【インド アムリトサル】シーク教総本山! 黄金寺で無償の宿泊所と食事を体験!!

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

はじめに

(アムリトサル・黄金寺付近にて。)

再びネパールからインドへ戻ってきた。

ネパールでのヒマラヤ・トレッキングが終了し合計2週間滞在したネパールを後にした。ネパールのカトマンズ空港の以上に長い待ち時間でしっかり疲れ、この旅2回目のインド・デリーへ到着した。

デリーからは電車でシーク教の聖地アムリトサルへ。アムリトサルはインドの西側に位置し、隣国パキスタンへの国境に近い大きな町だった。町を歩いているとデリーのような汚い・ダークな感じはなく、ゲストハウスへ向かう途中はまるでディズニーランドのイクスピアリを歩いているかのようにキレイな町並みだった。

デリーからアムリトサルまでは電車で7時間ぐらい。

アムリトサルは合計3日滞在。

シーク教徒 総本山 アムリトサルの町を見学。

(町中にある生地屋。テーラーですぐに洋服を仕立ててくれる)

町中はターバンを巻いたシーク教徒でいっぱい。

早朝にデリーを出発した電車。アムリトサルへ到着したのは夕方近く。早速、事前に見つけておいたゲストハウスを目指してリキシャに乗り込んだ。

リキシャに乗って町を眺めているとデリーや他の町ちは違い大きなターバンを巻いている人が多い。彼らは多宗派のインドの中でも10%にも満たず、一般的に裕福な人が多いと言われている。

400₨/泊 の宿にチェックイン

事前に調べたゲストハウスはインドらしく汚い、ダブルベッドに据え付け扇風機。

そしてシャワー室から外を見ると隣のインド人と目があうぐらいグレードの低い宿だった。

しかし値段の安さと長期滞在する予定は無かったのでこの宿にチェックインすることにした。

(生地屋が多いアムリトサル。その片隅で座りチャイを注文)

物乞いも少ないがアジア人も非常に少ない場所

ホテルで荷物を下ろし、いつもどおり町の散策を開始した。

今回のインドで初めて訪れたアムリトサル。黄金寺の付近にはホテルが立ち並び町を少し離れるとやっぱりインドっぽい光景が広がっていた。

それにしても物乞いも少ないし、あまりジロジロ見られたりリキシャの営業も他の町に

比べて弱めだった。

チャイを注文すると、エスプレッソを入れるようなカップが登場。

デリーで飲んだ時には薄っぺらいプラスチックの容器だったり定食屋で水を飲むような

グラスで出てきたり。そんなインドのチャイ事情だったが、ここアムリトサルでは

少し違ったよう。一言で言うと他のインドの町よりも清潔感のある町の印象。

(ポテトとトマトとキャベツのバーガー。ケチャップびちゃびちゃ)

ケチャップ&マヨがベチャベチャのバーガー

インド名物の屋台。インドにはたくさんの食べ物があるがベジ中心。ここアムリトサルも例外ではない。散歩をして腹が減ったので目に入った屋台でバーガーにトライしてみる。

バーガーの具はイモとキャベツ・トマトで一見ヘルシーで美味そうなのだが店主の若い兄ちゃんは「ブリブリブリ!」っとケチャップ&マヨをはみ出すぐらいに挟んでいる。

出来上がったバーガーを一つ食べた瞬間…。

しょっぺー!

店主の兄ちゃんは満面のドヤ顔だった。「どうだ?グーか!?」とサムズアップしているが正直しょっぱすぎて食べれず店を離れたところで野良犬に半分以上あげてしまった。

これ毎日食べてるの?って思った。インド人はチャイの飲み過ぎで糖尿病が多いらしい。

糖尿病以外にもこの調子で濃い味付けのものを食べていたら成人病の心配もあるんじゃない?

しょっぱい アムリトサルバーガーは30₨。

シーク教徒 総本山 黄金寺を見学。

(大きな寺院の中心には光輝く黄金寺。寺は24時間 開放されている)

中に入るには髪の毛を隠して入るのが決まり。

アムリトサルの町を散策して日がくれ始めた頃、黄金寺へ向かった。

この黄金寺はシーク教徒でなくても入ることが可能。そして多宗派でも他民族でも中の食堂で炊き出しを無料で食べることが出来て、寺院の敷地内に宿泊することも出来る。

女性も男性も髪の毛はターバンやバンダナで隠して中に入る。寺院の中は土足厳禁。

素足で歩く。

ナンパ目的のインド人達に囲まれる白人女性

寺院の中は荘厳な作りで見ているだけで圧倒される。壁に掛けられた掛け時計はなんと高級時計ブランドのOMEGA。なんだかインドなのにすごい場所にきたもんだ。と思った。

白塗りで統一された寺院の中は色とりどりの照明で照らされ寺と言うよりお城のよう。

そんな寺院の景色を黄金寺の周りに座って眺めていると眼の前には2人組の白人女性が同じように座って寺院を眺めている。

そしてその背後には10人以上のインド人がニヤニヤしながら彼女たちを眺めている。

白人女性たちもそれに気づいているらしく苦笑いしながら目を合わせないようにしている。

その視線に耐えられなくなったのか立ち上がった女性たち。

彼女達が移動する方へ10人以上のインド人が付いていく姿を僕は静かに眺めていた。

スポンサーリンク




黄金寺の給食室を見学

(階段上に並ぶ大釜で訪れる人々の食事を作っていく)

全て人力で行われる給食作り。

黄金寺で有名なのは金色のお寺と無料で食べることが出来る炊き出し。

こちらも宗派や人種な関係なく全てウェルカムで食事もさせてくれるし調理場も見学させてくれる。ちょうど人のいない時を狙って撮影した写真。

(2M以上ありそうな鍋で作っているのは炊き出し用のカレー)

安全靴履かないと危ないよ!

調理場の階段を上がって鍋に近づいて見ることに。カメラを持っていると給食室で作業している人達は「ウン ウン」と頷き写真を撮影することを快く了承してくれた。

ぜひこの場を写真に撮りたい。と思っていたので嬉しかった。

すっごい重たそうな大きな鍋を運んでくる人。そしてこぼれた具材を丁寧に掃き掃除して床を水洗いする人。働きっぷりに驚きの連続。本当に皆良く動く人ばかり。

それにしても思いものを持つのに裸足なんて…。

足の上に落としたらどうするのー!?危ないよー!

なんて思いながら見ているけど手慣れた様子でホイホイ作業は進んでいく。

(カレーの具 その1 ジャガイモ)

(カレーの具 その2 グリーンピース)

(皿洗いは専用のロングパントリーにて、お皿は全て手洗い)

調理場を離れ洗い場を見学する。

次から次へと運ばれてくるお皿を洗っては並べ、洗っては並べ。その姿はもう職人。

この洗い場は「ガチャン!ガッチャーン!!」と銀食器を洗う音が賑やかだ。

そしてここで作業をしている人達もモクモクと働いている。

(20人以上が流れ作業を行い洗い終わった皿をカートへ放り投げる)

作業をする人は全員がボランティアらしい

洗い場や調理場などたくさんの人が作業をしている。

働いていると言ってもいいのかもしれないが聞けばこの寺院で、作業をしている人達はほとんどが自主的にボランティアとして参加している人らしい。

そして女性はおらず全て男性が仕事をする。

(放り投げられた皿を受け取る人がキレイに並べていく。すごい量…)

洗って=投げて=すっぽり収まる

食器を洗ってポイッと投げて。それを受け取る人が居て皿が並べられていく。

もう見ているだけで機械のように作業を進めていくボランティアのひとたち。

そして、この食器を使って更に食事まで無料で提供してくれる。

シーク教徒の懐の人さに驚きと感激である。

調理場・洗い場を見学したところで次は大広間で作ってもらった食事をいただくことに。

  (食事をする大広間。100人ぐらいが一緒に食事をすることが出来る)

座ると鍋を持った人がチャパティとカレーを配り歩いてくれる。

ちなみにチャイも無料w

この写真は食事が終わった直後の写真。建物の入り口でお皿をもらい大広間へ。

ベルトコンベアの流れにのったように大広間のカーペットへ着席。

もちろんフォーク・スプーンはなし。手で食べる。食べている最中も係の人がまわってきては「おかわりは?」と聞いてくれる。

滞在中2回はここの食事を食べに行った。

ちなみに外国人は欧米人が数人いたのみ。日本人、アジア人は全く居なかった。

それでも面白いことに寺院の中でぼーっとしていると突然インド人に話しかけられる。

「君、今日寺院の中で写真撮っていただろう?」と。

この大きい寺院の中でも日本人はおそらく僕ひとり。

ここアムリトサルでは全く日本人やアジア人を見かけなかった。

黄金寺で無料宿泊所を利用してみた。

(深夜0時を過ぎても人が絶えない黄金寺)

ラジャスタン州とはちょっと違ったインド

ジャイプール・ジャイサルメール・ジョードプル・ゴア。インドの旅行で巡って来た町。

その中でも他の町は一線を画するアムリトサル。

黄金寺は写真で見るよりもずっと立派で荘厳な作りだった。

寺院の中のプールの中心にそびえ立つ黄金寺は日本で言う金閣寺のよう。

滞在中1日だけ寺院の中に泊まった。

そこは建物の中にあるただの広場。例えるなら日本の小学校の校庭のような場所。

そこには所狭しと通路以外には人が寝ている。

身体中に布切れや毛布を巻いた人たちが川の字ならずバーコードのようにずらーっと並んで寝ている。僕も適当な場所を見つけ敷物の上に自分の寝床を陣取った。

しかしインドといえど夜は寒い。寒くて深夜に何度も目が覚めた。

寒くてうずくまっている僕。荷物は全てホテルに置いて来ている。

貴重品はない。もう着の身着のままでブルブル震えていると、寝ている僕に

ブランケットを掛けてくれた人がいた。

ここってインド!?

本当にそう思ってしまうぐらい驚いた。

明らかに欧米人でも無いアジア人が寝ていたらインドの他の町では泥棒にあってしまいそうなものだが、この寺院ではそのような怖さは全く無かった。

それかさすがにこんな場所で100人以上のインド人の中にポツンと寝ている日本人は「金なんてもってないだろう」と思われ何もされなかったのか。

ブランケットを掛けられて寒さから逃れた僕はすっかり値落ちしてしまった…。

「ガンガンガンガン!!」

何時間寝入ったのか?

「ガンガンガンガン!」とは何の音だったのかと思うと、係の人が壁や鉄製のドアを棒切れで叩いている。どうやらこれが目覚ましのようだ。

全くわからないまま目を開き周囲を見渡すと、ぼちぼちと周りの人が立ち上がり始め、ブランケットや荷物を片付けて寝床を後にしている。

空を見上げるとうっすらと明るくなり始めていた。

さいごに

(黄金寺で写真撮影を頼まれる。キメ顔が素敵な若者4人)

早朝ホテルに戻った僕はすぐに寝入ってしまった。

屋根の無い場所でブランケットにくるまり一泊。

体の疲れが取れたと言うよりも冷たい石の上に寝て体の節々が痛くなってしまった。

ボロくても安くてもやっぱり屋根のあるホテルは最高だと思った。

そのまま夕方まで就寝。

夜になり近くのレストランで食事を取りながらWi-Fiで次の訪問先パキスタンの情報を調べ始めた。アムリトサルはWi-Fiが使える場所が非常に少ない!!)

僕がこのインドの西側、アムリトサルへ訪れたのはパキスタンへ渡る為だった。

そしてようやく見つけたWi-Fi完備のレストランの非常に遅いWi-Fiを利用して明日からの旅程を調べあげた。調べたところ、このアムリトサルからバスに乗って国境の町まで向かって徒歩で国境を超えることが出来るようだ。

そしてその国境ではインド・パキスタンの軍事パレードが毎日行われているようだった。

予定では軍事パレードを見てそのまま国境を越えようと思ったが夕方に行われるパレードを見てから国境を超えるのは時間的に不可能だった。

軍事パレードが終了する時刻と同時刻に国境も閉鎖されてしまう。それにインドに比べ情報が非常に少ないパキスタン。情報の無い場所に夜に到着するなんて自殺行為だと思った。

明日は軍事パレードを見に行ってもう一泊アムリトサルにて過ごす。そして翌朝、パキスタンとの国境へ向かいそのままパキスタンへ入る予定を立てた。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク