【インド アムリトサル】国境の街ワーガ!インド・パキスタンによる軍事パレードを見学!!

スポンサードリンク



インドについて


世界 第2位 13億人の人々が暮らし 面積は世界 第7位。

日本人にも大人気の{カレー}の発祥地でもある。日本には多くのインドカレー店舗があるが実は従業員のほとんどがネパール系でオーナーはインド人が多いとのこと。(近所のインド料理店談)

インドに渡航するにはビザが必要になるが、日本人である僕らの費用は格安。1,500円以内で6ヶ月のマルチプル(入国・出国が期間内は自由)のビザが取得可能。

非暴力・不服従で有名なインド建国の父 ガンジーの教えの通り、インドでトラブルにあっても暴力事件を起こされたことはなし。口喧嘩とねちっこい絡みでインド人と納得行くまで話して解決。とりあえずインド人は話が長い…。

インドは大きく分けて「北インド」「南インド」に分かれていて、旅をした感触としては南インドの人の方が親切で裕福な人が多くトラブルや面倒なことも少ない。

インドは北から南まで電車が走っていて格安で乗ることができる。電車にはグレードがあり最低ランクの電車に乗ると「物乞い」「物売り」などのインドならではのカオスな雰囲気を楽しむことができる。都市部ではスリ・ひったくり・強引な客引きに注意。

結構な確率で食事・水でお腹を下す。日本の正露丸よりは現地の薬局で薬を買うのがおすすめ。

「アイム・ダイアリーアー…(私は下痢です)」といえばOK。

はじめに

(インド・パキスタン 国境の街 アタリ)

アムリトサルからバスで国境の街アターリへ。

アムリトサルでの滞在中、数少ないWi-Fiスポットを探し出しパキスタンへの情報を集めた。パキスタンへ渡る前にインド・パキスタン国境で行われる軍事パレードを見学しようと思い国境へ出掛けて見ることにした。

国境へはアムリトサルからバスで数十分。そこからリキシャに乗りパレードの行われている国境へ向かう。このあたりのリキシャの料金や乗り合いバスの料金は「観光客ボッタクリ価格」ではなくほかのインド人と同じ価格だった。

前記事でも触れたが、インド・パキスタンの国境は夕方17時ぐらいに閉鎖。パレードが16時ぐらいから始まるのでパレードを見てから、そのまま国境超えをすることは出来ない。

パレードを見るためにはアムリトサルを午後に出発しパレードを見終わってから、もう一度アムリトサルへ戻ってくる必要があった。パレードは数人の欧米人の観光客、その他はほぼ全員がインド人である。

そして、ここでも日本人は愚かアジア人に遭遇することはまったくなかった。今日はパレードの様子を書いて行く。これはかなり貴重な体験になったので検討している人はぜひ行って盛り上がりを一緒に体験して欲しい。

手荷物預かり所に荷物を預けてから入場

(国境へ続く道。付近は露店やお土産品の店で賑わっている)

預け荷物は貴重品には注意!リチウム電池は持ち込み禁止!!

アムリトサルの街からバスで国境の街アターリへ向かう。何処へ行っても人だらけのインドだが、この国境の街アターリは本当に何も無い国境の街、アムリトサルのような賑わいは全くない。日本で言う寂れた商店街のような一角の両脇に店が並ぶぐらいで他には何もない。

そしてバスを降りパレードが開催されている国境方面へ向かう途中に、自分の荷物を預ける必要がある。料金は20₨だったか?この手荷物預かり所だがロッカーなどあるわけもなく、ただ人が屋台のテーブルの下に荷物を保管するだけ。そしてペラペラの番号札を貰うだけだ。

絶対に貴重品を残しておいては行けない。

僕は携帯のバッテリーの充電器を持っていたがパレードの入り口にある持ち物検査で、この充電器が指摘され「捨てるか?」「戻って荷物を預けるか?」の二択になってしまった。この荷物検査だがイメージ的には空港での検査と同じような感じで厳しい。荷物を預けた場所から検査場までは徒歩で10分ぐらいある。それに加えて結構な人数がパレードを見にきているので再検査をするのもすごく時間が掛かりそうだった。

近くの草むらにリチウム電池を隠して手荷物検査へ…。

「なくなったら、なくなったで諦める」

そう考え僕は手荷物検査の長蛇の列を一旦離れ近くの草むらの目立たない場所に充電器を置いて手荷物検査の列に戻ってきた。今度は無事に通過…。スマホを使っている限り切っても切れないモバイルバッテリー。どうか帰ってくるまでそこにあっておくれ…。

軍事パレードがスタート!想像以上の盛り上がり!!

(手荷物検査を終え国境へ。建物を抜けた場所がパレード会場)

長い長蛇の列を越えようやく眼の前には国境の建物が。

すごい…。

インドっぽくてインドっぽくないような豪華な建物作りのアターリボーダー。この軍事パレード、聞けば毎日開催されているよう。記憶にないがおそらくこの日は普通の平日。日本でいう仕事が終わってからナイターを見に出かけるような感覚か。凄い数のインド人達が会場の中へ進んでいく。僕も流れに乗って建物の向こう側へ進む。

(飲み物の売り子もしっかりと商売の準備中)

(売り子のカゴも持ちてがカスタマイズされ年季が入っている)

パレードは自由席になっていて何処でも好きな場所に座ることが出来る

国境に到着したのは夕方だったが、まだまだ日が出ていて日向にいるのは暑い…。国境の道路の両脇がアリーナのようになって段々に座ることが出来る。日陰の場所は上段の方で屋根があり、日向は道路に近くパレードを近くで観覧することが出来る。

僕はまだまだ空きのある会場で何処の席が良いかぐるぐると周りを見渡しアリーナ席の中段に腰を下ろし自分の席を陣取った。頭上には夕方近くになっても衰えることのない太陽の熱が燦々と降り注ぐ。石づくりのアリーナ席も太陽の熱で熱くなっている。

男でも恥ずかしがることなかれ!日傘を使う!!

日本ではめったに使うことが無いが僕は海外を旅する時には日傘を持っている。「太陽にあたって健康的に日焼けしよう!」そんな考えは海外ではまったくない。そんなことをしていたらぶっ倒れてしまう。僕はポケットから持参した雨晴れ兼用の折り畳み傘を取り出しつよい太陽をブロックした。後はパレードが始まるのを待つばかり…。

(インドを応援するグッズを売っているイケメンの売り子さん)

(インドで売っているアンクル・チップスというポテチ)

(隊列を組んで国境道路を走り回るインド女子部)

(隊列を組んで国境道路をぐるぐる回るインド女子部)

(順番待ちしてフラッグ係になれて大喜びのインド女子部)

スポンサーリンク




(ちょっと肥満な軍用犬もパレードに参加中)

大きな音楽と司会が会場を盛り上げてパレードがスタート!

パレードの開始時間になる頃には会場はすっかり満員。こんなに人気がある軍事パレードなんて日本じゃまずお目にかかることは出来ないだろう…。パレードが始まると白いポロシャツを着たテップリと太った司会のオジサンが登場。オーディエンスを盛り上げはじめる。

と…。

文章で書いてもイマイチ伝わらないので動画を撮影。

後で撮影した動画を改めて見ても凄い盛り上がりであった…。

軍事パレード を動画でレポート!

India / Pakistan Border Army festival Vol.1

India / Pakistan Border Army festival Vol.2

India / Pakistan Border Army festival Vol.3

国境の向こう側 パキスタン側はインドよりも規模も小さめ…

(音量も小さく更新する人数も少ないパキスタンサイド)

(フラッグを持ちながらジャンプしながらひたすら踊るパキスタン側の兵隊)

パキスタン側とインド側では規模から雰囲気から全てが違う。

ゲートの向こう側はパキスタン。ゲートの向こう側は、こちら側インドのように司会もおらず上記の写真のように兵隊の行進やダンスを踊るのみ。会場の席数もインド側と比べると4分の1ぐらいの大きさ。

パキスタン側になると女性と男性は左右で席が分かれている。

インド側は司会のポロシャツがかなり盛り上げてくれるがパキスタンの方は叫んだりしている人はおらず静かに観覧している雰囲気。そしてインドとパキスタンで大きく変わるのが宗教。厳格なイスラム教徒であるパキスタンでは着席する場所も完全に男女別。フェンスを一枚隔てた向こう側とこっち側ではこんなにも違うのか…。

この国境は陸続き。

同じ陸続きのヨーロッパとは違い、宗教も習慣も全てが変わる。今までに感じたことがないような気持ちになった。明日にはあちら側、パキスタンへ行くのか…。

いったいどんな国なんだろう…。

僕はパレードを観覧しながら、国境の向こう側の国パキスタンのことをずーっと考えていた。

パレードが終了

(パレード終了と同時に国境ゲートが閉門し両国のフラッグが下り終了)

実に素晴らしいパレードでした!

大音量の音楽にノッて汗ダグになって会場を走り回り盛り上げてくれた白いポロシャツのオジサンも多少息切れしながら会場から姿を消していった。インド側の会場の人々もぞろぞろと出口へ向かって行く。

すでにパキスタン側の会場席は無人になっていた。

会場の規模から人数までインドよりも圧倒的に少ないパキスタン側。僕がインド側の退場の波に乗って出口へ向かう頃には、パキスタン側はすっかり静かになっていた。国力の差がはっきりと分かる国境。設備、人数。雰囲気。すべてにおいてインドがパキスタンを圧倒していた。

さいごに

(パレード終了後、会場を後にする人たちの行列)

1時間ほどでパレードは無事に終了

パレードが終了すると大勢の人が会場を後にする。人生で初めて軍事パレードというものを見たが日本の航空ショーとも違うし富士の演習場で行われている軍事演習とも違う。

動画で撮影した通りお祭りのような会場にいる人たちが全員で盛り上がる全員参加のパレード。現地で情報を発見し突発で参加したが、正直ここまで凄いものとは思わなかった。

草むらに隠しておいたモバイルバッテリーも無事に回収

入場の時に検査で「持ち込み禁止」になっていた携帯充電器も無事に回収する事が出来た。これだけたくさんの人がいて、しかもインドで。置いておいたものが誰にも持って行かれなかったことは奇跡に近い。

乗り合いバンでアムリトサルへ

行きに預けた自分の荷物も無事に回収し会場を後にすると、数人の男が話しかけてくる。「アムリトサルへ帰るか?」と。大型の乗り合いバンの客引きの男だった。料金を聞くと、どのバンも同一料金のようだった。往路はバスで来たが帰りは乗り合いバンでアムリトサルへ戻ることに。バスよりも数十分も早くアムリトサルの街へ到着。

翌日は早朝から国境へ

黄金寺、軍事パレード。他のインドの街では体験出来なかった事を、ここアムリトサルで体験出来たこと。僕の中でアムリトサルはインドの中で上位に入るいい街だと感じた。観光客も他の街よりも少なく、客引きもデリーや他の有名な観光地のように強引ではない。

ただ一つ、悲し感しかったのは僕が初めて就職した時に買った腕時計がなくなってしまったこと。「そんなのインドに持って来る方が間違いだ」と言われれば確かにそのとおり。この記事を書いている間にも誰かの腕で僕のメイド・イン・ジャパンのSEIKOの時計は光っているだろう。

僕はホテルへ戻り広げたバックパックの中身を再度パッキングした。インド・パキスタンの国境超えは荷物検査が非常に厳しいと聞いていた。違法な物や爆弾など持ってはいないが、パズルのようにきっちりと詰め込んだバックパックの中を荷物検査で全てバラバラにされ検査されるのは時間的にも面倒だし、詰め直すのも相当な手間だ。

僕はなるべく見えやすい場所に衣服や靴を入れ、怪しまれそうな機械類などはバックアップの奥深くへしまうようにパッキングをした。こうすれば検査官も面倒がってあまり厳しくはやらないだろうと…。

ありがとう3回目のインド。

いつもいつもめちゃくちゃな事が起きて疲れさせてくれるインド、それでも好きで癖になって何度も来てしまう不思議な国。「インドに呼ばれる」と多くの旅人が口にするが僕は3回も呼ばれてしまった。アムリトサル、ラジャスタン、ゴア。同じようで全く違う場所を渡り歩いたインドの旅もこれで終了。

明日はついにインドからパキスタンへの陸路国境超えだ。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク