【インド ゴア】レンタルバイクで観光地めぐり。教会と修道院の町 オールドゴアへ。

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

レンタルバイクはメイド・イン・インディア

(インド製のバイク。ロイヤル・エンフィールド)

ドコドッ ドコドッ ドコドッ。

太くて粗暴なエンジン音が特徴のロイヤル・エンフィールド。

現存するオートバイブランドの中では一番古く構造も変わっていないシンプル・イズ・ベストなオートバイだ。僕が宿のオーナーからレンタルしたバイクのレンタル料金は350₨/日

日本では普段から125CCのスクーターを乗っていて運転は決して不得意な方ではない。

ちなみにインドは日本と同じ左車線で走るので運転も気をつけていれば決して危険ではない。

今回はこのバイクを一週間レンタルしてゴアの色々な場所を巡って見ることにした。

ゴアのあれた大地を単車で駆け抜ける楽しさは格別

(国道へ出る一本道。信号も渋滞も無い町を快適にツーリング)

500ccの大排気量であるロイヤル・エンフィールドも最初は取り回しに苦戦したが走り出してしまえば快適だった。

他の都市部の町と違って渋滞も信号も無い。

そしてあのやかましいクラクションの音が全くしない。

おなじインドでも都市部と田舎部では大違いである。

チャポラから国道を抜ける一本道。

誰にも邪魔されず順調にオールドゴアを目指していく。

道を走っているとドレッドロックなヒッピー風な欧米人と良くすれ違う。

ときには子連れや家族連れも見かける。

欧米のようなホリデーが長い国では家族総出で長いホリデーをゴアなどで長期ステイする人も多いのだろう。

それぐらいのんびりとしていてなおかつ生活費も安い。

オールドゴア・パナジ 教会・修道院めぐり

(一番最初に訪れたChurch of St. Augustine)

チャポラを出発してから2時間ぐらい走ってオールドゴアへ到着。

町中に入るとチャポラとは違って観光地の雰囲気になった。

観光地の前にはアイスクリーム屋に土産屋。

見かける人達も同じインドの人でも観光客が多い。

オールドゴアへ到着してまずいちばんに訪れたのがChurch of St. Augustine。

ここは1602年という400年以上前に完成したと言われる教会。

現在ではタワーの一部しか残っていないが、46mの高さがあるタワーは廃墟といえどなかなかの迫力。中では柱の周りでいつもどおりインド人観光客が揃っての記念撮影会。

(フランシスコ・ザビエルのミイラ遺体が安置されているボン ジェズ教会)

続いて訪れたのがオールドゴアでも人気の観光地 ボン ジェズ教会。

インドは他民族・多宗教国家である。

宗教においては以下のようになっている。

ヒンドゥー教徒79.8%,イスラム教徒14.2%,キリスト教徒2.3%,シク教徒1.7%,仏教徒0.7%,ジャイナ教徒0.4%

*インド基礎データ | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

この広大なインドの土地の中でもキリスト教徒は非常に少ないといえる。

そのインドの中でもかつてポルトガル領として発展して来たこのゴアは他のインドの州と比べても独特の雰囲気な場所である。

インドのようでインドっぽくない教会巡礼の旅。

このボン ジェズ教会の周辺にもいくつかの礼拝堂があったので寄ってみた。

(ボン ジェズ教会の敷地内にある中庭)

礼拝堂の中庭には蝋で作られた人形や動物が展示されていた。

展示物にはポスターや募金など書かれていたが英語ではなかったので意味はわからず。

人形がリアル。

スポンサーリンク




(ボン ジェズ教会の周辺にある礼拝堂)

礼拝堂の中はそこそこ観光客も多い。

アジア人は僕以外は誰もおらず欧米人かインド人ばかりだった。

世界中何処へ行っても見かける中国人はインドではほとんど見かけない。

(教会から町へ向かう道の風景)

教会を出発して町の方へ向かってみる事にした。

町歩きもいいがバイクでツーリングしながら町を見るのが楽しい。

ロイヤル・エンフィールドも1日乗り回したおかげで取り回しもうまくなってきた。

バイクで走っていると、写真のような歩きなら絶対に近づかなそうな場所に出会える事も。

(かつてポルトガル領だったゴアの町並みは他のインドとは違って洋風)

ボン ジェズ教会を離れてパナジへやってきた。

ズラリと並ぶスクーターの縦列駐車。

この道路の反対側にはマンドビ川という川が流れている。

川には数席のカジノ船が停泊している。

日本でもギャンブルという名のモノには全く興味がない。

外国に来てその勢いでカジノに挑戦しようと思うコトもまったくない。

僕のような目的があってない長期旅行者にはカジノは程遠い存在である。

そういえば旅人のバイブル「深夜特急」では大沢たかおがモナコでカジノに挑戦するシーンがあったっけ。

(夕暮れが近くなり、小さな飲食店で買い物をする人々。)

パナジの通りを歩いていると当たりがうっすらと暗くなりはじめた。

そろそろチャポラへ帰ろうか。

そう思いながらバイクを駐車した場所へ戻る途中小さな商店を発見。

小さな店には暖色の裸電球が灯って温かい雰囲気を醸し出していた。

お店には次から次へと買い物客が訪れる。

(夕暮れのオールドゴアの町並み。暖色の電気色で温かい雰囲気になる。)

すっかり空が夕暮れに染まりだした頃。

バイクの駐車している近くの道路を写した写真。

つい先日まで旅をしていた北インドとは全く違ってゴミが全く落ちていない。

ゴミの異臭が鼻につくコトも無いし物乞いもいない。

北インドと南インドではここまで変わるものなのか。

北インドのようにタージ・マハルやタール砂漠。

そんな大きな観光地は無いけど、のんびりするには最高の町ゴア。

もうひとつ大事なもの。

それはご飯がノンベジ(肉・魚)なので外食が楽しいこと。

(ライトアップされるパナジ教会)

朝にチャポラを出発して暗くなるまでオールドゴア・パナジをしっかりと観光した。

観光する場所はバイクがあれば容易に移動するコトが出来るので効率的。

ゴアの良い所は今まで旅してきたラジャスタン州のようにリキシャーなどに頼らず自分のペースで観光地を回ることができるコト。

面倒な料金の交渉もいらないし、すべて自分のタイミングで動くことが出来る。

同じインドだけれど場所によって全く違う景色が広がっている。

ひとつの国でも全く違う場所、同じように見えても全く違う人達、そして言葉。

日本とは正反対の大国の広さを肌で感じられた一日だった。

南インドと北インド。

インドは本当に広い…。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク