【お得な情報】

職人、Uber、ブロガー、などの個人事業主 必見!! 節税効果抜群!! 確定申告ソフト使ってかんたん青色申告!!

はじめに

Image by Steve Buissinne from Pixabay

 

 

 

こんにちは!
筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

全国の個人事業主のみなさん!

職人さん!ライターさん!Uberなどのフードデリのドライバーさん!!

 

いよいよ確定申告の時期がやってきました!

 

2021年度の申告期限は令和3年2月16日~4月15日迄です!

(通常は3月15日迄ですが、コロナの影響で1ヶ月延長されました!)

 

わかっちゃいるけど色々と面倒な確定申告…。

 

会社員と違って源泉徴収のない僕たち個人事業主…。

普段の仕事で手一杯、他の事に手を回す余裕なんてない!いや、やりたくない!!

 

出来るなら通常どおり、売上を上げる為に仕事をしていたい!

そんな人がほとんどかと思います。(僕はそうです(^o^))

 

しかも1年に1度しかやらないことなのでさらに頭が疲れます…。

これは個人事業主、確定申告をする人には1年に1回の避けられないイベント…。

 

この事務作業の負担を軽減する為に普段から、「領収書の整理」「こまめな帳簿付け」をしっかりやっておきましょう。これで大分負担は軽くなります。

 

僕と確定申告の関係ですが、僕は今年で申告は5年目。

会社員の頃に副業として、ライター業、カメラマンとして起業。

 

その後、会社を退職。

退職後は、建設業、フードデリの仕事を専業として完全な個人事業主となりました。

 

今日は、具体的に僕が実践している確定申告の事について。

書き方、おすすめソフト、節税に役立つ動画(会社員もOK)などをご紹介します。

 

 

 

確定申告と年末調整

 

会社員は年末調整と確定申告。

個人事業主は確定申告。

 

簡単に言うと、そんな認識です。

 

会社員の場合は年末になれば自動的に「年末調整」と言う書類が発行されます。

年末調整書類が会社から渡されたら、名前や控除の欄に記入する項目があれば記入。

 

総務?経理の人に提出すれば、それで完了です。

とっても簡単ですね。

 

実質、確定申告と同じ役目を果たしています。

個人事業主の確定申告と比べると、年末調整の書類はとても簡単です。

 

年末調整とは?知りたい人は下記の動画からどうぞ。

 

 

年末調整が導入されている会社員。

簡単なのは良いのですが、実際の税の仕組みや支払っている税金などもわかりにくい。

(知る必要がない。と言うか、会社がやってくれるので楽といえば楽なのですが…)

 

この年末調整、確定申告の関係については以下の動画が非常にわかりやすいのでご紹介。

複雑な税の知識の入り口、入門者向けに非常に分かりやすい動画になっています!

 

確定申告とは?節税派は勉強必須!下記の動画からどうぞ。

 

 

 

 

 

 

ソフトを使えば超簡単で節税が可能に!

    

 

僕も今年で5回目の確定申告。

初めての申告はドキドキ…。失敗して怒られるんじゃないかって…。

 

でも実際はなーんにも起きませんでしたw

一番むずかしい書類の作成も、ソフトを使えば非常に簡単!!

 

どれぐらい簡単かと言うと、スマホのゲームをやるぐらい簡単です。

完全に個人事業主で僕ぐらいの規模なら一人で出来ます。

 

2年前以降は更に簡単!

定期的にレシートや領収書をファイルしておくこと、定期的に帳簿付けを行う。

 

それを意識するだけで、申告期限になっても全く慌てる事なしです!

 

病院に行った人は医療費控除の対象になるかも知れません!

ふるさと納税も、お得に使ってうまくお得に納税しましょう!!

 

 

医療費控除とは? 忘れず申告、賢く節税!

 

 

ふるさと納税とは?返礼品は日用雑貨=現金の節約でお得!

 

 

 

ではでは、お得知識を身につけながら、先へ進んで行きましょう!

お金は稼ぐよりも節税して手元に残して行きましょう(^o^))

 

 

 

青色申告と白色申告? どちらがいいの??

 

 

まずは確定申告の種類について。

確定申告には2種類の申告方法があります。

 

青色申告と白色申告。

 

結論から言うと税金の面で有利なのは青色申告です。

「難しい」「煩雑」と言われていますが、会計ソフトを使えば全く問題ありません

 

青色申告、白色申告と、提出する書類が少し違うだけで控除される金額も変わります。

控除される金額が大きくなる=収入が低くなるので翌年の税金も安くなる!

 

という仕組みです。

僕らが給与から天引きされたり、コンビニなどに支払いに行っている税金や社会保障費。

 

それらの金額がどのように確定するのか?

それは1年間に自分が「稼いだ額」や「給与額」から算出された金額を元に計算され、毎年6月ぐらいになると区役所や市役所から書類が送付されてきます。

 

 

この住民税や所得税の金額が個々人で違う理由は前述の通り。

前年の年の売り上げを元に計算されるからです。

 

「稼いだ額」や「給与額」が多ければ多いほど支払う金額も高くなります。

逆に少なければ支払う税金の額も少なくなります。←累進課税制度といいます。

 

累進課税とは?収入が多くなる=税収が高くなる仕組みについて。

 

 

青色申告と白色申告の違い、累進課税制度については理解出来ましたか?

勉強がめっちゃ嫌いな僕でも、ことさら自分のお金のことに関したら興味津々w

 

しっかりと勉強して理解する事が出来ました。

確定申告というのは自分のお金を守る為の制度でもあるのですね。

 

給料や売上を増やし、手元に資産を残す事も大切ですが、更にお金を守り支出をへらす。

結果、自分の手元にお金が残る仕組みをしっかり学んで行くことが蓄財に繋がります!

 

おすすめの書籍もご紹介します!

この書籍と合わせて、税の仕組み等を知ることで、総合的に手元に残る資産を残す仕組みが学べます。収入や給料を増やすだけではなく守って行きましょう。

 

黄金の羽根の拾い方

 

この書籍は僕が会社員の時に出会った本です。

初版から改定がなされ、2021年でも使えるように法律の面などもアップデートされています。この書籍を1冊読めば、「お金持ちの思考」「小金持ちへのステップ」を学べます。

Amazon Kindle版が超格安で買う事が出来るので絶対に購入した方が良いです!

一生読める本のひとつです!!

 

 

 

本当の自由を手に入れる お金の大学

 

この記事でも沢山動画を紹介している、お金の大学の新版書籍です!

筆者の両@学長はYou Tubeで沢山のマネー系動画を投稿しています。

 

そして、この両@学長の動画には業界のタブーと思われる?ような情報も満載!

「この本を読んでおけば良かったー!」とか「両@学長の動画を見ておけばー」というYou Tubeのコメントも沢山!!マネー系以外にも人生論や思考法なども多数紹介!!

正直、無料の動画で「ここまでやっていいの?」と思うぐらいの有料級の情報が満載!

 

You Tubeで学んで本で知識を補足!

ぜひ、一歩抜きん出た知識が欲しい方におすすめです!

 

 

 

さて、知識武装をする為の情報をご紹介した所で、お次は実践編。

 

経費について、僕が実際に事業として行っていて経費計上出来るもの、出来ないもの。

具体的な事例を含めて紹介して行きたいと思います。

 

 

個人事業主の経費についての考えかた。

Image by mohamed Hassan from Pixabay

 

結論からいうと、売上から経費を差し引いて計算した額に対して課税されます。

なので、経費で購入出来るものは、経費として購入し経費計上する事=節税になります。

 

仕事をしていると色々な「仕事に関する」道具を購入します。

 

個人事業主で経費になるもの

 

僕のように建設業・フードデリ・ライター業を事業としている場合。

仕事に関係する物品や道具の購入費。移動の為の交通費、燃料費は経費となります。

 

文房具やPCなどを例にあげます。

 

会社員の場合は文房具は会社支給、会社が経費として買っています。

個人事業主の場合は自分で経費として買って経費計上します。

 

会社でも個人でも文房具が経費になっていることには変わりません。

これと同じ理屈で家賃も経費の計算ができます。

 

在宅で仕事をする場合。

ライター業やITの仕事を在宅で行った場合は、自宅兼事務所となり家賃は経費となります。

 

仕事で使ったスペースや倉庫なども経費として計上します。

会社に勤めている場合、オフィスや工場等の賃料は経費として計上されています。

 

個人事業主で自宅を仕事場にしている場合も考え方は一緒です。

物置や机、商談スペースなどが経費として計上できることになります。

 

 

 

個人事業主で経費にならないもの

 

これは想像出来る人も多いのではないでしょうか?

答えは仕事に関連してないものです。

 

代表的なのは、個人で食べた昼ごはんとか。

個人的に買った貴金属、ブランド物とか。

 

しかし、芸能人の場合は自分をブランディングする為にブランド品の購入は必要…。

とか、このあたりは一般人の感覚に合わせて自分で考えて経費計上しましょう。

 

不明な場合は税務署に電話一本で親切に教えてくれます。

 

税務署と言うと、なんだか怖いようなイメージがありますが、対応してくれる人はとても丁寧な人が多く税制面での事も、とっても詳しく教えてくれます。

だから、気になったり不明な点がある人は遠慮なく頼りましょう。

感覚的には区役所の窓口の人みたいな印象でした。

マルサの女のイメージ強すぎ(^o^))

 

 

 

簡単に記帳が出来て確定申告が出来るソフト3選

Image by mohamed Hassan from Pixabay

 

これまで説明してきたように個人事業主はサラリーマンは税制や書類の手続きなど大きく違います!「売り上げ」と「経費」を自分自身で管理し報告する必要があります。

 

個人事業主=自分の会社です。

僕も会社員から個人事業主になって税の事を知ったことで、良いことばかりでした。

 

何が良かったかというと?

手元に残るお金が増えたのです!!

 

それはどうしてか?

上記の動画や書籍を見ればまるっと理解出来ちゃいます!

 

このあたりの勉強はコスパ最高の勉強です!

 

毛嫌いせず勉強してみて欲しいです。

僕も苦手ながら勉強が全然苦にならなかったですから。

 

会社員では税金の事は会社がやってくれるので確定申告をする機会も少ないです。

実際に僕は自分で副業を始めるまで誰も教えてくれませんでした。

 

うちの両親も会社員ですが、そのあたりの知識は全く知りませんでした。

「面倒くさい」の一言で勉強しないのは本当に勿体無い…(´Д⊂ヽ

 

知らずに損をする事はあっても、知って損をする事は僕の経験上ありません。

 

実際に煩雑やめんどくさいと言われている確定申告。

一度経験してみれば実は簡単な事が分かってしまいます!

 

そしてその煩雑や複雑と呼ばれている確定申告を簡単に済ますことができる方法。

それは会計ソフトを使う事です!以上です!!超簡単です!!!

 

どのソフトも使いやすく感覚で言えばSNSに投稿するぐらい簡単です。

さて、どのソフトを選ぶのがいいのか?特徴も合わせて紹介して行きます!!

 

結論は、僕のように「売上のみ」で「支払い」がない人は「やよい会計」がオススメ!

 

 

 

弥生の青色申告(「受注仕事」のみの人向け)

     

 

やよいの青色申告 オンライン – 弥生会計

 

初めて確定申告をした時に何種類かのソフトを試したどり着いたのがこれ。

もうずっとお世話になっています!(青色申告は初年度無料)

 

使った感想はとってもシンプル&簡単!!

 

個人事業主登録をして、仕事の種類も「受注」で「売り上げと経費」の計算のみ。

一番シンプルな確定申告をするなら「やよいの青色申告」がおすすめです。

 

スマート取引取込が便利!!

クレカで買い物をすれば簡単にクレカ情報から帳簿記帳が簡単に出来ます。

銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホアプリで撮影したデータを自動仕訳するので、入力と仕訳の手間が省けます。僕はほとんど、この機能を使っているので手入力するのはわずかです。

 

詳細はYAYOI SMART CONNECT」を参照

 

かんたん取引入力機能

簿記知識がなくても、日付や金額などを入力するだけでOK。今までは簿記の知識が必要だと言われていた複式簿記帳簿が自動作成。

スマホでもPCと同様の作業ができます。仕事の道具・燃料費・家賃など。クレカ以外の手入力も簡単に帳簿に記入OK!

確定申告の提出書類も自動で生成してくれるので、まさに手間無しです!!

詳細はかんたん入力機能紹介」を参照

 

やよいの青色申告の特徴は各機能についての説明動画が充実している事。

わからないことがあればピンポイントで動画を視聴することで問題解決が出来ます。

 

自宅で作業していて質問をする場所がないと不安になった場合でも安心!

動画を見ることで大体の事は解決できると思います!!

 

 

 

 

 

確定申告freee(受注・外注がある人向け)

     

 

freee | 全自動クラウド会計ソフト

 

初めての確定申告で「やよいの青色申告」と比べたのがこのfreee。

 

freeeのソフトの強みはパッケージソフトだということ。

「複数の機能を1つのサービス」の中で使えることが最大のメリットです。

 

会計、確定申告、請求書、見積書発行、経費精算と1つのサービス内で利用可能。

freeeでは、会計ソフトを使っているだけで様々な経理業務をカバーする事が出来ます。

 

 

◆freeeの製品は個人向け・法人向けと充実!

個人事業主から将来的に法人への移行の際にもスムーズ!!

 

freeeのサービス一覧

【1】会計freee(個人事業主向け):「最も簡単」な確定申告サービス

【2】会計freee(法人向け):経理がもっとラクになるクラウド会計ソフトの決定版

【3】人事労務freee(法人向け):給与計算から労務管理までワンストップで解決

【4】会社設立freee(法人向け):面倒な会社設立書類を5分で作成<無料>

【5】開業freee(個人事業主向け):個人事業の開業書類を5分で作成<無料>

 

料金の面で言えばシンプルな「弥生会計」よりも、年額での支払い金額は多少割高になりますが、機能面はかなり豊富!!

具体的に「受注」業務以外、「発注」や「領収書の作成」などの経理業務が発生する規模の事業を営む個人の方はトータルコストで見てもfreeeがお勧めです。

 

スマホ”に完全対応

 -スマートフォン・タブレット専用アプリを用意。

 

領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能。

PCを使うことがなく「すべてをスマホで完結」出来る事がfreeeの強みです。

 

PCを持っていない人や苦手な方でもスマホなら簡単に楽しく帳簿作りOK。

 

会計・簿記の知識がいらない 初心者でも安心

 

銀行・クレジットカードと連携して自動処理なので面倒な入力不要。

ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を簡単に作成可能。

 

*詳細ははじめての経理ならを参照

 

 

 

 

 

 

Money Forward (口座やカード請求の一括管理が可能)

 

 

Money Forward(クラウド会計.確定申告)

 

ほとんどの人が銀行口座を複数持っている時代。

クレカも同じように2枚〜3枚は持っていると思います。

 

僕もクレジットカードは様々な用途やポイントを使い分けるために数枚持っています。

明細や口座の残高を1つの画面で管理出来るのがこのマネーフォーワード!!

 

一度、ログイン情報を入力すれば、マネーフォーワードのサイトで一元管理が可能に!

 

銀行や金融機関のサイトは、ログインの都度、パスワードの入力を求められる事や、ワンタイムキーの入力など色々手間も多いのがデメリット。

PCやスマホで確認する事が出来て便利な反面、操作が面倒で結局通帳で記入した方がいいや!となる人が一定数いるのも納得。

 

ですが、マネーフォーワードの登場で、その悩みも解消しました。

複数の銀行口座や投資口座の総資産を一発で確認する事が出来ます!

 

そして、その一括データを元に確定申告等の書類も連携して作成することができる事。

やよいの青色申告、freee 等の前述した確定申告ソフトと比較して、さらにもう1歩踏み込んだ連携機能が強みの確定申告クラウドソフトです。

 

金融情報の一括管理が可能

銀行、クレジットカード、電子マネー、証券、マイルなど、すべてのお金の情報をマネーフォワードのアプリやウェブサイト上で一元管理が可能。

現在の保有資産がひと目で知ることが出来ます。

証券、投資信託や株価などとも連携しているので、現金や預金以外の金融資産の把握も簡単にする事が出来ます。

 

簡単経理〜複雑な経理まで将来的な移行が簡単

マネーフォワードクラウドには「会計」「確定申告」「請求書」「給与」「マイナンバー」「経費」「ファイナンス」のサービスがあります。

 

個人事業主の方は経理業務を主にしている方はほとんどいません。

そして、1人で業務をしている人のほとんどは「経理業務が本業」ではないし、その時間はハッキリ言って僕にとってはかなりのロス(´Д⊂ヽ

その時間で本業の仕事に精を出ししたいと思うのが正直なトコロ。

マネーフォワードはこうした個人の負担を減らし、バックグラウンドの業務を全て自動化することをコンセプトに考えられたサービスを提供してくれています。

 

 

さいごに

Image by Gerd Altmann from Pixabay

 

いかがでしたでしょうか?

 

僕も青色申告を始めて今年で5年目。

初めて確定申告をした時には、青と白の違いも全くわかりませんでした

 

だけど、そんな知識もやっていれば勝手に覚えて行きます!

自分のお金が増えるのって、やっぱり楽しいですし、増やした資産は防衛必須です!!

 

パソコンやスマートフォンで簡単に帳簿の入力ができるし、入力する事が出来れば後の知識は何も必要ありません。大丈夫です、簿記の知識なんて不要です。

 

残念なことに、僕の両親も含め周りには青色申告と言う言葉だけで難しい!面倒!!

計算なんて大嫌い!意味がわからん!!

 

と感じてしまい、全く手をつけず白色申告で確定申告を行っている人が多いです。

 

しかし!

 

会計ソフトを使うことで、手間もストレスも、ありません。

面倒な書類はみんな、ソフトが自動的に作成してくれます。

 

繰り返しになりますが、確定申告を行うのであれば青色申告をお勧めします!

 

今回、紹介した確定申告ソフトを使うことにより、スマホでSNSやゲームをするような感覚で簡単に確定申告書類を作成することができますし、自分の資産、収支、を管理することで毎日の生活で生じる、お金の使い方や考え方も、間違いなく変わってきます!

 

どのソフトにも共通して言えることですがまずは無料体験してみてください。

 

難しい!煩雑!!めんどくさい!!!

その固定観念を捨ててぜひ青色申告にトライしてみて下さい。

 

そして翌年、自分が支払うことになる「住民税」や「社会保障費」の額を見て下さい!

今まで確定申告をしていないことで自分がどれだけ税金を多く払っていたか。がわかると思います。

 

 

2021年度の確定申告は4月15日迄です!

ギリギリにならないように余裕を持って提出しましょうね!

*国税庁HPより

 

 

最後に、今年から青色申告控除の額が変更になりました!

詳しい情報は以下の動画からどうぞ!!

 

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!