【パキスタン フンザ】バスに揺られて24時間…。青い空と白い雪山の別世界の国フンザ。

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(フンザへ向かう道中の休憩所。機関銃を持った兵士がバスに同行)

イスラマバードから24時間…。

イスラマバードでのアクシデントでフンザへ向かうのが一日遅れてしまった。NATCOの事務所にて一泊した翌日の夕方には無事にバスは出発。フンザへ向かう道中には数箇所の検問があり検問の度に就寝している僕らは起こされ、バスに乗り込んで来た数人の警察・軍隊によってビデオカメラで顔を撮影された。

この先、カラコラムハイウェイを北へ進むと中国・アフガニスタンへの国境へと続く。このような検問はテロを警戒しての事だと言うことだった。フンザエリアに入る前に数回のビデオカメラでの乗客全員の顔撮影に加えて、僕らを含めた数人の観光客は検問所でバスを下り事務所で「訪問の目的」 「訪問日数」 などを警察に答えなくてはならなかった。

そして夜間の休憩でしばしばバスが停車。トイレ休憩があるがもちろんトイレはない。パキスタンの男性は立ちションをではなく座っておションをする。僕も例にならって座りションをした。街灯が全くない山中で見た星空は何処までも遠く透き通っていた。

イスラマバードからバスで24時間。飛行機で行けば1時間。そんな近くて遠い秘境フンザに到着するまでから、宿へ到着するまでの事を記事に書いていく。

ギルギットからはバンに乗り換えてカリマバードへ

(ギルギットのバスターミナル。日本ではすでに廃盤の車が多く走っている)

相乗りハイエースは350ルピー

ギルギットのバスターミナルへ到着して外を見ると真っ青な空と遠くに真っ白な山々が連なっていた。この時の感動は一生忘れる事はないだろう。パキスタンに来る前にネパールで登山をしたがその時の感動を遥かに超える。

車から下りた瞬間に360°のパノラマでこの絶景である。人々はパンジャビスーツに上はセーター。そしてフンザ帽子をかぶっている男たち。バスターミナルでは観光客を見ても特別お構いもされず「カリマバード?カリマバード??」と声を軽く掛けられる。

フンザ=カリマバード・アリアバードなどのエリアを総称して指す。この観光地ではほとんどの人が宿泊・滞在するのはカリマバードという丘の上のエリア。バスターミナルへ到着しても決して迷うことはない。この時は僕らの他に2人の韓国人女性たちがターミナルで一緒だった。どうやらパキスタンは現在、日本人よりも韓国人に人気のある観光地のようだ。

(真っ黒な黒鉛を吹いて走る昔のハイエース。窓の無い車両も現役で活躍中)

(日本車がここではステータス。書いてあるのは謎の言葉が多い)

ギルギット→アリ・アバド→カリマバード

(ぎゅうぎゅう詰めのハイエースでカリマバードを目指す)

道中は絶景の連続!!

フンザへの玄関口、ギルギットからは相乗りハイエースに乗って3時間。道中は左右どちらを見ても絶景が続く。今まで見たこともない景色の連続だった。3,000メートル級の山々が広がる景色は圧巻。遠くまで登山に出掛ける必要もなく毎日道路に出るだけで、こんな景色を見られるなんて。こんな場所は今まで見たことがない。

(道中の1枚、この一本道が中国・アフガニスタンへ続いていく)

(アリ・アバドは商店が立ち並ぶエリア。外国人観光客が泊まる宿は少ない)

3時間の道のりを経てハイエースはアリ・アバドへ到着。

ここは商店が立ち並ぶエリアでホテルもあるが僕らのような外国人観光客はほとんど宿泊していない。ホテルのオーナーに話を聞くとパキスタン人意外が宿泊するのは国からのパーミット(許可)が必要だそうだ。

商店、銀行、ローカルレストランなどが立ち並ぶエリアでフンザに滞在するのであればこのエリアでいろいろと日用品を買い揃えるのが良い。僕らも到着早々パキスタンのお金が無かったので銀行のATMをこの街で利用した。ちなみにATMのある銀行は3件並んでいるが2件のATMは全く使い物にならなかった。(海外で使えるPLUS加盟カード)

(3月初旬にはアーモンド・杏の花が咲き始める)

雪山と春の花が同じ時期に楽しめる。

一本道の両サイドに商店やホテルが立ち並ぶエリアでも一本裏に入れば住宅街だ。これはネパールのポカラの街のような感じ。訪れたのは3月のはじめ頃で、ちょうど春の花が咲き始めている頃だった。遠目から見ると桜のようだが、アプリコット・アーモンドなど沢山の花々が咲き始め何処でもお花見が楽しめる。

写真のように何処の商店の横にも小さなテーブルと椅子がおいてありフンザの人々はお茶におしゃべりを楽しんでいる。やはりここでも女性はおらず全てが男性である。

銀行でキャッシュを下ろし再びハイエースに乗り込む。

この頃にはほとんどの人がハイエースを下りて乗客は僕らと韓国人観光客の女性2人となっていた。その他には現地のお使いの子供が乗ってきたぐらい。車はしっかりと舗装された段差のない道路を進み目的地のカリマバードへ到着した。

ゼロ・ポイントへ到着

(カリマバードのゼロ・ポイントと呼ばれる場所)

有名なハイダー インへ宿泊してみようと思ったが…。

ここフンザでは有名な宿がある。その名も「ハイダー イン」日本人観光客の間でも有名で、ここのオーナーである「ハイダー爺さん」と呼ばれる人がさらに名物らしい。ハイエースはこのゼロポイントで止まり僕らはハイエースを降りた。

ハイダー インは現在 休業中…。

ハイエースを降り看板に従って「ハイダーイン」へ向かった。ゼロポイントからはすぐ近くにある。建物の前に到着し入り口を探してみるが、建物自体に全く活気がない。まるで閉館しているようだった。そこで同行している日本人女性とキョロキョロと建物の周辺を周り入り口を探していると「ホテル?」と老人に話しかけられた。

 「ハイダー爺さんは先月亡くなったよ…」

そのお爺さんは近くのホテルの人だった。「ハイダーインはハイダー爺が亡くなってから休業しているんだ。こっちの宿が開いているからこっちに泊まるといい」と宿に案内された。ネットでの情報を見ると、ほとんどの日本人観光客が宿泊しているのがこのホテルだったので、ぜひ宿泊してみたいという思いがあった。

(OLD FUNZA INNに宿泊)

声を掛けてきたお爺さんについていく。

ハイダーインの向かい側にあるのがOLD FUNZA INN。そこは広いレストランを併設しているホテルだった。食堂には日本語と韓国語の書籍が沢山並んでいた。フンザは日本・韓国では知っている人は知っている。人気のある観光地だった。長距離バスに揺られ疲れ果てていた僕らはすぐにチェックインする事にした。

提示された料金は1,300ルピー/泊。

1部屋分の料金だった。説明では部屋にはホットシャワーがついているということ。彼の話によると他の宿は全くその設備がないという。インターネットも設備がない場所がほとんどだそうだ。宿には僕らの他に日本人と韓国人の観光客が宿泊しているという事だった。

早速シャワーを浴びようと思いシャワーを利用しようとすると…。

チョロチョロしかお湯が出ない。備え付けのバケツいっぱいにお湯を溜めるには15分ぐらい掛かりそうだ。まだ3月のフンザ。気温は20℃ぐらい。とてもじゃないがこの気温ではシャワーなんて浴びられる訳もない。風邪を引いてしまいそうだ。残念ながらホットシャワーは僕らが想像していた物ではなかった。

不思議な世界・フンザを歩く

(ゼロ・ポイントから見るカリマバードの風景)

夕日が当たる絶景と凛とした空気。

ピュー…。と風が乾いた風が背中から抜ける。乾燥しきった場所で全く湿気はない。ようやく冬が終わったフンザ。これから春が訪れる季節だった。街を歩いてみるが何処のお店もまだこれからシーズンに向けてオープン準備中といった様子。

今まで訪れたラホールやイスラマバードとは全く違うパキスタンの姿。1970年までは藩王国だった場所。時間になればスピーカーからアザーン・コーランが流れる。完全な異国の雰囲気と凛とした空気に頭が真っ白になる。タイムスリップしたかのようにのんびりとした時間が流れている。

(日が沈み夜が近づいてくる)

軽く散歩して宿に戻ることに…。

宿に戻り部屋でくつろぐ事にする。なんだか少しだけ宿の周りを歩いただけなのに、すごく体が疲れている。布団に吸い込まれるようにベッドに横になってしまって動けなくなった。ゼロポイントの周辺はほとんど平坦な道がなく何処も上り坂ばかり。まだ到着して体が慣れていないのかすぐに疲れてしまう。

部屋でネットをしようとパソコンを接続するとWi-Fiのマークが点灯するが全く電波は飛んで来ない。ホットシャワーどころかネットも非常に遅い…。。どれぐらい遅いかというとヤフーのサイトを開けないぐらいのスピードだ。ネット閲覧も諦め、ただただ暮れゆく景色を部屋の外の椅子に座り眺めていた。

「ハロー!ディナー 食べますか??」

部屋で寛いでいるとドアの外からは日本語が聞こえてきた。見た目は完全にパキスタン人だが日本語を操る彼の名前は「メダカさん」と言う。自分で自分を「メダカさん」と名乗る、ぱっちりとしたお目々が印象的な男性だった。

メダカさんの後をついて食堂に入ると僕ら以外には数人の宿泊客らしい日本人と韓国人がすでにテーブルについていた。他にも数人のパキスタン人男性も一緒に食事をしたが、メダカさん以外にも一体誰が従業員で誰がお手伝いなのか全くわからない。とにもかくにも不思議な初日のフンザだった。

他の日本人観光客とも旅の話で盛り上がる。世界各国を旅しているツワモノ男性、そして顔が真っ黒に日焼けしている精錬な顔つきの大学生。美人な韓国人の女性。旅をしていると、今日のように日本では決して出会わない人々に出会う事が楽しくやみつきになってしまう。

今日出会った旅人同士、楽しい時間を共有してお腹がいっぱいになったところでお開き。僕らは部屋に戻り再びのんびりとすることにした。イスラマバードからの長旅でようやく到着したフンザ。今日は宿の周辺しか歩いていないがかなり見どころはありそうだ。

さいごに

(部屋の外から見える景色・天の川と対岸の村 ナガール)

来て損は無い!最高におすすめの場所!

イスラマバードから山あり谷ありで24時間。ようやく到着した場所フンザは今までに見たことがない景色と、親切な人々、そしてゆっくりと流れる時間。到着した初日ですっかりその雰囲気にやられてしまった。

部屋のドアを開ければ写真のような素晴らしい景色が広がっている。車のエンジン音も何もしない。聞こえるのは谷の合間を抜ける風の音だけ。一説では風の谷のナウシカのモデルになったとも言われるフンザ。

実は僕が知ったのは事最近の事で宿の人に聞けばずいぶん昔に日本人が沢山訪れた事があるようで先程登場したメダカさんなんかはその時に日本語を覚えたらしい。ということで結構日本人には馴染みの深い場所でもあった。

今日から1ヶ月の滞在予定のフンザ。3月から4月に掛けて沢山の木々や花々が咲きはじめ素晴らしい景色になっていく、その姿をじっくりと腰を据えて体験して行きたいと思います!

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク