【その他】

フードデリバリーの先にあるものは?自分の専門性を探求する旅路へ。

 

 

 

こんにちは!
筆者のRoninRonin@ No more work)です!

 

 

フードデリバリーの仕事を専業にして半年。

計画していた海外渡航が中断し、日本にとどまることを余儀なくされた2020年。

 

期限が決まっていた仕事は終了。

航空券やチケットの類は払い戻しもなく1年が経過した今も宙ぶらりんの状態だ。

 

この渡航の為に会社を辞めたと言っても過言では無かった。

当時の落ち込みっぷりはかなり強烈だった。

 

1年経過した今では、その当時からしたらメンタルはずいぶんと回復したと思う。

人間は残念ながら、いつまでも落ち込んではいられないシステムになっている。

 

 

そして、最近とても良く考える事がある。

これから自分は何処へ向かって行けばいいのか?

 

自分で意識して考える事も多くなるし、他人から問われる事も多くなった。

 

「今の状態でどうするの?」

 

・・・。

 

20年前の僕からは、きっと今の状態は想像出来ないだろう。

学校を卒業し、定年まで一社で働き続ける。

 

そんな父の背中を見ていたので、僕も一生会社員人生を送っているつもりだった。

しかし、色々なご縁や導きがあり、今この場所にいる。

 

自分で選択した道が正解なはずなのに。

 

僕が今一番、盤石にしたい考え方が仕事についてだ。

仕事と言っても「生活の為の」仕事ではなく、「夢中になれる」仕事だ。

 

フードデリバリーの仕事は良い。

仕事自体は簡単だし、収入も普通の会社員ぐらいか、それ以上は稼ぐことが簡単に出来る。

 

会社で営業職をしていた時にように年配者へのヨイショも顔合わせだけの会議もいらない。

建設業をしていた時のように毎日通勤に3時間を要したり、朝5時に起きる必要もない。

 

しかし、このフードデリバリーの”簡単に出来る”ということが良いことでもある。

良いことでもあるが危惧しなくてはならない事でもある。

 

そう、僕は人に「あなたのプロフェッショナルは?」と聞かれた時の回答がないのだ。

特に海外にいると、この質問をされる事が多い。

 

よく言われる事として海外には、日本のような”総合職”のような人は少ない。

日本の外に目を向ければ”専門職”の人が多く、会社を辞めてもスキルは持ち運べる。

 

しかし、日本は同業他社には向こう何年就職してはならない。

などの念書を退職する時に書かせたりする文化がある。

 

僕が会った人は皆それぞれなにかの専門職を持っていた。

パン屋、電気屋、服飾屋など…。

 

若い時には強く意識しなかったが、この年齢になると自分の専門性というのを強く意識するようになる。意識しなければそのまま通り過ぎて行くが意識すると深く考える。

 

そう意識する一番の理由は、同調圧力、つまり周囲の人と自分が違うからに他ならない。

そして、仕事や趣味等、一点の事を極めていない僕は一つの物を極めるという楽しみを他の人よりも知らないだろう。

 

フードデリバリーの話に戻そう。

 

簡単だと言うことは、逆に考えれば簡単で誰でも出来る。

技術もいらない。

 

ということは誰でも変えがきくし、変えがなくてもそこまで困らない仕事なのだ。

 

人は上手く行き過ぎると不安になるという。

 

僕も色々と毎日考える事や不安になることもあるが、大体が順調だ。

健康だし、食べ物の好き嫌いもない。

 

そんな健全?な生活を送っていても思考は常にフル回転している。

 

風呂に入っている時、

トイレに入っている時。

電子レンジの温めを待っている時間。

洗濯機のぐるぐるを見ている時間。

 

考える、考える。

目標を見つける日々が毎日のようにループする。

 

最近、この打開策を発見した。

 

それは「人に会うこと」だ。

 

僕は今までの人生の中で多くの人に助けられて来た。

仕事にしても、海外渡航にしても、とにかくどんな場面でもだ。

 

昔はその目に見えない「運」のようなものがあったのだが最近はめっきり感じなくなった。

上手くいっていたのはなぜか?

 

それは困った時にはいつも相談に乗ってくれる人がいたからだ。

困った時には人に相談すると、今まで自分の中にあった悩みに新しい選択肢が生まれる。

 

問題に対し、対処する時に3択しかない選択肢が4択になったり5択になったりする。

僕の尊敬する友人がその昔僕に言った事が印象的で、こんな時こそ思い出す。

 

「お金もチャンスも持ってくるのは人だから。独りになっちゃだめだよ」

って。

 

ひとり暮らし。

フードデリバリー。

コロナ渦。

 

昔と比べ、今の自分自身考える事が多くなった理由は環境変わったからだろう。

最近は新しい出会いを全くしていない。

 

そうだ、これからは人にどんどんと会って行こう。

マッチングアプリに挑戦するのも良いかも知れない。

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!