【国内旅行】

【北海道】2020年 夏 125ccスクーターで巡る! まるっと北海道 時計回りの旅 vol.21 (寿都〜小樽)

はじめに

(“風に吹かれてしゃこたんブルー”が有名な神威岬)

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

 

昨日の夜は満点の星だったのに…

おーい!その空は何処へいってしまったのやら…。

 

翌朝…。

早朝の光で目覚めると、どんよりとした曇り空🌧🌧🌧

 

そして、起きてボチボチとテントでコーヒーを飲んでいると。

 

パラパラ…

 

あっ…☔

なんとテントを撤収する前に、大雨が降ってきてしまいました👆💦

 

撤収の時に降る雨がいっちばん大変!

テントも荷物も、雨に濡れてウエッティになってしまう(;O;)

 

しかし、進まねば 。

この場所にいても何も無いし…。

 

雨が弱くなる頃までテントの中で待機…⛺👎

そして、2時間ぐらい経った頃、ポツポツと雨が小ぶりになった。

 

 

その時を見計らって、テントの水滴をできるだけ払って撤収準備👏

朝からレインコートを着てテントを片付けするなんてツイてない😳💧

 

(今まで何度も経験しているけど、慣れないし、1番キ・ツ・イ…。)

 

 

バイクは車と違って、天候に左右される乗り物☀ 🌧 ☔

普通、観光地に出掛けて、悪天候なら「あぁ残念」ぐらいで終わるもの。

 

しかし!

バイクはそうもいかず、天候が悪くなれば、観光から寝床探しまで普段の2倍、いや3倍ぐらいの労力が掛かる☔

 

 

そんな天候頼みで、辛い時も、楽しい時も 身にしみる程に味わった2週間の旅。

それも今日でラストと思えば、雨天の中のテント撤収も苦でなくなるもの。

 

普段よりも時間は掛かったけど、なんとかテントも無事に撤収😋😋

すっかり雨に濡れてしまった、レインコートを着て寿都のキャンプ場を出発。

 

さーて、2週間ぶりに帰って来たぞー!

ってな感じで出発地の小樽を目指します🏍💨🏍💨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光客も増えてくる西積丹エリア

(岩内を走っていると、ついに出発地点の“小樽”が見えてきた)

 

寿都のキャンプ場を出発してからは、ゆっくりと天気も曇り空へ🌧

バイク旅の1番の天敵である雨もすっかり止んで、なんとか普通に走れる状態になり…😊

 

 

いつもの朝食ポイントのセコマへ🏪

 

キャンプ場を出発して、最初に到着したのが岩内町。

町は交通量も多く、店舗も多い。

 

他の町とは違って大分栄えている様子🐟

函館からのルートでは、ほとんど見なかったライダーも見かけるようになってきます🏍💨

 

岩内は普通の町で特別立ち寄るポイントも無いので、そのまま通過。

天気が悪いと、バイクを停車する気にすらなりません💦

 

 

📷観光案内は町のオフィシャルサイトにて📷

 

 

 

 

 

 

原発で有名な泊村、原発は遠くからしか見えない。

(原発のある泊村には広報センターもある)

 

バイクで岩内町を抜け北上を続けます🏍💨

 

走行していると、海沿いに普通の建物とは、少し違った建物が見えます🏢

それが、北海道で唯一であり、国内で最後まで稼働していた“泊原発”です。

 

 

泊原発は2012年に、国内最後の原子力発電所としての稼働を停止。

泊原発の停止を最後に、国内では現在47年ぶりに全ての原子力発電所が停止しています。

(執筆時点では、現在も再稼働はしていません。)

 

 

遠目から見るあの、建物の堂々した感じはなんとも言えない気持ちになります。

良い、悪い、では無くポツンと海岸沿いに建っている発電所を見ると言葉が出ないのです。

 

 

東京住まいの僕は、原発を見学したいと思えば1番近いのが福島です。

現実的に見学する。というのは不可能。

 

時間もあるし通り道だったのでもう少し近くで見てみたいのが正直な気持ち。

さて、どうしたものか…。

 

 

 

 

(広報センターは観光客0。立ち寄らず外観のみ)

 

道を走っていると広報センターがありました🏫

広報センターでは原子力のイロハが学べるような感じでしょうか。

 

 

実際の発電所までは距離は国道からも非常に遠く、入り口は厳重なゲートがあります。

警備員もいて、フェンスの周辺は一般人が多少近づきづらい感じがあります。

(岩内町からも海沿いに行ってみましたが良くは見えませんでした。)

 

 

泊村を過ぎた道路沿いから建物を見ようと思っていてもチラっとしか見えません。

西積丹の岩がちょうど良い具合に影になっているのです。

 

 

海岸線を走っていると突然と現れる強固なゲート。

そして、近づく事も、見ることも出来ないぐらい遠い場所に建っている原発。

 

建物自体を見るのは難しそうですが、ぜひ、興味のある方は広報センターへ。

入場料は無料です😊

 

 

 

 

 

 

神威岬へ到着。小雨と強風吹き荒れる。

(小雨降る中、多くの観光客で賑わっていた積丹岬)

 

再び、国道を余市・小樽方面へ。

 

北海道の日本海側、上がりきった所で斜古丹岬へ到着です🗾

この時、一度は止んでくれていた雨が再び降り始めました🌧

 

北海道の天気はグズグズしだしたら大変😨💦

バイクの場合は車と違って身を隠す場所がないからです🏍💨

 

超強風&小雨という天気…。

どうにか、これ以上天候が悪くならないようにと祈って…

 

 

 

 

(いくつかある遊歩道を通り、丘の上へ向かう)

 

駐車場にバイクを停めて、いくつもある階段になっている遊歩道を登ります。

(雨でレインコートを着ていても、屋外の観光地は気遣いが要らないので楽)

 

上に行けば行くほど海が見えてくるので風も強風になってきます🍃

岬は色々なルートがあり、1番遠い灯台がある突端まで行くのは時間が掛かりそうです。

 

晴れていれば…

晴れていれば、あの場所まで行っただろうに(;O;)

 

 

 

 

 

(突端の灯台まで遊歩道で歩いて行くことが出来る)

 

この場所から岬を眺める事も出来るし、突端まで行く事も出来る。

 

しかし、風がめちゃくちゃ強い💦

灯台のある突端まで行っている人も結構いたけど…。

 

ビュー🍃

 

帽子を抑えている人もいる様子、この場所よりも強風そうです…。

海の岬とか突端とかに行く時はやっぱり天気が良い時が1番(;´Д`)💦

 

残念ながら、お天気に恵まれず“積丹ブルー”を見ることは出来ませんでした。

次回また天気のいい日にリベンジを誓います👆✨

 

それにしても、北海道の海の青さはマジで感動モノ!

何処の海もオススメだけど、僕のダントツ好きな海は【前回の記事】で書いた上ノ国町周辺。

 

 

 

 

斜古丹から余市方面へ

(斜古丹〜余市へ。斜古丹周辺はウニが有名)

 

強風の斜古丹を後に再びバイクを走らせることに🏍💨

 

天気は悪くとも「食」は健在です!!

 

そして、このエリアの名物はウニ!

ちょうど、このあたりを通過した時は昼のごはん時間🍚

 

 

どこのレストランも観光客で賑わっていました😋

その中でもライダーが1番多く、賑わっていたのが上の写真のレストラン「新生」。

 

食べログでも、良評価のお店です☆

是非、お近くにお越しの際はウニ丼を食べてみてください🌊

 

 

 

 

 

それともう一箇所…。

最高に流行っていたお店 を紹介させて下さい!

 

もう、お店の前を通れば、人も車も大行列!

クチコミも満点の超人気店です!!

 

ここは行きたい(゚A゚;)ゴクリ

ここも次回、神威岬リベンジの時には是非行ってみたい場所!!

 

 

 

 

 

 

市街地へ帰って来た!

(斜古丹〜余市に近づくと市街地になりお店やコンビニも多くなる)

 

自然豊かな斜古丹を過ぎ、余市方面へ。

 

だんだんと見慣れた市街地の風景が戻って来ました😋

コンビニ、GSの件数も多くなり車の交通量も多くなってきます。

 

北海道を走っていると、市街地のある間が凄い長い…。

もう今は慣れたけど最初の頃は、この遠い距離でガス欠したりしないか?

 

そんな事を考えながら走って居たっけなぁ(´ε`;)

 

それが2週間、北海道を周った今は大分その距離感や地図の見かたも上達!

2週間、長いようで短い期間でしたなぁ(´Д⊂ヽ

 

そして、旅の終わりがもうすぐ見えて来ている。

ちょっと寂しい気持ちも見え隠れしてきました。

 

もう、GSも不安になって探すことも無い。

小樽に帰れば、駅前のゲストハウスで温かい布団でグッスリ寝ることが出来る…。

 

この辺りに差し掛かる頃。

走馬灯のように次々とツーリングで体験した事が頭の中を駆け巡って行きました。

 

 

 

 

さいごに

(北海道全土で何回も見た「ウポポイ」を宣伝する電光掲示板)

 

斜古丹から小樽までは、特別目立ったトラブルも無く到着。

 

2週間ぶりに戻った小樽。

小樽に着いた時には天気もすっかり回復☀

 

出発した2週間前よりも、空気が澄み、風も2週間前よりも冷たくなっていました🍃

 

北海道の気候は、東京で感じる9月下旬の頃のような快適さ😊

空の青さも来た時よりも深く、町を行き交う人の服装も長袖の人が多くなっていました。

 

 

「終わったか…」

 

 

小樽に戻って来て、1番に頭をよぎったのは、その一言でした。

 

 

この、2週間のツーリングを思い返してみれば、天気も決して快晴で最高では無かった。

正直、旅の半分ぐらいは「疲れた」という言葉がぴったり。

 

特にバイクというのは、衣服を着ているが所詮は生身で走っているわけで…。

その分、疲れるし、大変だけど…。

 

 

体で大変さを経験した分思い出も深く残る🏍

 

 

今回の北海道一周バイク旅行🏍💨

人生でやりたかったリストの1つ👆✨

 

それがコロナのお陰で海外に出れなくなった今、突然目の前に選択肢として現れた。

その選択肢を手に掴んだ今回の旅、終わってみて思えばスタートは本当突然だった。

 

準備するまでの期間は2日〜3日ぐらい。

思い立ったらフェリーを予約して、すぐにでも北海道に渡ってきた🚢

 

 

忙しかったようで、のんびりしていたな。

ツーリングが終わって後に感じたのはそんな気持ち😊

 

これで僕の北海道を周る今回の旅はおしまいです。

 

 

後は再び、新潟から東京に向かって帰るのみです🏍💨

往路は、栃木〜福島を通り新潟へ抜けるルート、帰りは17号をひたすら東京へ走りました。

 

 

今回の北海道旅行はまとめれば、旅的にはかなり面白かったです👆

北海道はやはり、本州とは全てが別格で見るもの、聞くもの全てが目新しい事ばかり👀✨

 

 

北海道は本当に雄大で、自然は壮大でした🌲🌳🌾☘🍁

是非、北海道に興味がある人は行って見て欲しい!!

 

東京から来ると空気の美味さが良くわかります!

深呼吸をするだけで気持ちいい、散歩するだけでも頭が本当にスッキリします!

 

 

 

なにか北海道ツーリングについて質問があればコメント欄にどうぞ!

無料のキャンプ場とか、北海道の季節仕事とか色々シェア出来る事があるかもです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!