【パキスタン・フンザ】車で簡単アクセス!!1泊2日 ホッパー氷河旅行記。

スポンサードリンク



パキスタンについて

正式名称:パキスタン・イスラム共和国

首都イスラマバード。最大の都市はカラチ

面積は80万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。東はインド、北は中国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。

国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の75%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つ。

*Wikipediaより抜粋

日本人は入国するために観光ビザが必要となる。

観光ビザの取得をするために東京、広尾にある大使館へは2度訪れた。

(郵送でのやり取りも可能)

ビザの取得については他記事にて。

非常に厳格なイスラム教徒の国であり、他の国とは一線を画する。

訪れるまでは正直ネガティブなイメージだったパキスタン。

テロリストや戦争、紛争、厳しい宗教など。

実際に入国するとそのイメージは一瞬で壊れた。

人々は、時たま訪れる稀な旅行者に対し非常に親切に対応をしてくれる。

物価も訪れた国の中では最安値。

南部の都市、カラチ、アフガニスタンに近い街 ペシャワールなど。

連日パキスタン国内のニュースで治安の悪さが報道されていたが、

訪れた中国の国境近くの街フンザは「一生ここで生活して良いかも」

と思うほど良い場所。

厳格なイスラム教徒の国のため何処でも写真を撮影するのはご法度。

街を歩いていても女性が働いている姿を見ることはほとんどない。

ホテルでは婚姻前の男女で同室の宿泊は断られたり、

食事をする際にも男女での場合はカーテンで仕切られた場所でひと目に

触れぬように過ごす必要がある場所もある。

この旅で一番に衝撃と感動を受けた国である。

スポンサーリンク




はじめに

(満月のフンザ。カリマバードの街も観光シーズンになり街の明りが多く灯る)

フンザに滞在してどれぐらい経っただろう…。

確か来た時には星空がすごかった。

気づけば今日は満月。

もう、1ヶ月ぐらいフンザに滞在していることになる。

変わりのない毎日がとてつもなく心地よい。

時間も曜日も忘れてしまいそうになるぐらいに人も自然も最高の場所。

カリマバードから谷の下を見れば景色はすっかり春になっていた。

毎朝、少しずつ少しずつ下から春が上がって来てカリマバードもすっかり春。

今まで生きて来た中でここまで、分かりやすく春を感じたのは人生で初めて。

東京に住んでいると花や季節の移り変わりなんて、そこまでわからない。

月の満ち欠けも東京に住んでいた時は、なんとなくしか見てなかった。

テレビもない。ネットもあまりつながらない。

そんな場所でも毎日あっという間に時間が過ぎていく。

時間を忘れてしまう場所フンザ。

僕が仲良くなった現地の人から聞いた話。

その昔、ある日本人の男性がフンザに滞在したいた時の話。

その男性が滞在中に、その男性に言った言葉。

「フンザ・イズ・デンジャラス」

フンザにいると時間も何もすべて忘れてしまう。

居心地が良すぎて動く事が出来なくなってしまうという。

僕も肌でそれを感じる毎日。

季節は3月も終わりに差し掛かったころ。

僕はあらたな場所に旅に出ることに決めた。

パキスタンのビザが失行するのも間もなくのことだった。

「ホッパー氷河は見にいったかい??」

「日本人の観光客も沢山くる場所だよ」

現地の人に聞いた氷河。

場所はカリマバードからもそう遠くない。

フンザを離れる前に最後に訪れることにした。

ホッパー氷河へ。

カリマバードからホッパー氷河へは乗り合いバンで向かう。

(氷河へ向かう途中にあるナガル村の風景)

街を歩けばすっかり顔を覚えられる存在になった。

そして、僕がいつも行っているパン屋さんのおじさんにホッパー氷河への行き方を尋ねる。

ホッパー氷河も前回のパスー氷河への行き方と同様に、乗り合いのバンで向かうのが1番安上がり。親切なパン屋のおじさんが町の若者に声をかけてくれ、ホッパー氷河へ向かうバンを探してくれることに。

カリマバードからホッパー氷河までの乗り合いのバンの価格は400₨。

カリマバードから道沿いに谷を下りフンザ川を渡る。

バンは崖スレスレの道を上り下りを繰り返し対岸のナガル村を通りホッパー氷河へ到着。

この場所は日本人観光客も団体バスで訪れるほどの有名な場所。

カリマバードから2時間ほどでホッパー氷河へ到着。

同じ宿に宿泊していた韓国人観光客グループは日帰りで訪れたそうだが、せっかくなので僕はここで一泊することにした。

宿はホッパー氷河の周辺に2、3件ある程度。

夏のハイシーズンになると、宿は満室になり、氷河の周辺にある空き地のほとんどはテントで埋め尽くされるらしい。

3月のこの時期は時折観光バスや個人の観光客が訪れるぐらいで静かだった。

観光地化しているホッパー氷河・のどかなナガル村

(車の駐車場から5分ぐらい歩くと氷河をすぐに見ることが出来る)

宿の数も少ないので適当に仲良くなった人に教えてもらった宿にチェックイン。

整備された道を上っていくとすぐに眼下に氷河を見ることが出来る。

この場所から谷を下っていくと氷河の上を歩くことができる。

宿も決まり、一泊することを決めたので今日は谷の下には行かず道中通り過ぎたナガル村を散歩してみることにする。

ここにある宿はテラス席まで準備されている。

団体客向けや富裕層向けに椅子&パラソルも完備されている。

ホッパー氷河には沢山の人が訪れるが、手前にあるナガル村の中を歩く人は少ない。

何処からともなく「おーい!」と挨拶をされる。

(村にいるのはヤギ・羊・牛。放牧され村を自由に歩き回る)

(家畜の中では珍しい羊も沢山いる。オスの羊の決闘は見ていて感動モノ)

(冬の間は草木が少ないのか村中を移動して回っている家畜たち)

村を歩いているだけで注目の的になるナガル村。

村人は沢山いるのだが観光客は全くいない。

村の中心を通る道はホッパー氷河へ続いているので車の往来は多いが、車から降りる人はほぼ皆無である。村の中心に行けば商店や茶屋があるがホッパー氷河の近くの住宅地になると、子供と家畜ばかりである。

何処からともなく、自分を呼ぶ声は途切れる事がない。

そして声の方を振り向くと、村の女性たちはキャッキャウフフと笑いながら、すぐに隠れてしまう。この村で直に話しかけてくるのは子供たちとおじいちゃんだけだった。

(ホッパー氷河、ラッシュ湖 方面への看板)

季節は3月のオフシーズン。

8月の夏季 ハイシーズンになると沢山の登山客がホッパー氷河の先にある「ラッシュ湖」「Golden Peak」へ向かう登山客で賑わうらしい。

ラッシュはイーグルズネストで出会ったハンターに写真を見せてもらったが、水がリアルに透き通っている湖。ぜひ夏にもう一度パキスタンに来た時に訪れてみたい。

ナガルから2日〜3日の登山で行くことが出来る場所。

(ナガル村で出会った少年は村をガイドしてくれた)

この場所もカリマバードから比べると標高が高い場所にあるため季節はまだ冬。

ほとんどの樹木に花や葉はない景色だった。

広々とした村の牧草地を沢山の家畜が縦横無尽に草を食べながら移動する。

ヤギや牛は何処の国でも見かけるのだが羊は珍しかったので、しばらく見て過ごした。

すると、近くには3人組の子供がウロウロと僕と距離を保ちながら後ろをついてくる。

振り返り目が合うと手を振るのだが、何やらなにか言いたそうな雰囲気。

3人の少年の中では「誰があの観光客に話しかける??」的な雰囲気が伝わってきた。

言葉は分からないが雰囲気は明らか。しばらく彼らの仲間内の押し問答は続き、年長児の少年が僕にゆっくりとハニカミながら近づいて来た。

「Do you Need guide??」

ガイドは必要か?と恥ずかしがりながら訪ねてくる少年。

しかし1キロ以上先が見渡せるこの場所ではガイドの必要性はまったくない…。

「No Thanks!!」

僕は一人で村を散策して見たかったし子供に色々質問されるのも遠慮したかった。

ガイドはいらないし、インドのように後で「マネー」を請求して来られるのも断るのが面倒なので毅然とした態度で優しく必要ないことを伝えた。

すると話を聞いているのか、いないのか。

突然、一匹の牛を呼び寄せて「これは僕の牛だよ!」という始末。

50匹ぐらいいる牛を捕まえて「僕の牛だよ!」とは…。

本当なのか嘘なのか分からないが彼なりに努力していた事は認めたい。

この家畜は一見さんの僕が近づいても、すぐに逃げてしまう。

この子供が近寄ると全く怯えない。

もしかしたら本当にこの少年の牛だったのだろうか。

どちらでも良いので、僕は適当に相槌を打ち再び村の散策を始めた。

(僕の後ろを付いてくるだけの少年)

村の道を外れて氷河の方へ歩き丘を登るとローカルな展望台に到着。

少年は僕と目が合うたびに「Good!」「Good!」と言っている。

先程の車の駐車場から近い氷河の展望台とは違って、おそらく観光客は全く来ないであろう場所にある展望台だった。

それは、車の道路を外れ、畑の中を突き抜けて行く必要があるため、恐らくほとんどの人はこの場所にはやってこないだろう。景色も先程の展望台とそうは大きく変わらない。

しばらく少年と氷河を見て過ごし、宿に戻ることにした。

少年は最後に小さな声で…。

「チップ??」

と言ったが別に何もしてもらっていないし、ただ、ただ、後ろを付いてくるだけで特別何もして貰ってはいない。残念ながら少年の希望通りにチップをあげる事はしなかった。

宿へ戻る最中に僕はリュックに忍ばせていたOREOの偽物を少年と半分個し、それを食べながら宿へ戻った。少年は「Good!」「Good!」と言いながらOREOを美味しそうに食べている。

Good少年は宿に近くなったところで近くにいた大人に追い返され村へ帰っていった。

少年を追っ払った大人がいなくなったところで少年の方を振り返る。

再び他の少年たちと合流して3人組に戻った彼は、僕の方に大きく手を振っていた。

(「何が食べたい?」と聞かれリクエストに答えて料理を作ってくれるシェフ)

今日は一泊することにしているので宿に戻って、のんびりと過ごすことに。

宿と言っても扉と窓がある以外は何も無い完全な倉庫のような場所だった。

布団や毛布が10枚ぐらい積まれていて、使い放題。

どうやらリアルに、向かいのホテルの部屋の倉庫として使っている場所らしい。

それか従業員が寝泊まりするためだけの部屋…。

どんな場所でも何もなくても静寂と星空があればそれだけでいい。

フンザは僕にとってそんな場所。

部屋に戻ってくるとオーナーの男性から声を掛けられた。

「今日のご飯は何がいい??」

あれ?普通ならレストランでメニュー表とは見せてくれるんじゃないの?

と思ったらどうやら僕はゲスト扱いではないようだった。

他の宿泊者が使う部屋ではない倉庫に宿泊している僕。

そんな僕は食事も彼らと一緒にキッチンで食べることになった。

キッチンに椅子を準備してもらい眼の前で調理してもらい従業員と一緒に食べる。

そして、時々、本当の宿泊者からオーダーが入るとオーナーは仕事に戻ったりする。

まるで民宿の家で育った子供のような気分だった。

(今日下ろしたてのガス調理器を自慢げに見せてくれたオーナー)

これが本当にSANYOなのか不明だが、日本のブランドは全て良いものだという。

火力もなかなかの強火だった。鍋の取っ手に日が燃え移りそうなぐらいの強火。

パキスタンにはハイチュウの偽物があったり中国からの物資が多い。

従業員用のダイニング・キッチンで僕と従業員、オーナーで夜ご飯。

現地に入り込むと、こんな出会いや出来事が起こるのが楽しい。

お約束の食後のチャイも済ませたところで部屋に戻ることにした。

部屋は電気がなくオーナーに渡されたローソクで過ごすことに…。

(登山グッズで装備した人よりも崖を登るスピード何倍も早い彼)

翌日…。

午前中の空気が澄み切っている時間に氷河を見学する事にした。

昨日は夜になると雲が多くなり、期待していたほど星も見えなかった。

パスー氷河のように人が全くいない、多少危険な場所がある…。

そんな場所とは対照的にホッパー氷河は安全な観光地。

(氷河の目の前には椅子とパラソルを置き、ドリンクを販売している)

崖の上から下の氷河へは人の歩いた轍をなぞって下っていく。

転んだら普通に怪我をする場所でもあるが現地の人はサンダル履きで歩く。

もちろん僕はトレッキングシューズ。

眼下に広がる氷河に近づくまでは20分ぐらい谷を下って行く。

(目前に広がる氷河・クレバスも多いので氷河の上を歩くのは注意が必要)

崖の下に降りて氷河を目の前にする。

パスー氷河と同じように川の上流からは氷河が溶け出した水が激しい勢いで流れて来る。

昨日、崖の上の展望台から見た時には数人の登山客が氷河の上を歩いていた。

僕も挑戦してみようと思ったがクレバスもあり、ジャンプしないと渡れない場所もある。

(氷河の隙間に見える青い氷)

これはガイドや現地の人行かないと危険だと判断し氷河の上を歩くことは断念した。

多くは土に覆われている氷河だが場所によっては隙間には真っ青な色した氷の箇所もあった。

このような場所を歩くので落ちたら普通に怪我をする。

打ちどころが悪ければ怪我だけではすまない。

安全第一。やはり危険そうな場所は現場を知っている人と歩くのが安全だろう。

さいごに

(一生忘れないフンザの旅)

氷河を間近で見た後。

再び上に戻り部屋にある荷物をパッキングする。

帰りも行きと同様にカリマバードへ戻るバンを探す。

そのバンを探す時間もパッキングをしてから2時間ぐらい掛かってしまった。

車は沢山来るがどれも観光客を乗せたバスやバンであるためスペースがない。

定時に来るようなバスもないような場所なので仕方ない。

宿のオーナーも外に出て一緒にカリマバードへ帰りそうな車を探してくれる。

何度も何度も声を掛けてもらい、ようやくヒッチハイクで乗せてくれる車を発見。

僕は無事にカリマバードへ帰ることになった。

カリマバードの定宿に戻ると、それまでほぼ貸し切り状態であった宿には数人の新しい宿泊客が泊まっていた。街は毎日、毎日賑わいを増して行きシーズン到来という感じだ。

そして僕は名残惜しかったがフンザを離れる事にした。

1ヶ月のロングステイになったフンザ。

毎日変わる景色、新しく出会う人々、見たこともない自然。

旅を始めてから二カ国目だが、すでに満足感で包まれていた。

しかし、まだまだ僕の旅は始まったばかり。

同じ場所にいつまでもロングステイはしてはいられない。

それと合わせてパキスタンのビザの期限は残り一週間を切っていた。

フンザから車でイスラマバードへ戻る。

トラブルもあるかも知れない。

それも踏まえてビザの期限前には出国しないとならない。

次の訪問国はトルコに決めていた。

陸続きでイランを通りトルコへ向かう計画も考えた。

しかし、今回はパキスタンからトルコまで飛行機で飛ぶことにした。

こうしてパキスタンでの滞在が終わった。

旅を始めて2ヶ月目、訪問した国はインド・パキスタンの二カ国。

次は三カ国目のトルコへ。

今までの人生でヨーロッパ・アメリカ・東南アジアなどいろいろな国へ旅行をし、気に入った国にはロングステイをする。というスタイルで旅をしてきたが、その中でもダントツに面白く思い出深い国は、この今回の旅で訪れたパキスタンだった。

とくにフンザ。

次に来る時は夏か、秋の紅葉の時期か…。

必ずまた訪れたい国の一つにパキスタンが入った。

ありがとう。パキスタン

ありがとう。フンザ。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク