【商品レビュー】

【レビュー】モンベル スペリオダウンパーカ のコスパが抜群!5年間使った僕が解説します!

はじめに

(僕が使っているのは旧型!現在、購入から5年目、まだまだ現役です)

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

筆者のRonin(Ronin@ No more work)です!

 

 

 

東京もすっかり秋の気配、朝晩は大分涼しいです!

天気のいい日は早朝から散歩に行くのが日課になっています。

 

天気の良い日、好きな時間に、好きな事をする。

それって最高の幸せですよね😁(無職だけど…)

 

 

そして、秋といえば夏と違って気になるのが天気の急激な変化…。

僕が8月に旅行をしていた北海道は特にすごかった…。夏なのに、さすが北海道。

 

朝と夜の寒暖差が凄い。

日中は半袖、ハーフパンツで過ごせるのに、夜はダウンに長ズボン。

 

1番寒かったのは、釧路、帯広辺りだったのですが、その時には8月にもかかわらず、手持ちの洋服を全て着込み、寒さをやり過ごしたもんです。

 

ここ数年、国内外を旅行する時の装備は大体変わっていなくて。

もう何年も洋服買ってないです。それは今の手持ちの装備で十分だからです!

 

何年か前からはタウンユースの防寒着といえばユニクロの、ULライトダウンが主流。

アウターの下に重ね着しても着ぶくれしないし、暖かくて便利☆

 

僕も、中古で買ったユニクロのULライトダウンを一着持っています😊

そして、それとは別にアウトドアの老舗ブランド、mont-bellのスペリオダウンも…。

 

 

このmont-bellのスペリオダウン!

とてもコスパが良く、国内、海外での旅行や登山など、何処でもOK!

 

けっこう、ハードに使っているのですが、購入から5年経った今でも1軍で大活躍中です!

ユニクロのULライトダウンとも、違った超高性能ダウン!!

 

是非、mont-bellファンの方、そうじゃない方にもオススメの逸品です😊

 

 

 

 

 

 

 

 

mont-bellの販売ページはこちらから。

 

 

 

800フィルパワー・EXグースダウン が最高の暖かさを実現!

(寒さを感じやすい首元もジッパーをフルアップする事で暖かさを内部に蓄積できる)

 

僕は、ユニクロのダウンや他社のアウトドアブランドのダウンも何着か過去に購入してきました。その中でもmont-bellの、このスペリオシリーズのダウンが1番着やすいです!

 

ジッパーをフルアップする事によって、寒さを感じやすい首元がすっぽりと包まれます!

ジャケットの中に滞留している、体温で暖められた熱は外に漏れず、いつまでも暖か!!

 

腰の部分もドローコードで締める事が出来るので、内部の空気を外に逃しません。

ジッパーをフルアップしても首元が苦しくならない所が他のダウンとは違って僕のお気に入りです😊

 

 

 

 

(流行りのタイトなモデルではなくストレートなので、着心地もゆる楽)

 

最近のダウンはウエスト部分がシェイプされていて細身の物もありますが、僕はこのスペリオダウンのようなストレートのシルエットが気に入っています。

 

普段着、アウトドア、登山、寝る時。

色々な場面でこのダウンを着用しているのですが、ストレートシルエットの為、どの体制でいても突っ張る事が無いので、どんな場面でも着ている事が出来るのです。

 

それと、僕このダウン以外にも、登山や旅行に行く時には更にこのダウンの下にユニクロのULライトダウンを着るので、タイトすぎるとウエスト部分がキツくなってしまうのです。

 

ダウンの2枚着は本当に温かいのでオススメです。

 

 

 

(ストレートなシルエットなので内ポケットのふくらみも目立ちません。)

 

僕の持っているスペリオダウンは旧型なので内ポケットはついていません。

(その分、中にもう一枚ダウンを来ているので、そちらのポケットを使ってます。)

 

それでも、あったら良いと思うのがこの内ポケット。

旧型と現行のサイズを比較して見てみましたが、大きな変更はありません。

 

スペリオダウンは凄く薄くて軽いので、裏ポケットにあまり嵩張る物を入れてしまうと、外から透けてしまったり、もっこりしてしまったりと。

 

デメリットと思うのは、それぐらいですね。

僕も次に買い換える時には裏ポケットのあるモデルを選びたいと思います😊

 

 

 

 

火の粉で穴が空いてしまっても大丈夫!自分で修理出来ますよ!

(透明の養生テープで補修した袖部分

 

175センチ、70キロの僕はLサイズを着用しているのですが、腕の長さも少し長め。

手のひらの半分ぐらいまでは、スッポリ入るぐらいの袖丈です。

 

焚き火をしている時に、良くやらかしてしまう、火の粉で穴が開いてしまう事故…。

中綿が出て来てしまうので処置が必要です。

 

 

これしきの事で修理に出すのも、どうかと思っていたので、透明の養生テープを小さく穴のサイズに貼り付けて完了です!

 

何故か洗濯しても剥がれない!

ダウンの補修テープとかを買ってみようかと思いましたが養生テープで全然OKです!

 

前述の通り、手のひらまでスッポリ入るぐらいの袖丈なので、養生テープの部分は着ている時は袖部分がたるむので補修部分は全く見えなくなります。

 

ランニングコストもバッチリです!

 

 

 

 

 

 

 

 

mont-bellの販売ページはこちらから。

 

 

 

 

(フードの部分が溶けてしまった時はローソクのロウとアロンアルファで補修)

 

もうひとつ、大きな穴を空けてしまった場所がフードの先端部分。

 

ここの補修に使ったのがローソク&アロンアルファ!

これも洗濯してもビクともしないし、しっかりと穴の部分の中綿も固まっています。

 

もちろん、中から綿が出てくる事もありません。

修理に出すと数千円が掛かりますが、これなら実質材料代だけでOKです。

 

しかも、目立ちません!

自分さえ気にしなければOKです!!

 

 

 

 

244グラムの超軽量&収納時は20cm以下と超コンパクト!

(500ミリのペットボトルと全長はほぼ同じぐらい!)

 

収納時のサイズが径11×19cmとコンパクトに収まるのも最高!

これはユニクロのULライトダウンとも同じ事ですが、やはり小さくなるダウンは最強です!

 

これが長期の旅行になる場合は、更に衣類の圧縮袋に入れるのでかなり小さくなります!

 

ギュッと詰め込んでしまえば半分ぐらいの大きさになるし、リュックのサイドメッシュの部分にも入れて持ち運ぶ事が出来ます!!

 

一度、こういうコンパクトなジャケットを手にいれてしまうと、今まで着ていたゴワゴワした分厚いジャケットとかを全く着なくなってしまうんですよね…💦

 

もう置き場所にも困らないし!

まさにコンパクトなダウンは国民服と化していますね😍

 

 

 

 

 

 

 

 

mont-bellの販売ページはこちらから。

 

 

 

 

(飛行機に乗る時の重量制限にも強い軽量素材がありがたい!)

 

今まではあまり気にならなかったのですが、一度このコンパクトダウンを手に入れると気になるのがジャケットの重量です。

 

洋服を着ていて「この服重いなぁ。」なんて感じたことは無かったのですが、このダウンを手に入れてからは、どうにも他のジャケットが重く感じるようになってしまいました。

 

僕はアジア等にサッと出かける時には、飛行機で預け荷物をしません。

機内持ち込みのみで、LCCの場合の重量は大体7Kgがリミットになるのですが、このダウンを手に入れてから衣類の重量を気にする必要がなくなりました!!

 

以前は、良く空港のチェックインカウンターで荷物の重量を測られて、重量オーバーしてしまっていた事がありました。その時に着ていたアウターの重さが1kgぐらいあったんですよね。

 

荷物からジャケットを抜いて、1Kg減った時には驚きましたw

預け荷物をする場合は関係ないですが、ライトパックでサクッと預け荷物で飛行機に乗る場合、重量を気にしなくて良いと言うのは、かなりストレス軽減になりました!!

 

 

 

 

さいごに

(春・秋〜冬と3シーズン使えるコスパ抜群過ぎるジャケット)

 

今日は僕が長年、愛用しているmont-bellのスペリオダウンジャケットの事を書きました!

 

これから、秋が深まって11月〜12月と使う場面も多くなって来ると思います。

そして、寒くなれば更に、2枚、3枚と中にダウンを着れば最強です。

 

東京ならそこまで寒くならないと思うけど…。

 

 

あと、僕はシーズンの最後になったら洗濯機で普通に洗っています。

ジャケットのタグにも「洗濯はシーズンの最後に…」と丁寧に書いてあります。

 

あまり他のブランドでは、このような注意書きって見たことない気がします。

 

「ドライで洗濯してください」とかですよね?

 

でもこれ、普通に家庭で洗ってOKと書いてある所も、ユーザー目線で考えて作られているのだな。と感じます。

 

毎回、シーズンの終わりの3月ぐらいに一度、洗濯するのですが、すっごい綺麗になります。僕のジャケットはマスタード(黄色)ですが、発色が蘇って凄い生地が明るくなります!!

 

毎年、洗濯をすると「新品をまた手にいれたような」感覚になるので、新しく買い換える気にならないのが困ったものです。表地の素材は15デニールの生地を採用。頑丈で、岩に擦れたり、枝に引っかかっても破れた事が無いのも高得点です!(現行は10デニール)

 

残念ながらユニクロのダウンは同じ状況で使っていて、生地が裂けてしまったことがあります…。(ナイロン素材使用とのみの記載で、デニールなどの番手の記載はナシ)

 

 

本格的なアウトドアからタウンユースまで。

幅広く使うことの出来る、mont-bellのスペリオダウンジャケットのレビューでした!!

 

現行モデル型番:#1101464

旧版モデル型番:#1101385

 

 

 

 

 

 

 

 

mont-bellの販売ページはこちらから。

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!