【アルバニア・ベラト】EUの中でも滞在費が安くのんびりできる秘境アルバニア。滞在費も安い静かな田舎町ベラトに滞在。

スポンサードリンク



アルバニアについて

名称:アルバニア共和国 (Republic of Albania)

アルバニアの国土は最大で南北で340Km。(東京から仙台、名古屋、新潟までの距離と同じぐらい)

正式な名称はアルバニア語でRepublika e Shqipërise(レプブリカ・エ・シュチパリセ)

シュチパリセとはアルバニア語で「鷲の国」を意味し、アルバニア人が鷲の子孫であるという伝説に由来する。

これに対し、他称の「アルバニア」はラテン語の「albus(白い)」が語源とされ、語源を同じくするアルビオンと同様アルバニアの地質が主に石灰岩質で白いことから「白い土地」と呼んだことに由来する。

1970年代に武装体制を整えたアルバニアは核戦争を想定してシェルターを建設。

現在でもティラナへ向かう道中や街の外れにある観光地では当時のトーチカを見ることができる。

1990年代に国内でネズミ講が流行、1997年には国民の三分の一が全財産を失い、同年アルバニア暴動が勃発。ネズミ講事件までは国を鎖国していたという今までとは一味違う国。

マケドニアから陸路でアルバニアへバスで入国。

アルバニアは銃の携帯が許可されており、バスの車内では腰ベルトに拳銃を付けている人も見かける。

マケドニアからの入国ではバスの車内に警察官が乗り込みパスポートを回収。バスのトランク内を検査。

乗客はパスポートが返却されるまで車内で待機と言う流れ。

首都 ティラナ、世界遺産の街 ベラト、ギリシャとの国境に近い街 サランダ。の合計3都市を訪れた。

ティラナは街が小奇麗で朝から酒を飲んでいる人も多い。

世界遺産の街ベラトは坂道が多く古い町並みが残る。

ギリシャとの国境に近いサランダは海がきれい&程よく都会で過ごしやすい。

アルバニアの人々は素朴で出会った人は良い人ばかり。

街を歩くと古いながらも何処もゴミもなくクリーン。

アルバニアの人は親切で優しく、日本人のように毎日掃除をしている姿を見かける。

東欧で訪れた中で一番住みたいこの国。

1,人のよさ。2、環境の良さ。3,物価安・ご飯がうまい。

通貨はアルバニア・レク。ちょっと日本円に似てる硬貨も親近感あり。

1レク・1円で計算しやすい。

*2018年現在

はじめに

(アルバニアの国境である鷲のマークの銅像)

ティラナで軽く観光をしてアルバニアの雰囲気を感じたところで次の場所へ移動。

次の目的地は世界遺産の街ベラト。

場所はアルバニアの中南部に位置する。

「千の窓の町」と呼ばれオスマン帝国時代に建設された「クラ」と呼ばれる石造の家が山の斜面に続く町並みが見どころ。

(バスの先頭に行き先が書いてある)

マケドニアから乗ってきたバス停では無く別の場所にターミナルがあるので注意。

このバス停からはアルバニア各地への国内バスが発着している。

アルバニアのバスもアジアのバス同様にバスの中に、バナナを売る人やお菓子を売りに来る売り子が乗り込んで来る。

バスはエアコンも&リクライニング完備で快適。

ベラトへのバスは1時間に1本と本数も多いので、当日でも全然乗れる。

予約なども無いので行って「乗りたい」といえばそれでOK。

アルバニア内を移動するバス停はこちら

(バスの時刻表と行き先表示を見ると何処にどのバスが向かうかチェック出来る)

ベラトへ向かう途中、何度かバスが停車して人が乗り降りする。

「イエーイ!ジャパニーズ!!」と乗客のオジサンにすごくもてなされる。

ベラトへ向かう道は海沿いを走っていく。

バスの車窓から見えるアドリア海がメチャクチャ青くてきれいだった。

このバスに乗っている時も乗客の一人は普通に拳銃を腰のホルスターにかけていた。

ただ、昔のアメリカのように「夜になると銃声が聞こえる」なんて事は無い。

何処の国に行っても感じること。

それは郊外に出るとその国の本当の姿が見えるということ。

首都は何処も掘り返されてしまってビルや公園ばかり。

同じような作りになってしまう。

アルバニアも同様。

遠くに見えるアドリア海。

広いオリーブ農園。

馬やロバに乗って農業に勤しむ人たち。

のどかな景色を楽しみながらベラトへの道中を楽しむ。

やっぱり何処の国も楽しいのは原風景が残る郊外。

世界遺産の街 ベラトへ到着

(先の窓の街と呼ばれるガラス窓が特徴的な町並み)

バスはベラトの中心街へ入る。

ベラトの街に入ると一本の道の両脇に建物が並ぶ小さな町。

大きなビルなどの建物は少な街の中心には川が流れている。

この川を隔ててイスラム教とキリスト教の2つの文化が存在している。

アルバニアは欧州で唯一のイスラム協力機構正規加盟国でもある。

しかし、街ではコーランやアザーンを聞くことは無く女性が髪の毛を隠している姿も見ない。

ベラトで宿泊した宿はこちら

Guest House Donend

(共用キッチン・ホストがいつも掃除してくれているので清潔)

共用キッチンはいつも清潔に片付いている。

このゲストハウスは2部屋のゲストルームがあるが、ほとんど顔を合わせる事はない。

隣人がきれい好きな人であれば共用スペースもキレイだ。

複数の人が使うキッチンだとキレイな状態を保つのも難しい。

このゲストハウスに泊まった時も隣にゲストが居たが、キッチン、トイレと共用設備はとてもきれいに保たれていた。

(ベランダからの風景。正面の高い山の頂上がベラト城)

(食器・調理器具など全て揃っていて奥にはガスコンロも設置済み)

3階建ての建物の1階がガスコンロを販売している金物店。

2階はロトができるサッカーバー。

そんな立地の3階にあるゲストハウス。

窓から外は流れる川を見ながらベランダでくつろげる空間つき。

(グーグル翻訳で変換すると、アゼルバイジャン語らしい)

(アルバニアの宿は何処もキレイ・それでいて値段は安くコスパ抜群)

共用のシャワールーム。

洗面台には隣人のシャンプーなどがおいてありました。

いつも石鹸も新品が補充されているし、使い心地最高でした。

お湯はタンク式なので使いすぎるとお湯がでなくなってしまうのがEUタイプ。

日本のいつまでも水を出し続けていられるシャワーは本当すごい。

ベラトの旧市街を散策

(旧市街の中は迷路のように石畳の道が続いている)

(床には石で形作られたスター&ハンマー)

(旧市街の中には道路名が書かれている看板がある)

(足元が滑るのでサンダルで歩くは注意が必要!)

旧市街を散策してみました。

歩いていると“ブドウ”が頭上にアーチのようになっている場所もあります。

EUの古い街は歩いていても楽しい。

住んでいる人に話を聞いたら400年以上前に建築された建物だとも言っていた。

旧市街の街は観光地になっている場所が多いけどアルバニアは人が少ない。

必ず窓から眺めている人が居て目があえば会釈。

そして笑顔!

アルバニアは観光客に、とても優しい国だという印象。

ベラト城への道

(ベラト城へ向かう途中の空き地に馬がいた)

(夕暮れの時間に合わせてベラト城を目指す。街は今でも普通に使われている)

(ベラト城へ向かう途中、レストランやお土産物店がポツポツとある)

(ベラト城の馬と夕暮れのベラトの街)

(城跡からはベラトの街が一望できる。観光客や地元も人も多い)

街の旧市街入り口から山頂まで30分ぐらい。

タクシーで行くのが簡単です。乗ったことがないので料金がわかりません。

かなり急な坂道ですが、登ってしまえばなんとやら。

下から見た時の見た目ほどハードではなかったです。

昼間に行くと入場料が徴収されますが夕暮れの時間近くなら無料です。

さいごに

(警察のバイク車両のお尻にもアルバニアサイン)

国内バスに乗って首都ティラナから2時間半。

少し移動するだけでガラッと景色が変わるのがアルバニアの魅力。

ベラトを歩いた印象は小さな町ということ。

メインロードは500メートル以上、ずっとカフェが並んでいる。

きれいな店、古い店、大きな店、小さな店。

何処のお店に入ってもメニューはほとんど一緒!

そして多少の差あれど基本的に価格設定も同じ!!

一人分なら300円〜500円でイタリアンの食事が食べられます。

イタリアなら€8〜€10ぐらいしそうな料理が割安な価格で食べられます。

オリーブオイルもたっぷりと使った料理が出てくるので健康食が好きな人にもオススメ。

(60円/Kgの玉ねぎ。自炊したら1食100円以下で済んでしまうコスパの良さ!

ベラトではキッチン付きの宿に泊まっていたので食事はほとんど自炊。

外食しても300円でMサイズのピザ1枚が食べられるので食費も安いですが。

3泊4日、滞在したベラトですが「観光地」としての見どころは多くありません!

食費やゲストハウスの価格からするとEUの中でもダントツで長期滞在に向いている場所だと思う国です。

ベラトは夜0時を過ぎても人通りがあるので治安も良いです。

ティラナは夜歩いていて暗い道は少し心細かったです。

とりあえず、川も流れているしスーパーもあるので不自由しません!

ぜひ、EUで長期滞在したい方におすすめしたいアルバニア・ベラトでした。

次はバスで3時間?

ギリシャとの国境に近いサランダという街へ。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク