【海外旅行】

【モロッコ マラケシュ】ガラの悪い連中やスリに注意!! マラケシュの街歩きは注意して!!

モロッコについて

 

 

 

正式名称:モロッコ王国

44.6万㎡(日本の約1.2倍)西サハラの地域は除く。

 

国民の99%がイスラム教であり街には美しいモスクも多く、英語のロケ地に使われたカサブランカの「ハッサン2世モスク」は必見。

 

首都はラバト、飛行機で他国よりモロッコを訪れる場合はカサブランカ着になる。カサブランカはモロッコ最大の経済都市、そしてアフリカ有数の世界都市。

 

実はモロッコから日本へは貿易の6割近くのタコが輸出されている。僕らの食卓に並んでいるタコもモロッコ産なのかもしれない。観光地以外の家庭でもタジン鍋を使った料理が多い。野菜から魚、肉まで食も豊富な国。物価も安いので食事が楽しい。

公用語はアラビア語とベルベル語。かつてフランスの保護領だった為フランス語も話す人が多く、隣国がスペインでありスペイン語も話す人もおり、モロッコ北側は本当にたくさんの言語を話す人が多いという印象だった。

 

モロッコは北から南まで美しい場所が多い。

旅を始めるなら北にある「青の街」シェフシャウエンからスタートし、南のメルズーガへ向かうのがおすすめ。国内はバスで簡単に移動出来る。価格もEU諸国を移動する費用に比べたら安価。

モロッコの物価はとても安く、EUから来ると居心地が良すぎて、つい長期滞在してしまう。日本人であれば90日未満の滞在はビザ不要。

お土産品は革製品が多く女子ウケしそうなものが多い。革製品は日本に持って帰ると湿気でカビてしまうこともあるのでお手入れに注意。

 

通貨はディルハム。

2018年07月現在。

 

↓大体これぐらい↓

1ディルハム=11.60円

ミネラルウォーター 1リットル=3-6ディルハム。

ミントティー=5~6ディルハム。

 

 

 

 

 

 

 

はじめに

(カサブランカからマラケシュまでは電車の移動が便利)

 

こんにちは!
筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

数日過ごしたカサブランカを後に次に訪れた観光地はフナ広場で有名なマラケシュへ。

今のモロッコはイスラムのラマダン月で昼間は人も少なく閑散とした感じ…。

 

マラケシュは観光地だからラマダン月でもカサブランカのように閑散とした感じはなさそう。

そう祈りながら、カサブランカからマラケシュまでは電車で移動することに。

 

 

快適電車旅!! 個室のコンパートメントは席選びが鍵!!

(マラケシュはモロッコの観光巡りの真ん中ぐらいの場所にある)

 

カサブランカからマラケシュまでの移動時間はだいたい4時間〜5時間ぐらい。

インドの電車のような汚さも無いし、盗っ人の心配もなく安心安全に移動出来ました。

 

 

そうそう。

モロッコの電車って座る席が6席ぐらいの向き合い席の個室になっています。

 

それで知らない人とガラス戸で締め切った空間の中で過ごすのですが、なるべく家族連れとかっぽい人が陣取っている個室に座るのがオススメ。

 

若造のいるようなグループとかと一緒の席になるとうるさい。

 

 

(カサブランカ〜マラケシュ間は電車移動が一番コスパよし)

僕の場合は幸いにも誰も乗っていない席に乗れたし、後から乗ってくる人もおとなしそうな人だったので快適に移動する事が出来ました。

 

乗っていると途中で切符のチェックに係員が回ってきます。

電車を降りるまでちゃんとチケットは持っておきましょう。

 

 

参考にさせて頂きました。

こちらのサイト。

 

ありがとうございます。

 

 

 

駅からフナ広場まではタクシーで移動

(マラケシュの観光地といえばこのフナ広場。駅からはタクシーで15分ぐらい)

 

マラケシュ駅を降りた第一印象は「街がきれいじゃん!」

 

そう!街がきれい!!

今まで見て来た国とは全く違った感じ!!

 

 

(駅から旧市街へ向かう途中にある公園のモニュメント)

 

カサブランカは大きなビルがあるのに人がいない!

そんな場所だったけどマラケシュはさすが観光地。

 

駅前には人も沢山いるし、大体の観光客はフナ広場に行くのでタクシー移動も楽。

モロッコはタクシーがかなり激安だと思うので、かなり便利に使えます。

 

たしか駅からフナ広場まで他の旅行者と2人で相乗りしても2人で100円ぐらいだったと思う。

ちゃんとメーターで行ってくれるのでそこまで警戒しなくても大丈夫。

 

タクシーの注意点としてはモロッコのタクシーは…。

というかモロッコ全体で感じたことはお釣りの返し方が適当なので運転手はお釣りを持っているのに普通に「持ってない」とか言ってきます。

 

お釣りはチップとしてあげちゃうけど小銭が活躍する国でもあります。

 

 

 

 

日本人の利用客も多いHotel Medinaに宿泊

(モロッコの宿はリヤド(中庭・吹き抜け)の内装が魅力的)

 

マラケシュ観光のメインはフナ広場を中心に、周辺のメディナ(旧市街)での街歩き。

今回はHotel Medinaという宿に宿泊。

 

日本人のバックパッカーもけっこう来るみたいで宿のスタッフもジャパニーズにはとっても親切。部屋も快適だし、内装がオシャレ!!

 

別の街に行く時には一泊だけ予約して、気に入れば直接宿の人と交渉して延泊するのが良い。

最初の1泊はネット経由で気に入れば直接交渉するのがオススメ。

 

モロッコとかアジアならその辺ゆるいのでよっぽどの繁忙期じゃなければ直接延泊の交渉をしても断られる事はほとんど無いと思う。

 

無事にチェックインも済ませた所で早速観光に出発です。

 

 

場所はこちら

 

 

マラケシュ観光!

先に言っておくとモロッコで訪れた中で一番治安が悪い場所がマラケシュです!

スリやボッタクリをする輩がマジで多いので注意しましょう。

(体験談・詳細は後に説明します)

 

 

 

昼のフナ広場

(昼のフナ広場は軽い軽飲食が出来るお店や土産物を売っている露天商が多い)

 

まずは昼間のフナ広場を散策。

いやー歩いていると色々な物売りが声をかけてくる…。

 

インドみたいにリキシャとかガイドとかじゃなくてなんでもかんでも。

ヘナタトゥーからおもちゃ、飯屋からサングラスから…。

 

カサブランカのようなビルやコンクリートが多い街とは全く違う感じ。

ラマダン月だというのにあまりそれも関係なさそう。

 

さすが観光業の街。

 

イスラム教の人は昼間は水や食べ物を口にしている姿は見ないけどお店は普通に開いている。

レストランが閉まってることとかも無いので普通に安心して歩ける…

 

 

かと思いきや…。

 

歩いているとなんだか違和感…。

後ろから数人の小汚いガキがついて来ている。

 

カメラを首からぶら下げて写真を撮影しながら歩いていると、ガキ達の距離もどんどんと近づいてくる。おや?なんだか「ハロー」「ハロー」と言いながら気づけばガキに囲まれている。

 

やっぱり子供は何処の世界もかわいいもんだなぁ…。

なんて思いながらもジャパニーズらしく愛想振りまきながら歩いていたら…。

 

目の前にやったらめったらぬいぐるみや、光モンをちらつかせてくる。

正直ちょっと鬱陶しいぐらいに。

 

「OK!OK!わかった!わかった!!」

 

と…

いいながら足を進めてスルーしていると腰に付けたウエストポーチにゴソゴソと違和感…。

 

バシッ!!

 

ウエストポーチに手をおいて見ると、ガキの一人がポーチのジッパーを開けて中に手を突っ込もうとしていた!!スリ野郎!!ガキはスリ集団だった!!!!

 

僕はその手を思いっきり掴んでひっぱたいてやった。

するとスリ集団のガキ達は蜘蛛の子を散らすようにとっとと逃げていった。

 

しかもちょっと離れた所で「ペッ!」っと唾を床にはきながら…。

 

 

数メートル先には警察もいるけど見ているようで見ていないフリ。

この瞬間にマラケシュって街はカサブランカとは違って危険な街だってことを確認した。

 

モロッコだなぁ…。

それからウエストポーチは肩掛けで完全に目の届く場所に。

 

とりあえずガキ共も追っ払った所で再び広場を散策することに。

フナ広場は凄い数の露天がある。

 

ジュースならジュース。

とうもろこしならとうもろこし。

 

そんな感じでジャンル分けされていてお店には番号が振ってある。

お気に入りのお店を見つけたら番号で覚えておくのが良い。

 

それぐらい特徴のないぐらい同じような佇まいで露天が整列している。

 

 

 

(フレッシュジュースのお店も多い。モロッコはフルーツが安くてうまい!)

 

ガキ集団の魔の手から離れてお店が集中するエリアを歩いて見ることに。

そこで沢山目に入ってくるのがオレンジジュースの露天。

 

グラス一杯4ディルハム=45円ぐらい。

モロッコは冒頭にも書いた通り1円=1.1円ぐらいのので計算しやすい♡

 

オレンジジュースも安くて美味しい!

この写真のお兄ちゃんのお店が美味しかった!!

 

でその後に「もう一杯!」別のお店で飲んでみようと思って立ち寄って見ると…。

グラスで注文したのに、持ち帰り用の紙コップに入れられて+1ディルハム…。

 

コソコソとぼったくってくるのでマジでマラケシュのコスさには注意ですw

アラビック系は何処も結構せめて来る来る!!

 

さて、つづいてはフナ広場からモロッコ名物の迷路のようなメディナ(旧市街)に潜入!

 

 

危険と魅力が隣り合わせの迷路 メディナ(旧市街)へ突入

(フナ広場を中心にマラケシュのメディナは迷路のように入り組んでいる)

 

モロッコの何処にでもあるメディナ(旧市街)やスークと呼ばれる迷路のような路地。

モロッコの何処の都市でも大体は旧市街と新市街とといった感じでエリアが分かれているけど観光として歩いて楽しいのはやっぱり旧市街。

 

メディナ(旧市街)の中は人でごった返していて東京、上野のアメ横状態。

基本の基本!スリや泥棒、強引な物売りがメチャクチャ多いので注意して歩こう。

 

かばんはもちろん前掛けで!絶対に背中にしょったりしちゃだめ!!

カメラやアクセなど高価な物をチラチラ見せびらかせるように歩かない。

 

僕がその時一緒に居た日本人の女性旅行者は突然、物売りに腕を掴まれ「買え!」と強引に迫られました。インドと違ってモロッコはこの手の輩は攻めてきます。

 

 

(猫もかばんも体の前にかけるように持ってあるこうw)

 

そして、メディナ(旧市街)を歩いているとよくモロッコの現地人に話しかけられます。

 

「ガイドはいらないか?」
「無料だから大丈夫」
「〇〇に行きたいならこっちだよ」

 

「ガイドするから」や「無料だから…。」

というのは僕のサイトのような貧乏旅行記事を読んでおられる「旅慣れさん」なら簡単にスルー出来ると思うのですが、マラケシュ特有の厄介なのが最後の「〇〇に行きたいならこっちだよ」です。

 

何がやっかいかというと、自分の進行方向に頼みもしないのに付いてきて、強引に道を半ば塞がれたり、避けたりしているうちに裏路地に誘導され、突然数人の詐欺師達の仲間に囲まれて金銭を要求される。

 

という半分恐喝のようなことがあります。

実際に僕が泊まっていた宿にいた旅行者がこの手口で50ユーロを巻き上げられたそう。

 

迷路のようなメディナ(旧市街)は人通りは基本的に人通りが多いのですが、一本裏道に入ると人が全くいなくなる場所もあります。助けを呼ぶこともできません。

 

本人の意思で無視しているはずが気づけば詐欺師のペースに巻き込まれている。

という流れです。

 

実際に遭遇した人は、若い男性の旅行者で体も大きい男性でしたが、かなりガラの悪い連中(顔や体が傷だらけ)に路地裏で囲まれ、お金を払わないと逃げられない状況になったので仕方なく払いその場をなんとか逃げることができたそうです。

 

マラケシュはモロッコの観光地の中でも治安が悪い場所だと思う。

 

 

 

 

革製品などのお土産品選びは楽しいマラケシュ市場

(革製品選びや革染めの見学が出来る、革製品好きにはたまらないモロッコ)

 

怖い話ばかりしてみたけど、注意して歩いていれば街歩きは楽しいマラケシュ♪

バックパッカーなら安心安全すぎる旅よりも少しだけ刺激的な旅を期待したいもの♡

 

まだこの時点ではモロッコはカサブランカ、マラケシュと2都市しか巡ってないけどモロッコで有名なのが「革製品」。

メディナ(旧市街)を歩けば靴からかばんから沢山の革製品が売られている。

 

そして革を実際に染色している工場も見学出来るので興味がある人はどうぞ。

臭いが結構キツめだけど見たことない人には良い刺激になると思うのでぜひ!

 

↑これも出かける前にゲストハウスの人とかに場所とか聞いてから出かけよう。

あとメディナ(旧市街)の中で迷ったらお店の人に質問するとか。

 

前に書いた通りガイドを名乗り出てくる輩や詐欺師も多いので、そういう奴らに案内させたり着いていっては「ダメゼッタイ」

 

 

 

 

 

(絨毯・タジン鍋などカラフルな陶器選びも楽しい)

 

モロッコ単発で観光に行くのなら陶器のお土産もオススメなところ。

今回の僕の旅はこれからもまだまだ旅を続けるので陶器類は買わなかったけど。

 

バックパッカーで陶器やガラスを持って歩くなんて重いし、割れちゃったらお終いだし。

もし単発で買い物旅に行くのならモロッコはお土産天国。

 

あとトルコ!!

トルコランプとか日本よりもメチャクチャ安く買える!!

 

モロッコ・トルコはマジで雑貨天国!

女子旅にも超おすすめ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔のマラケシュの写真が興味深いギャラリー&カフェ

(昔のマラケシュや写真展示されているギャラリー、屋上のカフェもオススメ)

 

トボトボと物売りや詐欺師からのアプローチ。

インドやパキスタンとは違った雑踏とホコリまみれな街歩きに疲れた時にはここ。

 

マラケシュの昔の写真が展示されているHouse of Photography in Marrakech

もちろん、店内はインドのマクドナルドのように外界とは完全に切り離された空間。

 

落ち着けて静かに心と体を休めることが出来る場所。

屋上にはマラケシュの街とアトラス山脈を見渡すことが出来るテラスが併設。

 

 

 

(屋上のカフェにいたモロカンブラック猫さん Mサイズ)

 

小さいスペースだけど屋上のテラスからは遮る物が何もないので遠くまで広く景色が見渡せていい感じ。

 

モロッコ特有の乾いた風も心地よくてついつい猫と一緒に長いしちゃう場所。

シャープな顔つきでカッコ可愛い猫だったなぁ。

 

 

場所はこちら

 

 

 

夜のフナ広場

(昼と夜は露天がいっきに入れ替わり売り物もガラッと変わる)

 

街歩きをして、今度は夜のフナ広場を散策してみます。

夜になるとメディナ(旧市街)の方はお店が閉まり人通りも少なめ。

 

マラケシュで夜遊びするなら新市街かこのフナ広場。

これが夕方ぐらいになるとガラッと露天のお店が変わっていく。

 

昼間に出店してたお店が何処かへ移動してなくなり、その場所に新しい露天のお店が登場。

売り物はタジン鍋を中心としたモロッコ料理の屋台に早変わり。

 

このフナ広場の全体を眺めることが出来るカフェがいくつか広場の周りにあるので、そこから昼と夜が変わる様子を眺めるのも楽しいです。

 

 

(ほとんどが観光客ばかり。モロッコ人はあまり見かけないような…)

 

こんな感じでテーブルに椅子。

屋台がずらりと並びフナ広場の夜の部がスタートします。

 

まるでタイの街中にある屋台が一箇所に集まったような感じ!

これも昼のフナ広場と同じようにお店ごとに番号が振られているのでお気に入りのお店を発見したら番号を覚えておくと便利!!

 

これがにぎやか!

何処からもいい匂いが漂ってくるので歩いているだけでお腹が空いてきちゃう。

 

 

 

(正面の男がメニューを持ってこちらに近づいてくるんだけど…。)

 

そんな夜祭りのような楽しそうなフナ広場の夜。

だけどやっぱりここは昼も夜もマラケシュ。

 

残念ポイントが。

 

すっごい客引きが強引…。

 

 

凄い勢いでメニューを見せてくるけどどこの店のメニューも内容は一緒。

フランス語、英語、スペイン語、のメニューを持っているかいないかぐらい。

 

同じ印刷屋が作っているんじゃないかと思う位メニューの順番も一緒で同じ食べ物。

そんなレストランが数十件も立ち並ぶ夜のフナ広場。

 

客の取り合いも凄まじく、歩いていてメニューを見せられた後に別の店で食事をすると背後から「なぜ自分の店で食事をしないんだ⁉」と怒鳴られる始末。

 

その姿を見て一緒の店で食事をしていた他の観光客も「えぇえ…」って顔で苦笑い。

しかも食べている店の人間は知らん顔。

 

おっそろし。

 

 

さいごに

(喧騒から少し離れた場所から見る夜のフナ広場はきれい)

 

トータルで3日滞在したマラケシュ。

最初の1日は観光をしたりして回ったけどあとの2日は宿でのんびり。

 

お気にいりの店を見つけて朝、昼、夜とそこで食事をしたり、野良猫と遊んだり。

マラケシュは歩けば疲れるそんな街。

 

「ヘイ フレンド! ハシシを買わないか?」

「ヘイ!フレンド!お前の時計を売ってくれ。というかくれ!」

「おい!バーカ!バーカ!!」

 

もう耳栓が必要なぐらい体力を奪われ疲れる街マラケシュ。

インドのデリーと近い感じでHPを奪われる街だった。

 

悪いことばかり書いてしまったマラケシュだけど、モロッコらしい雰囲気を感じられる場所でもあるしモロッコに訪れたら一度は必ず訪れて欲しい場所だとも思う。

 

モロッコ人やアラビック系の商売っ気の強さ、スリやそれを見ても無関心な警察の姿。

ヨーロッパ大陸に近いとはいえアフリカ大陸であるモロッコを強く感じられる場所。

 

繰り返しになるけどお土産選びや街歩きは楽しいので、そのあたりはオススメ。

ただ、危険も多いので自分の中でしっかりと注意しながら歩きたい場所。

 

 

次の目的はサハラ砂漠のある街メルズーガ。

どんな場所になるのかお楽しみに…。

 

 

訪れて記事を読んでくれた方へ。

どうもありがとう(*^^*)

 

 

 

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。