【海外持ち物】

【特売情報】20,800円でmont-bell サンダードーム2がセール中ですよ!!

はじめに

(テントは用途によって素材から材質まで色々です!)

今年からソロキャンプはじめるぞー!!

 

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin walker0840)です!

 

東京住まいの僕は自然の中に身を置くことが大好き!

そんなアウトドア好きな僕はもちろん使うテントにもこだわっています♡

 

アウトドアにハマった頃は数人でキャンプに行くことが多かったのでコールマンなどのファミリーキャンプ向けのブランドのテントを使っていました。

 

 

しかし、ここ数年は主に使う用途はソロorペアのみ。

2人から3人用のテントを使っていました。

 

ブランド品からホムセンで売ってるような5,000円ぐらいの物まで。

ただそれは使い捨てになっちゃうんですけどね。

 

 

そして今年、久々にテントを買い換えました!

今日は新しく買い替えたテントについての記事を書いて行きたいと思います。

 

 

 

モンベル サンダードーム2

 

買い替えたテントはモンベルのサンダードーム2!!

 

これ!これ!!色も自分好みのグリーンカラーだってさ♪

今ならオフィシャルサイトでアウトレット価格で販売されてます。

(2020/01/13 現在)

 

 

でもやっぱり実物を見てからじゃないと…。

 

ホムセンで売っているテントや安価な買い物じゃないしスペック表を見ただけじゃやっぱり不安。やっぱり「家」を買うなら実物見てからじゃないとね!

 

テントを実際に張っているのを見れるのってキャンプ場とかですもんね。

何処かで見れないものかなぁ…。

 

調べてみるとなんとお目当てのサンダードーム2型が実物が展示されている場所を見つけました!!

ってことで早速ショップに行ってみました♪

 

 

サンダードーム2が展示されている店舗はこちら

 

 

 

 

実際に展示されているサンダードーム2型

(店舗の入り口にコンパクトに展示されているサンダードーム2)

 

おぉ!

大体ストアに行くと最新の商品ばかりが展示されていて旧製品が展示されている場合は少ないのですが、なんとこちらのストアではアウトレット品を展示してくれるという優しさ♪

 

ストアは幕張にあるアウトレット品を売っている店舗ではないのにです!

 

 

 

ネットでも店舗でも価格は同じ20,800円

(ネットも実店舗も同じ価格で販売されてるよ!)

消費税が8%の時に買っておけばよかったー!!

 

買うなら増税前に買っておけばよかった…。

いやはや実物を見ることが出来るのって本当にありがたい!

 

お店だって売り物のテントを全て展示するなんて不可能ですよね。

展示会とかだったら話は別だし、アウトレット品ならなおさら。

 

しかもネット販売されているのと同じ価格で実店鋪でも販売されてます!

触って撫でて、実際に使っている所をイメージしたりも出来るし。

 

 

サンダードーム2型の内部

 

テントの中には同社のダウンハガーが展示されていて広さがわかりやすい。

 

店舗の入り口に展示されていたサンダードーム2型。

この他にもアウトレット価格でサンダードーム1型という1人用のテントも販売されてます。

 

ただ1型は展示がありませんでした。

僕の使う用途はソロキャンプなので1型の方が軽量で良いのかな…。

 

いやいや。

僕の場合は50Lのバックパックも持ち歩くので2型が良さそうです。

 

 

 

1型と2型の重量はどれぐらい違う?

 

mont-bell サンダードームの1型と2型の比較
1型の総重量は1.96kg(2.24kg)
2型の総重量は2.23kg(2.51kg)

 ( ) 内はペグ、張り綱、スタッフバッグを含む総重量。

 

 

それなら居住性を重視して、2人用の2型にしようと思いました。

海外を長期で旅行する時には1週間以上テント泊するので。

 

本格的な登山をする訳でもなく普通のバックパッカーですから、重量についてはそこまで気にすることもないです。

 

テントの重量が重くなった分他の持ち物を軽くすれば良いので!!

 

 

 

2型がオススメの理由は、荷物も余裕で収納出来るから

(180cmのマットレスを敷いても余裕のある230cmの室内)

 

 

 

(幅130cm、高さ110cmの室内はツーリングの荷物を全ておいても余裕)

 

北海道にツーリングに行った時にデビューしたサンダードーム2。

軽量化を重視していたので、「1型もどうかな?」とお持ったのですが2型で正解です。

 

夏に北海道にツーリングに行った時にバイクに装着していた、バッグを下ろします。

リッター数で言うと大体60Lぐらいの容量になり、ヘルメットなども合わせて人ひとり分。

 

 

1型だと荷物を置くスペースがないので、荷物がある場合は最低でも2人用推薦です。

全室も、バーナーでお湯を沸かすぐらいは出来ますが、荷物を置くスペースはありません。

 

 

サンダードームはバスタブ部分のメッシュが多く「寒いんじゃないの?」と言われていますが、以前使っていたMSR Elixirとあまり変わりません。

 

寒い時は寒いし、バスタブの面積が少々変わったぐらいで体感で温度は変わりません。

暑い時に熱を逃してくれる効果の方が実感出来ました。

 

僕はメッシュが多いこのタイプの方が好みです。

 

あと、モンベルは商品専用のオプション製品もラインナップされています。

僕は今回何も買ってませんが以下の2つを装備に加えれば快適度はかなりUPです!

 

 

オプショナルロフト ドーム用

 

MSR Elixirと比較して、思ったのが収納ポケットが少ないところ。

旅行中は、テントの中に全ての荷物を、突っ込んでしまうので物が良く見つからなくなってゴソゴソ探してました。夜にトイレに行く時とか、トーチを探したり…。

 

このロフトを使えば物が埋もれる事もないので、簡単に必要な物を、必要な時に探すことが出来ます。ちなみにコレは100円均一を使って自作出来るちゃいます😊

 

洗濯ネット&S字フックを使えば300円+TAXでOKです♪

 

 

 

テントマット ドーム 2型用

 

モンベルのテントにジャストサイズの中敷きがこちら。

中敷きは純正品も色々あるのですが、純正品はテントサイズに合わせて作られているので、ジャストサイズです。

 

中敷きを敷く事によって、地面からの寒さをシャットダウンすることが出来る以外にも、底面の生地のダメージを減らす事が出来ます!!

 

テント内の荷物を出し入れする時に、荷物を引きずったりしてしまい生地を痛めてしまうことがあるので中敷きはテントの寿命を延ばす為にも絶対に敷いた方がいいです!

 

ポイントは全面がしっかりと収まる事ですね。

もし、社外品を買う場合はオーバーサイズ気味を買うのがオススメ。

 

純正品のサイズは210×120cmなので、それに近いサイズの安価な社外品を探すのもアリ。

Amazon、楽天で見てみた感じ、この辺りがサイズがちょうどいいです😊

 

こうして見るとモンベル純正品がコスパが1番良いのかも知れません。

一度変えば、他のモンベルテントに買い換えても流用出来ますしね!!

 

 

 

      

 

 

↑2020/10/01 追加で経験談を執筆しました。

 

 

おわりに

(mont-bellのテントは内部のオプション装備も充実しているのでカスタマイズも楽しい)

 

MSRのテントも良かったけどmont-bellも体験してみたい!

早く暖かくならないかなぁ…。試したいなぁ…。

 

今年の夏もヨーロッパへの旅行を計画中なので、そこで本格的に使う予定!!

その前に3月ぐらいになったら山梨あたりのキャンプ場で試し張りしに行こうと思います!

 

キャンプ道具もここ数年で色々と購入しては買い替えて…。

それを繰り返し、ギアをダウンサイジングさせてます。

 

一人でひっそりと山で静かにキャンプ。

良いです。もう大人の趣味そのもの!ボッチ好きにはたまらない!!

 

この記事を見て、「おっ!このテントもいいなぁ」なんて思ってくれたら嬉しいです。

キャンプ場とかで同じテントを使っている人がいると親近感が湧きますよね。

 

mont-bellは日本のブランドなので外国なんかではほとんど見かけませんが。

逆にEUだとデカスロンのケシュアを使っている人が多いですね。

 

 

 

大人の秘密基地♡

(前まで使っていたMSRのElixir3 一人だと大分贅沢に使える)

 

 

アウトドア好きの皆さん、ソロキャンパーさん、ソロでもみんなでw?

今年も楽しく遊びましょう!

 

以上、mont-bell サンダードーム2型の購入レビュー&お得情報でした!

 

現在では、サンダードームは廃盤品となっています。

 

サイズ感が同じで1番近い商品は、以下の商品です。

(サンダードームは夏向、クロノスドームはノーマルという感じです)

 

個人的にはサンダードームの、緑色が好きですけどね(^^)

 

 

 

 

 

 

追記

2020/03/01 時点で19,800円に値下がりしてました!

くっそーw