【ネパール カトマンズ】物価上昇!失われた沈没地帯カトマンズ2018!!

スポンサードリンク



ネパールについて


ネパールの国の面積は140,800km²

本州を除いた日本(北海道+九州+四国)にほぼ等しい。
データはすべてCIA World Factbook-Nepalより 

ネパールで有名な観光地といえば8,000メートル級の山が樹立するヒマラヤ山脈。世界で一番大きい山エベレスト 8,848mがあり、このヒマラヤ登山を体験する為に各国からハイカーやトレッカーが集まる。

昔からバックパッカーの沈没地帯として有名なカトマンズ。適度な都会感と物価安、そしてインドよりも人がよくインドビザの延長に滞在する人が多いネパール。数十年前から生活費のかからない・自由な場所。居心地のいい場所として有名である。インドのように人がうるさくなくおとなしい。

2015年04月にマグニチュード7.0〜8.0の大地震が発生しカトマンズにある有名寺院であるダルバール広場やスワヤンブナートなどが修復不可能と呼ばれるほどの損害を受けた。現在も各国の支援を受けて修復中。

初めて訪れたのは2014年。今回の訪問は2018年。
4年ぶりに訪れたネパールはいろいろな事が変わっていた。

首都カトマンズは旅人のバイブル沢木耕太郎の「深夜特急」にも登場する。

ネパール カトマンズへは空路で入国

(地震前と後で道路の舗装も良くなりきれいになったタメル地区)

ゴアからインドのデリーへ飛行機で。

デリーで一泊をして翌日の飛行機に乗って2回目のネパールにやってきた。

初めてネパールに来たのは2014年だった。

当時は2013年に会社を辞めてオーストラリアへワーキングホリデーをした後にあてもなく旅をしてたどり着いた場所がここネパールだった。

当時はインドよりもネパールに先に入国。まだまだ当時はインターネットもあるけどスマホはない。そんな時代だった。

当時は僕も15.6サイズのノートPCを持ち歩き部屋で沈没状態になりながら毎日フラフラと出掛けて「何か」を探していた。

空港に到着すると着陸してから空港の外へ出るだけで3時間ぐらい掛かった。

セキュリティのチェックが以上に厳しかった。

ちなみにほとんどの国への入国がビザなしで出来る日本人でもネパールではビザを取得する必要がある。金額は一ヶ月のビザでUS$40。

インドの場合は日本で取得すると1,500円ほどで6ヶ月取得出来るのでネパールがどれだけビザが高いかわかる。

そしてこのビザも空港で取得する事が出来るビザを発行する機械も入力項目が多く機械の台数も少ないため混雑に拍車をかける。

小さなカトマンズの空港は人でごった返していた。

その後ようやくスタンプを押して外へ。

(4年前に訪れたカトマンズのタメル地区は乱雑としていた印象)

空港のタクシーで料金がボッタクられていない事を確認してタクシーに乗り込む。

空港からタメルまでの費用は800ネパール・ルピー(800円)だった。

流しのタクシーを狙った方がやすいかもしれないが到着したばかりで交渉も面倒なのでプリペイドのタクシーを使い事にした。ここで驚いたのは空港も4年前に来た時よりも人の営業熱心さがなくなっていること。

たとえばインドと比べるとバスや駅から一歩出た途端にリキシャやタクシーの人間に囲まれる。4年前はネパールでもその感じがしたが今回はその乱雑とした感じがなかった。

おとなしくプリペイドで料金を支払いタメルへ向かってもらうことにした。

タメルは旅人が集まる安宿地区&中心街で買い物から遊びまですべてに便利な場所だ。

ホテルは4年前に宿泊したホテルに向かってみる予定だった。

この4年間の間に大きく変わったことはブッキング・ドットコムやアゴダの登場によって宿を探すのが昔よりも数段簡単になったことだ。最近ではUberでタクシーまで呼べる。

直接話しをする事やお金のやり取りをする機会も減るので旅行者には便利なサービスだ。

こういうサービスがあればボッタクリやだましの類も減ってくるだろう。

カトマンズ 滞在

(カトマンズは盆地のため排気ガスが溜まりやすくマスクをする人が多い)

空港での時間ロスが大きくタメルへ到着したのは夕方になってからだった。

まずは宿を予約していなかったので宿を予約する必要があった。

ここで僕が向かったのは4年前に訪れたホテル。

そしてタメルに到着した僕がうろ覚えの記憶を目当てにホテルへ向かうと4年前と同じ場所にホテルがあった。

もしかしたら当時と看板やホテル名は変わっているかも知れないがゲストハウスとして営業をしていた。

当時、宿泊したホテルの外観や入り口は変わって居なかったが部屋はきれいにリニューアルされていた。

4年前と比べて料金が2倍近くになっていたが設備や部屋のもよくなっていたためにこの宿をタメル滞在中の常宿にすることにした。

オーム タラ ゲスト ハウス

(地球の歩き方や日本語の書籍もフロントに置かれている)

(部屋の窓からの景色。写真は2013年に訪れた際に撮影したもの)

(部屋の窓からの景色。2018年に撮影したもの)

バクタプル広場

(地震で破損した建物。ボランティア活動により復旧作業が進められている。)

(仮囲いのある場所や工事中の場所も多く4年前と比べて人通りも少なくなった)

スポンサーリンク




(寺院に腰掛けておしゃべりをしている人が多い。チャイ屋もいる)

(地震で完全に崩落してしまった建物の後)

部屋に荷物を置き久しぶりの街歩きを開始した。

まずはカトマンズ一番の観光名所でもあるバクタプル広場へ。

ここは2015年の地震で復旧不可能な箇所もあるほど大きな被害を受けた場所。

タメルか地区から容易にアクセスでき夕暮れ時も賑わっている。

ところどころに崩落してしまった建物や復旧中の仮囲いが見られる。

歩いていて感じたのは地震前と後では人の集まり具合が違ったということ。

4年前に訪れた時はもっと人がごった返していてゴミも多い場所だった気がする。

今では道に捨てられているゴミも少なくなり街灯もリニューアルされていた。

バックパッカーの沈没地としてのネパールの姿は薄れクリーンな町に向かっているように感じられた。

スワヤンブナート仏塔

(仏塔=パゴダ。ネパールやミャンマーなどの仏教国に多く見られる)

(頂上へ上がっていく道中に見つけた3連の子犬。同じ格好で日陰で寝ている)

(タルチョ。5色の色はそれぞれに意味があり旗には馬とお経が書かれている)

(頂上から見るカトマンズの景色)

(入り口近くのローカル モモレストラン。ローカル価格だが食あたりに…。)

スワヤンブナートを頂上まで上がり景色を眺めて見る。

頂上に上がるとあまり代わり映えしないお土産屋が並んでいるだけであった。

寺院自体は決して珍しいものではないがカトマンズを一望出来る景色はなかなか。

ちなみに観光客は入場料を徴収されるが別の階段から上がると無料で入ることができた。

下ってきて腹ごしらえでもしようとローカルレストランへ入る。

ネパール名物のモモとチョーメン(ネパール焼きそば)を注文した。

そして3時間後…。

宿に戻ると悪寒が…。

「これは風邪かな?」

そう思ったが即座に違うと感じてトイレに向かうとゲロゲロと昼食べたモノをすべて嘔吐してしまった。あまりローカルレストランすぎる場所に行くとやっぱり食あたりになる。

ちなみにインドと同様にネパールでも薬やに行けば大体の薬は格安で買うことが出来る。
僕は今後のために、痛み止め、下痢止め、風邪薬などまとめて購入しておくことにした。

絆食堂は健在

(ネパールに数多くある日本食レストランの中でも一押しの絆食堂)

2回めの訪問で特別物珍しさもなくなったカトマンズ。

前に訪れた時に感じたあのカオスな感じも今ではすっかり少なくなった気がする。

町を歩いて感じたのは町が非常にきれいになりクリーンな町になっていた事。

前には無かった欧米人向けのちょっとオシャレなサンドイッチ屋やカフェが多くなり町全体が混沌とした雰囲気ではなく開かれた観光地になった印象だった。

物価も以前に訪問した時よりも2倍とまでは行かなくとも高くなったような気がする。

スーパーマーケットに立ち寄ったがめぼしいモノも特にナシ。

前に来た時には夜に出歩いていれば怪しい人間がコソコソと声をかけてくるコトもあったが
今回はそんなコトも全くなかった。

久しぶりに訪れたネパールのカトマンズは僕が期待していたような以前の沈没地ではなく老若男女問わず誰でもを受け入れ治安も安定している安心・安全な観光地へと向かっているようだった。

ひとしきりカトマンズを満喫した僕はもうひとつの観光地であるポカラへ向かうことにした。
物価・町の景色・怪しさ。

すべてが失われてしまったカトマンズで唯一変わらなかったのは、カトマンズで一番僕が大好きな日本食レストラン【絆】が今でも営業していること。

ここは値段も安く味もいい!
カトマンズへ行くのならどこよりも一番にここをおすすめしたい。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク