【ブルガリア ソフィア】真面目に、健全に。サラっと流し観光、首都ソフィアで過ごす2日間の旅。

スポンサードリンク



ブルガリアについて


正式名称:ブルガリア共和国(ブルガリアきょうわこく)

バルカン半島に位置し、北にルーマニア、西にセルビア、マケドニア共和国、南にギリシャ、トルコと隣接し、東は黒海に面している。首都はソフィア。

*Wikipediaより抜粋

日本人は3ヶ月以内の滞在であればビザは不要。

首都ソフィアにあるアレクサンドル・ネフスキー大聖堂が有名。訪れた時には日本人観光客の団体も見かけた。物価もトルコと比べて安く、食事も美味い。

スーパーマーケットの惣菜がかなりオススメ。使用通貨はブルガリア・レフ。

やはりヨーグルトが有名で、脂肪分別に沢山の種類のヨーグルトが販売されている。ビールもめちゃくちゃ安い。1リットル100円以下。

街の人はフレンドリーという感じではなく洗練されていて都会的な雰囲気。ソフィアにある公園では小型犬から大型犬までペットショップのように沢山の種類の犬が見れる。そして、ほとんどの犬が放し飼い、賢い犬が多い。

旧ソ連の衛星国であり、ソ連時代の名残りも多い古い町並みが魅力的な国。

建物の古さや西欧とは違ったノスタルジックな東欧らしい古き良き景色が残る。物価は安いが、なんでも揃うし治安も良い。田舎はのんびり。

はじめに

(カザンラクからソフィアへ向かうバスはこの場所に到着した)

カザンラクからバンに乗り3時間。

途中、ドライブインのあるマクドナルドでのトイレ休憩を挟んで首都ソフィアへ到着した。

ブルガリアの首都ソフィアのバスステーション降りるとまずは事前に予約した宿へ向かうことにした。バスターミナルから予約した宿までは地下鉄を使っての移動となる。ソフィアのバスターミナルから地下鉄へ向かう通路は一昔前の新宿駅を彷仏させるような、小便臭く薄暗い通路、落書きも多かった。

ソフィアではカザンラクのように、訪れたい観光地があったわけでもなかったので、ソフィアでの滞在は健全に要所を訪れて次の場所へ移動しようと決めていた。

駆け足での移動続きも疲れてくる。何もせずに次の目的地探し、そして今まで撮った写真の編集などの内職日も合わせてソフィアでは2泊分宿を取った。

(ビルを利用した宿。一泊€20のシングルに宿泊した)

今回の宿もドミトリーではなくシングルルームの宿を予約した。

他の記事でも書いたかもしれないが、僕は都市部に滞在する場合はできるだけドミトリーは避けている。理由は都市部の場合、宿泊者の年齢も若くグループが多い。

総じてこのグループは夜遅くまで酒を飲んだり、でかい声で喋ったり、他の人が寝ていてもお構いなしで夜遅くに帰ってくることも多いのだ。二段ベッドの下でパコパコされて寝れないのはもうごめんである。

すべての宿に当てはまるわけではないが、都市部のバックパッカーについて僕はこのような経験を多くしている。よってシングルルームの価格が以上に高価でなければ、個室を利用することにしている。個室の場合貴重品についても心配をすることがない。

共用キッチン、周辺のスーパーマーケット、そしてこの場所から訪れる事が出来る、ソフィアの主要な観光地を確認したところで早速、外出してみることにした。宿の近くにはとても大きな公園がある。

その公園では8割の人は犬の散歩をしており、皆ビール片手にタバコを吸っている。ブルガリアに来て感じる事はタバコを吸っている人とお酒を飲んでる人が非常に多いということ。そして、男性は体格の良い人が多く女性は細身で綺麗な人が多い。

宿に到着したのはすでに夕方。

今日は公園の近くのスーパーマーケットで惣菜を購入し宿の電子レンジで温めそれを夜ご飯にした。宿の近くにあったスーパーマーケットはBILLA。カザンラクで利用したスーパーマーケットと同じ。個室の併設してあるテラスに腰掛け、道路の反対側のバレーをしている人達を見ながら食事。相変わらずこのスーパーマーケットの惣菜はうまい。

ブルガリアはEU原産のお菓子が沢山売っていて、しかも値段も安い。日本の輸入品店の半額ぐらいの価格で買うことが出来る。ブルガリアにいるとついついお菓子をつまんでしまう。

ソフィア市街地観光

(レトロな路面電車が目を惹く首都ソフィアの街)

(路面電車通りを歩きながらアレクサンダル・ネフスキー大聖堂を目指す)

(路面電車と古い建物、レトロな車が印象的なブルガリアの街)

翌日ブルガリアの街の観光にする。

まず最初に目指したのがブルガリアで一番有名な観光スポット、アレクサンダル・ネフスキー大聖堂、金色の教会を目指す。西欧諸国に比べて町中もレトロな雰囲気を感じることが出来る東欧ブルガリア。市街地には路面電車が走っていた。

ブルガリアの市街地を歩いていて、衣類のリサイクルショップを発見。ここで着古した衣類を全て取り返ることにした。日本出発の時から着ていたユニクロのカーゴパンツとデニムシャツ。インド・パキスタン・トルコと来て、すでに洋服はボロボロ。シャツは肩の部分と袖の部分がボロボロになってしまっていた。

後、気になるのが僕の履いているトレッキングシューズ。

すでに指の折れ目のところがパックリと割れ切れ目が入ってしまっている。トレッキングシューズなのに雨の日には使えないなんてトホホである。しかし旅を始める前に買ったばかりなのに、もう壊れてしまうなんて相当、酷使したのだろうか…。

(インド・ゴアで撮影。2ヶ月後には靴がボロボロになってしまった)

このリサイクルショップで新しくパンツとシャツを購入。

上下セットで購入しても日本円で800円ほどだった。ブルガリアは物価が安い。その他歩いていてめぼしい物といえば食べ物。日本のピザのLサイズ一切れが100円ぐらいで売っている。それを食べ歩きしながら街を歩く。お菓子にピザ。デブに向けて一直線に向かうブルガリアの旅である。

今まで訪れた国の中でも一番美味しい食事、そしてカロリーも一番多いだろう。

(共産党本部ビルを正面から、重厚な建物が並ぶ東京駅前のようなエリア)

公共交通機関を全く使わず、一切れピザを食べながら街を歩いて行く。

アレクサンダル・ネフスキー大聖堂を目指して道を進んでいくと、東京駅の丸の内のような重厚なビルが立ち並ぶエリアに出る。そこにはファッショナブルな装いに身を包んだビジネスマン風の人やモデルのような美しい女性が颯爽と歩いていた。

都会的な雰囲気の場所はどうも避けがちになってしまう。街を眺めながら目的地へ向けて歩みを進める。

(ビルに描かれた特大チュッパチャップス壁画ビル)

(小さな飛行機をバックに、巨大な聖ソフィア像)

(アレクサンダル・ネフスキー大聖堂へ到着、中の撮影は別料金にて可能)

大目的地であるアレクサンダル・ネフスキー大聖堂へ到着。

1904年から1912年あたりに建築されたこの教会。すでに100年以上の歴史がある建物。大聖堂の大きさは3170平米、サッカーコートが約7,000平米なのでその半分ぐらいの大きさ、収容人数は5,000人とのこと。

教会の中は無料で見学する事が出来る。

大聖堂の中の写真撮影も別途料金を支払うことで可能。確か費用はうろ覚えだが日本円で1,000円ぐらいだったと思う。しかしスマホ全盛期の今ではカメラを持たずに撮影する事は可能だろう。料金を払わずに写真を撮影している人もいるだろう。

ちなみに僕は中で写真は撮影しなかった。

インドのゴアでもすでに立派な教会は沢山見て来てし、トルコで世界遺産もバッチリみた。建造物の写真はすでにお腹いっぱいになって来ていた。

さいごに

カザンラクからソフィアへ。

宿は2日間滞在したが、1日はソフィアの簡単な街歩きに使い、残りの1日は宿の近所の公園でのんびりしたり、次の旅の行き先をネットで検索したりして過ごしていた。日本を出発してから3ヶ月。のんびりと過ごしたインド・パキスタンと違い、トルコあたりからは、せかせか真面目に観光をしていた。それがここブルガリアで旅疲れをして来てしまった。

街は何処もそれなりに特色があって違いはあるが、首都や大きな街は東京から来た僕にとってはほとんどが同じに見えてしまって感動もいまいち…。アジアのB級観光地からメジャーな観光地に移動してくると、人の多さと、全くルーズでないシステマティックな環境が便利なようで逆に疲れて来てしまう。

こうしてブルガリアのソフィアはなんとなく滞在したのみ。観光もざっと大型観光地を巡ったのみでカザンラクの廃墟のような心震える場所に出会う事は無かった。初めて訪れたブルガリアの印象は「住むにはいい街・観光には不向きな街」そんな印象だった。

ブルガリアでの滞在を早々に終えて次は隣国、マケドニアへ向かう事にした。

マケドニアにはなにか楽しい物があるだろうか…。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク