【パキスタン イスラマバード】目指せフンザ!長距離バス NATCOでの珍事件!!

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(長距離バスが発着するラホール バスターミナル )

ラホールからバスに乗って半日で首都イスラマバードへ到着

パキスタンの首都イスラマバードはラホールからバスに乗って4時間から5時間ほど。直行便ではなく隣のラワールピンディという街へバスは到着する。

チケットは前回の記事にて触れた通りの場所で購入する事が可能。金額は1,000ルピーから1,600ルピーほどで販売されていた。金額が違うのはバス会社とバスのグレードによって。

ラホールからラワールピンディまでは景色の良い舗装された道路が続きネパールのようなガタガタ道を通る事もなく快適に過ごすことができた。

イスラマバードは宿泊出来る場所が非常に少なかった。

僕はこのときにラホールで知り合った女性と行動を共にしていた。彼女も同時にフンザへ向かう道中ということで共に行動することにした。

しかし、ここパキスタンは厳格なイスラムの国。婚前前の男女が同室の部屋へ宿泊する事は思った以上に難しく宿泊施設を探すのは非常に手間取った。3件程のホテルを回ったが何処も断られてしまう。結果、宿泊出来る宿が一つだけ見つかった。

上記の理由もありイスラマバードはフンザへの乗り継ぎ地点ということになり特別ラホールのように観光をした思い出もない場所であったが、ここでもパキスタンならではの楽しい思い出もできた。今回はそんな事も合わせて記事に書きたい。

2018年03月 当時のレート

1ルピー = 1円

ラワールピンディから相乗りでピルワーダイへ

(舗装され景色の良い道路が続く。ラホール 、 ラワールピンディ間)

バスを降りるとタクシー or リキシャが待っている。

ラホールからバスに乗りラワールピンディへ到着する。到着したのはバスターミナルではなく、ただの道路沿いにあるバスの停留所。看板も何もない場所である。

バスが停車する場所には2台から3台のタクシー&リキシャが停車していた。まずはこの場所からフンザ行きのバスが発着する場所へ直接向かうことにした。先にチケットを購入してから宿を探そうと思ったからである。

Pirwadhai(ピルワーダイ)にあるバスターミナルへ向かう。

バス停で客待ちをしているリキシャ・タクシーへ値段を尋ねると400ルピーから500ルピーとのこと。ラホールでの事前情報によるとイスラマバードの個人交通はあまり質が良くないらしくボッタクリをする運転手も多いらしく、公共交通機関や、オフィシャルなタクシー会社を利用するのが良いということらしい。

そんな事前情報を聞いていたが、何もない道路の脇に降ろされた僕は上記の料金を提示されたリキシャとタクシーの二択しか選ぶことができなかった。そんな道路脇にはラホールのバックパッカーで出会った韓国人旅行者のチョイさんが居た。

3人でタクシーを相乗りすることに

僕はチョイさんに話しかけると、少し驚いた様子だったがラホールでの宿で面識があったのですぐに意気投合した。彼も同じようにこれからフンザへ向かうようだ。

ならばと僕とチョイさんと同行をともにしていた女性と3人でタクシーをシェアしてPirwadhaiへ向かう事にした。タクシーの交渉はチョイさんが無事にまとめてくれた。

僕は韓国語はわからない、彼も日本語がわからない。それでもお隣の国同士、英語とお互いの雰囲気で「やりたい事」はすぐに伝わった。

僕たち3人は小さいオンボロのタクシーでバスターミナルへ向かった。時間にして1時間ほど、異国の地で出会ったアジア人の僕たちはパキスタンで起こった事や、今までの旅行でのこと、これからの予定を尽きることなく話した。

3人を乗せたタクシーは30分ほど掛けてパキスタン各地へ発着するバススタンドへ到着した。

NATCO でフンザ(ギルギット)行きのチケットを購入

(フンザ行きバスが発着するGENERAL BUS STAND)

フンザ行きのバスは国営のNATCOが安心

ネットでの情報を元にフンザ行きのバスを探す。フンザ(ギルギット)行きの場所は多数発着しているが、旅行者が無難に選ぶのはパキスタン国営のNATCOと呼ばれるバス会社。料金は他のバス会社と比較して高いが、現地の人もNATCOを利用するのがオススメとの事。

料金については確かフンザ(ギルギット)まで1,800ルピーだった。他のバス会社の料金は1,000ルピーから1,500ルピー。他の会社と何が大きく違うのかは不明だが旅行代理店経由でチケットを購入するのではなく、しっかりとNATCOの事務所がバススタンドにはあった。

(NATCOの事務所&チケット売り場)

チケットを購入するとバスは明日の夕方出発

フンザ(ギルギット)までの所要時間は24時間。

道のりはかなり長い…。

飛行機でイスラマバードからギルギットまでは1時間ほどで到着する。料金を検索すると12,000ルピー程。バスの10倍近い料金が掛かるが24時間バスに乗るのと天秤に掛けると観光客には決して高い料金はない。

そして、バスでギルギットへ向かう途中に数回の検問がある。その検問の為にパスポートとビザのコピーを12枚用意するように言われた。さすがにチケットカウンタの人も嘘を言っているのではないかと思ったがネットで調べてみると満更ガセでもないらしい。

コピーはバススタンドのコピー屋さんでやって貰うことができる。コピーのお店の事を現地の人は「ゼロックス」と呼んでいた。「ゼロックス?」「ゼロックス??」と聞くと、コピーののお店の場所を教えてくれる。

僕はチケットを購入するのと同じくしてNATCOの並びにあるコピー機が並ぶゼロックスショップで12枚分のパスポートの顔写真のページとビザのページを印刷してもらった。合計24枚、料金は230ルピーぐらいだった。日本のコンビニのコピー料金のだいたい半額ぐらい。

フンザ行きの準備は整った。

ここでチョイさんとも別れ僕らは(道中出会った日本人女性を一緒)明日の出発までの宿を探すことにした。

イスラマバードで宿探し

(Natcoのバス青白カラーで緊急時?の為か赤色灯がついている)

結婚してないと宿泊できない。

僕と彼女は一緒に宿を探す為にイスラマバード・ラワールピンディの宿を数件回って見ることにしたが、結果全て断られてしまった。理由は婚前前の男女であることと、観光客を宿泊させる事はできないという2つの理由だった。

そして3件の宿を巡った結果ようやく1件の宿が見つかった。値段は一泊2,500ルピーと決して安くは無かったが一泊だけということでそこに宿泊することにした。宿は改装中で廊下は壁紙も貼られておらず天井からはケーブルが宙吊りになっている工事中・改装中の宿だった。

部屋に入ってシャワーを浴びようと思ったが水シャワー。とてもじゃないが冷たくて浴びることなんてできなかった。Wi-Fiも完備されていたが室内では電波が届かずフロント近くまで行ってスマホを操作するしかなかった。

イスラマバード・ラワールピンディに行かれる方(バックパッカーの方)は宿が少ない事に注意する必要がある。ホテルは無数にあるが観光客を受け入れてくれる場所が非常に少ないので本当に大変な思いをする事になる。

一応宿泊できたホテルを記載しておく。

近くにはバザールもあるのでここで必要な物は調達しておく。

桃源郷 フンザへ向けて出発!

(荷物は全て屋根に乗せるのがパキスタン式)

翌日、ホテルをチェックアウトし僕らはバスステーションへ向かった。

夕方17時発のバスの時間に間に合うようにバスステーションへ到着。案内されるままに席に座って待っていると、やはり珍しいのか大勢の人に囲まれる。今回は女性と一緒なのでいろいろな男性の目線が熱い。複数の男性からは「一緒に写真を撮ってくれ」と言われる。同行している彼女ではなく僕と2人でだ。やはりパキスタンは漢の国だ。

バスの出発時間が近づき僕らはバスへ向かう。

ギルギット(フンザ)行きのバスは満車で残念ながらエアコンは効いてない。そして乗っているのは全てが男性だった。一番残念だったのが窓がはめ殺しなので窓を開ける事もできない。車内は部活動が終わった後の部室のような、こんもりとした香りに満ちていた。

バスは定刻から1時間遅れで出発。

予想通りバスは定刻どおりに出発せず1時間遅れで出発した。出発してしまえば後は24時間のバス移動に耐えるだけというところだった。暗くなり始めたイスラマバードの街を車窓から見つめていた。車内のこんもりとした臭いに慣れてくると一人の男性がバスの天井にある避難用ハッチを開けてくれた。

開けてくれた避難用ハッチからは風が入って来て心地よい。車内のこんもりとした空気も洗浄されていく…。と思ったがハッチが壊れているのかバタン!とすぐに閉まってしまう。すると別の男性が空のペットボトルをハッチの間に挟み閉まらないようにしてくれた。

男性はこちらを見てニッコリと微笑み「This Is Pakistan!!」と言ってバスのオンボロさを笑いでカヴァーしてくれた。他の乗客もそれにニコニコ笑う。それにしても食ったものから飲んだものまで席の下に捨ててしまうのでバスが非常に汚い…w

道中の落石でバスは一旦引き返すことに

(100ルピーで借りた布団 NATCO事務所で一泊する)

途中で落石があって引き返すことに

順調に?出発したかと思ったバスがイスラマバードを抜けた道路で停車した。停車から1時間。車内がざわつきはじめた。言葉が理解出来ない僕らは戸惑った。近くにいる男性が身振り手振りで説明してくれた。どうやらフンザへ向かう道中に落石があり通行できないらしい。

(このルート。結構 落石や道路事情で通行止めになる事が多いらしい。)

その後、バススタンドへ戻り運行中止が知らされた。

その時すでに23時近く。こんな夜中に動けるはずもなく、ましてやここはイスラマバード。宿もすんなりと泊まれずバスの事務所で一泊する事になった。僕らを気の毒に思った職員の人が事務所の中に泊めてくれた。事務所には鍵も掛けてくれたが床一面にはゴキブリがウヨウヨしていた。

布団はいらんかね?

事務所で一泊する事になった僕らだが寝袋はバスの荷台に入ったまま。寝具も歯磨きも何もないまま事務所の中で途方にくれていると職員が「布団をレンタルするか?」と聞いてきた。

布団をレンタル?とちょっと意味が分からなかったがお願いすると5分後には2人分の布団を持った男性が現れた。彼はキョロキョロと僕らを一瞥すると「100ルピー 2人分で 200ルピー。でも100ルピーでOK」となぜか布団の料金が半額になってしまった。

そして職員も一緒に事務所の中にボディガードとして泊まってくれるという事で3人でバスの事務所の宿泊する事になった。ゴキブリが床には動き回っているが気にせず寝ることにした。明日にはフンザに行けるのだろうか…。

さいごに

(上り坂を登れないリキシャを後ろから押す僕)

思い通りに行かないパキスタン!

イスラマバードは書いたようにラホールと比べて非常に観光しずらい場所でした。ラホールのようなフレンドリーな感じも少なく滞在して楽しめるような場所ではなかったです。

ちなみに町中ではちょっと近づいたら危険そうな場所もありました。

(テロや強盗のような危険ではなく雰囲気が怪しい、堕落した人が多い場所)

  バススタンドに居るときにゾンビのように目が真っ赤になった、ボロボロの服装の人が僕らに絡んできそうになったことがありました。その時は危険を感じましたが周囲の男性がとっさに僕らの間に入り数人がかりで押さえつけ引っ張り出して行きました。

「彼は非常にバッドだ!時々こういうやつもいるけど気にしないでくれ!」

ゾンビを引き離した後に別の男性に言われたひとこと。そんなふうな事もあり先進国のような安全さはないですがテロのような怖さもない。しかしドロっとした怪しい雰囲気があるのが僕が体験したイスラマバードの姿でした。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク