【商品レビュー】

最強の海外旅行保険自動付帯!旅人が常備したい安心のクレカ&国際ATMカード

はじめに

Image by TheDigitalWay from Pixabay

 

 

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

今日の記事ではクレジットカードについて。

僕は、コンビニでの100円の支払いから通信量、交通費まですべてクレカ払い。

 

よっぽどの事がない限り現金を使わない生活をしています。

 

クレジットカード以外にもメルペイや楽天ペイ等を始めとする各種の電子マネー、キャッシュレスが主流になりつつある今、クレジットカードは1人、1枚や2枚は必ず持っていることが普通になってきている世の中です。

 

僕のように1年のうちに何回も海外旅行に行く人ならばカードは必須!

航空券の購入やホテルの予約にもクレジットカードが必要な場合が多いです。

 

特にアメリカやヨーロッパなどに行くと日本以上にクレジットカードでの決済の世界。

はっきりってクレジットカードがないと長期で海外を旅するのは無理だと断言出来ます。

 

ちなみにリスクの面で言っても現金よりも確実にカードの方が安全・安心です。

まず海外で1番に心配なのが盗難…。((((;゚Д゚))))

 

現金の場合は盗難に合うとお金が戻ってくる事は100%ありません!

今日は海外旅行だけに限らず、国内でも賢く使って節約出来る。

 

僕が愛用しているクレカのメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

 

海外旅行でクレカを使わないと損しかしないわけ。

Image by Mediamodifier from Pixabay

 

 

海外旅行でクレカ必須の理由

Image by Rudy and Peter Skitterians from Pixabay

 

1.現金→現金よりも手数料(換金所でぼられる心配もない)

2.海外旅行保険が自動付帯されている(盗難・不正利用の保証)

3.大量の現金持ち歩きはNG(盗難にあったら最後…)

 

換金所で換金額をごまかされる事がある!!

 

僕も経験があります。

空港には沢山の換金所があります。

 

海外旅行初心者の人はまずこの換金所で手持ちの日本円を現地通貨に換金。

それから、ホテルなどの宿泊施設へ向かう人が多いと思います。

 

この自国通貨から現地通貨への換金というのが曲者で、初めて見る国の通貨は、紙片の形から数字の桁まで日本円と全く変わることも多く、実際の正しいレートで換金されているのか頭がこんがらがります。

 

Ronin
Ronin
現金はその場で確認するのが鉄則ですが…。

 

 

あくどい換金所では、スタッフがわざと「早くいけ!」

などと慌てさせその場で換金した額を計算させないように仕向けてくる場合があります。

 

いちどカウンターから離れると後から「金額が合ってない!」

と言っても取り合ってくれません。

 

空港などは換金レートも悪く両替をするのであれば最低限。

EUやアメリカなどは公共交通機関の支払いがカードでOKな場合が多いです。

 

しかしアジアはまだまだ現金主義なので、レートの悪い空港で現地通貨への換金は最低限の現金にしておく事をオススメします。

 

海外旅行保険が付帯されている。

 

この海外旅行保険についても経験済みです。

 

僕が長期で海外を旅したときにクレジットカードが不正利用されました。

その不正利用額は日本円で40万円ほど…

 

すぐにクレジットカード会社に連絡をしてカードを停止。

その後カード会社の調査。(支払いナシの決定が出るまで半年掛かりでした。)

 

最終的にはカードの不正利用の保証補填と言うことになり実害はありませんでしたが…。

毎度、日本から海外へ時差を利用してカード会社の人とやり取りするのは骨の折れる作業でした。現地で深夜に小声でカード会社の人と状況説明をする。などまぁ大変でした。

 

海外旅行の保険に補償が付帯される条件というのはカードによって変わってきます。

 

携行品の紛失の保証、病院にかかった際の保証、などが代表的な保証ですが。

カードにより保証内容もそれぞれ。

 

手持ちのカードの約款や保証内容をよく確認しましょう。

 

盗難・強盗にあったら最後。現金は100%戻ってこない。

 

僕は幸い海外でスリにあった事はありますが現金を取られた事はありません。

 

時々海外を歩いていて日本人観光客の方に会いますが…。

財布の中にパンパンに現金をしまっている方を見かけます。

 

これを現地の悪い人が見たらどう思います?

どこかで悪さをする人と言うのは必ず観光客に狙いをつけています。
(空港から目を付けられていて、後を付けられる事もありました。)

 

日本とは違います。

海外で多額の現金を持ち歩く事は絶対にやめたほうがいいです。

 

盗難や強盗にあったといっても警察はまず相手にしてくれません。

警察に駆け込んだとしても、現金が戻る保証はほぼ100%ないと思って間違いないです。

 

 

クレカではなく現金を使った方が良い場合もある。

 

日本でも大分、電子マネーでの少額決済が普及してきました。

 

海外では以前からカード決済は主流で少額(数百円の決済)でもカードOK。

海外での利用もPtが貯まるので極力カードでの支払いをお勧めします。

 

レシートを貰うことを忘れないようにして下さい。

僕は現金、カード問わず海外では必ず決済の後にレシートを確認します。

 

カードでは経験がないですが、現金はお釣りをちょろまかす輩は多いです。

 

それだけ便利なクレジットカードですが使っては行けない場面も多々あります。

上記で書いたように怪しい店でカードを使うと情報を抜き取られる可能性もあります。

 

 

怪しい土産物屋、旅行代理店など。

 

怪しいエリアにある怪しい店。

 

抽象的すぎてうまく伝わらないかもしれませんが、旅慣れすると分かって来ます。

カードリーダーがレジの裏手にあったり、見えないように操作する場所は要注意!

 

僕がインドで経験したときの話ですが、やたらとクレジットカードでの決済を進めてくる旅行代理店がありました。こういうお店で注意しなければいけないのはカードの情報を抜かれる事です。

 

クレジットカードで決済を行う場合、カードと暗証番号の組み合わせで決済をします。

インターネットなどで物を購入したり決済を行う場合には表の16桁の番号と、裏面の3桁or4桁のセキュリティコード(CVV2/CVC2)と暗証番号があれば決済が可能です。

 

カードが絶対に自分の目から離れないように注意しましょう。

数名の店員で組織的に、カード情報を抜き取る行為をする輩もいます。

 

一人がクレジットの決済を担当、一人が話しかけて来て注意をそらす。

今はスマホでカードの両面を撮影されれば一瞬で情報を相手の手中に収められます。

 

そうすると、後日使った覚えのないネットでの買い物をされる被害にあったりします。

実店舗では防犯カメラ等が証拠となり、危険が及ぶので被害は、ネット決済が多いです。

 

しかし、上記のような基本的な事を気をつけていれば、海外でのクレカ利用はメリットが多いです。デメリットとしては、このような情報を盗まれるケースと、小さな店ではクレジットカード決済ができないと言う事だけです。

 

デビットカードの場合はクレカと比較して盗難や、スキミングなどの被害にあった場合の保証が弱いので、利用するカードの保証内容は必ず知って置きましょう。

 

 

保証も充実!海外旅行に強いクレカ&国際キャッシュカード

 

コンビニをはじめ、日本でも、ほとんどの場所ではカードや電子決済が出来るようになってきました。

 

では、ここまで海外旅行に行く際にクレジットカードを持つメリット、デメリット、注意事項を書いて来ました。間違いなく言えることは「多額の現金を持ち歩くより安全」ということです。

僕の経験上、現金は盗まれたら100%戻ってきませんが、カードの場合は悪用され、利用されたとしても被害にあった額が戻ってくる可能性はあります。

 

最後に僕が現在使っているクレジットカードでお勧めのものを紹介していきます。

主に海外で使うことをメインに考えているので目立たないカードがオススメです。
(ゴールドとかアメックスは悪党の目につきやすいです。)

 


1.使いやすさ(目立ちにくいデザイン)

2.年会費等のコスト(年会費永年無料)

3.国内海外での有事の際の保証(3ヶ月単位の保証付帯)

 

 

楽天カード(空港ラウンジサービスが魅力的)

 

 

年会費・入会費が無料!

 

海外旅行保険 3ヶ月が付帯!!(条件あり)

海外旅行者の中でもダントツ保有率が多いのが楽天カード。

 

最近では楽天の包囲網も広くなり、Ptをコンビニなどで現金と同様に使うことも可能。

これまで、楽天のPtは楽天グループでの使用にとどまっていました。

 

今ではAmazonに勝てない理由の一つ、送料の問題にも取り組んでいます。

海外の決済でもPtが貯まるので1番使い勝手が良いのが楽天カードの強みです。

 

ブランドも世界で圧倒的なシェア率を誇るVISA。

そして国内ブランドのJCBを選ぶことができるので海外、日本を問わず使いやすいです。

 

プレミアムゴールドゴールドカードにすれば国内海外の空港ラウンジも使用OK!

ゴールドカードの1番のアドバンテージはこのプライオリティパス付帯でしょう。

 

海外に頻繁に出かける人はゴールドカードやプレミアムカードがお得。

楽天カードは頻繁に還元キャンペーンを実施しています。

 

永年無料なので持っておいて損はありません。

最近では楽天モバイルの決済にもPtを使うことが出来るので使い勝手は良いです!

 

 

【楽天Pt 2000が貰える招待コードあり】話題のRakuten UN-LIMITに変更!!1年間の基本料無料&SIMフリー機種も格安でGET!!はじめに 2020年4月8日から以前より楽天モバイルが新しい携帯キャリアに参入...

 

 

 

エポスカード

     

 

年会費永久無料のカードです。

 

Visaマークのあるお店で使えるので海外旅行には一枚持っておきたい所。

そして海外旅行や携行品保証などのベーシックな保険も付帯しています。

 

ポイントが貯まる!初年度はもちろん、次年度以降も年会費は永久無料!

カードの盗難等による不正使用の被害の場合も保証があるので安心。
(*規定あり)

 

モバイルSuica/楽天Edy/ApplePay/スターバックス カード/auWALLETプリペイドカードなどの電子マネー機能も付帯している1枚で国内海外問わず便利なカード。

 

 

*画像をクリックしてエポスカードの保証内容へ移動

 

三井住友 Bookin.comカード(海外の宿予約で最強!)


     

安心信頼の三井住友ブランドが発行するBooking.conカード。

 

年会費&入会費 無料。

入会だけで「Booking.Genius」会員にアップグレード。

 

Genius会員の場合、Booking.com経由で宿予約をすると割引サービスを優先的に受けることができるようになるので、旅行者としてはかなり大きいメリットです。

 

僕もGenius会員なので、安く宿に泊まれるキャンペーンに参加することができます。

 

その他にも、旅行者目線のサービスが盛りだくさん。

 

宿泊代金10%OFFに加え、レイトチェックアウト・無料空港送迎・ウェルカムドリンクなど無料でサービスが受けられます。

 

キャッシュバックも最大6%還元と他のカードと比べても大きく、最大2,500万円の旅行傷害保険も付帯している点も心強いクレカです。

 

僕が海外を旅行している時に会った日本人旅行者が不正利用の被害に遭ってしまいました。

すぐに対応をしてくれて被害額は全て免除になったという神対応の三井グループ。

 

コールセンターのレベルも他社と比べて、とても高いと評判です。

何かあった時にコールセンターの対応が神だとなにかと安心!

 

そこはさすが三井グループという感じです。

こちらも永年無料なので、持っておいて損はないカードです。

 

海外に行く時には持っておきたい一枚です。

 

 

現地通貨をATMで引き出せるプリペ【NEOMONEY】


     

年会費&入会費 無料。

こちらはクレカではなく海外キャッシュサービスが出来るカードです。

 

日本にある銀行口座の日本円を海外のATMから現地通貨で引き出すことができます。

NEO MONEYカードは盗難・紛失時のときにも安心。

 

24時間365日運営の「紛失・盗難デスク」にてカードの停止などの対応可能です。

手数料は“使った分だけ”&為替レートもお得です。

 

現地のATMで現金をおろしたい場合に国際キャッシュカードとして使うのに便利です。

日本の銀行でお金を引き出すのと変わらない感覚で使える便利カードです。

 

 

さいごに

Image by Steve Buissinne from Pixabay

 

海外旅行に持っていくべきクレジットカードプリペイドカードをご紹介しました。

全て年会費や入会費が必要なカードばかりで作っておいて損ナシです。

 

海外旅行に行く際には必ず2枚から3枚それ以上のクレカを持っていくのがお勧め。

 

特にアジアで多いのが種類や磁気不良によってATMでカードが使えない事。(インド・パキスタンは磁気不良でATMが使えない場合が結構あります)

場所によってはカードが機械に吸い込まれてしまうと言うこともあるので、無料のカードを何枚かもっておくのが間違いないです。

 

実際に僕もカードがATMに吸い込まれた経験があります。

ラオスに行った時ですが、現金を引き出そうと思いカードを入れたら…。

 

そのまま吸い込まれて出てこなくなりました。

これ、アジアでは本当に良くある事です。

 

日本じゃ信じられませんよね…。

まったくもう…。

 

吸い込まれてしまったカードはカード会社に連絡をすることですぐに停止することができるので、不正使用されるなど大きな問題にはなりませんが、カードがなくなると日常の買い物や移動に不便をきたすので必ず予備を持っておく必要があります。

 

実際に海外を歩いてみればわかりますがアメリカやEUは、ほぼカード払いです。

特に最近では「非接触型決済」のWAVEと呼ばれるタッチ式のクレジットカードやデビッドカードで支払っている人の姿も多く見かけます。

 

 

*Visaのタッチ決済(非接触決済) |

 

 

安全面、利便性から見ても現金のみで海外旅行をする時代ではありません。

まだクレカを持っていない方はこれを機会にカードを作りましょう!

 

年会費&登録料は無料のカードで十分です!
日本の引き落とし口座は1つでOK!!
クレカは絶対に無料のものを何枚かもっていましょう!!

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!