【CBDオイル】話題のCBDオイル、日本で初体験!睡眠の質で効果を実感!!

スポンサードリンク



はじめに

CBDの化学式  *Wikipediaより抜粋

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin walker0840)です!

今日は今話題のCBD カンナビジオールについての話題。

毎年訪れるEUではすでにCBDはおなじみ、いや日本以外ではもうスタンダードか。

日本でもぼちぼちCBD入りの製品が百貨店でも売られ始めている様子。

CBDという言葉。詳細が気になる方はぜひウィキペディアからどうぞ。

まず、はじめに僕が一番はじめにCBDという存在を知ったのはEUを2016年に旅行した時。

そして、使っている人はそれなりに社会的地位のあるご職業の方々…。

酒もタバコもやらない。

それは、それらが「体にどれだけ悪いか?」という事をしっかりと理解しているから。

そんな地位も知識もある人達から教えてもらったCBDのお話。

それで去年の夏のEU旅行の時にCBDを愛用している友人から体験させてもらいました。

それが僕のCBD人生の初体験でした。

その時の感想はずばり…。

「あっ これいいね☝」

去年体験した時のファースト・インプレッションはそんな感じ。

「ほわーん…。 じーんわり…。 言われてみれば〜…。」

「面倒な事、不安な事など…」そのあたりがしっかり思考停止します。

ウンウン!

確かに効果を実感する事が出来ました。

友人が愛用していたのは、オイルタイプでベロの舌にボトボトって数滴落とすタイプ。

初体験したのはEUだったのですが調べて見れば日本でも、いや世界でもCBDはすごく注目されていて日本でもすでに数多くの愛用者がいることがわかりました。

ECサイトの長、楽天やAmazonでもすごい量の商品が販売されています。

僕は普段は酒も飲まないし、タバコも禁煙中なので。

仕事終わりの一杯!仕事終わりの一服!

とかそういうのがなくて、ついつい頭の中は仕事モードで落ち着かないまま…。

豆腐メンタルな僕は、仕事が終わって頭がフリーな時間になると、なんだか色々と「別に今考えなくてもいいんじゃない?」ってことまで考え始めたりして。

結局寝付きが悪かったり…。心ここにあらず…。

みたいにぼーっとしたりする気分になる事が多くて悩んでいました。

それであの時EUで体験したようなCBDの効果が日本でも体験できるのか。

試してみることに。

楽天やAmazonも、最初は「話題のやらせレビューかな?」なんて疑ったりもして、書いた人の過去の購入商品履歴とか見て、信憑性を確かめながら購入する商品を選んで行きました。

(高評価を付けているが他の商品購入履歴がないレビューは怪しい。)

それで僕が初体験したオイルタイプのCBDを早速購入してみました。

結論から言うと、良いです!

今日は実際に買って試したCBDオイルの事を書いてみます。

ファーマヘンプ社のCBDオイルを注文

初めてでも注文しやすい1万円以下の CBD 6.6% をチョイス

(ファーマヘンプ社の商品が一番ネットで評判が良さそうなので購入)

(染料や香料が不使用との事で作りにこだわりも感じます)

(CBDリキッドは光に弱いので暗所で保存するそうです)

Amazon、楽天、ヤフーショッピング。

色々なECサイトで販売されている数々あるCBD製品。

通販はよく利用するし、9割の買い物はAmazonなんですが、CBD製品に関しては楽天市場の方が商品数が多いです。

今回は楽天市場で商品を購入しました。

今回は20%オフのクーポンが配布されていたMICK’Sさんで商品を注文です。

商品は注文してから2日後には自宅に宅急便コンパクトで到着しました♪

CBD製品は海外から直輸入する方法もありますが、日本で購入するのが素早く試すことができるのでオススメです!!

CBDは価格自体が決して安いものではありません。

初体験するのは1万円以下の6%が良いと思います。

12%〜24%とありますが高濃度の24%になると価格は3.5万円以上!

効果を知らない初心者には少し手が出にくい価格ですよね…。

それで足りなければ強くするなり調整すればOKでしょう。

いきなり強いものから行くと弱いものが効かなくなったりしそうだし。

まずは3滴〜5滴の間でスタート

(箱の中身はこのような10ml入りのリキッドビンに入っている)

CBDの摂取方法は口径摂取や皮膚から染み込ませたり。

Vapeを使い液体を気化させて摂取する方法などなど。

後々に調べてみると即効性があるのはVapeなどでワックスやリキッドを気化して摂取するタイプのようですがこのオイルリキッドはじわじわとゆっくり効いてくるようです。

その場ですぐに効果を実感したい人はVapeで気化させた水蒸気を摂取する方法。

Vapeの場合は即効性がありますが効果が薄れるのもオイルに比べると早いようです。

僕の用途は毎日の仕事終わりのリラックスに使いたいので、オイルタイプ。

実際の使用方法

(ガラス瓶の中のスポイトでオイルを吸い取り適量を口径摂取します)

ベロの舌にポタポタと5滴ぐらいたらしてみました。

粘膜から体にCBDが吸収されるまで(60秒ぐらい?)飲み込まないで溜めます。

味は人によっては嫌いなのかもしれませんが「緑の若草っぽい」味です。

味が苦手な人はお茶やコーヒーに滴下して摂取する方法でもOKなようです。

青汁とか飲める人なら全然余裕でしょうな。

口の中に溜めておくと唾液が出てくるのでそれを口の中でさらに転がしてます。

しばらくは吐く息は完全に緑臭くなります…。

ゲップもその匂いですw

原料がオリーブオイルなので苦いオリーブオイルを飲んでいるようなイメージですね。

CBDのちょっとした注意事項のまとめ

(用法・容量は特別、制限がないのがCBDの特徴)

CBDの注意点をざっとおさらい。

口径摂取のオイルタイプ・Vapeで吸うリキッドやワックスタイプも同じです。

良い商品でもあるし、高価な商品なので大事に使いたいですよね!

バカスカ使うようなものでもないしね。

1.CBDは直射日光に弱いので保存は暗所でする。

2.摂取するなら空腹時の方が効果が実感しやすい。

3.オイル瓶は使う前には振ってからスポイトでオイルを取ること。

さいごに

(アメリカ・カルフォルニア州ではカンナビスの研究が日進月歩で進んでいる)

いかがでしたでしょうか?

調べてみるとネット上には多くのCBDを紹介したサイトがあります。

僕の場合は先にCBDを実体験した後にサイトで情報収集をする。

という順番でしたが、まだ「CBDとはどういったものなのか?」とか「これから使ってみようかな」とか思っている人はぜひネットや書籍で色々と情報収集をしてみてくださいね。

CBD関連の情報はネットのサイトもそうですが、Amazonの電子書籍、kindleで更に細かくレポートされた書籍も販売されています。(さすが無料じゃない分情報がすごい!)

さらに踏み込んだ内容を紹介してくれている書籍もたくさんあります。

その中でも僕がオススメなのは下記の4冊。


                               

興味のある方はぜひ!
キンドル・アンリミテッドで読めちゃいますよ!!

今日は雨の振る日曜日。

朝からCBDでリラックスしながらこの記事を書いています。

そんな執筆作業にもぴったりのCBDのご紹介でした。

では皆さんも自分のフェイバリットがたくさん見つかりますように。

*ここで記載した情報や体験談は自己の体験や、販売店さんから得た知識を元に書いてます。

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク