【パキスタン フンザ】絶景観光地イーグルズネストへ!ハートフルなフンザの人々!!

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(OLD FUNZA INN の部屋の前のテラス)

フンザに到着してから3日目。宿から毎日少しずつ少しずつ行動範囲を広くしていく。

毎日行く小さな商店、そして毎日歩く同じ道。

1日、1日が毎日同じようで違う毎日だった。

3日もいれば、すぐに顔見知りができて来る。すれ違う度に挨拶をしてくれる

フンザの親切な人々…。

フンザにいるとなぜか宿泊している場所もすぐに噂になってしまうようで

すれ違いざまに「OLD FUNZA INN??」と声をかけられることもあった。

話していると気づくが、ここの人はたいてい誰の事でも知っている。

それも10年以上前にフンザに滞在していた日本人の〇〇さんとか、

あの村に住んでいる〇〇さんとか…。

生活しているだけですぐに噂になってしまう場所。

東京でアパート暮らしをしていた当時。

隣人も誰が住んでいるのか分からない生活をしていた僕にはそれがすごく不思議に感じた。

フンザに滞在して数日経った。

今日は宿から少し足を伸ばして観光地に行ってみようとおもう。

そろそろ体もこのフンザの土地にあってきた。

今日向かう場所はOLD FUNZA INNから歩いて2,3時間の場所にある

観光地イーグルズネスト。

ここ3日間ゆっくりとしたので今日はアクティブに動いてみたいと思う!

ハイキングといえばコーヒー!

(ネパールで買ったマチャプチャレコーヒーの粉)

僕は日本でも結構な量のコーヒーを飲んでいる。

しかしアジア諸国で飲むコーヒーは甘ったるかったり

ネスカフェの粉に熱湯を入れるだけのにわかコーヒーが多い。

ブラックを飲みたい僕はどんな場所でもコーヒーを楽しめるように

コーヒーセットを持ち歩いている。これは日本でしか手に入らない。

サーモスのような真空水筒ほど性能の良いものは海外では手に入りにくい。

得にアジアではポットはあるが真空ではないので全くもって使いくい。

ステンレス製のドリッパーも持っておくと便利だ。

お湯は何処でも手にはいりそうだが、深夜や早朝にキッチンに出向いて

お湯を貰うのも面倒なので僕は湯沸かし棒も持参している。

(水筒を2つ準備。1つで湯沸かし、もう1つに注いで出来上がり)

お湯の使いみちはコーヒーやお茶以外にも。

ゆで卵なんかも1個ぐらいなら簡単に作ることが出来る。

少し時間が掛かるが深夜にお腹が空いた時のつまみに最適。

(伝熱棒を入れると200mmなら5分ぐらいでお湯が沸騰する)

長寿の水とも呼ばれている?フンザの水だがボトルに貯めてみると白く濁っている。

最初はミネラルウェーターを買ってみたがバカバカしくなったので

フンザ水を飲んで見ることにした。

味は無味無臭で東京のカルキ臭い水よりも美味しいと思った。

ツアーなどで来る人はちゃんとボトルのミネラルウェーターが配布されるはず。

ペットボトルでも水を買うことは出来るが長期で滞在するとなると

いちいち水にお金なんか掛けていられないのである。

現地の人は普通に飲んでいる。

気になる人はアウトドア用の水 ろ過機を持っていると良い。

僕はフンザで白く濁ったフンザ水を毎日飲んでいたが一度も腹痛にはならなかった。

イーグルズネストへの道

(スイーツの美味しい店 Cafe de funzaの横を抜けてまっすぐ)

OLD FUNZA INNを出発してカリマバードの中心の方へ向かって歩く。

このあたりは土産屋も集中している場所で観光地になっている。

売り物はフンザ刺繍の帽子やカーペット、宝飾品など。

ひたすら一本道をイーグルズネスト方面へ向かって進んでいく。

途中、崖の上や家の窓から手を振ってもらえたりする。

小さい子供なんかはカメラに興味津々で写真撮影をねだってくる。

(家の小屋から顔を覗かせる家畜の仔牛)

住宅街を歩くとほとんどの家ではヤギか牛を飼っていた。

ネパールでは水獣や鶏をたくさん見たけどここにいる牛はちょっと違う。

(マッチョポーズで写真を撮ってくれ!いう男の子)

ハロー!!

フォトー?フォトーー!?

と遠くの方からわざわざ降りて来てくれて写真を撮らせてくれたマッチョマン!

(目鼻立ちが綺麗でハツラツと元気に遊び回っていた女の子)

フォトー?フォトーー!?

ちょっとハニカみながらキメポーズをしてくれた美人の女の子。

フンザの女の子は美人な子供が多い。お手伝いもしっかりやっていた。

(春の日差しにうっとり気持ちよさそうな牛)

フォトー?フォトーー!?

とは言わないが遠くからじーっとカメラ目線を話さない牛。

満開の花びらの下の~んびりしていた。

そんな飽きない道中を抜けて登り坂がきつくなってきた頃。

あたりの景色が抜けてホテルや畑が多くなってきた。

スマホの地図を確認すると、そろそろ目的地に到着しそうだ。

イーグルズネストへ到着

(広大な敷地の畑 後数日すればアーモンドや杏の花が満開になる)

標高2,700Mの場所に位置するイーグルズネストへ到着。

宿を出発して寄り道しながら2時間。

イーグルズネストに到着!

途中、歩いていると突然民家の女の子にお呼ばれして家族を紹介された。

お水、果物、パンなど色々なものをもたせてくれた。

フンザの人ってどうしてこんなに親切なんだろう。

代わりに僕は何も置いていけるものはないのが残念だった。

僕は自分の日本での生活を話した。

すごく興味津々に僕の話を聞いてくれる。

そして家族が一番驚いた内容は僕の年齢。

34歳で旅をしているって事に一番ビックリしていた。

パキスタンでは10代で結婚する人もたくさんいて30代になって

僕のように自由に旅行をしている人って少ないんだと思う。

彼女は別れ際に大きく手を振りこう言った。

「今日から私達は友達ね!」

そんな素直な女の子とその家族に乾杯!

(イーグルズネストからの風景。下に見える青い川はあのインダス川)

僕らがステイしているカリマバードが下の方に見える。

カリマバードからこのイーグルズネストまでの標高差は約550メートル。

なんだか酸素が少し薄いような気がする。

それにしてもこの絶景…。

数時間歩いただけで体験出来るなんて凄すぎるぞフンザ…。

(真っ青な空を強い光を放つ太陽!ハロン現象で輪っかになっている。)

山頂に到着するとすでに先客がいた。

同じ宿にステイしている韓国人の女の子だった。

お互いに顔を合わせて挨拶するともう一人初めてみる韓国人の男の子も一緒。

彼はキムさんと良い見た目の風貌もかなり旅慣れしている感じだった。

彼の持っているバッグには今まで訪れた場所の国旗ワッペンが貼られていた。

アジア・ヨーロッパ・南米。たくさんの国を旅してまわっているようだ。

そんな僕ら以外にもパキスタンの都市部から旅行に来ているというグループ

とも出会った。彼らはラホールやイスラマバードで仕事をしているらしく

休暇ででフンザに遊びに来ていると言うことだった。

立ち話をしていると、突然知らない人が僕らに椅子を差し出してくれた。

そして、熱々のチャイをごちそうしてくれる。

フンザは…。パキスタンは何処までも旅行者に優しい国だ。

さいごに

(何処までも奥行きがあるフンザの風景・イーグルズネストから) 

徒歩で登ってきたイーグルズネスト。

その道中では現地の家族との触れ合い、山頂での出会い。

そして息を呑むほどの美しい景色。どれをとってもパーフェクトだった。

帰り際に写真中心の男性が自分の家に招待してくれた。

そこでフンザで取れた杏のジュースをごちそうになった。

これがドロっとした杏の果肉たっぷりの濃厚なジュースで凄い美味だった。

「夏になったらここはキャンプ場にするからまた遊びに来てくれ」

彼は僕らにそう言いフンザの事を色々と教えてくれた。

結局カリマバードへ戻ろうと思ってから小一時間ぐらい彼の家でのんびり

とお喋りをしてしまった。

名残惜しさを抑えて大きく手を降ってお別れをした。

「もう一度…。いや何度でもフンザに遊びに来よう」

僕は何度も何度も心の中でそう思った。

綺麗な景色と親切な人々。

与えられるばかりでは行けない。

なにかを返さなくては行けない。

今の僕に返す事が出来るものがあるとすればお金しかない。

しかし今日出会った人たちは誰ひとりとして、お金を受け取ろうと

してくれる人はいなかった。

それは下山している途中にもあった。

突然後ろから1台の車が僕の横に止まった。

くすんだ赤色のトヨタ・カローラ。

「カリマバード?」

「イエス!」とうなずくと彼は助手席のドアを開け

車に乗せてゼロポイントまで連れていってくれた。

彼の車にはタクシーの看板がついている。

ということは正式にタクシーの仕事をしている人ということ。

僕は彼にお金を払おうとした。

しかし彼もお金を受け取ろうとしなかった。

僕は無理やりに500₨を渡した。

ほんの少しだけ困った顔をした運転手は「サンキュー」

と言ってお金を受け取ってくれた。

この国に来てから毎日お世話になりっぱなしだ。

少しは「なにか」を返さないといけない。

ただの観光地ではない場所 フンザ。

人に優しくされれば人は人に優しく出来る。

そんな事に気づかせてくれた今日のハイキングだった。

結局、出発前に淹れたコーヒーは飲む機会もなく宿に持ち帰った

ホテルの外の椅子に腰掛けいつもの景色を見ながら飲むことにした。

そう、今日は貰いっぱなしの1日だったから。

*今回の日記から少し書き方を変えてみました。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク