【海外旅行】

【モロッコ カサブランカ】トルコに続く猫天国!カサブランカで撮る猫コレクション!!

モロッコについて

 

 

 

正式名称:モロッコ王国

44.6万㎡(日本の約1.2倍)西サハラの地域は除く。

 

国民の99%がイスラム教であり街には美しいモスクも多く、英語のロケ地に使われたカサブランカの「ハッサン2世モスク」は必見。

 

首都はラバト、飛行機で他国よりモロッコを訪れる場合はカサブランカ着になる。カサブランカはモロッコ最大の経済都市、そしてアフリカ有数の世界都市。

 

実はモロッコから日本へは貿易の6割近くのタコが輸出されている。僕らの食卓に並んでいるタコもモロッコ産なのかもしれない。観光地以外の家庭でもタジン鍋を使った料理が多い。野菜から魚、肉まで食も豊富な国。物価も安いので食事が楽しい。

公用語はアラビア語とベルベル語。かつてフランスの保護領だった為フランス語も話す人が多く、隣国がスペインでありスペイン語も話す人もおり、モロッコ北側は本当にたくさんの言語を話す人が多いという印象だった。

 

モロッコは北から南まで美しい場所が多い。

旅を始めるなら北にある「青の街」シェフシャウエンからスタートし、南のメルズーガへ向かうのがおすすめ。国内はバスで簡単に移動出来る。価格もEU諸国を移動する費用に比べたら安価。

モロッコの物価はとても安く、EUから来ると居心地が良すぎて、つい長期滞在してしまう。日本人であれば90日未満の滞在はビザ不要。

お土産品は革製品が多く女子ウケしそうなものが多い。革製品は日本に持って帰ると湿気でカビてしまうこともあるのでお手入れに注意。

 

通貨はディルハム。

2018年07月現在。

 

↓大体これぐらい↓

1ディルハム=11.60円

ミネラルウォーター 1リットル=3-6ディルハム。

ミントティー=5~6ディルハム。

 

 

 

 

 

 

はじめに

(SUZUKI??USUKI??スズキ???)

 

 

こんにちは!
筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

イタリアを出発して三時間半。

初のアフリカ大陸、モロッコにやってきました。

 

パキスタン~トルコの移動以来の飛行機移動。

短時間であっても飛行機の移動って苦手…。

 

荷物を預けて、セキュリティチェックをして…。

三時間のフライトなのに半日は空港にいなければいけなかったり。

 

そんなこんなで飛行機での移動も離陸してしまえばあっという間。

モロッコのカサブランカに到着。

 

空港を降りて思ったことはEUよりも湿気が多いということ。

背中とお腹のバックパックが肌にあたる部分からは汗が吹き出す。

 

まずは下調べしておいた安宿のある場所へ向かう。

 

 

 

電車の詳細はモロッコ国鉄サイトをチェック

 

市内中心部の駅はロアジス駅、まずはここを目指す。

 

そこで電車を乗り換えて、お隣の「カサ・ヴォヤジャー駅」へ。

安宿が集まるのはだいたいこのあたり。

 

モロッコは空港から外に出る事なく鉄道駅に入る事が出来るので便利。

インドのように空港を出た瞬間に、リキシャメンに囲まれる事もない。

 

宿はもちろん、この地域で最安値の場所へ。

時たま日本人も訪れるというHotel Touringと言う宿へ。

ツーリングと書いてあるけどバイクとかは全く関係なさそうな宿…。

 

価格は日本円で1,500円/泊ぐらい。

トイレ、シャワーは共用。

 

そんな宿にチェックインし、2日間の予定でカサブランカ市内を散策。

 

駅から宿へ歩いていると、今までとはなんだか違う雰囲気…

 

「怖いなぁ…」「なんか変だなぁ…」

 

ほとんどのお店がシャッターを締めていて人通りも少ない。

お店もほとんど開いていないようだし…。

 

あれ?

ここって危険な地域??

 

 

モロッコの6月はラマダンの月だった!!

(ホテル近くにある中央市場はローカルな魚や果物、肉などのお店がある。観光客向きではない感じ。)

 

夕方にカサブランカへ到着したモロッコ1日目。

昨晩は薄暗い部屋で窓から階下の景色を眺めながら過ごした。

 

そして翌日…。

10時ぐらいに同じように階下の景色を眺める。

昨日の夕方と同じような景色だった。

 

ほとんど人が歩いていない。

人も少ないがお店もほとんど営業していない様子。

鉄格子の柵・シャッターが閉まっている店がほとんどだ。

 

宿のおじさんに話を聞けばなるほど納得!

どうやら6月はイスラム教のラマダンの月になっているよう。

 

人生初のラマダンを経験する。

 

 

ラマダンとは??

「ラマダーン」を、断食のことと誤って捉える人も少なくないが、ラマダーンとは、あくまでもヒジュラ暦における月の名である。ただし、ラマダーンという言葉が断食を今日では意味することも増えてきている。

ヒジュラ暦で9月を意味するラマダーンに、コーランが預言者ムハンマドに啓示され、イスラム教徒にとって、ラマダンは「聖なる月」となった。

この月において、ムスリムは日の出から日没にかけて、一切の飲食を断つことにより、空腹や自己犠牲を経験し、飢えた人や平等への共感を育むことを重視する。また共に苦しい体験を分かち合うことで、ムスリム同士の連帯感は強まり、多くの寄付や施しが行われる。

断食中は、飲食を断つだけではなく、喧嘩や悪口や闘争などの忌避されるべきことや、喫煙や性交渉などの欲も断つことにより、自身を清めてイスラム教の信仰心を強める。

*wikipediaより抜粋

 

そんなラマダン月とは知らずに降り立ったモロッコ。

それまで恥ずかしながらラマダンの事はよく知らなかった僕。

 

それを知らずにカサブランカの街を見た時には、街が閑散としすぎてて

「来ては行けない場所に来たのか?」

ホテルにチェックインして窓から外を眺めてそう思った。

 

それも午前中までのお話。

夕暮れに近くなると町には車や人が往来するようになった。

 

そのタイミングに合わせ僕も街歩きをして見ることにした。

それにしてもカサブランカってあまり見るところなさそうね。

 

 

 

(モロッコのスーパー。ラマダン中は外でおおっぴらには飲まないことに)

 

イスラム教徒はラマダン中、飲食・喫煙・などを全くしない。

 

僕は非イスラムなのでラマダンはやらなくてもいいはず。

それでも皆が飲まず食わずで過ごしているので。

 

人前では水を飲んだり食事をしたりすることも遠慮することにした。

 

「観光客は気にすることはない」

 

宿の主人に言われるが宗派が違えど同じ人間。

郷に入れば郷に従え。僕も日中は水以外は口に含まない事にチャレンジしてみた…。

 

でも街歩きをしているとやっぱり喉は乾く。

なので人目を気にしながらリュックの中のお水をコソっと飲んだりしてた。

 

聞けば基本的にラマダン中は日中は働かず夕暮れや日が落ちてから働く人も多いらしい。

イスラムの国は夜も結構遅くまで活動していて朝のスタートは遅めらしい。

 

 

観光地よりも猫探しにハマる

(モロッコは街中が猫カフェ状態!イスラムの国は猫好き!!)

 

カサブランカは観光地というよりもビジネスの街。

大きなビルやホテルがそびえ立つ場所。

 

残念ながら写真に撮って面白そうな場所は見つからなかった。

そんなカサブランカのなかでも有名なものが2つ。

 

「10万人以上が一度に礼拝出来る超大型モスク」

「映画カサブランカのロケに使われたホテル」

 

モスクは見に行けるとして映画はよくわからん。

結局、目的地はモスクのみとなってしまったカサブランカ観光。

 

これはそうそうに次の町に移動しなければ…。

と思いながら街歩きをしていると…。

 

目に入ってくるのは愛らしいアイツら…。

 

猫!猫!!猫!!!

 

なんだぃ!

有名な観光地がなくとも猫がいるじゃないか!

 

ということでカサブランカでの観光はモスクのみに決定!!

あとは猫を眺めて触って猫カフェして過ごそう。

 

いやーかわいい。

セクシーなメス猫から、男らしい立派なタマっころがついた猫まで…。

 

まさに猫天国!!

カサブランカ猫コレクション♪

 

*今回の記事は猫写真集です。

 

・ハッサン2世モスク
(映画、ミッション・インポッシブルのロケで使われる)

 

・映画 カサブランカ
(1942年製作のアメリカ映画

 

 

 

カサブランカ猫コレクション

 

猫ファイル ナンバー1

(おっかなびっくり、スタンダードな紳士さん Mサイズ、推定2歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー2

(洗剤容器の水がお気にいり、猫背さん Mサイズ、推定2歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー3

(毛羽立ってウインク、ぶち上げテールさん Mサイズ、推定2歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー4

(模様か汚れか分からない耳毛いっぱいさん Sサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー5

(小顔で耳が大きいのが特徴、小西真奈美さん Sサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー6

(天然ネイルサロンでお手入れ中の反り腰さん Sサイズ、推定1歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー7

(日陰でほっこり、微動だにしない貫禄猫さん Mサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー8

(モジャモジャヘアーのフワ子さん Mサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー9

(愛嬌たっぷり 猫なで声が美声さん Sサイズ、推定7歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー10

(安全地帯からこんにちは猫さん Sサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー11

(八百屋で店主と一緒に店番する美猫さん Mサイズ、推定3歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー12

(鋭い目つきで俊敏な動きの黒猫さん Sサイズ、推定3歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー13

(カキの箱がお気に入り。「話しかけんなよ!」猫さん Sサイズ、推定5歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー14

(幸運を運んで来るオッドアイさん Mサイズ、推定3歳。)

 

 

 

猫ファイル ナンバー15

(食べ物物色中、忍び足さん Mサイズ、推定3歳。)

 

15匹の猫さんたちに登場してもらいました。

カサブランカは本当に猫天国。

 

どの猫もとっても愛想が良い子ばかり。

イスラムと猫はとっても親密な関係。

 

イスラム教は猫さんはとっても大切にされます。

その理由はいつくかあるそうですが…。

 

1.イスラム教の開祖ムハンマド氏のペットであった。

2.グルーミングをする=清潔な獣とされている。

3.疫病の原因であった猫を退治する為のペットとして。

 

パキスタン~トルコ~モロッコ。

このイスラム圏はどこを歩いても本当に猫だらけ。

 

今までの旅して来た国の中でも猫が多い国=居心地がいい国。

10日以上滞在して貰う国ってそんな国が多かったかな。

 

ヒンドゥー教が多いインドでは、猫はほとんど見ない。

その代わりに野良犬ばかり。

 

日本では野良猫も野良犬もほとんどみない。

しかも動物を捨てちゃう人が多い。

 

この国では街中の人が野良さんたちに餌をあげてる。

猫と犬の距離が人間とすごく近い。

 

猫を大満喫したところで時間も夕方に迫ってきた。

この時間になると閉まっていたシャッターが開き商店も仕事始め。

 

さぁ食事をしながらハッサン2世モスクへ出かける事にしよう。

 

 

ハッサン二世モスク

(異教徒でもガイドを付けると中を見学する事が出来るハッサン2世モスク)

 

 

 

 

宿から歩いて30分ぐらいでモスクへ到着。

モロッコのスーク(商業市場)を歩いてモスクへ向かう事に。

 

このスーク。

地図を見れば一目瞭然。

 

中は迷路のようで初めて訪れた人は必ず迷子になる。

マップアプリを活用して街歩きをするのがオススメ。

 

グーグルマップのオフライン機能やMaps meなどのオフラインでも使えるアプリをDLしておこう。Free Wi-Fiが町中にはないので現地で使えるSIMを持っていると安心感UP。

以下の3つの地図アプリを駆使して迷いながら観光を楽しもう。

 

グーグルマップ

 

 

Maps me

 

 

OsmAnd

 

 

日本でWi-Fiを契約していくのも楽なのでおすすめ。



 

 

 

 

 

(1993年に完成したモスクなのでピカピカ!)

 

 

 

 

(荘厳な作りのドア。外から中をチラ見するだけならガイドナシでもOK)

 

 

 

(国民の寄付やUAEなどの寄付を得て作られたモスク。推定工事費 €585万とのこと)

 

 

スークの迷路と物売りの勧誘を抜けてたどり着いたハッサン2世モスク。

さすがカサブランカ随一の観光名所だけあってその姿には圧巻!

 

このモスクは最大で10万人以上の人が一度に礼拝出来るほどの大きさ。

モスクの外には何十メートルと言う絨毯が敷かれ、大型のスピーカー。

そして放送車両も待機していた。

 

警察の警備も厳重で、これから礼拝が始まるような雰囲気でもあった。

いったいこれだけの大きさの場所で一度に礼拝が行われるその姿…。

想像するだけでも壮大なイメージが湧く。

 

グルっとモスクを見学し荒々しい北大西洋の海を見て観光は終了。

暗くなってからは、少し治安が悪い雰囲気のカサブランカ。

 

夜になってオープンした近くの飲食店で食事をする。

メニューはよく読めないけどビリヤーニ系(ピラフ)を食べることに。

 

 

おわりに

(最後の最後までネコ以外撮るものがなかったカサブランカ)

 

2日間滞在したカサブランカ。

町の散策とモスクを見学、そしてネコと戯れて過ごした日々。

 

記事に書いてもあまり印象に残っていないのよね…。

ホテル・高層ビル・その横にはゴチャゴチャした迷路のようなスーク。

 

都会のカサブランカはバックパッカーの僕にはあまり魅力的ではなかった。

明日の電車で次の目的地、マラケシュへ向かうことに…。

 

それにしても何処の国も都市部というのは似たりよったりだなぁ。

そんなふうに思いながら暗いhotelの部屋で就寝。

 

僕の好きな言葉…。

旅人である僕に時々、道行く人がかけてくれる言葉。

 

 

「インシャアッラー」

(やるべき事をやり、その結果は神のみぞ知る)

 

 

明日もいい日でありますように。

 

 

 

 

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。