【ワーキングホリデー】

【AUS#01】新卒で就職した会社を退職!!正社員のキャリアを捨てワーホリへ出発!!

【姉のお古のピンク色のスーツケースと38Lのザック】

 

こんにちは!
筆者のRoninRonin@ No more work)です!

 

2011年 秋。

 

僕はオーストラリアのシドニーの地に降り立った。

日本からオーストラリアのシドニーへは大体7時間ぐらいだっただろうか?

 

「あぁ体がだるい…。」

 

オーストラリアのシドニー空港に降り立った時に体はどっと疲れていた。

 

幸い日本とオーストラリアの間の時差は1時間と少ない。

シドニー空港に到着し、英語の看板が目に入って来る。

 

「ようやく日本を抜け出すことが出来た」

 

しかし、それと同時に感じた印象としては、「想像していたよりも外国っぽくない」。

その理由は、どうにも欧米の雰囲気でもアジアの雰囲気でもない。

 

欧米とアジアの中間と言った感じだ。

空港内の人を見回しても白人というよりもアジアっぽい人が多い。

 

 

【11月の成田空港のロビー。10月〜11月は閑散期なので飛行機も安い】

 

これまでの僕の海外渡航経験はアメリカ、タイ、ベトナムの3カ国。

まだまだ、海外の渡航経験としては少なく知識もない。

 

そして、もちろんだが英語は「イエス・ノー」しか話すことが出来ない。

中学高校の英語もほぼ一番下の成績だった。

 

なぜ、僕はこの場所にいるのか?

2011年の2月に、新卒で4年間勤めた会社を退職した。

 

会社を退職した理由はワーキングホリデーに行こうと思ったからではない。

 

理由は別にあって、色々と手を付けた結果…。

どれも成されず「これからどうするかなぁ」と考えた結果。

 

 

【オーストラリアドル。手数料がバカ高い日本の両替所で3万円分ぐらい両替した】

 

有り余る程の時間。

少々の貯金と失業保険を受給し手元に現金を持った僕が考えついた答え。

 

それが「何処かの国で生活して見たい!」ということだった。

 

そして、会社を退職した年の11月。

決して準備万端とは言えない無計画のまま、この地に1人やってきたのだった。

 

 

 

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう!
また次回の記事もよろしく!!