【パキスタン フンザ】激ウマ!フンザで味合う郷土料理とローカルレストラン事情!!

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(日本から持参している調理セット。トレファクで500円で購入したもの)

フンザに滞在して毎日みるみる健康になって行く気がすす。

新鮮な空気を吸い込み太陽に日差しをたっぷり浴びて過ごす。

心身ともに毎日がエナジーにあふれている。

フンザに数週間滞在していると毎日のローテーションも決まってきました。

最初はゼロポイントの近くのレストランで食事をしていたのだけれど

レストランで食事をするのは飽きてくるし自分の食べたい物を食べて

いるのが一番よい。

フンザの食材はとても美味しい。

八百屋さんに並ぶ形の悪い野菜たち。

コロンと大きい卵。そしてお米。

人によっては食事があわない=その国があわないとという人もよく聞きます。

僕はフンザの食べ物は毎日同じ物を食べても全く飽きないし食事が楽しみでした。

あとフンザでは、ほとんどお肉を食べませんでした。

自炊する時は、野菜か卵を使った料理のみ。

インドの北部のように肉が食べられない訳じゃないけど

ただ体が満足して肉類を食べなくても満足するようになりました。

基本的に毎日、1回は宿のキッチンを借りて自炊させてもらってました。

長く滞在して毎日街をウロウロしているとお気に入りのレストランも見つかります。

そこで知ったフンザの郷土料理たち。

今日はそんな食事の中で印象に残った料理を紹介して行きたいと思います。

何故か毎日同じ店に行っているのに時々、会計を間違えるという不思議な

ところもフンザのローカルレストランの魅力でしたw

フンザのローカル料理を紹介

オムレツとチャパティ

(塩を掛けて食べるだけでもびっくりするぐらい美味いオムレツ)

ゼロポイントから離れローカルエリアにあるレストランでは観光客向けの

メニューを出す店はあまり多くありません。

メニューは壁に貼られているけどウルドゥー語で書かれているので全く読めません。

最初は何がなんだか分からないまま入店して他のお客さんが食べている物を

指さして注文することにしてました。

ナン・チャパティを注文するとお店の人が前の店に買いに行くという…。

自分で買って来てお店で食べても何も言われなさそうな感じ。

料理も注文もいつも違う人が聞きに来て違う人が作ってくれる。

誰でも料理ができて、作る人によって大きさも味もちょっと違う

そんなローカルなレストランが大好きでした。

食材は一緒なので。結果どれも美味しい。

塩を一振り!これだけで絶品。

ダウド

(酸っぱいスープにパスタやうどんのような麺が入ったスープ)

オムレツはインドでもパキスタンでも何処にでもあるが

この「ダウド」はフンザでしかお目にかかれない。

写真だけでは甘いのかしょっぱいのか酸っぱいのか辛いのか。

まったく想像できないルックス。口に入れると酢が効いていて酸っぱい。

酸っぱいスープにヤギのミルク。刻んだパスタ麺。

これがフンザの何処でも食べれるかというと、そんな事もない。

ゼロ・ポイント近くの観光客向けのお店ではこのメニューは出してなかったし。

ちょっと外れた場所にある、行きつけの店では午後になると売り切れに

なっている事もある地元の人に馴染みのある人気メニュー。

マントゥ

写真がないのが残念ですが香ばしくない水餃子のような物。

カリマバードの街を歩いてようやく2件だけ作ってくれるお店を発見しました。

1個 10₨でチリソースをつけて食べます。

僕のお気に入りのお店はいつも笑顔が素敵なお姉さんが作ってくれてました。

半分はお店・半分は自宅のような場所で行くと6畳ぐらいの空間の中にキッチン・机が

全部いっしょになっていて、そんな場所では子供が勉強中であったり女性たちの

おしゃべりタイムの時間にあたったり。

僕が建物に入ると子どもたちはササーっと表に出ていって僕はひたすら

マントゥ(水餃子)を食べています。

そして、女子会が行われている時は、食べている僕の様子をチラ見されながら

女談義に花を咲かせているようでした。

ある日、朝いつものようにゲストハウスの周りを散歩していると

マントゥを作ってくれるお姉さんとばったり遭遇。

なんとお姉さんは制服を着用していて、おそらく高校生?だったのでびっくり!

お母さんのように思って毎日通っていたお店でしたが実は、まだまだ学生の

女性が切り盛りをしている場所でした。

チャプシロ

(草刈正雄似のシェフ、なんでも作ってくれるイケメン)

これも写真がないのが残念ですがミートソース味のソースに刻んだ鶏肉をあえて

パイで包んだ食べ物です。これも中々出してくれるお店が見つかりませんでした。

カリマバードではチャプシロを出してくれる店は見つからなかったのですが

ホッパーという場所に氷河を見にいった時に宿の人にお願いしたら作ってくれました。

「チャプシロ?」

と聞くと厨房の中の男達がざわつくはじめ数秒後に「OK」と言われ

1時間後にチャプシロが出来上がりました。

男たちはいったいどういう会話をしていたのか想像しかできませんが

「誰か作り方しってる人ー?」的な会話でもしていたのでしょうか。

(この日は新しいコンロをおろした記念すべき日でした。SANYO????)

パキスタンカレー

(ベジと肉入りのどちらが良い?と聞かれ悩んでいたら両方出てきた)

最後は有名なパキスタンカレー。

これはパスーと言う場所に氷河を見に行った時のメニュー。

パキスタンカレーは有名ですがこの宿のパキスタンカレーが一番美味しかった。

日本のカレーのような濃厚な味ではなく薄味で素材の味が強く出ていました。

そして、なぜかこの宿の人は日本語を少しだけ話せる人でした。

カレーの味よりも印象に残ったのが、宿のご飯を食べる場所でのこと。

お客は僕らだけだったのですが、食事をする場所では村の人々が集まり

20人ぐらいでなにかの会議をしている最中でした。

長老のような人が声を張り上げ演説をしていました。

参加していた年下の参加者達は長老の話に耳を傾けウンウンと頷いている。

そんなは白熱している演説会の行われているなか、僕らは2人ポツンとテーブルに座り

非常に小さくなりながらカレーを食べていた思い出です。

ハリッサ

(カリマバードで唯一ハリッサを作ってくれる屋台のお店)

街を歩いている時に夕方ぐらいになると開く屋台がありました。

お店の外ではこんがりと焼鳥りならぬ焼きマトンを売っていました。

どちらかというとベジ派な僕なのでマトン焼きはあまり注文しなかったです。

そこでオジサンに進められたのが「ハリッサ」と言う食べ物。

ハリッサは麦を牛骨スープで煮込んだおじやのような食感の食べ物。

ちょっとミルクのような甘い感じがあってやみつきになってしまいました。

オジサンは自分の二の腕をパンパンと叩いて「エナジー!!」と言ってビニールの袋に

たっぷり詰めてくれました。何度も何度も通っていたら最終的にはオジサンの家に

遊びに来い!とまで言ってくれる仲良しになりました。

さいごに

(ハイチュウのバッタモン。歯にくっついて銀歯が取れそうになった)

パキスタンではインドと違う普通にマトンなどのお肉を食べることができます。

ですが合わない人は合わない、合う人は合う。食については分かれそうな食事場です。

イスラマバード・ラホールではほとんどケバブのような物を食べたり

ビリヤニ(カレーピラフ)を食べたりしていましたがフンザでは食べませんでした。

調味料だけ持っていれば、素材自体が美味しいので塩(ヒマラヤ岩塩)とかちょっとしたもので

味付けするだけで美味しいし、卵を使った料理ははオムレツ・目玉焼きにして食べれば

それもまた美味しく、素材は違えどスープにしたり、煮てみたり・焼いてみたり…。

食べ方を変えるだけで毎日楽しい食事をすることができました。

ただ素材が美味しいって。

あまり東京に住んでスーパーで買い物している僕には馴染みがなかったのですが

パキスタン・フンザで食べるようになって、食材の美味しさってものが

すごくわかるようになった気がします。

今日はフンザ滞在での食事場を記事にしてみました。

食事場が良すぎてついつい滞在も長めになってしまう。

そんなレポートでした。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク