【トルコ パムッカレ】テルマエ・ロマエ!?行く価値はあるか!?世界遺産パムッカレ!? 世界遺産再び!!

スポンサードリンク



トルコについて

正式名称:トルコ共和国

首都アンカラ。最大の都市はイスタンブール

面積は78万km2で日本 (38万km2) の約2倍程度。首都のアンカラはアジア側に位置する。最大の都市イスタンブールはアジア、ヨーロッパの海峡に位置する都市である。

北は黒海、南は地中海に面し、西はブルガリアギリシャと、東でジョージア(グルジア)、アルメニアアゼルバイジャンイランイラクシリアと接する。

*Wikipediaより抜粋

日本人は3ヶ月以内の滞在であればビザは不要。

最大の都市イスタンブールをはじめ、トルコの各所の観光地ではマレーシア・インドネシア・中国からの観光客が多い。トルコには合計2週間ほど滞在したが日本人には1人も出会わなかった。

イスタンブールや、他の街を歩き現地の人と話すと、10年前と比べてほとんど日本人観光客はかなり減少したとのこと。

「今年になって日本人をみたのは君が初めてだ…。」

「日本人向けのツアー会社は今はまったくだめだ…。」

日本人観光客減少の理由を悲観的に語る人もいた。

理由は、2018年現在での中東の情勢不安、2013年にカッパドキアで起きた日本人が関係する痛ましい事件などで魅力が減少してしまったことではないか?という。(現地の人談)

2018年に訪れたトルコのイスタンブールでは、町中に武装する兵士が警戒、ブルーモスクの前には装甲車が配備されるなど…。

雰囲気は決して明るい場所ではなかった。

イスタンブールの有名観光地、バザールではスリや観光客目当てのサギも多いので注意が必要。

「日本のお札を見せてほしい。」や「一緒にお酒を飲みにいこう。」などの騙しのパターンが代表的。

実際に「日本のお札を見せてほしい。」の騙しの手口にあった。

このような手口があったのは首都のイスタンブールのみ。

カッパドキア・パムッカレと他の観光地も訪問。

この中でダントツ居心地が良いのはカッパドキアだった。

他の観光地は自然も人も素晴らしくのんびり出来る。すごくクリーンで女子ウケしそうな国トルコ。トルコ単発でもう一度観光に行ってみたいとも思う。

ちなみにトルコ料理は世界三大料理の一つでもある。

リラは2018年現在、毎年下落を続けているので観光に行くのなら今がチャンスでもありそう。

はじめに

(パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味)

カッパドキアでの滞在を終え、バスで西へ向かう。

向かった場所は温泉と遺跡で有名な観光地 パムッカレ。

農業国のトルコでは当時、このあたりは良質の綿花の一大生産地であることから由来し、この名前が付けられたという。

パムッカレ随一の有名観光地、白い石灰岩、そして水色の温泉が湧き出ているこの場所がなぜ出来たかというと、二酸化炭素を含む弱酸性の雨水が、この場所の石灰岩中に浸透し、炭酸カルシウムを溶かした地下水となり、その地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉になって、その温水中から炭酸カルシウム石灰)が沈殿して、純白の棚田のような景観を作り出したものである。

棚田の畦の部分は、流れてきた植物片などがひっかかり、これに石灰分が沈着して次第に堤のように成長する。これは温水が畦を越流する時に石灰分の沈積が化学的に加速するためでもある。このような景観が約200mの高さにわたって形成されている。規模はずっと小さいが、同種の微地形が鍾乳洞内にもみられることがあり、これを畦石池という。

*wikipediaより

バスの乗車時間はおよそ10時間ほどの夜行バス。

パムッカレに到着した、その場所はアジアにあるような一本道の両脇に商店が立ち並び、そこにあるのはバス会社のオフィスと観光客向けのレストラン、そしてホテルがある小さな町というか村のような場所だった。

バスに乗っているのも、ほとんどが観光客で地元の人らしい人は、ほとんど皆無だった。これでトルコに入国し、3つめの観光地に訪問する事になったが、どれも世界遺産がある場所ばかり。トルコの世界遺産というと遺跡が多い。

観光バスが発着する以外は車の往来も少なく、ほとんどがこの場所だけを見に来る観光客ばかり。バスが到着すると、深夜バスから降りた乗客たちは、僕を含め寝ぼけまなこで、そのままバス会社のオフィスの前にとどまっていた。

するとバス会社の看板のある建物から1人の男性が出て来て、英語で話はじめた。

どうやらこのバス会社の建物には、バス会社のカウンター以外にもパムッカレの旅行会社が併設されているようだ。バスを降りた人たちの前で旅行会社の人間はツアーの説明を始めた。

ツアー会社の人げが一通り話し終わった後。事前に宿を予約している人たちは、それぞれ自分の宿へ向かい、そうでないノープランの人は、さらに詳しく、ツアーの説明を聞くこととなった。僕はその最中、カバンの中に入れておいた歯ブラシで歯磨きをしながら説明を聞いていた。

ほとんどの人が旅行会社の人間の説明どおりにツアーを申し込んでいた。

自由にパムッカレを回りたいと思う人は、僕以外には、ほとんどおらず、ツアー客たちが去ったあと、ポツンと僕と数人だけがオフィスに残ってしまった。

やはり、観光地は何処も必ずツアー会社というものが近くにいて、暇そうにしていると必ずツアーへの参加を促される。どちらかというと僕はカッパドキアでの滞在のように、自由に、その場所を歩きたい。ローカルな場所を歩いて、のんびりと過ごしたいと思っている。

なんでもかんでもツアーに参加するという旅は、僕にとってはなんだか窮屈な気がしてしまう。やはり僕にはインド・パキスタンのような、ちょっと人が少なめ。ローカルな人々との距離が近そうな場所、「好きな人は行く」、という場所が合っているのかもしれない。

早朝に到着したバスで半日掛けてパムッカレを観光。

残りの半分は公園で昼寝をして過ごす。

そんなパムッカレでの一日をレポート。

ツアー客でごった返すパムッカレ遺跡

(沢山のツアー客で賑わうパムッカレ・アジア人観光客がほとんど)

早速バスを降り、ツアーに参加する人々を見送った僕は、当日の夜にイスタンブールへ向かうバスの時間を確認し、すぐにその場で予約した。

僕のようにツアーに参加しない客は、ツアー会社からしたら何の利益も無い。僕は帰りのバスを予約する事で荷物をバス会社のオフィスにおかせて貰うことにした。

パムッカレに到着した瞬間に感じたことは一泊する場所ではないと言うこと。

見どころは決して多くは無いし滞在しても暇疲れしてしまいそうな場所だと感じたからだ。

バス会社やレストランが集中するエリアから徒歩で少し歩いた場所に「パムッカレ石灰華段丘」は存在する。早速、バス会社のバゲージラックのカバンから貴重品、カメラとサンダルだけを持って出掛けてみる。

この場所は土足厳禁。環境保全の為に裸足で歩く事が決められている。

(パムッカレ石灰華段丘の全体像はこのようになっている)

何分かおきに沢山の団体客が到着すると一気に人が多くなるパムッカレ石灰華段丘。

その多くがヒジャーブをまとった女性たち。トルコはイスラム教国であるがトルコ語以外の言葉を聞くことも多い。

集合写真を撮影するときに「ティガ ドゥワ サトゥ!!」とカウントダウンをしている言葉を聞くとインドネシア語も聞こえる。同じイスラム教国のインドネシアからの旅行者も多いようだ。

多くの外国人観光客で賑わう中に、1人、日本人ぽい女性を発見した。

中国・日本・韓国と諸外国の人からすれば全く見分けがつかない、僕らアジア人だが、なんとなく同じ国の人というのはわかるものだ。

何処の国でも(訪れた国だけかもしれない)日本人は中国の人のように団体で行動せずに1人、2人などの少人数で行動している人が多いかも知れない。

そういった事から姿格好が似ていても日本人はわかりやすいのかも知れない。

(広く遠くまで見渡せる田園風景がトルコの一番の印象)

パムッカレ石灰華段丘は環境保全の為に裸足で歩く事が義務付けられている。

そして、基本的に観光客が歩くルートは決められている。ロープや柵など、ほとんどの場所にはない。

多くの観光客の列に並び、パムッカレ石灰華段丘を見学していると時々、入場口の方から警備員がこちらに向けてホイッスルを吹く。それは決まった場所を歩かず崖の上に上がって写真を撮影しようとする観光客を注意しているのだ。

(頑張って上の方まで登っていってしまう人がいるパムッカレの丘)

「いったいどうやって登ったの?」

と思うぐらい高い場所で写真撮影をしようと頑張っている観光客。

一昔前のジェットスターの広告のベッキーのようにジャンピングした写真を何度も何度も撮影しようと頑張っている人がいる。このほとんどが異国の女子達であった。

足元はつるつる、そしてぬかるんでいる場所もあるので転んだらずぶぬれになってしまう。

写真のように崖になっている棚田地帯では落ちたら間違いなく大怪我をする。

それでも彼女たちは、頑張ってスレスレの写真を撮影しようと頑張っている。

ごく少数のルールを守らない危険行為をする観光客の為に、遠くから警備員は身振り手振りでジェスチャーをしながら今日も忙しくホイッスルを鳴らす。

パムッカレ温泉プール

(丘の上には温水プールがあり、水着着用で泳ぐことが出来る)

パムッカレ石灰華段丘を登り切ると、公園があり、温水プールがある。

その温水プールの横にはカフェが併設されており、市民プールのような場所だった。

温水プールは水着着用で泳ぐ事が出来る。

水着は持って来て無かったので、泳ぎはしなかった…。

結構人でごった返しているのであまり泳ぐ気にもならなかったのが正直なところ。

温水プールを、市民プールを見るように、特別物珍しくなく眺めていると、近くに居たトルコ人観光客の男性と目があい、その男性がこちらにジェスチャーをする。

「ウン。グッドだ!飲んで見ろよ!」

男性の横には水道の蛇口があり、その蛇口からは温泉が出ているらしい。

男性からジェスチャーを受けた僕も、その男性と同じ用に持参したペットボトルの空きボトルに温泉を入れて飲んで見る。特別、硫黄臭いなど癖の無い普通の常温の水という感じ。

カフェの床上には残飯狙いの野良猫がウヨウヨしている。

横にはプールに浸かっている人たち。そして小奇麗なカフェが併設。

なんだか良く分からない観光地だった。

ヒエラポリス遺跡・ローマ劇場

(ツアー客が沢山訪れる場所・日陰がなく、とにかく暑い。日傘必須)

常温の温泉水を飲んで水分補給をした後は、丘の頂上にあるヒエラポリス遺跡・ローマ劇場へ向かった。この日はとにかく日差しが強くて暑かった事が思い出に残る。

日本から持参した晴天・雨天 兼用の折り畳み傘が重宝する。

この場所は屋根も日陰もまったくない。

坂を登りきり遺跡に入ると、複数の団体客がグループごとに座りガイドの説明を聞いている。

周りを見渡すと、聞こえてくる言葉を様々。

アジア系もいればロシア系の人たちも多くいる。

首からストラップ掛けの多言語対応のイヤホンガイドをしながら見学している人も多い。

どのグループのガイドも共通して参加者に案内していることがある。

それは、この場所に座って手を「パンッ!」と叩くと叩いた音が遺跡の中を反響して跳ね返って聞こえてくるということ。

僕も他のツアー客の後に続いて「パンッ!」と大きく手を叩いてみた。

半円形の劇場からはやまびこのように音が反響して返ってくる。

暑さと、ちょっとの暇さがあって「パンッ!」「パンッ!」となんども手を叩いていた。

すると、ツアー参加者の団体の中から、1人、白人の年配女性が僕の方に大きな体を持ち上げながら歩み寄って来た。

彼女の英語のイントネーションからロシア系の人だと言うことがわかる。彼女は手に持った、大きなiPadを僕に差し出して来た。

「フォト?フォト?」

どうやら彼女はこの劇場をバックに写真を撮影して欲しいということだった。

1人でポツンと暇そうにしている僕に狙いを定めた彼女。

そして僕は彼女のiPadを受け取り何枚も彼女と劇場の写真を撮影し彼女にiPadを返す。

「謝謝!!」

「ハラショー!」

「ハラショー」はロシア語でありがとう。「謝謝」は中国語でありがとう。

どうやら僕は中国人に見られたらしい。

同じように僕だってロシアの人とウクライナの人、見分けがつかない。

とりあえず僕も彼女に対し「謝謝」と言いながらiPadを返却した。

さいごに

(この場所だけを訪問するのには少し遠く感じるパムッカレ)

早朝に到着したパムッカレ。

この観光地を巡って半日。後の半日は公園にレジャーシートを敷き昼寝をして過ごした。

優雅とは違う、のんびりとも違う。不思議な時間を過ごした。

カッパドキアを夜に出発して早朝にパムッカレに到着。

イスタンブールやカッパドキアなどのトルコの主要な観光地からも、決して近い場所にはない場所パムッカレ。この場所はカッパドキアほどの自由度はなく、素直にツアーに参加して巡るのが良さそうな観光地という印象だった。

カッパドキアから、こちらに来るバスとは違い、帰りのイスタンブール行きのバスは発着場所が異なり、パムッカレのオトガル(バス乗り場)へ向かう必要があった。

ところが、このオトガルへ向かうマイクロバスも満員で何度となくバスを見送る事になった。

果たして予約した時間に間に合うのか少し不安になったが、結果、バスに間に合った。

無事にパムッカレのオトガル(バス乗り場)に到着。

駆け足で巡ったパムッカレ。またもや夜行バスに乗り最初の出発地イスタンブールへ。

その他、トルコの「イズミル」や「ブルサ」などの小さな町にも立ち寄ろうとしたが、トルコの遺産を巡る旅と、安心安全なクリーンな国トルコは十分に満足したのでイスタンブールへ戻りそのまま北西、ブルガリアへ向かう事にした。

ブルガリアはトルコと陸続きになっておりバスでそのまま入国をする事が可能だ。

ビザも必要ない。

今回、初めてトルコを旅して感じた事は「凄く観光地であること。」

巡った場所が。たまたまそうだったのかも知れず、田舎に行けばもっと面白いトルコを発見出来るのかも知れないが、

パキスタンから飛行機に乗り、上空を通過し、通り過ぎて来たトルコを東へ向かいイラン側へ戻る気にはならなかった事もあり、トルコでの旅行をここで終わりにする事にした。

イランからイスタンブールへ、陸路で東から西へ抜けたら、また違うトルコが見えたのかも知れない。

僕はそう考えながらもイスタンブールへ向かうバスに乗り込んだ。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク