【モロッコ サハラ砂漠】ATMのある街リサニへ!!観光客のいないリアルモロッコを歩く!!!

スポンサードリンク



モロッコについて

正式名称:モロッコ王国

44.6万㎡(日本の約1.2倍)西サハラの地域は除く。

国民の99%がイスラム教であり街には美しいモスクも多く、英語のロケ地に使われたカサブランカの「ハッサン2世モスク」は必見。

首都はラバト、飛行機で他国よりモロッコを訪れる場合はカサブランカ着になる。カサブランカはモロッコ最大の経済都市、そしてアフリカ有数の世界都市。

実はモロッコから日本へは貿易の6割近くのタコが輸出されている。僕らの食卓に並んでいるタコもモロッコ産なのかもしれない。観光地以外の家庭でもタジン鍋を使った料理が多い。野菜から魚、肉まで食も豊富な国。物価も安いので食事が楽しい。

公用語はアラビア語とベルベル語。かつてフランスの保護領だった為フランス語も話す人が多く、隣国がスペインでありスペイン語も話す人もおり、モロッコ北側は本当にたくさんの言語を話す人が多いという印象だった。

モロッコは北から南まで美しい場所が多い。

旅を始めるなら北にある「青の街」シェフシャウエンからスタートし、南のメルズーガへ向かうのがおすすめ。国内はバスで簡単に移動出来る。価格もEU諸国を移動する費用に比べたら安価。

モロッコの物価はとても安く、EUから来ると居心地が良すぎて、つい長期滞在してしまう。日本人であれば90日未満の滞在はビザ不要。

お土産品は革製品が多く女子ウケしそうなものが多い。革製品は日本に持って帰ると湿気でカビてしまうこともあるのでお手入れに注意。

通貨はディルハム。

2018年07月現在。

↓大体これぐらい↓

1ディルハム=11.60円

ミネラルウォーター 1リットル=3-6ディルハム。

ミントティー=5~6ディルハム。

はじめに

(同じ場所から見る景色でも、毎日変わるサハラ砂漠の姿)

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

最近、自分のアバターを作ってみました!

アバターと会話風に出来るチャットプラグインを記事内に取り入れてみます。

試行錯誤しながらのブログ運営で読みにくい箇所もあるかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

じゃ本編のスタートです!!

さて、予定よりも長く?

予定なんて無いけど滞在が長引いているハシラビード。

理由はサハラ砂漠が魅力的すぎるから(´Д⊂ヽ

毎日、天気は良いし砂漠の色が朝昼晩って変化する。

【オレンジ色、シャンパンゴールド色、黒色などなど】

そんなシャンティな日常を過ごしていたら、あっと言う間に日が過ぎてしまった…。

食費もキッチンが使えるので自炊して1日50円もかからない。

お金を多めに払う時といえば宿代をまとめて払う時。

(オマール君の宿は後払いでOKだというのであまり財布を見てないw)

そんなある日、後払いになっている宿代でも払おうか。

そう思って久々に財布の中身を見てみると…

あれ?現金がぜんぜんはいってにゃい!

リサニに行けばATMあるから一緒にいこう〜。

このハシラビードにはATMがないので現金を引き出す手段はありません。

一番近くの隣の街メルズーガにもATMはあるにはあるのですが…。

まったく使えず…。

カードを入れてもエラーで戻ってきてしまう始末。

宿の主オマール君に相談したらリサニという大きな街へ行けばATMはあるようなので、オマール君に知り合いのオジサンの車をチャーターして貰いリサニという大きな街へATMから現金を出す&買い出しへ行ってきました。

観光地じゃないリアルなモロッコ

(リサニは観光地ではないのでリアルなモロッコの姿を見る事が出来る)

チャーターした車で走ること数十分…。

右手にひたすらと続くサハラ砂漠を見ながらリサニに到着です。

ごちゃごちゃしてて活気がある街だねぇ。

ATMはソッチ。お金下ろしたら市場いってみよう

ハシラビードから一番近い街メルズーガにはATMはひとつだけ。

でもここリサニは何個もあるので大丈夫!

それに一つ目のATMからエラーもなくスムーズにお金が下ろせました。

これで現金の問題は解決!

基本的にハシラビードから出る場合は車をチャーターしないと行けないので大変。

このリサニまで来れば大体の生活に必要なものは手に入りそうです。

さて、

現金も手に入ったのオマール君の案内でリサニの市場を見学です。

フォロー・ミー。こっちこっち~。

おいおい
オマール君歩くの早いぜー

肉や果物を売っているアメ横のような市場をめぐる

(モロッコは野菜や果物が格安!!メロンやスイカが50円ぐらいヮ(゚д゚)ォ!)

(八百屋には猫がいるのはモロッコのデフォルト(ΦωΦ))

ハシラビードに滞在して、自炊をするようになってからすっかりベジタリアン。

時々、ハムや缶詰、なんかの加工食品を買う以外はほとんど卵や野菜中心の生活。

おかげですっかり体も健康的!

インドもモロッコも同じでベジタリアン生活になるので体は超快調!

スイカとかメロンとかフルーツは日本じゃあまり食べないけどモロッコだと毎日食べます!

水を飲む代わりみたいな感覚ですね!!

ちなみにインドだとキュウリを水分補給代わりに良く食べてました。

日本のスーパーで売っているような、きれいな形の野菜じゃなくてみんなバラバラ!

個性的な形の野菜がバケットにゴロゴロ転がって量り売りされてる。

形は悪いけど、味は抜群に日本のより美味しいんだ。

塩コショウ、ブイヨンだけの味付けだけで毎日食べていても飽きが来ない!

僕は日本での食生活も基本そんな感じであまり変化はなし。

ほぼ毎日同じ食べ物を朝昼晩食べても大丈夫。

たまに、日本の友人に旅行していて困る事って話題になると。

「外国の食べ物って合う?日本食が食べたくなっちゃうから辛いんだよねぇ。」

って話が一番に出てくるんだけど僕は真逆。

毎日自炊して同じ物を食べていた方が体調管理も楽だし、食費の計算も目処が立つので長期旅行でも食事の事をストレスに感じた事はあまりないです。

(金属加工のお店では職人が金属加工をしている姿も見学出来る)

インドでもモロッコでも工場はどこもオープンな感じになっている。

「じーっと」見学していても、ワーカーのオジサン達は「ニコニコ」と笑っているか、不思議な外国人をを見ているだけ。

邪魔にされもしないし特別構われることもありません。

凄い楽な空気感。

やっぱりモロッコは自分にとってはかなり居心地のいい国です。

(市場の中は野菜、肉、魚など街売り場が分かれている)

(一番活気のある時間が終わり市場の賑わいも一段落)

(市場は賑わってるけど殺伐としておらず忙しくない雰囲気が心地よい)

上の3枚の写真は市場の中。

午前中の方が市場は活気だっているのですが訪れた時間は午後近く。

この時間になると市場の活気も落ち着いています。

市場では皮と毛が剥かれたヤギの頭や、鶏がそのまま売られているので苦手な人は苦手かも。

ドライな地域なので蚊はいないけど、ハエの量が半端ないです。

こういう発展途上と言うか衛生的な部分がNGな人はモロッコの田舎はちょっときついかも。

僕は大丈夫( ・ิω・ิ)

というか旅を続けていくとどんどん大丈夫になっちゃってたw

さて、市場で野菜や果物を仕入れ、次は外に出て見ましょう。

 青空市場の主役は「ロバ・ヤギ・ヒツジ」

(休憩中の商人達と飯がスイカのロバ)

市場の外に出ると一瞬、クラっとするぐらいの強い太陽の日差しが降り注ぐ。

オマール君に案内され到着したのは家畜の市場。

こりゃリアルに格好いいとかじゃなくて
ターバン欲しくなるね! あっちー!!

見て。見て。
ヤギー、ヒツジー、ドンキー のパークね。

だだっ広い敷地の中にロバ、ヤギ、ヒツジなどの家畜が売られている。

ロバの仕事は荷物運び。
ヤギとヒツジの仕事はミルクを出すこと。
ニワトリのしごとは卵を生むこと。

ヒツジ市場

ロバ市場

(いつもうつむき加減のロバ君、馬と比べて正確は図太いらしい)

(売れ残りなのか、仕事終わりなのか皆がうつむき加減のおつかれ顔)

今まで訪れた国の中で一番ロバを見たのがモロッコ!

僕はそれまでロバがここまで生活と密着している国は見たことなかった。

さらにびっくりしたのがロバの鳴き声!

ロバの鳴き声って初めて聞いた時びっくりした!

なんの音かと思った…。

これが、この家畜市場の色々な場所で聞こえるから
ビビるってかウケるのよw

ちょっとロバ君気になったー!
深堀りしてみよっと♪

ソンナニタノシイの?
ドンキー??


ロバの生態・特徴

乾燥した環境や山道などの不整地に強い。家畜としては、比較的少ないで維持できる。寿命は長く、飼育環境によっては30年以上生きることがある。

ロバとウマは気質に違いがあると言われる。ウマは好奇心が強く、社会性があり、繊細であると言われ、反してロバは新しい物事を嫌い、唐突で駆け引き下手で、図太い性格と言われる[2]

実際、ロバのコミュニケーションはウマと比較して淡白であり、多頭曳きの馬車を引いたり、馬術のように乗り手と呼吸を合わせるような作業は苦手とされる[2]

野生のウマは、序列のはっきりしたハレム社会を構成し群れを作って生活するが、主に食料の乏しい地域に生息するノロバは恒常的な群れを作らず、雄は縄張りを渡り歩き単独で生活する[3]

ロバの気質はこうした環境によって培われたものと考えられる[2]。ただし、アメリカのジョージア州にあるオサボー島で再野生化したノロバのように、豊富な食料がある地域ではハレム社会を構成する場合もある[3]

*Wikipediaより抜粋

なるほどね。

読んでいて気になる部分を太字にして見たけど、基本的に…。


「集団行動よりも単独行動が好き」

「調和が苦手」

「性格は図太くって新しい物事は嫌い」


というのんびりさんなのね。

僕らの人間社会でもいるよね。こういう人って。

あれっ?

僕の事っすかね(*´σー`)

さて、現金をGETしたしハシラビードでは手に入らない食料も購入する事が出来た!

送迎のおじさんも待ってくれている事だしボチボチ、ハシラビードへ帰ります。

リサニの場所はこちら

さいごに

(ハシラビード村にある小学校の壁、アラビア語の下の文字はベルベル語)

カサブランカ、マラケシュ、サハラ砂漠。

今まで3箇所の観光地を巡って来てどの街も同じモロッコなのに全く違う景色や文化。

今回、約2週間滞在したサハラ砂漠の街ハシラビードはかなりの大ヒット。

今まで経験したことがない砂漠の街の生活も見れたし体験も出来た!!

山の生活、海の生活、砂漠の生活、そして僕らが行きている日本の都会の生活。

いったい自分が「何処に住む」のが良くって、何が一番「幸せ」に感じられるのか。

人として自分に与えられた課題を深く考えられる2週間のサハラ砂漠の滞在でした。

ひとり旅=自分との対話する機会を持てることだよね。

japanはtoo much ワークね。

とくに、モロッコに入ってからは、ゲストハウスで出会った旅人、現地の人からの情報を頼りに「訪れる場所と宿を決める」という「出会い」「つながり」の旅を経験しています。

ネット上には沢山の旅情報が溢れていて、移動手段も簡単に見つける事ができます。

ぜひその場所へ自分の足で、行って体験して、感じよう。目に焼き付けよう。

ブログに書いて経験を言語化する事も写真に撮る事も

なにかの形に残して置くことで自分の心の中に鮮明に記録する事が出来る。

何年後も、何十年後…。

自分の経験した事をもっと深く自分の記憶に刻み込む事。

そうした過去の経験や行動が人としての「厚み」を増していく作業になるんだと思う。

死ぬ時に良い人生だったなぁ!
って思えるように生きてたいな!

「さいごに」が長くなってしまいましたが…。

サハラ砂漠は僕に新しいインスピレーションを与えてくれた場所であり、

ついつい長々とアンコールを書いてしまいました

「さいごの」さいごに僕が滞在したハシラビード村がどんな場所なのか?

それを写真で軽くご紹介して今回の記事を終わりたいと思います。

ハシラビード村はこんな場所

(土壁で出来たモロッコの家は築100年以上前の建築も)

知らなかったこと。

サハラ砂漠のあるこの村でも豪雨に見舞われ時期があるようです。

その時は土壁の家は家の中まで泥まみれになって掃除も大変!!

砂漠=雨が全く振らない。

そう思っていたけどそんな事はまったくないようです。

砂漠=雨が振らない。

そう思い込んじゃってた。世界不思議はっけん…。

(モロッコの自転車はシンプルで超頑丈!!自転車は故障が一番少ない乗り物)

「あのおじいさんは80歳を超えているんだよ」

村で出会った英語が少し話せる老人は僕にそう教えてくれた。

80歳を超えた老人?

老人と呼んで良いのかわからない男性の自転車の荷台には自分の背丈以上の荷物。

それでも悠々と自転車のペダルを悪路の中スイスイと進んで行く。

脚力ハンパない!!
しかも悪路をもろともせずに…(汗)

日本では少子高齢化。

都会の安アパートで老人の孤独死が起きている。

そんな日本の東京に生きている僕には不思議で仕方なかった。

ここじゃ老人が老人じゃない。

やっぱり人も車も使わないと駄目になってしまうんだよね。

このイスラムの世界は監視社会。

人が人を監視している社会。

誰かが悪い事をすれば、それがみんなにすぐに知れ渡る。

そうすれば、その人はみんなからそういう目で見られる事になる。

だから結果、悪い人が居なくなる。

完全じゃないけどそういうシステムになっている。

日本はどうだろう?

スマホでコソコソなんでもかんでもムービーで撮影…。

同じ監視でも全く違う監視社会。

監視しているはずなのに手が差し伸べられないって悲しいね。

(森のオアシスには村人が多くの野菜を育てている。その向こうがサハラ砂漠)

歩いてコンビニに行くような感覚でサハラ砂漠に行くことが出来る。

その手前に数キロに渡って広がっている森はオアシス。

灌漑水路が引かれていて、村人は自分の畑を地区ごとに持っている。

オマール君に案内して貰ってオアシスの中を何度も探検した。

そこで採り放題のミントの葉っぱ。

紅茶に入れて飲むオーガニックミントティーの味は最高の味。

夜になると水路にはカエル🐸がいっぱい!

ゲコゲコ ♪ゲコゲコ♪

となりのトトロの世界みたいだった。

コンクリートが使われない、土と石で作られた水路。

砂漠に生きる人の知恵や文化。

ここまで自分の住んでいる世界と違う生活を見ると感じる事が多いよ。

自分だってこういう生活が出来る。

そういう事が出来るっていう可能性を感じられたよ。

具体的には助け合い、コミュニティ。
お金は道具、幸せの探求を止めないってこと

訪れて記事を読んでくれた方へ。

どうもありがとう(*^^*)

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク