【トルコ イスタンブール】猫の街イスタンブール。日本人観光客減少の理由とは…。

スポンサードリンク



トルコについて

正式名称:トルコ共和国

首都アンカラ。最大の都市はイスタンブール

面積は78万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。首都のアンカラはアジア側に位置する。最大の都市イスタンブールはアジア、ヨーロッパの海峡に位置する都市である。

北は黒海、南は地中海に面し、西はブルガリアギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニアアゼルバイジャンイランイラクシリアと接する。

*Wikipediaより抜粋

日本人は3ヶ月以内の滞在であればビザは不要。

最大の都市イスタンブールをはじめ、トルコの各所の観光地ではマレーシア・インドネシア・中国からの観光客が多い。トルコには合計2週間ほど滞在したが日本人には1人も出会わなかった。

イスタンブールや、他の街を歩き現地の人と話すと、10年前と比べてほとんど日本人観光客はかなり減少したとのこと。

「今年になって日本人をみたのは君が初めてだ…。」

「日本人向けのツアー会社は今はまったくだめだ…。」

日本人観光客減少の理由を悲観的に語る人もいた。

理由は、2018年現在での中東の情勢不安、2013年にカッパドキアで起きた日本人が関係する痛ましい事件などで魅力が減少してしまったことではないか?という。(現地の人談)

2018年に訪れたトルコのイスタンブールでは、町中に武装する兵士が警戒、ブルーモスクの前には装甲車が配備されるなど…。

雰囲気は決して明るい場所ではなかった。

イスタンブールの有名観光地、バザールではスリや観光客目当てのサギも多いので注意が必要。

「日本のお札を見せてほしい。」や「一緒にお酒を飲みにいこう。」などの騙しのパターンが代表的。

実際に「日本のお札を見せてほしい。」の騙しの手口にあった。

このような手口があったのは首都のイスタンブールのみ。

カッパドキア・パムッカレと他の観光地も訪問。

この中でダントツ居心地が良いのはカッパドキアだった。

他の観光地は自然も人も素晴らしくのんびり出来る。すごくクリーンで女子ウケしそうな国トルコ。トルコ単発でもう一度観光に行ってみたいとも思う。

ちなみにトルコ料理は世界三大料理の一つでもある。

リラは2018年現在、毎年下落を続けているので観光に行くのなら今がチャンスでもありそう。

はじめに

(坂や階段が多いイスタンブールの街)

パキスタンのイスラマバードからサウジアラビア経由でトルコのイスタンブールへ到着。

トルコの空港に到着した時に荷物が紛失する事件があった…。

イスタンブールの空港で職員に尋ねるとロストバゲージ。

僕の荷物は経由地のサウジアラビアにあるという。

利用したのはオランダの格安航空会社 トランサヴィア。

予定ではトルコに到着し、1泊でイスタンブールから、カッパドキアへ移動する予定であったが荷物がサウジアラビアからトルコへ到着するまで3泊も滞在する羽目にはってしまった。

宿から空港までバスに乗り片道1時間。

幸いにもカメラや貴重品は機内持ち込みのカバンに入れておいたので被害は最小だった。

しかし、パキスタン・フンザでは日本円で、1泊 1,000円以内で過ごせたのに、トルコに着いた瞬間から宿代だけで2,000円近くになってしまった。

トルコのリラは毎年下落を続けているが、これが数年前なら、2倍近い為替だったと考えるとトルコは僕にとってあまり魅力が無い国になった。物価も高く都市的な観光地。

それはパキスタンのフンザやインドのゴアが好きな僕にとっては居心地がいい場所とはいえなくなっていた。

しかし、人生で一度は来たいと思っていたトルコ。

ヨーロッパへ抜ける道中にある街、そしてカッパドキアはやはり見てみたい場所ではあった。

バザールやブルーモスク、映画のミッドナイト・トレインや沢木耕太郎の深夜特急にも登場した場所でもあるイスタンブール。

到着初日は宿で休み、翌日からトルコ 最大の都市、イスタンブールを観光する事にした。

空港から安宿の集中するエリアへ

(イスタンブールの移動は船や地下鉄で海峡を渡る)

パキスタンを出国する前に下調べしておいた安宿のあるエリアへ移動する。

空港からはバス、船を乗り継いで1時間ぐらいでそのエリアに到着。

街の人の服装もインド・パキスタンから来た為かガラッとシティになった。

コーランやアザーンが流れない以外は日本とあまり変化がないといえば変化がない。

大きなバックパックを背負い山から降りてきたような風貌の自分。

都市部ではどうも落ち着かない…。

(言語もペルシャ語からトルコ語に変わる)

船を降りるとバザールに近くなり、地元の人、観光客とごった返している。

地図で目星をつけていた安宿街まではバスor路面電車が便が良さそうだが、人と人がすれ違うのも大変なぐらいな混雑具合である。バックパックを背負って町中やバザールを歩くのは骨がおれる。

船を降りた場所からスマホのナビで検索すると15分ほどの場所に安宿街があるようだ。

僕は公共の交通手段を諦め徒歩で向かうことにした。

それにしてもイスタンブールは人が多い…。

(数件訪ねてチェックイン出来たホテルがこちらの宿・朝食付きでオススメ)

なるべく人の少なそうな場所を狙って歩き安宿があるエリアに到着。

目星をつけていた宿に予約なしで訪問してみると何処も「満室」と断られてしまう。

船を降りてから15分ほど歩いて疲れも溜まっていたが、まだまだ荷物を下ろすことは出来ないようだ。人混みと背中に背負っているバックパックの重みでもうクタクタ…。

3件、4件と宿を断られ、ようやく、たどり着いたのがThe International Orient Hostelという場所。グーグルマップでも高評価の宿でネットのスピードも早く接続もいい。

バザールからほど近い場所にあり、観光の便もいい。

この宿をイスタンブール滞在中の宿にする事にした。

ホテルはドミトリーも併設、宿泊客は屋上のバー・ラウンジでの朝食付き。

トースト・ゆで卵・ミルク・コーンフレークというベーシックメニュー。

インド・パキスタンと旅を続け、ここに来て物価が一気に上がった。

もう1日1,000円以内で過ごせる場所はないだろう…。

インドのゴアでは民家を間借り。パキスタンでは他の宿泊客が誰もいない。

トルコではそれが一転、人、人、人!!!

宿の中も外もイスタンブールは何処へ行っても人だらけ。

ただし、物価が上昇した分、ホテルの設備や街のキレイさなども一気に良くなる。

ホテルの受付の人は非常に愛想が良いが、宿泊客は、フレンドリーというか、普通の観光客が多く今までの国や街のように友達になったり話しこんだり、ということは無かった。

みな、それぞれのスケジュールで(旅)というか(旅行)を楽しんでいる人が多い印象だった。

(イスタンブールの夕暮れ・空が広いのがトルコの第一印象)

到着初日…。

無事に宿が見つかり、不運にもロストバゲージとなった。

今日は特別何もせずに宿でゆっくりしよう。

都市部らしく、この宿には個室以外にドミトリーも併設していたが、僕はドミトリーではなく個室に泊まることにしていた。

都市部のドミトリーは今まで他の国でも泊まったことがあるのだが、忙しいのだ。

深夜・早朝でも人の出入りは多いし、とりあえず落ち着かないのである。

一番酷い時は2段ベッドの上段を割り当てられたのだが、下段の男が毎日、違う女を連れ込みセックスばかりするので、ベッドが揺れに揺れて、上段にいる僕は全く寝ることが出来なかったという辛い思いでがある。それ以来、都市部ではあまりドミトリーには宿泊しないようにしていた。

ということでイスタンブールの宿では個室を取り、ゆっくりと過ごすことにした。

イスタンブールは猫の街

(何処に行っても猫だらけのイスタンブール)

快適に個室での睡眠を取れた翌日…。

屋上のバー・ラウンジでたらふく朝食を食べた。

昨日のうちに調査しておいたがヨーロッパほどとはいかずともアジアと比べれば外食の物価は決して安くはない。普通に食事をすれば一人1,000円ぐらいは軽く行きそうだ。

せっかく朝食がセットになっているのであれば、ここぞとばかりにしっかり食べておく。

いくつになっても貧乏性は抜けない。

いざ観光へ出発。

トルコ・イスタンブールの街へ。

イスタンブールの街を歩いていると、人も多いが猫も多い。

リアルに何処を歩いても猫だらけなのである。

日本、東京ではずいぶんと野良猫をみなくなった。

僕は東京に住んでいる時には時々、動物園に行ったりする。

動物は好きである。

そして動物の中でも猫は特に好きな方である。

これはモスクや建物を観光する以外にも楽しみが見つかった。

そうだ。猫ウォッチをしよう。

イスラムの国では猫は敬愛される存在であるという。

(1匹見つけたら5匹は同じ場所にいる)

(座っているだけで猫の方から寄って来てくれる。ニャアアアン…)

(人の手によって置かれたのか捨てられたのか…。布団の上で昼寝中)

(ブチ猫と茶トラが多いイスタンブールの猫種族)

(人間から餌をもらっているので野良猫なのに毛並みは飼い猫のよう)

(階段の段差でゴリゴリと背中を掻くトラネコ)

世界一美しい・ブルーモスク

(世界で唯一の6本のミナレットを持ち、内部は直径27.5mのドームのモスク)

(内部は荘厳な作りとなっている・写真撮影も可能)

イスタンブールで外せない観光地・ブルーモスク。

世界一美しいモスクと呼ばれるだけあって中の様子は写真の通りすごいの一言。

パキスタンで始めてモスクを始めて見た時は感動の一言だった。

今まで教会を見ることはあったがモスクに入ったのはこの旅で始めてだった。

夏には音と光のショーがあるらしい。

モスク目当てに訪れるのなら夏がいいかも知れない。

イスタンブールには沢山のモスクがあるが、このブルーモスクは別格。

街歩きが一番楽しい・イスタンブールの町並み

(ショーウィンドウのお店が美しいイスタンブール)

ブルーモスクを離れ街歩きをしていると気になるのが立ち並ぶお店。

お土産・洋菓子・ロカンタなど。ガラス張りの店舗が美しい町並み。

トルコアイスの実演をしているのは、さすが観光地。

街には路面電車が走り、船で海峡を渡ったり、といろいろな手段で街歩きを楽しめる。

目的地をざっくりとしか決めず、メインは街歩きするのが僕のイスタンブールでの一番の観光。

(特徴的なトルコ、イスタンブールの町並み)

イスタンブールの街は傾斜が多い。

ブルーモスク、アヤ・ソフィアがある場所は高台にあり、展望の良い場所からは海峡を行き交う船の様子やガラタ塔を眺めることが出来る。

(お土産品が多く並ぶ路地の一角)

再び街歩き。

イスタンブールは勾配が多く登っては下り、下っては上りを繰り返す。

ステッカーやミサンガ、バッグなどが「とりあえずのおみやげ品」が多くならぶ。

気球はトルコのカッパドキアで一番メジャーなアクティビティー。

やはり歩いていて一番、僕が面白いと感じるのはローカルなエリア。

(トルコのチャイはミルクティーではなく紅茶)

インド・パキスタンでは(チャイ)といえばミルクティー。

トルコではチャイ=紅茶のようだ。街を歩いているとチャイを専用のトレイに乗せて売り歩いている人を見かける。チャイの値段は変わらず、日本円で10円〜20円ほど。

観光地でチャイを飲むと40円〜50円ほどだった。

ミルクティーと違って紅茶なのでお腹に溜まらない。

(屋台をよく見かける・トウモロコシ・クリ・シミットというパンが販売されている)

トルコに来てよく見かけるのがパン屋さん。

インド・パキスタンでもパンは主食だが、トルコのパンはとても美味しい。

シミットというのはベーグルのようなパリパリ・ふんわりなパン。

ごまがついた物もあればヌテラを塗り食べる食べ方もある。屋台によってはシミットだけのところもあればヌテラやバターを塗ってくれる場所もある。

後はイスタンブールで食べて美味しかったのは焼いた塩サバをそのままパンズに挟んでレモンを絞って食べるサバサンド。これはオススメ。

グランバザール

(トルコで有名なお土産・ナザールボンジュウ)

(通路ごとに売られている物が分かれているバザール内)

イスタンブールの有名な観光地で外せないのがグランドバザール。

バザール内は両替商や貴金属、そしてトルコの有名なお土産、(ナザールボンジュウ)と呼ばれる青い石を売っているお店が沢山ある。

イスラム教の国トルコでは、はるか昔から迷信として邪視から守ってくれる物として信じられていてお店の入り口に置かれていたり、キーホルダーにして持っている人などトルコを旅行していると色々な場所で見かける。

今回は訪れなかったがエジプシャン・バザールでは沢山の種類のナザールボンジュウが販売されているお店がある。

大きさは小さいものから大きいものまで…。

トルコのお土産に最適。

トルコ地下宮殿・バシリカ・シスタン (Basilica Cistern)

(地下宮殿は湿った空気が漂い観光客も多い)

(メデューサの頭)

またひとつ有名な観光地を訪れてみた。

イスタンブールの地下宮殿。トルコ語では地下宮殿を意味するイェレバタン・サラユ (Yerebatan Sarayı)という名前で呼ばれている。

現存する東ローマ帝国の貯水池としては最大。

イスタンブール歴史地域として世界遺産にも登録されている。

この大会堂規模の大きさを持つ貯水池は、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスによって建設されたものである。16世紀に建造されたこの貯水池は、当時、裁判や商業活動に利用されていたという。

貯水池として利用されていたという事だが、いったい何処から水が引かれていたのかは今でも解明されていない謎多く、美しい世界遺産である。

この場所は、ジェームズ・ボンドの映画『007 ロシアより愛をこめて』の撮影場所にもなった。その後、補修作業を行った後に1980年から一般公開された場所。

さいごに

(トルコは野良猫&野良犬が多い・犬は大きくて愛嬌のある)

予定外にトルコではロストバゲージで荷物が届くまで2泊3日の滞在となった。

今まで通過して来た国・インド・パキスタンとは変わり一気に先進国に来たようだ。

一番気になったのは物価高。

お土産品にも全く興味のない僕。

のんびりと田舎で過ごす事がメインの僕の旅では都市部での滞在は、少し窮屈に感じることが多かった。人々の足も、早く話しかけてくる人といえば、観光客目当ての騙しの人間も多く少し気を張りながら歩いた記憶…。

それは何処の国の都市部でもおなじことで、東京を歩いていても同じだろう。

ガラタ塔などの観光地にもでかけては見たが塔を登るにも1時間以上待つという混雑具合でパスしてしまった。待つのが苦手な僕のメインはやはり街歩きだ。

街歩きをしていて楽しかったのは、犬・猫が多く動物と触れ合えること。

猫カフェならず猫の街イスタンブールはそれが一番の魅力だったかも知れない。

問題であったロストバゲージも、無事に空港に行き受け取る事が出来た。

バックパックの荷物の中身も何もなくなっていない事を確認し、次の目的地であるカッパドキアへ向かうことにした。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク