテルの屋外にある廊下。

柱とバックパックを枕に、地べたに寝て待つことにした。

・・・・・

空が明るくなりはじめたころ。
ようやくホテルのオーナーが顔を出した。

「何をやってるんだこんなところで!?」

僕が紹介者のインド人の友人の名前を出すとオーナーはウンウンと頷き部屋を、すぐに部屋を準備してくれた。

ようやくベッドに眠ることができる。

今日は一日寝て過ごそう。

雲ひとつないゴアの澄み切った青空の元、記念すべき初日はホテルの部屋でずっと寝てすごした。ぐっすり寝れるということは本当に素晴らしい。

期限がある旅ではこういう事は難しいが期限のない旅なら疲れた時には眠り、元気のある時には好きなレストランや観光地へ出かける。

そんな自由度が高い旅行ができる。

旅始まってから初となる自由にすごすスケジュールの無い毎日のスタートである。

スポンサーリンク




チャポラの町を歩いて散歩

(ゴアに点在する無数のビーチ。その中でも人が少なめなチャポラビーチ)

午前中をしっかりとホテルで寝て過ごした僕はお昼すぎに目を覚ました。

午後になり太陽は一番てっぺんにあり燦々とした太陽が南国 南インドを照りつける。

明るくなり宿の外を歩いて見ることにした。昨日の夜に駅から来た道を昼間に歩いただけでも全く違う場所に思えるぐらいに昼と夜ではまったく違う景色になっていた。

僕はカメラを持って町を歩いて見ることにした。

初日は観光地めぐりはなし。近所の様子を見て回ることにした。

(普通の家の敷地には野良牛と車のボンネットの上には野良猫が)

景色が今まで旅してきた北インドの町とは全く違う。

何しろ都会ではないので人が少ない。それに歩いていて話かけられる事もない。

ここゴアは観光地なので外国人は決して珍しくないのだろう。

それにリキシャーも全く走っていないので歩いて声をかけられる事はまずない。

ここでは移動はもっぱらレンタルバイクが一般的だ。

それ以外はローカルバス。

野良犬から野良牛、野良猫からニワトリ。

ゴアは今まで巡ってきたラジャスタン州とは全く違ったノンビリとした雰囲気だった。

(ゴアを走る路線バス。ボロでも現役)

チャポラの町はゴアの中でも田舎というかノンビリとした場所だ。

他にもゴアには色々な場所があるが僕のようなのんびりした人間が常宿にするのはこの当たりがいい。騒がしくも無いし治安も悪くない。

ゴアはさすが観光地。

レストランへ行けば欧米人の影響もあってインド飯のタリーやカレーからパスタやシーフードなどたいていの物は食べることが出来る。

北インドでは肉を使わないベジが主流だが南インドになれば肉料理や魚料理も何処でも食べる事が出来るしお酒も簡単に手に入るし安い。

それでいて物価はインドの中では高いといえ、たかが知れている程度である。

そんなコスパもあって僕はゴアでのんびりと過ごすのが好きなのだ。

タイやグアムのような真っ青な海がある訳じゃない。

トロピカルな雰囲気がある訳でもない。

それでもインドらしい田舎感とノンビリとしたカンボジアのビーチに似たような感じのゆるい雰囲気がある。そんなところが再訪する理由になっている。

午後は簡単に近所を回って散歩、レストランで簡単な食事をして宿へ戻った。

宿はWi-Fiが完備されていると言っていたが部屋では結局つながらなかった。

明日からはバイクをレンタルして観光地を回ってみよう。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク