【パキスタン フンザ】カリマバード街歩き・古い歴史を持つガネーシュ村を歩く

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(1日ごとに春が訪れ景色が変わる・カリマバードの景色)

フンザに来て2週間が経過した。

2週間以上、同じ場所に滞在したのはインドのゴア以来だった。

フンザの飽きない所は毎日景色が変わって行くこと。

毎朝起きて眼下の谷底の方を見ると桜前線が上へ上へ登ってくる。

茶色だったポプラの木が緑色の葉をつけはじめ裸だった木々が白やピンクの花を咲かせる。

毎日、テラスからその景色を眺める写真を撮影するのが日課になっていた。

ここ数日でカリマバード街も変わっていった。

パキスタン国内からの観光客が増え街が活気だっているそうだ。

準備中だったお店もオープンして夜には真っ暗だった街も

煌々と明かりが灯るようになった。

都会的な風貌の人々や新しい車が目立つようになった。

半月近くの間で凄いスピードで街が変わっていった。

パキスタンのビザは残り二週間。

あえて観光などもせずに静かに知り合った村の人とお茶を飲む毎日が

居心地がよく自分が求めている旅の姿で有ることがわかった。

そんな二週間が過ぎた頃。

久しぶりに街を歩いて見ることにした。

観光客でごった返しはじめたカリマバードではなく谷の下にある

ガニシュ村という場所へ。

(お気に入りの商店の軒先にいるハンサムなフンザキャット)

フンザ最古の村・ガニシュ村への道

(ガニシュ村はカリマバードの真下に見える)

ガニシュ村は観光客が特別訪れる場所ではないという。

訪れてみるとお土産屋もないし、カリマバードのような賑やかさもないよう。

ガニシュ村へのアクセスはハイウェイを通って一本道。

カリマバードから眼下に見える村、それがガニシュ村だ。

見えるからと言って決して近い訳ではない。

谷の下にある村を実は結構遠いのだ。

宿の人にガニシュ村への道を尋ねると、道は好きな道を通っていけという。

目的地は眼下なので家畜が放牧されている場所を歩こうが迷惑をかけなければいいらしい。

ということでそのまま一直線にカリマバードからガニシュ村へ家畜が放牧されている

芝生を滑り落ちないように下へ下へ向かっていった。

滑って転ぶかもしれないので足元注意で。(地元の人はサンダルで歩いている)

(こんな道を一直線に村に向かって降りていく)

途中。休憩をはさみながら下へ下へひたすら降りていく。

人の家の敷地なのかな?と遠慮して考えていると遠くから声をかけられる。

「アッサラーム・アライクム!」

身振り手振りで「ガニシュ?」と返答すると「ウンウン!」と頷き「行け!行け!」

と優しい笑顔で見送ってくれる。どうやら本当に何処を通ってもいいらしい。

(サッカーのゴールネットから作られたハンモック)

(下っている坂の途中から見える風景)

(眼下の村はカリマバードよりも一足先に春が訪れ緑色の葉で色づいている)

(背の高い木はポプラの木。これから春にかけて葉をつけていく)

ガニシュ村へ到着・観光地化されていない静かな村

(ガニシュ村の風景・この道路が丘の上のカリマバードへ続く)

カリマバードから一直線に坂を下って到着したガニシュ村。

走っているのはトラクターと車が時々通るのみ。

木造モスクと学校を見学しにいく。

(看板の案内に従って向かって見ることに)

看板の矢印の方には立派なコンクリートの建物が建っている。

その建物の周りには大勢の子どもたちの声。

僕らが興味津々に見ていると大人が手招きをして出迎えてくれた。

そしてすぐに数十人の子供に囲まれた。

僕らの姿を見て子どもたちはいったいどう思ったのか。

そのまま大人たちに案内されるままに敷地の奥に入っていく。

この奥には木造のモスクや古くからの貯水池があるようだ。

ちょうど何かのお祭りをやっていたようだった。

数十人の子どもたちが日本のポン菓子のようなお菓子をポリポリと食べながら

貯水池の周りを走り回っていた。

子どもたちに囲まれた僕らの方に老婆が近づいて来て、子どもたちが

食べているポン菓子を分けてくれた。子ども達と一緒に貯水池に

座ってそのお菓子を食べることに。

ウェルカムな対応に感謝する。

突然、訪れた外人の観光客にも隔てなく接してくれる。

写真はお祭りが終わったあと。

写真左手にある建物は新しく建った建物のようで学校のような施設とのこと。

僕らがこの建物の中に入ることはできなかった。

この場には数人の女性も含まれていたので写真撮影は行わなかった。

カメラを見ると明らかにいやそうな顔をする人もいる。

そういう時には僕は目立たないようにカメラはしまうことにしている。

(ガニシュ村からカリマバード方面を見上げる)

カリマバードよりも標高が200メートルほど低いガニシュ村には一足早く

春が訪れていた。畑には作物が作付けされていた。

カリマバードよりも杏やアーモンドの花も早く咲いている。

いつもは上から見下ろしていたこの景色も今日は下から見上げて見ることに。

それにしてものどかな雰囲気の場所だ。

せっかくなので近所でチャイでもして帰ろうと小さな茶屋に入った。

店主はおらず店内では子どもたちがボードゲームで遊んでいる。

難しい言葉は分からないが「チャイ?」だけで伝わる。

子どもが入れてくれたチャイを飲みながら特別何もない景色を眺める。

子どもたちは僕らにかまう事なく再びボードゲームを再開する。

時々チラッと見てくる子どもたち。

目が合うとサッと反らしてニヤッと笑う。

カリマバードの子供のように「フォト?フォト?」ということもない。

本当に観光客なんてこない場所なんだろう。

チャイを飲み終わった所でカリマバードへ引き返す。

道を歩いていると先の方から見覚えのある姿が。

イーグルズネストで出会った世界を旅するキムさんだった。

キムさんの首にはレトロな35mmのフィルムカメラがぶら下がっている。

キムさんとは簡単な挨拶、これからガニシュ村をぶらつくという。

フンザは小さいから色々な場所ですぐにハロー・アゲインになる。

これなら誰が何処で何をやっているかすぐわかるわけだ。

今日は数日ぶりに出かけてみた。

観光地じゃない観光地へ。

さいごに

(帰りは乗り合いタクシーの『スズキ』に乗ってカリマバードへ戻る)

フンザで欠かせない公共の乗り物。

それはこのスズキの軽自動車、人呼んで『スズキ』である。

この『スズキ』はカリマバードから隣の街 アリ・アバドを結んでいる。

料金は片道30₨(30円)

後部座席は向き合いのフラットシートになっていて合計で

10人ぐらいの人が乗ることが出来る。

カリマバードからアリ・アバドの間は自由に乗り降りが可能だ。

降りる時には運転席の壁を「コン・コン」とノックする。

(数台のスズキが走っていて、それぞれがカスタマイズされている)

このスズキ。

乗り方に少し特徴がある。

基本的に乗った人は奥へ詰めて座っていく。

しかし女性が乗ってくると男性は一度降りて女性を奥へ座らせる。

それは観光客であり、ムスリムでない僕も同じ事をする。

基本的に女性に触れないように着席するのがマナーだ。

最初は慣れなかったが数回も利用するうちにすっかり慣れた。

現地の男性も女性が乗って来る時に僕がサッと外に出ると

「ウン ウン わかっているじゃないか」

という目線で微笑んでくれることもあった。

こうして無事にカリマバードへ戻り宿へ帰る事にした。

のんびりとした毎日が続くフンザでの滞在。

次回は少し足を伸ばして氷河を見に行くことにする。

その記事は次回で。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク