【海外旅行】

【モロッコ シャウエン】異国感じる青の街、 シャウエン滞在記。

モロッコについて

 

 

 

正式名称:モロッコ王国

44.6万㎡(日本の約1.2倍)西サハラの地域は除く。

 

国民の99%がイスラム教であり街には美しいモスクも多く、英語のロケ地に使われたカサブランカの「ハッサン2世モスク」は必見。

 

首都はラバト、飛行機で他国よりモロッコを訪れる場合はカサブランカ着になる。カサブランカはモロッコ最大の経済都市、そしてアフリカ有数の世界都市。

 

実はモロッコから日本へは貿易の6割近くのタコが輸出されている。僕らの食卓に並んでいるタコもモロッコ産なのかもしれない。観光地以外の家庭でもタジン鍋を使った料理が多い。野菜から魚、肉まで食も豊富な国。物価も安いので食事が楽しい。

公用語はアラビア語とベルベル語。かつてフランスの保護領だった為フランス語も話す人が多く、隣国がスペインでありスペイン語も話す人もおり、モロッコ北側は本当にたくさんの言語を話す人が多いという印象だった。

 

モロッコは北から南まで美しい場所が多い。

旅を始めるなら北にある「青の街」シェフシャウエンからスタートし、南のメルズーガへ向かうのがおすすめ。国内はバスで簡単に移動出来る。価格もEU諸国を移動する費用に比べたら安価。

モロッコの物価はとても安く、EUから来ると居心地が良すぎて、つい長期滞在してしまう。日本人であれば90日未満の滞在はビザ不要。

お土産品は革製品が多く女子ウケしそうなものが多い。革製品は日本に持って帰ると湿気でカビてしまうこともあるのでお手入れに注意。

 

通貨はディルハム。

2018年07月現在。

 

↓大体これぐらい↓

1ディルハム=11.60円

ミネラルウォーター 1リットル=3-6ディルハム。

ミントティー=5~6ディルハム。

 

 

 

 

 

 

はじめに

(モロッコで一番人気の都市、青の街シェフシャウエン)

 

 

 

こんにちは!
筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

 

モロッコのトドラ渓谷での滞在を終えて次にやって来たのはモロッコ北部の街。

1920年にスペインがモロッコ領として占領、1956年にモロッコが独立して正式にモロッコの都市になった、スペインからも近くリフ山脈という山の山中にある世界的に見ても特徴のある珍しい街です!

 

 

 

その街の名はシェフシャウエン。

モロッコの中でも超有名な観光地「青の街」で有名なあの場所です。

 

 

 

 

 

街中が青色に塗装されている街の姿は「SNS映え」 すると大評判!

世界各国から観光客やバックパッカーが訪れる大人気観光地!!

 

 

スペインに近いため、スペイン観光ついでにシャウエンへ訪れる人も多いようです。

 

 

イタリアからモロッコに入ってそろそろ半月ぐらいになるかな。

 

カサブランカ → マラケシュ → サハラ砂漠 → トドラ渓谷

そしてシェフシャウエン。

 

結論から言うとシェフシャウエンはモロッコの中でも、さすがの大観光地!

滞在しやすさは最高の満点です!!

 

 

マラケシュのような治安の悪さも無し!

サハラ砂漠のようにATMがないなどの不便さもなし!!

カサブランカのような都会感も無し!!!

 

 

シェフシャウエンは標高が高く夏でも涼しいし山中にあるので空気もきれい!

観光客慣れしていて英語も通じるし、世界各国からの観光客との出会いが多いのも魅力!

 

 

ざっくり、シェフシャウエンには14日ぐらい滞在してしまいました!

ここはモロッコの中でもかなりの沈没スポットです(*ノω・*)テヘ

 

街も美しく食べものも美味しい!

物価も安くお土産品も楽しめる♪

 

三拍子も四拍子も揃ったモロッコの超絶オススメの街!

シェフシャウエン滞在記☆

 

 

観光が多い場所ではないですが、滞在日数が多く沢山の出会いもあったこの場所!

数回に分けて記事を書いていきたいと思います!!

 

 

旅人が集う場所には旅情報が満載!
ぜひ長期滞在してその楽しさを味わってほしい場所!

 

 

シェフシャウエンへのアクセス

(標高の高い場所にあるシェフシャウエンへのアクセスはバスで)

 

「超有名観光地」なのでアクセス方法はググれば簡単に見つかります。

なので行き方の説明は自分で検索してくださいね!

 

 

下のリンクカードをクリックすればシェフシャウエンへの行き方をググれます。

 

 

 

 

 

何処の街からシェフシャウエンに到着する場合もバス停は旧市街(青の街)から少し離れた場所にあります。

 

移動はタクシーで!

モロッコはタクシー移動が便利なのでガンガン使いましょう。

 

バス停から旧市街までは結構な坂道なのでケチって歩いて行くより全然コスパがいいです。

 

 

 

インターネット環境も悪くないのでパソコンで仕事をするノマド的な人は長期で滞在するのもアリ!

 

 

 

 

激安ゲストハウス Hotel Souica(ホテル スイカ)

(部屋まで宿の猫が遊びにやって来る!猫好きにはたまらん(=^・^=))

 

タクシーを旧市街の入り口まで乗せていってくれます。

ここからは車両の乗り入れが禁止なので自分の足で歩いて迷路のようなメディナの中へ!

 

 

僕がオススメなのは「Hotel Souica」というバックパッカーに人気の安宿。

 

土地勘のない人はまずは、何処かの宿に1泊 or 2日泊まって街の様子を把握してから、他の宿に移動するなり、そのまま滞在するなりするのがオススメです。

 

 

 

スマホのナビで簡単にたどり着くことができるのでSIMカードを持っていない人はオフラインでも使えるアプリを準備することを忘れずに!

 

 

 

地図アプリは以下の3種類が無料なので、これで十分です!

オフラインマップをDLしておけばネットがなくても使う事ができます

 

 


Google Earth
Google Earth
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 


オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME
オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ

 


OsmAnd Maps Travel & Navigate
OsmAnd Maps Travel & Navigate
開発元:OsmAND B.V.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

「スイカ?」

 

「Hotel Souica?」

 

 

メディナの中に入ると怪しい客引きが声をかけてきます。

この類の人間が声をかけてきたら全て「No」と断り無視して歩きましょう。

 

 

「Souica」を目指して来る旅行者も多く、メディナの中は他の街と同じように迷路のようになっているので土地勘がないと、なかなか目的地にたどり着くことができません!

 

 

声をかけてくる輩の目的は、旅行者を別の宿に誘致してキックバックを受け取るのが目的か宿には案内してくれるもののガイド代を請求してくる輩もいます。

 

 

最悪なのは土産物屋に連れていかれ半強制的に物を売りつけられる!

 

 

ただ金品を請求される等の被害も考えられますですので、

このように声をかけてくる輩は基本的に無視しましょう!!

 

 

メディナの中は完全に迷路!
人気のない場所に連れ込まれるとアウトなので注意!

 

 

 

 

ホテル スイカの場所はこちら

 

 

 

 

フォトジェニックな「青の街」をフォト散歩

(シャウエンで1番有名な写真スポット!)

 

事前に下調べしておいたおかげで宿に無事に到着!

 

宿が決まりバックパックを下ろしたら町歩きをスタート。

モロッコのメディアはどこも上野のアメ横状態で人だらけ。

 

 

マラケシュと違って「スリ」や「ひったくり」の被害はあまり聞かなかったけど、荷物は最小限にして町歩きをするのがオススメ。

 

基本の基本ですが、人が多いところに行く場合はカバンは必ず目の届く位置に持つ事が鉄則、レストランなどでかばんを手放す時でも必ず目の届く場所におきましょう!!

 

 

建物と路地、全てが青色で統一された旧市街

(青色に塗られた旧市街の中、普通に人々の日常がある)

 

旧市街の全体が青く塗られ、街全体が観光地のシェフシャウエン。

この場所は観光客が何処にでも歩いて行く事ができるし、街の中を歩けば、この街で生活する人たちの生の姿を見ることもできる。

 

1つ注意しなければならないことは写真撮影📷について。

モロッコはイスラム教の国なので、黙って女性の写真を撮影することはNGです!

 

 

カメラを向ける際にも気を使うことが大切📷

 

カメラやムービーを露骨に嫌がる人がいるし、勝手に撮影して相手にいやな思いをさせてしまわないように気をつけながら美しい街を写真に残していこう。

 

 

実際に勝手に女性の写真を撮影しようとして怒られている人の姿も見ました!

写真や動画撮影にはモラルを持って!

 

 

 

 

(山あいにあるシェフシャウエンは平坦な道よりも登り坂や階段が多い。)

 

リフ山脈の山中にあるこの街。

街中は階段や坂道が多く建物も段々になっていて街中は平坦な道はほとんどないです。

 

子供から大人、そして老人まで地元の人はみんな元気にこの街中を歩いてます!

脇道に入れば階段の脇に座りお茶を飲みながら談笑する老人たち、走り回る子どもたち!

 

車やオートバイなどの乗り物が走っていないため町全体がのんびりとしている。

僕が子供のときの家の前の路地もこんな感じだったなぁ…。

 

モロッコに来てからいろいろな場面でなんだか懐かしい気持ちにもなる。

 

 

田舎ってわけじゃないけどテーマパークの中にいるみたい。
機械的な音が聞こえないからストレスもないよ♫

 

 

 

 

 

(メディナの入り口に駐車してある車も見事な青色のシャウエンカラー仕様!)

 

旧市街の入り口に真っ青なシャウエンカラーの車を発見!

この車はオブジェではなく実際に普段使いされているのにもびっくり!

 

車の持ち主に一言断りを入れ写真を撮らせてもらった。

街の色に合わせて自分の車の色も同じ色にするなんて街に対する彼の愛情も伝わってくる♡

 

 

 

 

 

(直接、壁にペイントされた家。街全体が美術館みたい!)

 

インドの街中もそうだけど絵や広告が直接建物に描かれている。

カメラを持って街中を歩いていると…。

 

ジュラバを着た老人が手招きをしている…。

その手招きされた先にはこんな楽しいペイントの家を発見!

 

グループ旅行でも、ツアーパッケージでもない。

1人ダラダラと気の向くままに歩いていると、こうした楽しい出会いが待っている。

 

 

 

 

 

(青と白のペイントにモロッコの赤い国旗が対照的な街の一角)

 

迷路のような路地を進めば360度青い建物に囲まれた不思議な空間に迷い込む。

町歩きのコツは上を上を目指すこと、街中にある階段を上へ上へ昇っていく。

 

 

高い場所に登れば街の全体が見渡せる場所があるはず。

そんな場所を求めながら足を進めていく。

 

 

青い街に青い空。

リフ山脈に囲まれたシャウエンの街から見上げる空の青さは他のモロッコの街よりも一層青く感じた。

 

こうした路地裏の小さな広場で立ちすくんでいると建物の窓からこちらを見つめる人の影。

目が合えばにっこりと微笑んでくれる優しい街の人々。

 

干渉もされないし、邪魔にもされない。

ここもそんな居心地のいい場所。

 

 

 

カラフルな毛織物や衣服が名産品!お土産にもぜひ!!

(街の一角にある土産物屋では街の名産物である毛織物などが販売されている)

 

この街でしか手に入らない毛織物や衣類などがお土産物として人気が高い。

カーペットなどは独特のデザインが施され見ているだけでも楽しめる。

 

観光地でお土産品を買うときには値段交渉が必須!

 

ものによっては非常に高額な値段を提示される場合もあるので時間があれば、すぐに購入を決めずに数件のお店を回って商品を吟味するのがオススメ。

 

同じデザインでもお店によって値段が違うことも多い。

 

 

 

 

(革製品や、バブーシュと呼ばれる靴はモロッコ人にも普段使いされている)

 

一目惚れして購入する場合は問題ないけど、もし何日か滞在ができる場合は自分の信頼できるお店を見つけてそこで買うようにするのがオススメ!

 

長期滞在をしていて良いところ。

 

それは、何日も同じ店の店主と顔を合わせていると、本当に良い商品を提示してくれたり、商品の目利きの方法を教えてくれたり、自分の欲しい商品があれば、知り合いのお店を紹介してくれたりと、結果良いものを安く手に入れることができるなどメリットが多い!!

 

僕が仲良くなった土産物屋のおじさんはヨーロッパからやって来る富裕層、中国から来る団体客には高い金額で商品を提示しても商品が良く売れると言っていた。

何の疑いもなく普通に買って行くので良い客だそうだ。

 

おじさんにとって、僕のようなただの話し相手にしかならない貧乏旅行者はあまりお客としては良客では無いのかもしれない。

それでもおじさんは気にせずお茶をごちそうしてくれるし、どれだけ店でダラダラしていても全く邪魔にしない。

 

そんな裏話を聞けるのも顔見知りならでは。

 

 

 

お土産にしちゃダメ!ハシシ・マリファナの名産地でもある。

Alexander SteinによるPixabayからの画像

 

 

そんなおじさんと顔見知りになるとお土産品以外に「ハシシ」も勧めてくれるようになる。

(ハシシ=大麻樹脂)

 

土産物屋のおじさんとは顔見知りになり、ほぼ毎日一緒にミントティーを飲んだりおしゃべりをして過ごしていた。

 

シェフシャウエンは土地、歴史的に見ても大麻についてはとても寛容な場所で、昼でも夜でも街の人はスパスパと喫煙を楽しみのんびりと過ごしている。

 

おじさんはのんびりと煙をくゆらせる。

僕はミントティーを飲みながら待ちゆく人を眺める。

 

町中でも観光客を見つければ「ハシシを買わないか?」と声を掛けられるし、欧米人が良く購入している姿も見かける。

 

日本人は使用も所持もダメ。

観光客とわかれば声を掛けられますが、断りましょう。

 

でも、実際にはシャウエンという土地はこのハシシ・マリファナが現地の人の収入源になっているという現実もあります。

 

 

そこで、現地を旅していると声を掛けられる事があるのが…。

 

 

「うちの大麻農家を見学しに来ない?」

 

っていうお誘い。

 

彼ら(農家の方)はただ、旅行者にハシシ・マリファナを売るのが目的です。

 

たまたま、山の方を散歩していた時に農家の人に話しかけられお家に招待され、お茶をごちそうになりおしゃべりをしていた時に流れで畑を見せてもらいました。

 

ただそれだけ。

 

全く暴力的でもない。

平和な人々でした。

 

お茶代として、幾らかのお金を渡そうとしましたが受け取って貰えませんでした。

海外を歩いていると、そういうホスピタリティにあふれる場面に突然出会うことも多いです。

 

自分たちの収入源がこの植物を販売する事しかない事も説明してくれました。

 

 

そんなゆるい土地柄です。

 

大麻が寛容な土地柄=犯罪が頻繁。ではなく治安もすごく良く、のんびりしている。

モロッコの他の観光地と比べてもシャウエンは治安も良いです。

 

 

 

 

 

シャウエンの街の名産品と大麻の関係

シャウエンには、ウールの衣服、毛織物など、モロッコの他の場所で手に入れることのできない現地の手工芸品が数多く売られ、買い物先として人気である。当地原産のヤギチーズも名物である。

周辺地域はキーフ英語版が栽培されていて、モロッコにおける大麻の主要な生産地の一つとなっており、ハシシが町中で販売されている。

*Wikipediaより抜粋

 

 

 

おわりに

(観光客が目指すのは街が一望できる高台のモスク)

 

滞在中によく行ったのが高台にあるモスク。

この町に訪れるほとんどの観光客はこの高台にあるモスクに立ち寄る。

 

ここで山に沈む夕日を見つめながらゆっくりとこの場所で過ごす。

街中からも歩いて20分もあれば着く事ができる。

 

誰でも簡単にアクセスができて足元も良いので手軽に行ける。

 

この場所から街を見下ろすと旧市街は本当に迷路のように入り組んでいるのが良くわかる。

街の中にいても街を高台から見下ろしても青色が美しい。

 

 

インドにもジョードプルと言う青い街があるが同じ青の街でもモロッコの方が真っ青。

インドとモロッコで比べればモロッコの方が異国感もあり僕的にはこちらの方が好み。

 

次回はシェフシャウエンの街で出会った沢山の野良猫たちの写真を中心にシェフシャウエンでのシャンティ生活をお伝えします。

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!

 

 

 

 

宿の宿泊は以下のサイトが便利!

ブッキング・ドットコム経由で下記のバナーから予約すると紹介者と利用者の双方に1,800円分のバウチャーがプレゼントされます。

これからも旅を続ける事ができるように応援よろしくおねがいします。

そして利用してくれた貴方も良い旅ができますように。