【モロッコ トドラ渓谷】日本食が食べれる宿に行こう!満点の星空とからあげ定食の夜!!

スポンサードリンク



モロッコについて

正式名称:モロッコ王国

44.6万㎡(日本の約1.2倍)西サハラの地域は除く。

国民の99%がイスラム教であり街には美しいモスクも多く、英語のロケ地に使われたカサブランカの「ハッサン2世モスク」は必見。

首都はラバト、飛行機で他国よりモロッコを訪れる場合はカサブランカ着になる。カサブランカはモロッコ最大の経済都市、そしてアフリカ有数の世界都市。

実はモロッコから日本へは貿易の6割近くのタコが輸出されている。僕らの食卓に並んでいるタコもモロッコ産なのかもしれない。観光地以外の家庭でもタジン鍋を使った料理が多い。野菜から魚、肉まで食も豊富な国。物価も安いので食事が楽しい。

公用語はアラビア語とベルベル語。かつてフランスの保護領だった為フランス語も話す人が多く、隣国がスペインでありスペイン語も話す人もおり、モロッコ北側は本当にたくさんの言語を話す人が多いという印象だった。

モロッコは北から南まで美しい場所が多い。

旅を始めるなら北にある「青の街」シェフシャウエンからスタートし、南のメルズーガへ向かうのがおすすめ。国内はバスで簡単に移動出来る。価格もEU諸国を移動する費用に比べたら安価。

モロッコの物価はとても安く、EUから来ると居心地が良すぎて、つい長期滞在してしまう。日本人であれば90日未満の滞在はビザ不要。

お土産品は革製品が多く女子ウケしそうなものが多い。革製品は日本に持って帰ると湿気でカビてしまうこともあるのでお手入れに注意。

通貨はディルハム。

2018年07月現在。

↓大体これぐらい↓

1ディルハム=11.60円

ミネラルウォーター 1リットル=3-6ディルハム。

ミントティー=5~6ディルハム。

はじめに

(トドラ渓谷にある通称「のりこハウス」では日本食を食べる事が出来る)

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

砂漠の村、ハシラビード(サハラ砂漠)での滞在を終えて次にやってきたのはモロッコ中部。

ティンジルという場所から近いトドラ渓谷という場所です。

*ティンジルともティネリールとも言うけど、記事ではティンジルで統一します

このトドラ渓谷もモロッコを観光する人の間では立ち寄る人が多い場所!

それはこの場所には有名な日本人が経営するゲストハウス。

メゾン ラ フルール、こと、別名「のりこハウス」があるからです。

このトドラ渓谷にある「メゾン ラ フルール」はハシラビード滞在中にお世話になっていた宿Wilderness Lodgeのオマール君から紹介されたのがきっかけ。

そろそろ別の場所に行くけどモロッコの何処に行くのがいいかなー??

のりこハウスしってる?
日本食食べれるゲストハウスだよ。

世界各国に日本食レストランあり!

日本食は基本、何処の国も少し相場より高めなのでたまにの贅沢です!

トドラ渓谷への行き方は?

(サハラ砂漠からティンジルへの移動もバスで移動です)

マラケシュ〜ハシラビードへの移動と同じ、快適な観光バスで移動します。

バス会社はSupratoursの一択、メルズーガからだと4時間〜5時間ぐらいで、ティンジルに到着します。

移動距離も短いのでマラケシュ〜ハシラビード間よりもずっと余裕です。

ハシラビードのチケット売り場はこちら

バスのチケットの買い方は、ぶっちゃけWebサイトで調べるよりも現地の人に聞いた方が、楽です。ボッタクられる事も多分ないし、チケットオフィスに普通に連れていってくれます。

料金は90ディルハム+荷物代金の5ディルハム。

合計95ディルハム(日本円で1,000円ぐらい)

出発時間はAM:07:30なのでお昼ぐらいにはティンジルに到着します。

(チケットの購入に関してはインドのように騙す輩はいないので心配なし)

ティンジルからトドラ渓谷まで

(トドラ渓谷はロッククライミング避暑地としても人気)

ティンジルにバスが到着します。

何処の国でもお約束のバス停にいるタクシー運転手の客引きが寄ってきます。

ただ、マラケシュとは違いちょっと気の抜けた感じの推しの弱い客引きです。

日本人は大体の人がトドラ渓谷の日本人の経営する2つの宿が目的地。

「メゾン ラ フルール」OR「アーモンド」

この2件の、どちらかに行くかタクシーの運転手に聞かれます。

どちらの宿に行く場合もタクシーの料金は同じ。

「乗り合いタクシーで7ディルハム(77円ぐらい)です」

僕の場合は事前に行く連絡をしていてので、のりこさんがお迎えに来てくれました。

ティンジルの市場で、のりこさんと買い出しをしてタクシーに乗って宿に向かいます。

のりこさんは見た目も優しそうな日本人の人。
サザエさんが持ってるような買い物かごを持って登場♪

トドラ渓谷にある2件のゲストハウスはどちらもHPがあります。

「値段」、「設備」、「宿泊客」 と 2つの宿でも少し色が違うようです。

リンクも貼っておきます。

行かれる方は2件の宿を見比べて宿泊先を決めてもいいかも。

どちらも近いので遊びに行き合いっこ出来ますよ。

僕はオマール君の推薦のメゾン ラ フルールに泊まりました。

宿泊客はメゾン ラ フルールは日本人以外の各国の旅人が訪れる事が多め。

アーモンドは日本人の宿泊客が多いということでした。

メゾン ラ フルール

ゲストハウス アーモンド

メゾン ラ フルールでの宿泊体験記

(トドラ渓谷に近い場所にあるメゾン ラ フルールの建物)

のりこさんとティンジルで夕飯の買い出しをして乗り合いタクシーで宿に到着!

ティンジルの街でアーモンドに宿泊する日本人の女の一緒に相乗りしてきました!!

左手に見える赤茶色の建物が メゾン ラ フルールです。

渓谷にはエントランスやゲートは無いですが。

上の写真の道をまっすぐ歩いて奥へ進んで行くとそこがトドラ渓谷です。

両側を高い岸壁に囲まれる場所に辿り着きます。そこがトドラ渓谷。

両側を覆いかぶさるようにそびえ立つ岸壁の姿は圧巻の大迫力です!

ちなみに、夜に渓谷の方へ行くと灯りがまったくありません。

灯りがないので星空がメチャクチャきれいに見えます。

日本食も魅力だけど夜景&星空も撮影したかったので
トドラ渓谷に近い宿はラッキーでした!

メゾン ラ フルールの素敵すぎるサロン

(サロンでは日本語の書籍もあり、フリーWi-Fiも完備)

よいしょっと。

タクシーの屋根に乗せて運んで来たバックパックを受け取り階段を登ります。

宿の階段を登って2階の入り口を入ると、なんとも洒落たサロンがお目見え。

ちょうど、僕が到着した時に欧米人の数人の女性グループがチェックアウトする所でした。

彼女たちがチェックアウトして、宿は僕ひとり、貸切状態です。

ざーっと…。

お部屋や建物の設備を見せて案内して貰った所で泊まる部屋を選びます。

個室とドミトリーがあり値段も違うのですが、宿泊客は僕1人なのでドミトリーに泊まっても個室を借りているのと同じなのでドミトリーへ。

料金は1泊2食つきで150ディルハム(1,650円ぐらい)

「今日の夜ご飯はからあげでいい?」

のりこさんに今日の夜ご飯を聞かれ、「からあげ」って単語に大興奮。

ネパールのカトマンズで食べた日本食以来のまともな日本食!!


ヤッホー!

今夜のご飯が楽しみだぃ!!

ティンジルの街で買い出ししたフルーツを、のりこさんがカットしてくれました。

フルーツ盛りを囲んでのりこさんとサロンで楽しい座談会。

やっぱりモロッコのフルーツは美味しい!!

サロンでのりこさんから色々なお話を聞かせて貰いました。

モロッコの事、のりこさんの事、ここに来た日本人旅行者の事、オマール君の事、

旅の楽しみは「日本じゃ絶対に知れない、出会えない」こういう現地の生の話を聞ける事。

こうやってゆっくり過ごす時間って本当に大切…。

メゾン ラ フルールのテラスでジャンベを叩く

(メゾン ラ フルールのテラスから、1本道の左右に建物が広がるトドラの街)

のりこさんとサロンでお茶しながら続くおしゃべりタイム。

そんな時に目に入ってきたものが。

(2階のサロンでジャンベを発見!)

*写真のジャンベは僕がインドで買って持って居たやつです。

のりこさんの所にあったのはもっと本格的ないいやつ!!

2階のサロンで2つのジャンベを発見!!

のりこさんに訪ねてみると「好きに叩いていいわよ」との事でひとつをお借りして…。

最上階のテラスで渓谷を見ながら早速叩いてみることに!!

日本じゃなかなか思いっきり叩く事が出来ないジャンベを叩いてみた!

ポンポコ♪ ポンポコ♪ ポンポコ♪ ポーン♪

ん〜超絶気持ちいい!!

アフリカの大地でアフリカの打楽器を叩く事が出来る感動!!

遠慮せずに大音量で叩いていても誰も怒る人なんていません。

テラスでジャンベを叩いていると…。

後ろの建物の窓からチラリとこちらを見る目線を感じる。

歯磨きをしている男性がこちらを見て…

( ´∀`)bグッ!

って歯磨きする手を止めて親指立ててくれました。

楽器と笑顔があれば言語の壁はありません!!

余談ですが…。

僕がジャンベに出会ったのはオーストラリアにワーホリに行った時。

思い返してみてもオーストラリアでは、それまで知らなかった色々な物に出会いました。

その中でもハマって日本でやっているのはポイとジャンベ。

どちらも旅しながら持ち歩いていると暇しないアイテムです♪

ジャンベを叩いていると下の方からセッションする音が…。

近所の子供がバケツを持って建物の前で僕の叩くジャンベと合わせて叩いてくれてます。

日本食目的以外にも、こんな感じで現地の人とのふれあいも楽しい「のりこハウス」です。

ジャンベとはこんな楽器

オーストラリアから日本に帰って来てジャンベを買って練習したのがこの動画!

楽器って人とセッションするとマジで楽しいんですよね!!

ハシラビードの宿のオマール君もジャンベ上手かったよ!
砂漠だったり、渓谷だったり自然の中で叩く楽器は最高!!

トドラ渓谷を散歩する

(建物の並ぶ一番左側、渓谷の入り口に近い場所にメゾン ラ フルールがあります)

建物が立ち並ぶ場所を下った緑の場所は水路が流れるオアシスになっています。

ここでも沢山の作物が育てられています。

本当にモロッコは食べ物がナチュラルで野菜や果物が美味しい♪

日本だと野菜も果物も積極的に取ってる感じだけどモロッコだといつも隣にいる感じ♡

おかげで体はすごい健康的なモロッコでの旅です。

(オアシスの中を流れる水は渓谷の奥から流れ込む。冷たく透明な水)

建物のある道路からオアシスのある場所に下ると小さな川が流れています。

この川の水を使って畑に水を引き込んで野菜や果物を育てています。

水はひんやりと冷たく透明度抜群。

トドラ渓谷の奥からこの水は流れてきているようです。

(オアシスの中はこのように畑になっていて迷路みたい)

オアシスの中を歩いていると畑仕事をしている人達は笑顔で挨拶してくれます!

仕事を手伝っている子供たちの笑顔もとても輝いています!!

みんなが仕事の手を止め微笑み声をかけてくれます。

「ノリコ??」

とメゾン ラ フルールの建物の方を指差して聞いてくる人たち。

「イエース!」

と返答すると

「ナーイス!」

と明るく返答してくれる人たちばかりでした。

地元の人たちにもとても愛されている「のりこさん」のようです。

そして、ここに訪れる日本人の人たちもきっと悪い人はいないのだろう。

とも感じました。

(お約束の猫ショット(ΦωΦ) モロッコでは街でも砂漠でも渓谷でも猫に出会う)

(興味津々で近寄ってくるモロカンキャットは面構えもワイルド)

トドラの丘を歩いていると、見慣れたシルエットが…。

モロッコの何処にでもいる、あいつの姿…。

モロカンキャットだ(ΦωΦ)!

他の街で見たやつよりもちょっと毛羽立った感じがワイルドなアメショー柄!

しかも人懐っこい!

ゴロゴロすり寄ってくるし餌はなくともフレンドリー。

やっぱり長期滞在するなら猫の多い場所がいいね。

猫もダラダラしてるし人もゆっくりしているものね。

(お約束のロバも…。あの個性的な鳴き声が渓谷に響いてますw)

日本人同士で日本食を囲むモロッコの夜

(写真はモロッコの国民食「ハリラ」というスープとパン)

トドラ渓谷を散歩してオアシスで水に浸かって涼んだり、渓谷の上を散歩したり。

景色の良い場所でシャンティしながら、のんびりと夜まで過ごします。

渓谷の谷あいのこの場所は夜が来るのも早め。

そして日が落ちた後には、お楽しみの、のりこさんの作る日本食の時間がやってきます。

ウキウキと宿に戻って来ると、2人の日本人女性がサロンでお喋りしていました。

欧米人のグループがチェックアウトし、宿にいるのは完全に日本人だけに。

のりこさんの他に2人の日本人女性。

1人はデンマークに留学しているという元気ハツラツな学生さん。

もう一人はスーツケースが似合いそうな上品な世界一周経験者のお姉さん。

日本人が集い日本食を囲み楽しい夜の宴のスタートです。

のりこさんが作ってくれた「からあげ定食」はとっても美味でした。

すいません。

僕は飯の写真を撮るのをすっかり忘れて食べるのに夢中になってしまっていました。

なので肝心のご飯の写真はありませんw

日本食の写真を期待していた方は誰かのブログかグーグル・マップで!

いえいえ!!

写真じゃなくてぜひ、トドラ渓谷へ訪れてくださいな(^o^)

ぶっ飛ぶ美しさ!トドラ渓谷から見る満点の天の川

(渓谷の岸壁の上には肉眼でも確認出来るぐらい鮮明な星空が☆)

食事が終わり和んだ所で僕は真っ暗になった渓谷へ一人出発です。

今日のお天気は良好、雲もなく絶好の星空写真撮影日和になりそう。

暗い夜道でも、歩いて10分ぐらいで渓谷に行けるのが「のりこハウス」の利点です。

行く時には、のりこさんに「行ってきます」と一言いっておきましょう。

帰りが遅くなったりしてご心配をおかけしてはいけません。

ではいざ出発!!

ゆっくりと渓谷の奥へ進んでいきます。

建物が少なくなり、明かりがなくなって来ると逆に空の星が目立ち始めます。

ライトが無いと足元も見えないです。

本当に真っ暗闇です。

夜景撮影に行く時の持ち物

・ライトやスマホなどのあかり。

・カメラと三脚。

・おやつと飲み物・ハッピーセット。

・武器(三脚・有事の時には投石など)

⚠注意⚠

渓谷の奥は人も居ないし家もありません!

一人で行くのはオススメしません!!

昼間に渓谷の奥地で突然、男性に抱きつかれたという日本人女性もいました。

トドラ渓谷は治安はOKかと思いますが最低限の自衛はしましょう!!

行くならグループで歌でも歌いながら行きましょう!!

(夜はお静かに…。というルールの範囲内でね。)

(オレンジ色の明かりはわずかな街頭の光。実際は真っ暗。)

まず渓谷の入り口に入ってすぐに見えたのがこの星空。

「おぉ!これは凄い!!」

サハラ砂漠のような平地から見る星も凄い。

しかしトドラ渓谷のような標高が高い場所から見る星もまた凄い。

モロッコの国旗の星のように頭上には沢山の星が輝いている。

もうすっかり足元は見えないぐらいの暗さです。

もっと渓谷の奥地へ進んでいってみましょう!

前も後ろも誰もいないしちょっぴり怖い…。

(月夜ではないこの日は星空鑑賞には最適の夜だった)

誰もいない、誰も来ない…。

ならばと…

ひんやりと冷えたアスファルトの上に寝そべって空を見上げる。

ヒュルーン☆

1分間にいくつも流れ星が流れていく。

星が見えない場所では貴重な流れ星も、ここならいくつでも見ることが出来る。

瞬きをせずに数秒、空を注視していれば沢山の星が流れていく。

もうここで寝ちゃおうかな…。

そんな気分にすらなってくるほどの神秘的な夜。

1人モロッコで感じる銀河鉄道の夜。

サハラ砂漠の星空もすごかったけどトドラ渓谷の星空もすごい!

さいごに

(カメラと一緒にアスファルトの上に寝そべって撮影)

いったいどれぐらい時間が経ったのだろう。

「見惚れる」

というのはまさにこの事だろうと思う。

ここに来る前のサハラ砂漠で見た空の美しさにも「見惚れた」

そして、気づけば10日間もサハラ砂漠の空に見惚れていた。

ここ、トドラ渓谷にもふらっと訪れて何日も滞在してしまう人が多いようだ。

それは、のりこさんの作る日本食に心奪われる場合もあるだろうし。

この嘘のない星空に心奪われてしまって動けなくなってしまう場合もあるのだと思う。

本当にモロッコに来てから空を見上げる時間が多くなったと思う。

カサブランカの高層ビルの高さを下から目で追いながら見あげた空。

マラケシュの入り組んだ路地から見上げた「客引きうざい」と見上げた空。

サハラ砂漠で寝転んで見上げた地平線すれすれから見えた空。

そして、渓谷に囲まれたこのトドラから見た空。

「上を向いて歩こう」

坂本九もそう言ったように「上を向くこと」。

それは自分と語れる時間を持つ事が出来る行為だと思う。

上を向くことで涙もこぼれない。

地球の中で自分の存在がどれだけ小さなものであるかもわかる。

自分の悩みがどれだけ小さいことなのかわかる。

色々な事がわかる。

日本で上を見上げる事が出来なくなったとき。

モロッコに来て上を見上げて生きよう。

そうすれば素敵な星空と気づけば足元には猫がいるから。

その後無事に宿に戻ってきた僕は満足した気持ちのままぐっすりと眠ることができた。

トドラ渓谷の感想は「ぜひまた訪れたい!」ということ。

次に向かう場所は青の街シェフシャウエン!

モロッコでも大人気の観光地!!

次の街ではどんなワンダーが僕を待ち受けているのだろう。

ではまた次回の記事で。

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク