【ネパール アンナプルナ】朝日輝くヒマヤラ山脈! 山に響くイー!アー!!サーーン!!!

スポンサードリンク



ネパールについて


ネパールの国の面積は140,800km²

本州を除いた日本(北海道+九州+四国)にほぼ等しい。
データはすべてCIA World Factbook-Nepalより 

ネパールで有名な観光地といえば8,000メートル級の山が樹立するヒマラヤ山脈。世界で一番大きい山エベレスト 8,848mがあり、このヒマラヤ登山を体験する為に各国からハイカーやトレッカーが集まる。

昔からバックパッカーの沈没地帯として有名なカトマンズ。適度な都会感と物価安、そしてインドよりも人がよくインドビザの延長に滞在する人が多いネパール。数十年前から生活費のかからない・自由な場所。居心地のいい場所として有名である。インドのように人がうるさくなくおとなしい。

2015年04月にマグニチュード7.0〜8.0の大地震が発生しカトマンズにある有名寺院であるダルバール広場やスワヤンブナートなどが修復不可能と呼ばれるほどの損害を受けた。現在も各国の支援を受けて修復中。

初めて訪れたのは2014年。今回の訪問は2018年。
4年ぶりに訪れたネパールはいろいろな事が変わっていた。

首都カトマンズは旅人のバイブル沢木耕太郎の「深夜特急」にも登場する。

はじめに

(プーンヒルから望むヒマヤラ山脈)

5時に起床し、宿の裏手にある一本道からプーンヒル展望台へ向かった。

昨晩は寒くてあまり良く寝られなかった。2月のアンナプルナトレッキングは歩いている最中は決して寒くはないが夜になるとそれなりに寒くなる。

本格的な登山のような装備は全く必要は無いが着るものと寝袋だけは持参していた。

部屋は簡素な作りで2つのベッドがありボードが貼ってあるだけの小さな個室。

清潔な布団と部屋の作りには満足だったが夜は備え付けの布団だけでは寝れなくなるぐらいに寒かった。ここでユニクロのウルトラライトダウンのありがたみをこの旅一番に感じた。

そして宿に荷物を置かせてもらいホテルから30分程で到着するプーンヒル展望台へ。

僕以外にもゴレパニの町のホテルや、その下の村から沢山のハイカーが朝日を見るために登ってくる。日本の富士山のように細い道でつまって歩く程ではないが人はそれなりにいた。

プーンヒルから望むヒマヤラ山脈

(遠くには世界最高峰のエベレストと山脈が見渡せる)

薄暗い中到着したプーンヒル展望台。

展望台へ到着するとカラフルなトレッキングカジュアルを着た人たちで賑わっている。太陽が登ってくると遠くにヒマヤラ山脈が見えてきた。展望台には沢山の人がカメラを持ってスタンバイしている。その中でもひときわ目立つのが中国人観光客。

彼らの特徴はどのグループも4人から5人、それ以上の団体でトレッキングしていること。そして老若男女問わずプロ顔負けの撮影機材を持っていて記念撮影をしている。

「イー!アー!!サーン!!」

大きな掛け声が展望台の至る場所から聞こえて来る。日本語でいうと「イーチ!ニーノ!サーン!!!」という掛け声だ。その掛け声に合わせて隣同士で手をつないでヒマヤラ山脈をバックにジャンプしている。

(東から太陽が登り紫色の空色に染まるヒマヤラ山脈)

(日差しが掛かり始めた頃)

パシャパシャパシャ

「イー!アー!!サーン!!」「イー!アー!!サーン!!」と360度見渡しても何処でも中国人観光客のジャンプしている光景が見られ始める。さすがにまだ少し薄暗いので高級カメラを手にしたが練習不足のお父さんはシャッタースピードに悩まされている様子。

お父さんの掛け声で5回、6回と「イー!アー!!サーン!!」ジャンプをしている人たちを横目にじっくりと一人静かに日が登ってくるのを待ちます。

「Can you Take Photo?」

ほっこりとヒマヤラ山脈ウォッチングを楽しんでいると欧米人観光客からシャッターを押して欲しいと当時最新式のiPhoneを手渡される。

こういう観光地って一人でいると大体写真を撮って欲しいとシャッター係を頼まれるもの。「こんなふうにすればいいの?」と欧米人にポーズを見せられるが、その姿はやっぱり「イー!アー!!サーン!!」

僕は日本人だから「イー!アー!!サーン!!」やらないんだ。

彼らからしたらアジア人は同じに見えるだろうし僕も「イー!アー!!サーン!!」グループだと思われても仕方ない。

その事を説明すると10人程の欧米人グループは真剣な顔を僕に向け「なるほど…」と。そんな彼らのキメポーズは「すしざんまい」の社長のようなポーズになっていた。

(眼下には雲海が広がり幻想的な雰囲気に)

ヒマヤラ山脈に目が行っていると別の方角から太陽が登ってきた。

すると今までヒマヤラ山脈をバックに写真撮影していた人たちがどーっと日の出の方へ向かって移動しはじめる。そしてほとんどの人は片手に銀マグコップを持ちチャイを飲んでいる。

山頂の小屋ではチャイやスナックも販売している。

プーンヒル展望台には早朝のみ営業しているチャイ屋が出現する。注文をするとチャイを銀マグコップに入れてくれ飲み終わったらコップを小屋に戻しに行くシステムになっている。早朝の寒空の下飲むチャイは下界では味わえない程美味しく感じる。

(展望台にある展望台の塔から撮影)

太陽がすっかりと登ると近くの景色が鮮明になってくる。

時間が経過すると眼下の雲も晴れて来る。この時間になると人も下山しはじめる。

ほとんどの人はトレッキングツアーを組んでいるので行程があり、好きな場所でのんびりといつまでも過ごしてはいられない。

日が登る前の賑わいがウソのように段々とプーンヒル展望台が静かになっていく。

(早朝のピーク時にはこの場所が人で埋め尽くされていた)

スポンサーリンク




(日が登り空が青くなると人が数えられるぐらいしか居なくなる。)

人が居なくなった後の方が心地よいプーンヒル

銀マグコップでチャイを飲みながらモグモグとお菓子を食べながら、ほぼ貸し切りとなったプーンヒルでノンビリしていると後ろから「ハロー」と声を掛けられた。振り向くとどうやら現地の人のようだった。

そろそろ店閉めるからコップ返してくれない?

声を掛けて来たのは軽食を販売している小屋の従業員。周りを見渡せば観光客が返却せずに残していった銀マグコップが置きっぱなしになっているのを回収しているようだ。

そしてある程度回収が終わったところでまだ飲み終わってない僕にしびれを切らして声を掛けてきたようだ。彼らも小屋の戸締まり中。

僕はまだ半分以上入っているチャイを一気飲みして彼らに銀マグコップを返却すると僕のコップが最後だったのか、そそくさと店を閉店して従業員達は下山していった。

(完全に貸し切りで無音になったプーンヒル)

欧米人の女性2人とプーンヒルを貸し切り

朝の数時間が終わるとプーンヒルは完全にプライベート空間になった。この時間まで残っている人は僕とこの写真の女性2人だけだった。こんなに高地にあるのに、あくまでもトレッキングの一通過点に過ぎないプーンヒル。ほとんどの登山客をこのプーンヒルをクリアすると、更に高地にあるABC(アンナプルナベースキャンプ)を目指して登っていく。

そしてお腹が減ったので宿へ帰る事に。

プーンヒルでの滞在時間は2時間ぐらいだっただろうか。出発地点から僕に取っては頑張って登って到着したプーンヒルだったが他の人からすれば軽い経由地だった。

僕はこのプーンヒルまで登りきった後は来た道を引き返して下山する予定だった。誰も居なくなり草むらにはスニッカーズのゴミが捨てられている、ちょっぴり切ない観光地プーンヒルを後にする事にした。

昨晩泊まったヒルトップ宿へ置いた荷物を回収して午前中に下山を開始した。ホテルへ戻り朝食を注文しようとすると、すでに従業員は大勢の登山客が帰った後なので休憩モード。なんだか申し訳なかったので手軽に注文出来るチョーメンを注文して食べて下山する事にした。

途中のウレリ村に宿泊して下山

(ウレリ村には病院や学校もある)

出発地点のNaya Pulからプーンヒルの玄関口ゴレパニまで7時間~8時間。

1泊してアンナプルナ国立公園を出るのはちょっともったいない。なぜならパーミットとして日本円で4,000円程の入山料を支払っているから。

せっかくならということで途中通過してきたウレリという学校や病院のある村に宿泊してみることにした。登りは7時間~8時間かかる登山も帰りは本気を出せば半日もかからずに降りることができそうだ。

パーミットの有効期限は4泊5日まで。

地元の人の生活を見学するために一泊。

下山途中に村をボンヤリと写真を撮影しながら歩いているとある一見のゲストハウスを発見。

何処の宿も似たり寄ったりだったが、宿の屋上からヒマヤラ山脈が見えそうなのでここに決定。午後になると山脈は全く見えなくなってしまうので明日の早朝の景色を見てから下山する予定にした。

(ネパールにはこの種類の犬が沢山いてすごくフレンドリー) 

ネパールは何処にでも犬がいる。

ポカラにしてもカトマンズにしてもネパールには犬が沢山いる。

インドにも野良犬は沢山いるが大きく違うにはネパール、とくにこのアンナプルナ国立公園内にいる犬はとってもフレンドリーだということ。

すれ違いざまに上目遣いをしてくる可愛いやつ。野良犬なのに毛並みもフワフワ。ちょっと撫でてあげるとしばらくは一緒にいてくれる。

お礼にビスケットをあげるともう僕から離れない。海外に出て一人でいる時間も即席ペットが出来たので寂しくない。

だけど子供にはめっぽう弱い。

大きな体でフワフワな優しいアンナプルナドックも村のこども達にはタジタジだった。

村を歩き回っていると僕の少し前を歩きガイドしてくれる。

しかしこども達はこの犬のしっぽを掴んだりパシパシ叩いたり犬もちょっと迷惑そうにしている。このワンコが甘い顔をするのは完全に観光客に対してだけだった。

僕が座れば犬も横に座ったり眼の前でゴロゴロ転がる。はぁ犬っていいな。猫っていいな。動物っていいな。ムツゴロウさんの気持ちがよくわかる。

 (鶏が道を横断すると雛も後ろからついてくる) 

卵を生むようのニワトリは非常に重宝されている。

石畳が続く村を歩いていると、コケッコー!!と鳴き声が聞こえてくる。

ニワトリは完全な放し飼いになっているようで鳥たちも土の中のミミズを探したりと忙しく歩き回っている。人間には人間のしごとがあって鳥たちには鳥たちの生活があるようだった。

親鳥の後ろにはピヨピヨと雛達が頑張ってついていく姿もとっても愛らしい。

 (”正直に生きるのが一番”)

"Honesty is the best policy of the life"

村にある学校を見学していると校舎に赤字でペイントされている文字が目に入ってきた。

正直に生きるのが一番。

ネパールを歩いていると子供が沢山いる。

そしてこども達は皆しっかりと制服を着用している、インドもネパールも隣国で同じような感じだがネパールは教育に力を入れている国であり道徳教育もしっかりとされているようであった。

 

(ウレリ スクールの外観)

見学するが人っ子一人いない。

ウレリの道を歩いていると看板を発見。その看板には「学校はこちら」と書いてある。そしてこの山奥の学校では考えられないように図書館も併設されていた。

以前にネパールを訪れた時に出会った子供が言っていた。

「私の学校は歩いて3時間かかるの」

ネパールの子供は本当に真面目な子が多い。

しっかりと英語教育を受けて立派な大人になっていくのだろう。僕が前にネパールに来た時にある山の中の家に宿泊させてもらった事があった。

その子は毎日学校に通い家畜の餌である草を山の中に狩りにいき家の料理を作る仕事も手伝っている。果たして自分が子供の時にそれぐらい親の手伝いが出来ていただろうか。

ネパールの子どもたちの未来は明るい…。

さいごに

(レストランに貼ってあった合成だらけの色褪せたポスター)

2泊3日のトレッキングが終了。

4年前になんとなく来たネパール。

そしてその柔らかい雰囲気にハマってすっかりロングステイをしていた。今回訪れたネパールではアンナプルナトレッキングを体験。

その中では沢山の観光客と出会い宿泊した村々では現地の生活を見学させてもらった。カトマンズ・ポカラでの沈没も楽しいが、汗水たらして山を登るのはやっぱり気持ちが良かった。

そして出発地点のNaya Pulへ無事下山しバスでポカラへ戻り、常宿に帰り着いた。

オーナーからは「おかえり!」と屈託のない笑顔で出迎えられ、またしても同じ宿にチェックイン。フェア湖を眺めながら再びポカラでののんびり生活を再開させた。

そして、ポカラでは思いもしなかったイベントに遭遇する事になった。

今回の旅の目的にはしていなかった「ホーリー祭」ヒンドゥー教徒の春まつりである。そのお祭りは世界でも有名で世界各国から中継が来る程の賑わいようだった。

ヒンドゥー教がある場所で毎年行われるこのお祭りに運良く参加することが出来た。

次回はポカラで行われたホーリー祭をレポート。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク