【国内旅行】

【北海道】2020年 夏 125ccスクーターで巡る! まるっと北海道 時計回りの旅 vol.3(小樽市観光)

はじめに

(北海道限定のガラナドリンク。味はドクター・ペッパーみたいな感じで飲みやすい)

 

ピンポンパンポーン♪

ご乗船の皆様に〜お伝えいたしまーす〜。

 

船の小樽港入港が4時30分。

30分ぐらい前になるとバイクの人や車の人はカーポートへ降りるようにアナウンス。

 

さっさと充電した電気類を回収してベッドもシーツをまとめて!

忘れ物なし!さて出発でーす!!

 

ありがとう!楽しかったー!!

らべんだあ号♡

 

 

 

 

(あれ?北海道の空…。なんか曇でどんよりしてません?)

 

そう前回の日記でも少し触れた天気…。

こればっかりはどうしようもないのですが、やっぱり天気が良かったなぁ…。

 

とは言ってもタラップは開く!

ブルン ブルン とやる気のライダーはいつ北の大地に降りても大丈夫なように準備万端。

 

 

僕は友達の家に行くので今日はゆったりと船を降りるだけ…。

とりあえず朝の4時台じゃコンビニも北海道のセコマはまだやってないのでセブンへ…。

 

とりあえずいつものコーヒーを飲んで落ち着くことに。

港からほど近いセブンイレブンの外で小樽の街を見て感じたこと。

 

 

いやー…

本当、朝とはいえ。

 

朝とはいえですよ。

人が本当に少ないっすなぁ ヮ(゚д゚)ォ!

 

 

ってな感じで無事に友達のお家にも到着することが出来て2日〜3日ゆっくりすることに。

 

この2日〜3日っていうのは天気の様子を見てたんだけど、あまり回復しないので出発しました。この判断が後々にかなーりまずい事になるとは…。

 

まぁなにわともあれ無事に友達ともあえ北海道ツーリングが始まりました!

 

 

小樽市内をバイクで観光してみる。

(小樽水族館方面にやって来て見ました。)

 

早朝から申し訳ない感じで友人宅に荷物を置かせてもらい市内を散策する事に。

バイクなら一瞬で終わってしまう所が小樽の街のいいところなんだよ。と友人。

 

確かにマップで見てもツーリングマップルで見ても特別、これと言って目新しい物や、これは絶対に見なくちゃ!というものはなさそうだけど住んだら住みやすそうな街。といった印象。

 

今日は天気が曇り空だから展望台からの景色はいまいち。

グルーっと海の方を回って小樽運河の方を歩いて見ることに。

 

焼津パノラマ展望台

(焼津パノラマ展望台にやってきました)

 

おたる水族館から少し登った場所にある焼津パノラマ展望台。

せっかくなので寄り道してみました。

 

ここも天気なのか、お盆前なのか、コロナなのか。

とりあえず人がおらんですw 何処も貸し切りすぎて、コレはコレでラッキー😋

 

 

ウンウン。

まだまだバイクのタイヤもしっかりと山があるから北海道から帰ったら変えてやろう。

 

と、そんなコンディション確認の為の1枚をパシャリ📷

 

 

庶民の台所 南樽市場

(小樽の台所、南樽市場にやって来ました)

 

 

 

 

(スーパーの変わりに市場がある文化っていいね。下町だと商店街だね😋)

 

小樽には2つの有名な市場があります。

1つは三角市場。そしてもうひとつはこの南樽市場です。

 

南樽市場は新南樽市場も海側にあるのですが旧南樽市場の方が味があっていい感じ。

イオンやヨーカドーみたいに大きくないですが、階段のないフラットな市場なのでお年寄りにも優しい作りです。

 

市場の一番の名物は、海産物を中心とした物が多いですが野菜、惣菜、日用品などなんでも売っています。三角市場が観光客向けだとすれば南樽市場は住んでる人向きという感じ!

 

 

 

 

(小樽運河を歩いていると限定自販機を発見)

 

あっちー!!

初日の北海道は天気もどんより…。湿気も高めで温度も高い…。

 

ん〜なんだか想像していた北海道とは違ってどんよりしてますな。

ちょうど8月に入って本州の梅雨が落ち着いたぐらいだったですが…。

 

北海道は…。

梅雨が無い!!

 

そう思って居たのですが、地元の人と話していると、最近台風も来るようになったし、昔よりも寒くないし、暑くなった!とのこと。

 

 

 

小樽運河周辺を散策

(小樽運河通りを歩いてみるけど…。やっぱり人が少ないね。)

 

 

 

 

(反対側を向いてもやっぱり人は少なめ。お店のシャッターは降りてる場所が多い。)

 

小樽のメインストリートを歩いてみたのですがこんな感じ。

やっぱり人がいっない!!

 

今日、北海道に到着したばかりでお土産を買うのもまだ早いし…。

んー一瞬で観光が終わってしまったぞ!!

 

 

 

 

マジでタイヘンジャーのポスターを発見

 

 

 

 

 

(SNSで話題になっていた小樽のポスター)

 

小樽のポスターがやばい。

 

北海道へ出発する前に小樽の事を調べていてヒットしたのがこのポスター。

小樽は人口減&コロナによる観光減でかなり街がピンチのようです!!

 

それにしても、こんな自由なポスターを作らせてくれて、しかも展示してくれるなんて。

小樽市は懐が広いというか、自由区な感じなんだなぁ。とも感じました。

 

頑張れ小樽!!

 

 

 

 

(お父さん預かってくれるはずが暇してそうなお父さんも居ない小樽の街。)

 

居ない…。

居ない…。

 

お父さんを預かってくれる施設があるのに肝心の「お父さん」がいません。

お母さんも子供さんも少ないです。

 

建物は修繕されていたり、古くからの建物に手を入れたり…。

小樽の街の建物は見ているだけでも可愛くて写真の撮り甲斐があるのですが。

 

それを彩ってくれる人々や華やかさが今の小樽には全く感じられませんでした。

今年になってから驚くべきは何処に行っても外国人観光客を全く見かけなくなったこと。

 

 

 

涼むなら北一硝子3号館がオススメ

 

 

 

 

(北一硝子の建物内は外は猛暑でも中に入るとひんやりと涼しい風が流れる)

 

最後は北一硝子の古い建物で〆たいと思います。

 

北一硝子は小樽で有名なガラス製品の製造会社。

その中でもこの古い建物である三号館倉庫は中を改築してガラス製品の販売店舗&レストランとしてリニューアルされていて、中を見学するのはすっごいオススメです!

 

さすがガラスの産地として有名な小樽。

名所に来たら一度は見て置きたい名物。

 

 

中へはマスクを忘れてしまったので、外からちょい見だけだったけど、薄暗い店内に陳列されたガラス達はとてもきれいで整然並べられていました。

 

時間があったり、徒歩だったりゆっくり見たい場所。

 

それに数多くレストランの中でも、せっかく食べるならこの北一硝子のような古い建物で食べてみたいとも思いました。

 

 

 

 

さいごに

(阿寒湖特産のまりもは小樽でも健在でした)

 

さて、今日1日、小樽の街をゆっくりと観光して見ました。

歩きや公共交通機関を使えば、それなりに1日楽しめるけどバイクや車だったら一瞬w

 

小樽は札幌や積丹半島とも近く、単体で立ち寄る観光地というよりは何処かの観光地の経由地として立ち寄るのが良さそうな印象の街でした。

 

素敵な街や運河ももちろんですが、この場所で一番気に入ったのが坂の町だということ。

ほんの少し坂道を登れば見つかる数多くの展望台や絶景ポイント。

 

そして、生活用品を賄う為なら車やバイクで15分も走れば何でもある利便性。

観光目線よりも生活目線で見た小樽の街でした。

 

 

次回はいよいよ小樽を出発して一路北上!

宗谷岬を大目標にし、毎日行ける場所までバイクを走らせる!

 

次回からはついにテント生活がスタート!

悪天候の中、北海道を北上していきます!

 

 

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!