冬のバイク通勤にはワークマンのイージスシリーズをオススメする理由&これで劇的に変わる冬のバイク通勤の防寒アイテム。

スポンサードリンク



はじめに

お疲れさまです。

現在、日本に帰国中!

冬の寒空の下、建設現場で働いています!!

毎日暑くなったり寒くなったり・・・。

ですが断然大変なのは寒い日!!

これから年末年始にかけて寒くなると思うと朝晩のバイク通勤きつい!

プロフィールにも書いた通り、僕は日本にいる時は町で良く目にする建設現場で働いています。(ビルとかマンションとか)

建設現場=仕事場なので時期によって毎日、仕事場が変わるんです。

毎日、通勤する場所が違う・・・。なんて時もあります。

日本で僕は125ccのバイクに乗っていて移動のほとんどはこのバイクを使っています。

仕事場への通勤もほとんどがバイクです。

通勤する場所も現場によって違いますが、一般道を使って30分~1時間30分ぐらいの距離。

毎日往復で平均距離、70kmぐらい走っています。

車とは違って寒暖差や天気にも左右されるバイクの運転。

でも!仕事だから絶対に乗らないと行けない!!

そんな冬の通勤に適した装備の僕のバイクの装備を紹介させてもらいます!

これから寒さ本番ですが、この装備をバイクに取り付けるだけで冬場の通勤疲れも、かなり変わってきますよ!

真冬のバイク通勤で使っているもの

バイクに必須の防寒着

(去年ワークマンで購入したイージスシリーズのH300)

ワークマンで去年買ったH-300。上下で6,800円(税別)でした。

買って着始めてから1年以上が経ちましたが毎日手放せません。

休日にちょっとバイクで外出する時にはスウェット上に着て格好で買い物に行きます。

作りが安っぽくなく見た目もゴリゴリではないのでスーパーマーケットでも浮きません。

178cm 70kgの僕でLサイズを着ています。

作りがタイトでダブつきや防水性能を優先した生地の分厚い感じもありません。

耐水圧10,000のモデルです。

雨が強い日だとシートに密着する股間周辺と腕の部分が浸水してきます。

通常の雨でしたら、ほとんど問題ナシです。


     

一度付けたら外せない!ハンドルカバー!!

僕の乗っているバイクの車種はSUZUKIのアドレスV125s リミテッドという車種です。

リミテッド仕様は純正で「グリップヒーター」「シートヒーター」「ナックルガード」の冬向けの装備が装着されています。「シートヒーター」「ナックルガード」がついていても夏用のメッシュのグローブなど薄手のグローブでは冬はやはり寒いです。

今はこの純正の「ナックルガード」を外し、ハンドルカバーを付けています。

ハンドルカバーを付ける事によって夏用のグローブでも朝晩の通勤で寒さに耐える事ができます。冬用のゴワゴワした革手袋よりも夏用の薄手のグローブの方が操作性は格段に上です!

お尻あったか!シートヒーター!!

バイクに乗る時にお尻の下に敷けばシートヒーター!

アドレスV125s リミテッドには純正装備であるのですが、今まで乗って来た歴代のスクーターには無い装備でした。今ではシートヒーターなしのバイクは考えられません。

僕は試して無いですが、シートヒーターがついていなければ試して見たと思います!!

他でシートヒーターが純正でついているバイクで現行車両はスズキのスウィッシュ。

リミテッド仕様は同様にヒーターとガードの装備がついています。

すべての車種に標準でついてほしいグリップヒーター

今後どのバイクに乗り換えても絶対に取り付けるであろうグリップヒーター!

これも、一度使ったら手放せない冬のバイク通勤の必須アイテムです。

見た目を捨てれば世界が変わる!風防!!

最近は見た目がスタイリッシュな商品も多くなりましたが、一昔前だったらお蕎麦屋さんの出前のカブについているイメージでした。

実際に取り付けてみると風防の効果に感動しました!

雨の日は胸の部分に直接、雨を受ける事が無く浸水を防ぐ事が出来ます。

あと体に風が当たる体の前面がブロックされるのでバイクを降りた時の疲労感が風防あり、となしではまったく違います。

少し値段は張りますが10年ぐらい使っては買い替えてのサイクルなのでコスパはいいです。

購入するならロングなのを選ぶと効果が体感しやすいです。

おわりに

今日は僕が毎日のバイク通勤で使っている冬仕様のアイテムを記事にしてみました。

毎日通勤で通る道では沢山のワークマンウェアを着た通勤ライダーを見かけます。

ワークマンのイージスシリーズはもはやバイク乗りの定番、ユニクロのような定番スタイルになってきています。バイク用は高い、ゴツイ。

イージスシリーズは、バイクだけでなく普段着にも使いたい。

そんな僕を含めたユーザーにバッチリと支持されているアイテムです。

建設現場でもイージスの雨具を着て仕事をしている人も多いですよ。

バイクの装備はともあれ、まだ試していない人は気軽にワークマンのイージスウェアを試して見ることをオススメします!

以上、僕のバイク通勤を快適にする冬装備をご紹介いたしました。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク