【アルバニア サランダ】海の見えるアパートで過ごすロングステイ サランダ!近くにある世界遺産 ブルーアイもすごい!!

スポンサードリンク



アルバニアについて

名称:アルバニア共和国 (Republic of Albania)

アルバニアの国土は最大で南北で340Km。(東京から仙台、名古屋、新潟までの距離と同じぐらい)

正式な名称はアルバニア語でRepublika e Shqipërise(レプブリカ・エ・シュチパリセ)

シュチパリセとはアルバニア語で「鷲の国」を意味し、アルバニア人が鷲の子孫であるという伝説に由来する。

これに対し、他称の「アルバニア」はラテン語の「albus(白い)」が語源とされ、語源を同じくするアルビオンと同様アルバニアの地質が主に石灰岩質で白いことから「白い土地」と呼んだことに由来する。

1970年代に武装体制を整えたアルバニアは核戦争を想定してシェルターを建設。

現在でもティラナへ向かう道中や街の外れにある観光地では当時のトーチカを見ることができる。

1990年代に国内でネズミ講が流行、1997年には国民の三分の一が全財産を失い、同年アルバニア暴動が勃発。ネズミ講事件までは国を鎖国していたという今までとは一味違う国。

マケドニアから陸路でアルバニアへバスで入国。

アルバニアは銃の携帯が許可されており、バスの車内では腰ベルトに拳銃を付けている人も見かける。

マケドニアからの入国ではバスの車内に警察官が乗り込みパスポートを回収。バスのトランク内を検査。

乗客はパスポートが返却されるまで車内で待機と言う流れ。

首都 ティラナ、世界遺産の街 ベラト、ギリシャとの国境に近い街 サランダ。の合計3都市を訪れた。

ティラナは街が小奇麗で朝から酒を飲んでいる人も多い。

世界遺産の街ベラトは坂道が多く古い町並みが残る。

ギリシャとの国境に近いサランダは海がきれい&程よく都会で過ごしやすい。

アルバニアの人々は素朴で出会った人は良い人ばかり。

街を歩くと古いながらも何処もゴミもなくクリーン。

アルバニアの人は親切で優しく、日本人のように毎日掃除をしている姿を見かける。

東欧で訪れた中で一番住みたいこの国。

1,人のよさ。2、環境の良さ。3,物価安・ご飯がうまい。

通貨はアルバニア・レク。ちょっと日本円に似てる硬貨も親近感あり。

1レク・1円で計算しやすい。

*2018年現在

はじめに

(サランダは坂が多い。宿は街の至る場所にあってベラトよりも都会)

アルバニア国内を縦横無尽に移動する“ミニバス”に乗って次にやってきたのはギリシャとの国境に近い海に面した街サランダ。ベラトからはバスで3時間ぐらいかな?

(08:00&14:00ベラト発サランダ行きのバス。2本/日)

ミニバスは10人乗りぐらい。

アルバニアのバスは座席が小さく移動中ACをつけない車両もある。ACありに当たるか、なしになるかは当日の使うバスによる。

他の国では見かけないのがアルバニアは道中の休憩所で無料の“湧き水”が無料で汲めるところ。ミネラルウォーターを買わなくても空いたペットボトルに補充することができる。

やっぱり水を買わなくてもいい国が一番楽チン!水も冷たくて美味しい

ということで山のベラトから海のサランダへ移動しました!

結果、サランダは居心地が良くて10日ぐらい同じ宿に滞在してしまいました!

今回の記事は以下の感じで書いています。

1.サランダの町並み
2.世界遺産 ブルーアイ

サランダの町並み

(サランダの街は入江に面した場所に街がある)

アルバニアの各所からバスでサランダを訪れる場合、バスの発着所は一箇所です。

初日はバックパックを背負っていたのでバスの発着所から近い場所に宿を取りました。

その後、街に慣れた頃に丘の上にあるキッチン付きワンルームの家に移動しました。

そのゲストハウスはベランダ付きのシービュー。

丘の上にあるので景色はすごい良かったです!!

記事の後半でゲストハウスからの眺めを紹介します!

(坂の街サランダ。海沿いがメインで一番下になります)

食事をする場所やスーパーなどは坂の下、海の近くがメイン。

なので一日、一回はスーパーに行くために坂を上り下りしていました。

サランダはアルバニアの中でも保養地としてたくさんの人が訪れる観光地。

街を歩いていてもベラト同様に物価も安いし海も見れて最高です。

美味しいジェラートが100円です!

ケーキ屋さんの焼き立てクッキーやスイーツはかなりレベルが高いです。

食べ物に関してはかなりコスパがいいです!

(アパートのベランダからの風景。このベランダに惚れて連泊!)

本当にこのアパートは素晴らしかった!

今まで泊まった宿の中でもコスパ抜群!!

ぜひ長期滞在にもオススメしたいこの宿。

丘の上にある5階建てのアパートの一室です。

連泊していると上の階に住んでいる家族が家賃を取りに来る。

そんな日々でした。

場所はこちら

Apartments Klajdi

サランダではネット環境も万全で毎日テラスでブログの記事を練ったり海を見ながらコーヒーを飲んだり、最高にくつろぐことができました。

冷蔵庫も電気コンロもシャワーもついているので外に出る気が全く起きなくなります!

丘の上なので一回上がると下に降りるのが面倒!って言うこともあります。

サランダの近くには世界遺産のブルーアイと呼ばれる場所があります。

サランダからバスで30分ぐらいだったかな?

料金は200円。

ミニバンに乗って世界遺産のブルーアイに行って来ました。

透明な湧き水が大迫力の世界遺産ブルーアイ

(誰かに落書きされちゃった警告板)

サランダの街で「ブルーアイ?」と聞けばすぐにバスの場所を教えてくれます。

それぐらい人が親切な国アルバニア。旅をしていて危険をまったく感じません。

バスに乗って30分ほど。

事前に運転手に「ブルーアイ」と一言いっておくと到着した時に教えてくれます。

無事にブルーアイの最寄りの停留所?で下車した僕はブルーアイの看板の方へ。

入り口は看板があるのでわかりやすいです。

ここからブルーアイまでは歩いて15分ぐらい。

車も通れる砂道を通って行くのですが砂埃がすごい。

行く人はマスクの役割をするものを持っていくのがおすすめです。

(ブルーアイの水は冷たいです!日本人と比べてEUの人は肌が強い!)

多分、泳ぐのはダメだと思うのですが普通に泳いでいる観光客が何人かいます。

ブルーアイもそれなりに人がいましたが、混雑している感じはありません

それにしても水がきれいです!

アルバニアはバス休憩で湧き水を汲むことが出来たり、野菜が新鮮で美味しかったり自然派の人にはいい場所です!シティ派の人にはちょっと退屈かも。

(湧き出る水を上から見下ろすことが出来る展望台から)

「モコモコモコッ…」

水深の深い場所からは力強く水が湧き出てきます。

この青い部分。

見ていると目が釘付けになってしまいます。

皆既日食を見ている時のような感覚。

自然風景ってやっぱり神秘の連続です!

リュウキュウハグロトンボかな?いっぱい飛んでいました!!すごく深い青!)

(湧き出た水は大きな下流に流れ、水の色を変化させていきます)

画面左上、木製の展望台があります。

上の写真はこの展望台から撮影しました。

左側に水が湧き出る場所があって、下流に向かって水の深さが変化するごとに水の色が変わっていきます。しばらく見ていると陽のあたる場所が変わって別の景色になっていきます。

ブルーアイで1時間半ぐらいチルして来た道を引き返しました。

帰りもバスを降りた場所に止まっていると運良くすぐにバスが止まりました。

サランダを出発する時にはバスの運転手に帰りのバスの時間を確認するのがいいです。

本数はアルバニア各所からサランダへ向かう道中なので本数は多いです。

さいごに

(ベランダからの夕焼け。毎日この景色を€12で堪能できるなんて…)

そうそう。

この宿最初はAgoda経由で予約をしました。

日数は2日分だったかな。

でもトータルで10日ぐらいいました。

一回の延泊はAgoda経由でしたのですが、その時に次回は直接言ってくれれば€2安くしてくれるというディスカウントがありました。Agodaに払う手数料分を安くしてくれたということでした。(親切!)

サランダはアルバニアの中でも観光地ということで「物価が高いのかな?」とか身構えていましたがホテルもスーパーもチェーン店から個人店まで何でも揃っていて不自由をしません。

都会らしく「ネット環境」も抜群でパソコン仕事で長期滞在するにはもってこい。

日本人はまったく見かけませんでした!中国人はチラホラという感じ。

次回は快適すぎたサランダから船を使ってイタリアのバーリへ向かいます。

バーリからは電車で魔術師の街「アルベロベッロ」を観光します。

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク