【パキスタン ラホール】驚きのゲスト待遇!ラホールの人の良さに驚きの連続!!

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(早朝のホテルテラス。チャイを飲みながら情報交換)

宿でパキスタンの情報を収集することから。

昨日、チェックインをした宿(Lahore Backpackers)は部屋にエアコンが完備されている割には宿泊価格も$10以下のコスパの良い宿だった。

そこで2人の外国人観光客に会いネットには出てないパキスタンの情報を色々と聞くことが出来た。一人は初老の男性でイギリスから旅行に訪れたという。

聞けば彼のパキスタンへの渡航歴は数え切れない程で合計7年ぐらいはパキスタンとイギリスを行ったり来たりしているという。その男性は自分の自宅を賃貸に出し、その家賃収入でパキスタンで暮らしているらしい。

そして、もう一人は韓国からの旅行者でチョイさんという30代の男性だった。最初に出会った時は日本人かと思ったが違った。チョイさんとはホテル内ではあまり関わり合いがなく会話も少なかったが、後に訪れるイスラマバード・フンザで2度の再会を果たす。

パキスタンは僕が一番好きな国なんだ。

イギリス人の初老の男性は僕に色々なパキスタンの事情を教えてくれた。

僕はパキスタンを訪れるまで(と言ってもまだ1日目だけど。)この国は怖い国やテロの国だと思っていた。しかし国境を超えてみると親切な人ばかりで拍子抜けしてしまったのだ。

彼の話を聞いていると、本国イギリスにいるよりパキスタンの方がずっと住みやすく、物価も安い、「僕は色々な国を旅して来たが一番好きで、楽で、生活しやすい国がパキスタンなんだ」と話していた。

そこで初老の男性にズバリ、治安について聞いてみた。

「確かにテロや爆発事件などはたまにある。銃も売っているが自分は危険な目に遭遇したこともないしスリや置き引きにあったこともない」という。銃やテロというスリ・置き引きなどのレベルではない治安の悪さを想定していたが7年もパキスタンに居て遭遇したことがないというのには驚いた。

「あまり人が大勢集まる場所には行かないようにしているよ」

やはり事件が起こる場所は、人が多い場所や宗教的な行事が行われている場所らしい。外務省の渡航情報を見てみるが以下のように決して安全とは言えない情報が出ている。

宿の主人、そして初老の男性の言うことを参考に人の多い場所や宗教的な集まりがある場所、時間は避けると自分の中で決めてラホールの街を歩いて見ることにした。

*画像をクリックすると外務省の海外安全情報ページに飛びます。

ラホールの街の不思議な空気感

(ワズィール・ハーン モスクを正面から撮影。女性の撮影に注意が必要)

バザールを抜けてモスクへ

宿泊したラホールバックパッカーでは観光案内もしてくれるようだ。

ラホールの街をホテルのオーナーが案内してくれる一日ツアーが$20。そしてインドから来た際に見た、アターリでの軍事パレードへのツアーが$10。と以外と観光地になっている。ホテルのオーナーはパンフレット片手にラホールの観光案内をアピールしてくる。目玉は蛇などの爬虫類を薬剤として販売している場所だそう。(自力ではこの場所は発見できず。)

自分自身の足で歩きたい派の僕はツアーは使わない。

僕は何処の国を訪れても滅多な事ではツアーを利用することはない。ツアーを使えば観光地を効率よく周る事が出来るが、なにか味気ない気がしてしまう。時間も場所も気にせず、ちょっと迷子になりながら自分の足で行きたい場所に行くスタイルが好きだ

ラホールバックパッカーから歩いて行ける距離に複数の観光地が点在している。

バザールを抜けてモスクへ到着すると大勢の人に囲まれる!

人混みあふれるバザール(日本の商店街のような買い物市場)を抜けて目的地へ到着。

生まれてこの方30年、じっくりとモスクを見たことは無かったが一言で言えば「美しい」という言葉、以外の言葉が見つからない。

そんなモスクをじっくりと眺めていると、自分の後方と前方の人々がスマホで僕の写真を撮っている。そして振り向くと遠くから手を振っている人や、指を指してニコニコしている人。そして女性たちは「きゃー↑ウフフー!」と言いながらササッと逃げていく。

そう、あまりに外国人観光客が少ないので非常に珍しがられるのだ。

「アッサラーム・アライクム!」

これはアラビア語で直訳すると「あなたがたの上に平和がありますように」という素晴らしい挨拶の言葉。街を歩いていると沢山の人からこの言葉を掛けられる。僕も最初はシドロモドロになってしまったが回数をこなすうちに自然と挨拶が出来るようになった。

「アッサラーム・アライクム↑」

と挨拶をしてもらえたら…

「アライクム・アッサラーム↓」

とひっくり返してお返事。

モスクの前に立っているだけで気づけば自分の周りには20人程の人が集まっていた。まるで芸能人にでもなったような気分だ。そして積極的な男性はすぐに「アッサラーム・アライクム」と右手を差し出し握手を求めてくる。

その後、特に世間話をするではなく、ただ、ただ挨拶をしてくれるのだ。

「なんだか平和な街だなぁ…」

(バザールでの一枚。右手で握手をするのがイスラムの挨拶)

ジュース飲むか?チャイ飲むか??

一体パキスタンとはどんな国なんだ??と考えながら歩いていた。

足を止めて露店のスマホのリペアショップを覗いていた。

「アッサラーム・アライクム!」

「チャイ?」「ジュース?」

声を掛けてきた男性の手にはティーカップが2つ。

3月のパキスタンは気候も悪くない。

手渡された熱々のチャイを受け取りお金を払おうとする。

「ノー!ノー!!ノー!!!」

男性は「ギブ!ギブユー!!」と言っている。どうやらこのチャイは上記の写真の男性からの奢りのようだった。僕は素直に彼に感謝して「サンキュー」と返答すると、次にその弾性は椅子を差し出してくれた。それも何処ぞの店舗の中から持って来てくれた物だった。

僕はラホールの路上の隅っこにポツンと座り男性から奢って貰ったチャイを飲んでいた。すると別の男性から「ジュース?ジュース??」とガラスのグラスに入ったバナナジュースを手渡された。

そして、このジュースも「ギブ!ギブユー!!」といい彼はお金を一切受け取らなかった。僕の周りでは10人程の男性がニヤニヤとこちらを見ながらハッハッハッ!と笑っている。

僕の手には熱々のチャイと、キンキンに冷えたバナナジュース。

それを見ながら沢山の人が笑っている。

さすがに僕もおかしくなって一緒に笑ってしまった。

するとまた大勢の人が集まって来て「ウェルカム!ウェルカム!!」と言ってくれる。

まるでディズニーランドのお誕生日バッジをつけているかのような気分だ。

イスラマバード行きバスの場所

(イスラマバード行きのバスはここから出発している)

次の目的地 首都イスラマバードへ。

ラホールでの1日を過ごした僕は次の目的地へ向かう。

次の目的地はパキスタンの首都 イスラマバード。イスラマバードへは上の地図のGeneral Bus Stand, Badami Baghからバスで向かう。

前日のうちに下見とチケット購入を兼ねてバススタンドへ向かった。その時にリキシャに乗ったのだが、目的地に到着してリキシャを降りようとすると「NOマネー!OK!!」と言われ、ここでも親切にしてもらってしまった。

バススタンド近くでも食べ物を「ギブ」される。

無事にバススタンドへ到着してチケットを購入。

イスラマバードへの出発は明日の午前中。今日のやることは全て終わり観光も一通り終わり。近くのバザールを通ると美味しそうな匂いが鼻をついた。

タカタっ♪ タカタっ♪ タカタっ♪

鉄板焼きの上で何かを焼いている。もんじゃのヘラのような器具を使って何かを調理している。近くでジロジロと調理風景を見ている僕に店主のオジサンが、鉄板で調理した出来たての料理を差し出してくれた。

料金を払おうとするがやっぱり断られてしまう。

「NOマネー! NOマネー!!」

店主に聞くと料理の名前は(タカタ)というらしい。

肉と卵をごっちゃまぜにしてケチャップのようなソースでいただく。

ちょっと味が濃いめのファストフードだ。

タカタでお腹もいっぱいになった所でホテルへ戻ることにした。

夜になりホテルへ戻る頃には街が真っ暗になっていた。

パキスタンは停電が多く街頭も少ないし街も決してきれいではない。

それでも人は明るく暗い夜道を歩いていても怖い目に合うことは無かった。

さいごに

(ナショナル製のアンプ。町中での放送に使われている)

イメージとの違いに驚いた国

パキスタン・ラホールでの滞在時間は短かったが驚きの連続だった。

ドリンク・食事・タクシー。

全て知らない人がお金を出してくれて奢って貰うというミラクルが起きた。

それまではパキスタンというと、どうしても治安が気になってしまっていたが実際に訪れてみれば人々は感動するぐらいの親切を僕に与えてくれた。スリや泥棒、強盗に合いそうな気配も全く無かった。

「アッサラーム・アライクム」

街を歩いていると色々な場所から、挨拶が聞こえてくる。

お店の中から、ビルの窓から、バス停でぼーっとしている時から。

何処にいてもすぐに誰かが挨拶をしてくれ、「困っていることはないか?」と話しかけてくれる。今まで行った国でここまで人からの親切を感じた国はない。

初めて訪れた国パキスタン、日本で知るパキスタンとは全く違うパキスタンを経験した。

大好きになった言葉「アッサラーム・アライクム」

次はラホールから首都のイスラマバードへ。

どんな出会いや出来事が待っているのか楽しみだ。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク