【楽天Pt 2000が貰える招待コードあり】話題のRakuten UN-LIMITに変更!!1年間の基本料無料&SIMフリー機種も格安でGET!!

スポンサードリンク



はじめに

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

2020年4月8日から以前より楽天モバイルが新しい携帯キャリアに参入しました。

以前から楽天が携帯の新キャリアに参入すると言う事はニュースで話題で気になってました!

楽天モバイルは、2020年4月8日までは他社回線を使うMVNO業者(ドコモやauの回線を借りる。)でしたが現在は楽天独自の通信網を持つ第4のキャリアとなりました。

今まで楽天モバイルを使っていた人。

スマホの画面の左上に書いてある「NTT DOCOMO」や「au」などの表示はなくなり「Rakuten」と表示されるようになります。

僕も今まで数年間は楽天モバイル(ドコモ回線)を使用してきました。

使っていたプランは月額1,600円と言う低料金が魅力の3.1GBプラン。

データ容量は月額3.1 GBまでの制限付きでしたが、ウェブ閲覧、メール、SoundcloudやAmazon musicなどの音楽ストリーミングサービスを通勤で使う。

その頻度ならば3.1GBの容量は1ヵ月で十分でした。

このまま、しばらく上記のプランで携帯を使っていて不便はなかったのですが、今回楽天モバイルの打ち出した新しいプラン「Rakuten UN-LIMIT」

スタートダッシュとも言える思い切った「お得なキャンペーン」を実施しており、今まで使っていた、既存の携帯機種も古くなり動作が鈍くなってきたこともあり、機種を変えるタイミングで「Rakuten UN-LIMIT」に変更してみることにしました。

まだまだ検証する余地がありますが、今日は「Rakuten UN-LIMIT」のメリット、デメリットを記事にしていきたいと思います。

1ポイント1円としてコンビニなどで使える楽天ポイントも自動的に付与されます!

コンビニの決済などで使えるので楽天ポイントはかなり重宝しています!!

Rakuten UN-LIMITのメリット

Image by Free-Photos from Pixabay

まだまだ出始めではっきりとすべてのメリットが解明されていない楽天モバイル。

楽天モバイルの公式サイトをソースにどれほどのメリットがあるのかを検証してみました。

実際に見た公式サイトでのアナウンス。

僕自身が使って感じたメリットを書いていきたいと思います。

明朗会計な2,980円/月額のシンプルな料金プラン

Image by TheDigitalWay from Pixabay

詳しい人が見ても複雑に見える携帯プラン。

あえて分からないように複雑にしている携帯プラン。

そんな携帯業界のタブーを打ち破るべく登場した明朗会計な「Rakuten UN-LIMIT」

基本の携帯プランは非常にわかりやすく2,980円/月額の一択のみ!!

かつての3キャリアのようなS.M.Lのような月額の基本料金によって「通話料」や「データ量使用可能量」が変わると言うわかりにくさがなくなりました!!

今まで「1,600円/月額」の基本料を支払っていた僕ですが、1年後に「2980円/月額」になるこのプランも契約から最初の1年間は基本料無料と言うのも大きなメリットです。

今まで携帯電話の契約にほぼ強制となっていた〇〇年縛りといった契約月以外の解約で違約金を請求される心配も「Rakuten UN-LIMIT」にはありません!!

そうです!

自分には合わなければ解約することも出来るのです!!


※1 お1人様1回線1度のみ。製品代、事務手数料、オプション料、通話料等は別費用。


☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

月額のデータ制限を気にせず、ネットを使い放題!

*楽天モバイル、データ使い放題 の詳細ページはこちら

次に挙げる大きなメリットの1つがデータの使い放題!

僕が今まで契約していたプランは3.1 GB/月額のプランで容量については充分でしたが通信速度については満点ではありませんでした。

ドコモやau回線を利用していた今までの楽天モバイルは回線の使用者が多い時間帯。

主に朝、昼、夕方などは通信速度が遅くなる傾向にありました。

具体的にどれぐらい遅いかと言うと動画の視聴は不可能。

Yahoo!ニュースや日経ニュースなどの画像が表示されるのも遅くなるほどの低速…。

通信速度については、月額料金も安いことから半ば諦めていたのですが…。

楽天が独自の回線を持つことによってこの問題は解決されるであろうと予想されます!

データの高速化と使用量の制限がなくなったことで、今まで見なかった動画などの大容量データ通信のコンテンツもも楽しむことが出来るようになりそうです!!

通信エリアや回線については公式ページにて説明がありますので。

加入を検討している方は一度、ページを訪れて対象地域なのかを確認するのもアリです!

現在楽天モバイルの「独自回線」でカバーされている地域は「東京」「名古屋」「大阪」などの都市圏に限られており、楽天の通信網のエリアであれば使い放題になります。

その他の地域は従来どおりのau回線を借りるMVNO方式になるので、残念ながら「使い放題」にはならず「5GB」までの制限付きとなります。(4/22 迄は2GBの制限)

ただ、制限を超過しても最大1Mbpsの速度は保証されているので使えなくなる事はないです。

そのあたりは安心してOKです。

通信速度の低下はありそうですが、今後、楽天も基地局を増設していくと発表していますので独自回線のエリアは広がっていくと予想されます。

これも普段の生活圏が都市部の方であれば全く問題はなさそうです。

不安な方は下記のリンクから通信エリアも確認しておきましょう。

☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

海外66の地域でネット通信 2GB/月まで使える!!

*楽天モバイル海外利用の詳細ページはこちら

これも僕が「Rakuten UN-LIMIT」に乗り換えた理由の1つでもあります!

今まで海外に行くときにはその国に対応したSIMカードを購入していました。

渡航先の国でSIMカードを購入するのですが、国によっては購入が面倒な国もあります。

例えばインド…。

パスポート以外に証明写真が必要であったり住所が必要であったりします。

パキスタンであれば住所の証明以外に保証人まで必要だと言われる始末。

ヨーロッパであればAmazon等で販売されているヨーロッパ各国で使うことができるSIMカードが販売されているのでそれを利用すれば問題ありません。

ただ、どの国でも共通なのはSIMカードを差し替える手間があること。

不慣れな人にはちょっと面倒なAPNの設定など煩わしい点もあります。

それに契約をしてから半日しないと開通しないと言うこともあり見知らぬ土地に降り立ち「いざ情報収集!」と思ったその瞬間からネットが使えないと言うのはストレスです。

空港などで飛んでいるフリーWi-Fiもメールアドレスを登録したり電話番号を登録してSMSを受け取るなどインターネット1つ使うのも海外では意外と手間がかかります。(そもそもSIMカードがないとSMSも受ける事ができない。)

SIMカードを差し替えることなく、海外でそのままインターネットが使用できると言うのは、しょっちゅう海外旅行をする僕のような人間にとってはとても大きいメリットです!

現在公開されている対象地域は以下の通りです。

この66の地域も今後増えていくことを期待しています。

☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

スマホ&固定電話へも無料で電話かけ放題!

*楽天モバイル通話料金の詳細ページはこちら

現在は月額料金固定で通話し放題のプランが主流の今。

LINEやWhatsAppなどのアプリを使えば基本的に通話無料です。

通話料無料が主流の現在ですが、まだまだ固定電話への通話がなくなる事は当分なさそうです。そんな中に登場したのが「Rakuten UN-LIMIT」の新サービス。

なんと国内通話料金が無料のかけ放題!!

別料金ではなく基本プランに含まれているというもの。

今までの楽天モバイルでは、別料金を支払うことで「10分以内なら通話料金無料」などのサービスがありましたが、新しく登場したプランでは「通話料無料」は基本料金に含まれます。

ただし、この通話料無料は「Rakuten Link」というアプリを使って通話発信をした場合のみなので注意が必要です。

スマホにデフォルトで入っている電話アプリや楽天モバイルアプリを使って発信をした場合には通常の料金が掛かるので注意です。

下記のリンクからプランの詳細をご確認ください。

基本的な注意事項は以下の通りです。

Rakuten Linkについての基本。

・通話の全てはRakuten Linkアプリを利用する。

・海外から国内への通話料は無料。

・国内から海外への通話料は有料(980円/月額)

 

アプリのダウンロードはAndroid版のみ、下記のリンクから。

iPhoneでも「Rakutenモバイル」は使えますがアプリが提供されておらず通話料は無料にならないので注意が必要です!!


Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten,Inc.無料posted withアプリーチ


☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

SIMフリーのスマホが安い!Rakutenモバイル以外でも使える!

*楽天モバイル販売機種の詳細ページはこちら

楽天モバイルの公式サイトで販売されている対応スマホは全部で11種類。

2020年4月30日までは大型のポイント還元キャンペーンを開催中。

僕は今までASUS ZenFone 3と言うスマホを使っていました。

楽天モバイルのドコモ回線では問題なく使えていたのですがRakuten回線はダメ。

調べてみると「Rakuten UN-LIMIT」のSIMカードを非対応とのこと。

数年使って機種のバッテリーの持ちやアプリの動作の遅延等も目立ってきていたので、これを機会に新しいスマートフォンに買い換えることに決めました。

そこで僕が選んだのがサムスンのGalaxy A7。

このモデルは楽天モバイルの専売モデルとなります。

現在販売中の11機種の中でもスペックはミドルレンジ。

ゲームをやらない僕のようなライトユーザにはちょうど良いスペックです。

選んだ理由はスペックと大型のポイント還元。

機種によって14,500ポイントから9500ポイントまでの大型ポイント還元セール実施中

2020年4月30日までのセールなので買い換えを検討している方はチャンスです!

公式サイトでの購入がPt付与の条件になりますので公式サイトでの購入をお忘れなく。

一緒に買って置きたいアクセサリーは楽天モバイルのストア以外にも沢山あります!

値段も手頃で種類も多いのでお好みのアクセサリーでスマホを着せ替えましょう!!

僕は下記の2点のアクセサリーをスマホと同じ時期に購入しました!

☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

Rakuten UN-LIMITのデメリット

Image by Jan Vašek from Pixabay

今まで数多くの「Rakuten UN-LIMIT」についてのメリットを書いてきました。

次はデメリットについてまとめてみましたので加入を検討される方は引き続きご覧ください。

まとめると上記で紹介したメリットの真逆のことがデメリットかなと言う印象です。

「Rakuten UN-LIMIT」エリア以外でのデータ回線は遅い

*楽天モバイルの詳細ページはこちら

これは、順次拡大していくことを期待していますが、現在対応している楽天の基地局エリアは前述した通り都市部に限られています。

楽天独自の基地局エリア以外でデータ通信を使用する場合、従来のMVMO方式となりau回線を利用してのデータ通信となるので時間帯によっては通信速度は遅くなります。

楽天独自回線エリア外のパートナー回線と呼ばれるエリアは容量も無制限にならず制限がかかりますが、超過後も使えなくなることはなく、速度が制限され最大1Mbpsで使い放題となります。

では制限が掛かってしまった後。

どのような事ができて、どのような事ができないのかを見て行きましょう。

1Mbpsの速度で出来ること。

・yahooなどのサイトページを見ること

・グーグル・マップやMaps meなどのアプリを普通に使うこと。

・SNSやラインなど

・SoundcloudやAmazon music などのストリーミング

1Mbpsの速度で厳しいこと

・Youtubeの高画質視聴

・アプリのダウンロード

・PUBGなどのオンラインゲーム

「Rakuten UN-LIMIT」で使える1ヶ月の容量

・2 GB/月額 (4月22日迄)

・5 GB/月額 (4月22日以降)

まだまだ新しく始まったばかりのサービスなので今後の改善に期待する以外ありません。

逆に期待以上でなければ「Rakuten UN-LIMIT」を解約することも可能です。

他キャリアと違い〇〇縛りと言うものがないからです。

自分の住まいがいつまでも基地局に入らない場合は解約&他社への乗り換えもアリです。

僕が考えているのは1Mbpsでできない事はWi-Fiを使えばいいし、駅でもコンビニでも今はフリーWi-Fiはどこでも飛んでいるのであまり気にしてません。

がんばれ楽天!

基地局構成などの詳細については以下のリンクから

*楽天モバイルの詳細ページはこちら

☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

iPhoneが使えない(使えるけど制限あり)

Image by Steve Buissinne from Pixabay

日本で絶大なシェアを誇るiPhoneは「Rakuten UN-LIMIT」公式では使用できません。

ネットでの情報を見るとiPhoneも機種によっては使用できることがありますが楽天の公式サイトでは機種の動作保証対象外となっているので使用が自己責任となります。

物理的に使用することができるiPhoneですが「Rakuten UN-LIMIT」の大きなメリットである通話アプリRakuten Linkを使うことができません。現在、Rakuten Link アプリはAndroid版のみの提供でiOS版は提供されていないからです。

どうしてもiPhoneが使いたいと言う方は現在のところ「Rakuten UN-LIMIT」の使用はできるけどできないと言うどっちつかずな感じです。

iPhoneの操作に慣れている方にはどうしてもデメリットに感じられてしまうかもしれません。

僕はスマホはAndroid、Apple製品はiPadと、MacBook Proを使っていますがスマホだけをAndroidにしているから不自由かと言われれば、特別不自由は感じていません。

理由はメールやカレンダー等のサービスはすべてGoogleアカウントで利用しているからです。

この対応OSについては好き嫌いが分かれますね…。

楽天モバイルも「Rakuten UN-LIMIT」対応のiPhoneを販売してくれれば万事解決ですね。

☆楽天モバイルの詳細は下記のバナーから★


     

さいごに

*楽天モバイルキャンペーン の詳細ページはこちら

楽天メリットのモバイルとデメリットをご紹介してきました。

2019年から話題になっていた第4のキャリア楽天モバイル。

特筆すべき強みは値段と革新的なプランです。

今まで大手3キャリアの通信費は月額で1万円以上と大きな負担でした!

外国に目を向けてみると日本独自のルールである「〇〇年縛り」や「SIMを差し替える習慣がない」など日本の通信ガラパゴスシステムがどれだけおかしかったかがよくわかります。

数年前からMVNOという格安SIMが日本でも当たり前になり、それまでの既得権益を受けていた大手キャリア3社が嫌でも方向転換をしなければいけない時期になりました。

格安プランと同等とまではいかずとも、値下げやデータ使い放題など新しいサービスを提供し始めましたが、楽天モバイルほどのサービスは提供できていないと言うのが実情です。

価格のみで言えば楽天モバイルの2980円/月額よりも安いサービスも存在します。

しかし、「データ通信」や「通話料金」等トータル面で見れば「Rakuten UN-LIMIT」はバランスのとれた良いサービスである事は間違いありません。

今まで「なんとなく」や「ブランド力」でドコモやKDDI (au)を使っていた人も楽天モバイルを使ってみるのがおすすめです。

僕は家族のスマホもドコモやauを使っていたのを楽天モバイルに変えました。

何も知らずに高額な通信費を支払っていた両親も大喜びです。

よっぽどのことがない限り電話がつながらない通信ができないなどのトラブルは起こらないと思いますし、不安な方は2台目のサブ機として試すのもアリかと思います。

1年間は基本料が無料の今がチャンスです。

今回の「Rakuten UN-LIMIT」は楽天モバイルにとってとても大きな挑戦だと思います

僕は今までもずっと楽天モバイルを使ってきて不自由は感じていません。

「Rakuten UN-LIMIT」も応援したいと思います!

楽天モバイルの2000Ptもらえるコードをシェアします!

*楽天モバイル紹介キャンペーン の詳細ページはこちら

楽天モバイルでは紹介者キャンペーンを実施中!

紹介した方も、あなたも、お互いに楽天ポイントがもらえます!

紹介した人は3000Pt/人が付与されます。(最大5回線まで)

紹介された人は2000Ptが付与されます!!

⇑は1Pt=1円としてコンビニ等で使えるのでかなりお得です!

⇓ 登録方法は下記の通り ⇓

紹介コード:「2020041401681」

Rakuten UN-LIMITご紹介特典ルールについてはこちら

ここまで記事を読んでくれた人一緒にポイントをゲットしましょう!

またご家族や周りの方も誘ってみんなでお得に楽天モバイル生活を始めましょう。

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!

スポンサードリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク