【インド ゴア】同じインドとは思えない!南インドで過ごすスローライフ。

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

ゴアでの自炊生活。1日の生活費は300円

(日本から持参したキャンプ用のコッフェル。角型鍋とフライパンとお椀付き。)

ゴアでの滞在から一週間が過ぎた。

青空以外の天気がない好天な日々が続く。

毎日、朝起きては外へ出る。のんびりとバイクで買い物へ。

ゴアは欧米人が多く観光地化しているので食については全く困らない。

肉も食べることが出来るし場所によっては深夜でも道端でオムレツパンなんかが売ってる。

物乞いにあうこともほとんどないし北インドを旅してきた僕にとってはゴアは本当に気に入る素晴らしい場所だった。

タイを中心とした東南アジアのような青い海はないけど素朴なインドらしさがあるところがゴアの特徴だ。

一週間も滞在すると旅行が生活に変わる。

毎日が日本での生活のようなルーティンになる。毎日好きなことだけをして過ごす。

ストレスなんて全く感じない生活だった。

観光にもほとんど行かなくなるが毎日通うお気に入りのカフェ。

なんでも売ってるスーパーマーケット。

そして格安で売っているアルコール。

今日は観光ではなく僕が滞在したチャポラから近い場所をウロウロして見ることにした。

(移動販売車。車に貼ってある写真に写っているものはほとんど売ってない。日本の軽自動車よりも小さい。ずんぐりむっくりなボディ。)

夜になると道路の脇やジャンクションと呼ばれる交差点にポツリポツリとお店が開店する。

店舗型のお店が閉まると営業を始める。遊んで帰ってきたときにお腹が空いた時に助かる。

売っているのはやっぱりサンドウィッチやオムレツパン。

インドはどこでもオムレツが売っているがこれが毎日でも食べられるぐらい飽きが来ない。

インド独特の香辛料が入っていないシンプルな味がよい。

値段はマックのハンバーガーサイズにオムレツが挟んであって40₨(60円ぐらい)

朝と昼のブランチは家のキッチンで自炊。

深夜にお腹が空いたらオムレツパンを食べに行く。

昼間はチャイやラッシーなんかを飲む。

1日の食費は300円ぐらい。

安い!

ゴアの夜。酒と音楽と集まる人達。

(この日は月食が見える日で多くの人が双眼鏡を手に赤い月を見ていた。)

ゴアといえばトランス・ミュージックが有名だ。

毎日どこかのビーチから大音量で音楽が流れてくる。

一体何処で音楽がかかっているかはわからないが音を頼りにバイクを走らせる。

すると同じようにバイクで音楽が掛かっている場所を探すグループに出くわす。

「一緒に行こう」その一言で国籍問わず一緒に夜のパーティーに繰り出す。

昼ののんびりとしたゴアの雰囲気もあれば、夜のこうした姿もゴアにはあった。

夜通しかかる音楽の中でもゴアの人々は普通に寝起きしている。

小さいこどもは学校へ行き大人も普通に生活している。そんな不思議な街だ。

シーズンは日本が真冬になる12月から2月まで。

そのシーズンになるとインド国内をはじめ世界各国から旅行者が集まってくる。

スポンサーリンク




(夜のビーチ。砂浜には無数のバーがあり夜通し賑わっている。)

ゴアは非常にお酒が安く手に入る。

例えば日本のコンビニで売っている小さい小瓶サイズのウイスキーなんて100円もしないで買うことが出来る。酒税の安いゴア州は呑兵衛には最適の街でもある。

ちなみにスーパーマーケットやバーなんかで酒を飲んでいると必ずいるのが酔っ払って羽目を外して大騒ぎしているインド人。

洋服はボロボロで体は酒まみれ。そんなインド人を何度も見かけた。

彼らは欧米人の女性をギラッとした目で追いかける。

そして中学生の如く「誰か声かけろよー!」と5.6人でキャッキャ相談している。

言葉がわからなくても国が違くても男がやっていることだけにたいてい想像がつく。

そんなやり取りを遠目に眺めながら控えめなアジア人の僕はチビチビと酒を飲みながら寄って来る野良犬と遊んでいた。

(水着やブランド(ニセ)の店が多く開店する。水着からサリーまで何でも売っている。)

(リーバイスのショップにもヒンドゥーカラーのオレンジの花かざり。)

インドでは水着を売っているがビーチでは水着を着て泳いでいる女性をあまり見かけない。

見かけるのは欧米人ばかり。そして水着姿の欧米人を双眼鏡で見るインド人のグループ。

こんな水着は需要があるのかな?

そんなことを思いながらウインドウショッピングを楽しんでいる。

それにしても派手な色の水着が多い。何処に言ってもカラフルなインド。

年配の女性でもド派手ないろのサリーを着ているが似合ってしまう。

男はどうかというとスッキリスキニーなスタイルが人気なようだ。

 (ネオン管とド派手な看板でアピール。売り物はどの店もほぼ同じ。)

インドは大嫌いであって大好きだ。

それってどういう意味?

それは鬱陶しいけど寂しくない。言葉にするとそんな感じになる。

一人でお店に入って食事をしていても誰かが話しかけてくる。

お店で食事をしていても食べ物を売って来る物売りがいたり、光るサングラスや、ルミカを売るつけて来たり。値段もあってないようなものだ。

はじめは1,000₨(1,600円)なんて言ってくるが「要らない」というといきなり半額になったりする。

もちろん生活の為に彼らは商売をしているのだろうが、どこかやり取りを楽しんでいたりする。そんなところがインドの大嫌いで大好きな部分だ。

そうなんでも前向き。
だから一人でいても寂しくならない。

インド ゴアから次へ向かう先は何処へ。

(夕暮れのビーチ、牛ものそのそと登場するのがインド風。)

毎日風の吹くまま気の向くままに。

日本では無職・プー太郎と言われる生活をここでしている。

日本では息苦しい生活も外国にいれば居心地の悪さも感じない。

毎日カフェで会う。

何年もゴアに住んでいる欧米人の人たち。

会えば一緒にチャイ(インドミルクティー)を飲もうと誘ってくれるおばちゃん。

毎日会えば手を降ってくれるオッサン。洗濯をしていると手伝ってくれる近所の子供。

「いつまでインドにいるの?」

「日本では何をしているの?」

「給料はいくらなの?」

自分が一番自由で・楽でいられる場所。

それを探す場所が今回の旅の目的でもある。

自分の人生で一番長く住みたい場所は何処なのか。

自分のやりたいことって何なのか。

何もしない毎日。

考える毎日。

自問自答を続けることが今の僕がやりたいこと。

行動すること、考えて満足しないこと。

インドに行く度に僕が考えること。

考える時間をたくさん与えてくれる場所。

文句を言っても何度も何度も訪れてしまう場所インド。

本当に不思議な国だ。

2週間の滞在を終えてそろそろ次の行き先を決めよう。

期限のない旅。何処へでも行ける。南米でもアフリカでも何処へでも。

僕は次の目的地を決めた。

ネパール。人生で2回目のネパール。

ネパールを前に一人旅をした時にお世話になった人達がいた。

その人たちに会いに行こう。インドとは違った静かな国ネパールへ。

僕はゴアからデリーへ。

デリーからネパールの首都カトマンズへ向かう飛行機のチケットを予約した。

前に訪れた時は5年前。

それからネパールのカトマンズでは大きな地震があった。

いったいどう変わっているのか?

あののんびりとした雰囲気は今でも残っているのだろうか。

インドの旅が終わりこの旅で2カ国目となるネパールへ向かうこととなった。

僕の愛読書。

ゴアでゆっくり読んだ本。

これを読んでから毎日書いてあることを実行している。

良し悪しはわからないけど心穏やかです。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク