【パキスタン フンザ】1人ぼっちの氷河探検。中国・アフガニスタンへ続く道の途中にあるパスー氷河を歩く。

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(パスー氷河・氷河の中は滝のように水が流れている)

カリマバードにある常宿で過ごす毎日。

そこで毎日、いろいろな新しい出会いがあり新しい発見がある。

そこでオススメされたのがズバリ氷河を見に行くこと。

7,000メートル級の山々に囲まれたパキスタン・フンザ。

そこにもいくつかの氷河がある。

そこで今日はカリマバードからバスでカラコラム・ハイウェイを北上。

中国・アフガニスタンへ続く道。

その途中にあるパスー氷河への一泊二日のプチ旅行。

季節は3月。

氷河へ到着し宿に一泊。他に観光客は誰もいない。

ひとりぼっちの氷河散策の旅。

カリマバードからパスー村へ

(中国・アフガニスタンへ続く1本道のハイウェイ)

カリマバードからパスー氷河へは乗り合いのバン(ハイエース)に乗って出発。

この先は中国・アフガニスタンへ抜ける国境への道。

道中、アッターバード湖の横を通る時に警察の検問があった。

そこで乗客の中で僕一人パスポートを警察官に提示する。

彼らは町中の警察と違って手には自動小銃を持っている。

やはり国境付近ということで警備は厳しい。

検問を通過してバンに乗っているとパスーに到着する前で終点らしい。

途中、アッターバード湖という場所がバンの終点。

降ろされたのは小さなプレハブの茶店がある場所。

バンが去って行き、再びパスー氷河行きのバンを待つことに。

パキスタンでは、「バンが通ったら手をあげて乗る合図をする」が停まってくれなかったり、パスー方面へは行かないというバンが多く、結局1時間以上この場所で足止め。

茶店の人が小さな壊れかけの椅子を外に、湖の方へ向けて準備してくれた。

そこでエメラルドグリーンの湖を見ながら、茶屋の店主と一緒に通るバンを待つ。

道路は一本道なので、かなり遠くからでも車がこちらに向かってくるのが見える。

店主はその度に道路の脇に一緒に立ちバンの運転手と交渉してくれた。

(イスに座り店主と待つこと1時間以上。ここでバンが通るのを待つ)

しばらくすると1台のバンが茶店の前に停車。

10人以上が乗っている日本の古いハイエース、満車だったのですが事情を話すと中に乗車していた男性が自分の座席を僕に譲ってくれる。パキスタンの男性は本当に優しい。

その男性は、車の外、外屋根に昇る為のハシゴに掴まり、定員オーバーどころの騒ぎではないぐらいにパンパンに人を乗せたバンは再びディーゼルの黒煙を排きながら北へすすむ。

このバンも残念ながらパスー村まではいかず、手前のフセイニ村まで行くとの事。

バンを待っていてもパスー直通は中々こず、とりあえず北上するバスに乗ることにする。

フセイニ村の怖すぎる吊り橋

(3月はまだまだ氷河が溶け出してないので水位は低め)

アッターバード湖を出発してパンパンに人を乗せたバンは次の終点。

フセイニ村に到着。

ここは温泉が有名らしいです。

ここでもバンから降ろされた場所は小さな茶店の前。

茶店で、ゆで卵、チャイ、ダウド(フンザの郷土料理)を注文。

全部、注文しても100₨という値段の安さ。

茶店のおじさんに食事を終始見守られながら完食。

ここでも再びアッターバード湖と同じようにバンを待ちことに。

アッターバード湖から乗って来た、バンのドライバーのオジサンがフセイニの茶店のオジサンに「パスー行きがあったら声掛けてやってくれ」と僕の事を取り次いでくれた。

本当にパキスタンの人は親切な人が多い。

茶店のオジサンの話によるとバンはまだ1時間以上はこない。

それ以外はヒッチハイクで行けばいい…。ということ。

果たしてヒッチハイクなんてそんな簡単に出来るものなのか?

と思いながら待っていると…。茶店のオジサンからひとこと。

「フセイニで吊橋みたか?あっちにあるから見て来たらいいよ!バンはまだ当分来なそうだから。」

同じ場所で1時間も待っているのも退屈なので、吊橋を見に行く事に。

これが想像以上…。今まで見た吊橋の中で一番「危なそう」な吊橋だった!!

(半分まで行って戻ってくる事に。地元民は普通にスタスタ渡っていく)

果たして、ここまで危険な吊橋は僕の生きてきた中で見たことはあっただろうか!?

しかも周りにはあまり人が居ないので運悪く落ちた所を発見されなければお陀仏…。

ロープに掴まりながら途中まで渡って見ることに。

この吊橋、安定感があまりないので歩くと左右に揺れるという恐ろしさもあり…。

一回、経験すればもう十分かな…。という事で退散。旅は安全第一で。

(全然、半分までも行って無かったです…。)

景色はとってもいい場所。橋を渡った人だけが見れる絶景!!

四分の一ぐらい渡った所でもかなり奥行きのある景色がみえた!!!

この場所は出発地点のカリマバードから1,000メートルほど標高が高い場所。

季節はまだまだ冬という感じ。

山もカリマバードよりも目前に迫っていて迫力満点!!

何処へ行っても驚きの景色が続くパキスタン・フンザ!!!

吊橋も十分に体験したところで茶店に引き返す事に。

そろそろ、パスー村行きのバンは到着したかな?

フセイニからパスー村まではバイクをヒッチハイク

(パスー村に到着。フンザの山にはいろいろな場所に字が書かれている)

フセイニ村の茶店に戻ると相変わらずバンは到着しておらず…。

店主に聞いても「いつ来るのかわからないなぁ…」とのこと。

そこにサングラスを掛けたパキスタンの青年がやってきた。

店主が彼に、僕がパスー氷河を見に行きたい。と話をするとバイクの青年は…。

「俺のバイクの後ろに乗っていけよ!」

おぉ!

ということでバイクの後ろに乗せてもらいパスー村まで向かうことに。

パキスタンでは何処へ行っても同じようなバイクばかり見かける。HERO HONDA,90ccの赤い車両が特徴の燃費がいい・頑丈・安い。

三拍子揃ったカブのような万能バイクばかり。

ノーヘルで走り抜けるカラコラムハイウェイ。

尖った険しい山に囲まれながら走る一本道。

そして遠くの山には「WELCOME TO PASU」という文字が。

「ここから歩いて行くと村に入るから」

村の手前まで彼のバイクに乗せて貰った。

青年に深くお礼を言い、お金を渡そうとすると…。

「お金はいらない!」

彼は頑なにお金を要らないと言いますが、ただというわけにもいかず。

「お金」じゃなくて「タバコ代」と言い換えたらようやく受け取ってくれた。

こういう予想外の優しに触れる。それも旅を辞められない。

そんな理由の一つ。

真冬の景色のパスー村へ到着

(オーナーは片言の日本語を話す料理の上手なおじさん)

朝にカリマバードを出発し、バン・バイクを乗り継いで到着したのが午後の15時すぎ。

パスー村は歩いている人がもほとんどいない。遠くには、羊や山羊が散歩している程度。

村の真ん中を通る一本道の道路の脇にはパトランプを一日中回している警察車両。

ここの警察も検問所と同じ。自動小銃で武装している。

警察官も都市部にいるような格好ではなく、全身が真っ黒で特殊部隊のような警察官。

今日はこの、とってもレトロなPASSU INNに宿泊する事に。

他に宿が見当たらないのでここ一択。とってもいい宿。

宿代は一泊 1,000₨。

夜ご飯は500₨の合計1,500₨の少々観光地向けの価格設定。

ですがご飯はかなり美味しかったです。

宿泊客はもちろん僕ひとり。

(宿の裏にある道を上った場所から、パスー村の風景)

今日は宿の周辺を軽く散歩して明日の早朝に氷河に向かうことに。

宿から少し歩いた場所に小高い丘に上がれる場所があったのでそこを散歩。

村にはバンが停車する場所に商店が一軒あるのみ。

陽が傾き始めると村のある場所は影になり気温が下がってくる。

高い場所から光と影の部分を眺める。

他には何の音もしない。風の抜ける音がするだけ。

しばらく歩き景色を堪能したところで宿に戻る事にした。

パスー村に来るのに結構時間が掛かったなぁ…。

ここでの一番の思い出は夕食の時間になると、宿のオジサンが「ご飯だよー」と呼びに来てくれたのですがレストランに行くと、僕一人なのに凄い豪華に盛り付けられたテーブル。

そして、レストラン内では村の会合が行われていて、村の年配の男性が熱弁を語ります。

すると村の若者らしき青年たちが拍手喝采。プチ国会のよう。

イメージは小さな国会のすみっコで議員が討論している中、ポツンと食事をしている人がいる感じ。

20人ぐらいが会合しているレストランのすみっコにポツンと座って、黙々と食事。

「果たして、本当にここに居ていいのか?」

などと気を使いながら食事をしたのが思い出…。

パスー氷河へ向かう道は茨の道…

(パスー氷河への入り口はこの看板のある場所から右に入っていく)

翌朝、天気は快晴。

早速、パスー氷河へ向けて出発!

持ち物はコーヒーと水。

そして大量のビスケット。

宿の主人の話では宿を出て右手に曲がり道路沿いを歩くこと数分。

看板が見えたら右に入り、けものみちを抜けると氷河が見えてくるということ。

道路から右へ折れると村落の家畜小屋などが見えてくる。

そして道というか、道らしい道がない…。

この時点ではまだ氷河は見えず。

そして何処を見ても、人は全くいないので道を尋ねられる人もいない。

今日も昨日と同じように風の抜ける音だけがする。

時々、遠くの方からバイクや車が唸る音が聞こえてくるぐらい。

(氷河へ向かう道中。木々はトゲがあって歩ける場所は限られている)

氷河から一本の川が出来て水が流れている。

その周辺には草木があるが、その他の場所は岩山になっている。

道路を離れ、氷河に近づくと周りの岩山も近づいてくる。

岩山の上の方では、常にがけ崩れが起きている。

山は静かに見えるけど生きているようだった。

ゴロゴロゴロゴロ…。

直下にいて直撃したら確実に死亡するであろう大きな落石もある。

歩く時はなるべく人が歩いた後がある場所…。

高い山のある場所や落石の近くは絶対にあるけない。

そんな危険な場所でもあった。

(氷河の水が溶け出した湖・午後になると水かさが増してくる)

しばらく歩くと氷河が見える場所に近くなってきた。

途中、氷河が溶け出した川を渡らなければ行けない場所が一箇所あった。

その場所には浮石がある場所。水が少ない場所などを選んで渡る。

水の流れはかなり早いので注意が必要。

この旅ではトレッキングシューズを履いていったがフンザでは一番活躍した。

午後になると気温があがり氷河の水が溶けるスピードが早くなり川の水も増水する。

川の流れは氷河・湖に近づくほど大きく・早くなっていく。

濁流と呼ぶぐらいの凄い流れの川が氷河からカラコラムハイウェイのある下流へと流れていく。

(目前に氷河が迫った場所から歩いて来た道を振り返る)

写真の左側。

砂に埋もれているが下は氷、気づけば、すでに氷河の上を歩いていた。

道中通って来た、道路、川はすでに見えない位置まで歩いて来ていた。

ここまで1時間以上掛かってしまった。太陽の位置もだいぶ高くなって来た。

宿の主人の話では朝の8時に出発して3時間ほどで氷河を見て宿に返ってくるのがベスト。

僕は道に迷ったりして到着までに、すでに1時間ほど掛かってしまった。

ここからは時々、足元が滑る。

砂の大地を見ると至る所から氷が顔をのぞかせている。

(地面の砂の下はすでに氷・氷河の上を歩いている)

ここまで来ると足元には気をつけながら歩く。

傾斜もキツくなってくる。

アイゼンを装着して歩いても良いぐらいの場所だと思った。

氷河は奥へいけば行くほど氷の部分が見えてくるが、そこまで歩くのは今の装備では無謀。

怪我をしたら洒落にならない…。

(砂のない部分は真っ白な氷、この先は傾斜がキツく昇る事は出来ない)

安全地帯で一番氷河に近い場所までやってきた。

そろそろ歩ける限界の場所まできたかな。

氷河の上にはクレバス(氷河や雪渓などに形成された深い割れ目)がある。

無理はせずにこの場所から目前に、触れられる氷河を見学。

ここまで掛かった時間は1時間半ぐらい。

まったく日陰の無い場所、照りつける太陽、そして乾いた空気。

今まで何処の国に行っても味わう事が出来なかった緊張感。

 (氷河の裂け目から見る氷河の中、溶け出した水は下流の湖へ滝のように流れる)  

氷河の洞窟の中を覗いてみる。

中は真っ白な氷、奥が見えないぐらい続いていた。

氷は厚く外から見る奥の方は真っ暗。

中からは冷たい空気が外に吐き出されてくる。

この氷河のを眺めながら持ってきたコーヒーとビスケットで休憩。

風の音、岩が崩れる音、溶け出した水が流れる音。

ギギギーと時々する氷の音には少し恐怖も感じるほどだった。

ここで1時間ほど、氷河の無い岩の上に寝そべった。

真っ青な空に漂う雲を目で追いかける。

地球でひとりぼっちになったかと錯覚するほどの感覚だった。

来てよかった…。

太陽は出発した時よりも高い位置にあった。

氷河を十分に堪能したところで来た道を引き返し戻ることにした。

増水した川で帰る道がなくなっていた…。

(気温が上がり氷河の水が溶け、来た道がなくなっていた…)

途中までは来た道を戻っていけた。

そして途中から気づく…。

あれ?景色がちょっと違うぞ…。

気温が上昇し、溶け出た氷河の水。

水かさが少なく通ることが出来た道が帰りには、すっかりなくなっていた。

ゴーーーー…。

水の流れる音で川を渡ることが出来ない状態に。

川は足元をすくわれたら最後。

濁流に流されてしまうほど川の流れは早い。

どうしよう…。

この川を渡らないと来た道に戻ることはできそうにない。

ショートカットを探すが何処も「茨の道」でトゲのある木が邪魔をして通る事が出来ない。

遠くには小屋が見えるが近づくことが出来ないし、見えるだけで距離はかなりありそうだ。

・・・。

数分。

その場所で川を渡れそうな場所を探す。

上流に行けば行くほど流れが早く、下流にいけば川幅も狭くなるがトゲのある木が邪魔をしていて進む事が出来ない。

しかし、立ち止まり時間が過ぎれば過ぎるほど、氷河の水が溶け出して水量の多くなる。

考えた末に僕に残った一番水の勢いが弱い場所を見つけ、トゲの道の少ない場所へ渡ること。

意を決して川へ足を踏み入れる。

ヒザの下ぐらいまで川に浸かる…。

水が冷たい、川の流れも強い。

僕はバッグを背中の高い場所に背負い、ゆっくりと川を進んでいった。

転んだら最後…。

底の見えない灰色の川を一歩一歩進んでいきようやく対岸へ渡る事が出来た。

僕の靴とズボンはびっしょりになった。

危なかった…。

何しろ周りには誰一人いないのだから。

そして僕は、茨の道を避けるように歩き家畜小屋の見える場所へ到着。

(氷河の道を抜けてようやく道路に戻ってきた)

下半身がずぶぬれになりながらカラコラムハイウェイを宿へと戻った。

今日は時々、人とすれ違う事があったが皆が「大丈夫か?」という顔をして心配そうにこちらを見る。僕は笑顔で「大丈夫!」と返す。

そして、ようやく宿に到着。

宿の人は帰りが遅い僕を見て心配そうにしていた。

事情を話すと温かいチャイを出してくれた。

時計を見ると12時を少し過ぎたぐらいだった。

朝の8時に出発して昼の12時に宿に帰ってきた。

半日掛けての氷河探検は今のところ僕の旅で一番思い出深い。

そして宿の前で帰りのバンを1時間以上待つことになった。

1時間も居ればズボンと靴下はすっかりと乾いていた。

さいごに

(カリマバードからパスーへ、山も、空の青さも、全く違う別世界)

しばらくすると宿の前にカリマバードへ行くバンが到着した。

行きと同じ、満員以上に人を乗せたバンでカリマバードへ戻ることにした。

行きは元気だったが、帰り道は疲れと安心でグッタリしていた。

人でぎゅうぎゅう詰め車内だったが僕は知らぬうちに寝落ちしていた。

目が覚めた頃にはアッターバード湖近くの検問所だった。

検問所の警察官にパスポートを提示し行きと同じように通過。

一泊二日の大冒険。

カリマバードでは春が近づき景色が春色に近づいた頃…。

パスー村はまだまだ冬だった。

草木が全く生えていない灰色の世界。

車で2時間ぐらい走っただけなのに…。

景色も季節も全く違う場所だった。

そして道中に見たエメラルドグリーンの湖。

北に向かえば向かうほど青さが増していく空。

カリマバードに返って来ただけで、凄く都会に戻ってきた感じがした。

常宿に戻ると、いつものようにスタッフが笑顔で迎えてくれた。

「チャイ?」

木々が葉をつけ始め、ピンク色の花が咲き始める。

そんな景色を見ながら、いつもの味のチャイをすすった。

本当の大冒険。

一生忘れる事がないだろう。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク