【ワーキングホリデー】

【AUS#44】ひとり旅の魅力とは?自分に向いているスタイルを考えた日の事。

(早朝出発の特権は美しい朝日を見れるところ!!)

 

 

こんにちは! 筆者のRoninRonin@ No more work)です!

 

 

【前回の記事】はこちらから。

【AUS#43】自然の宝庫!! 美しい海の青さにココロオドル 西オーストラリアの海よ!! (今日の早朝の空は珍しく曇っていた…) 【前回の記事】はこちらから。 htt...

 

 

 

 

 

メンバー間でのちょっとした違和感

(早朝のエスペランサの街の風景)

 

 

created by Rinker
¥1,320
(2021/12/05 04:18:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

 

再びWS(西オーストラリア州)のラウンドは続く。

 

今日はWSの中でも有名な名所「ウェーブロック」を訪れる事にした。

西オーストラリア最大の都市、パース方面に向かう途中にある場所だ。

 

今日の出発も相変わらずの早朝出発だ。

そして、僕はこの日少し寝過ごしてしまった。

 

ラウンドを開始して、毎日宿に宿泊している。

それは、ある日は3人で個室に泊まったり、ある日はドミだったり。

 

そして、この日は同室で3人で宿泊していた。

翌朝、僕が目が覚めると、別の2人はすでに荷物を車に積み込んでいる最中。

 

そのドアを開け締めしている音や外からの冷気で目が覚めた。

 

大体、前日に翌日に出発時間を決め、逆算して起床時間を決める。

各自、同室で居ても、個々人が目覚ましをセットしているのだ。

 

僕はたまたま、その日、目覚ましをセットしたかどうかは忘れたが…。

起きた時には無言で他の2人はチェックアウトの段取りをしていた。

 

「誰かが起こしてくれる訳ではないのだ…。」

 

僕はその時に少し、このメンバーへ甘えてしまっているのか?

と考えた。

 

僕は慌てて2人に謝罪をし、すぐに準備を始めた。

2人は、僕を一瞥し再び自分たちの作業に戻っていった。

 

この時期から、僕は少しこのメンバーでのラウンドに違和感を覚えていった。

一緒に旅をしているが、友達同士という感覚ではない…。

 

今まで、経験したことがなかった事だったので少々戸惑ったが…。

自分の甘さが相手に悪い印象を与えてしまったのでは?

 

という思いが頭をよぎり今日のラウンドがスタートした。

 

 

 

 

ウェーブロックに到着

(奇岩ウェーブロックは長い期間を掛け自然にこの形になった)

 

エスペランサの街から車で約380Kmを走行。(グーグルマップで計測)

 

西オーストラリアの名所、ウェーブロックに到着した。

高さは15M、長さは100Mほどあり、間近で見るとかなりの大迫力である!!

 

西オーストラリア最大の街、パースから日帰りで訪れる事も出来る事から観光客も多い。

ここでは数人のオーストラリア人観光客の人たちと話しをする機会があった。

 

 

(日本とは違う、赤く乾いた大地が南半球を感じさせる)

 

日本人だというと、「わぉ!珍しいわね!!」と言われた。

確かに、ワーホリで訪れる場所と言えば大体が東側、シドニーやゴールドコースト、ケアンズとなるから、現地の人からすれば日本人を見るのは珍しいのかもしれない。

 

 

 

 

 

宿泊先の街ALBANYに到着

(ALBANYの街も他の街と同じように夜は静かで人通りも無い)

 

今日の走行距離は大体730Km。

 

夜には海沿いの街、ALBANYに到着した。

今日の宿は、この街にあるYHA、予定どおりである。

 

このYHAは今までのYHAとはちょっと違ってオシャレな感じで…。

 

 

(YHAの中に入ると、サイケデリックなアートがお目見え)

 

受付を済ませて中に入ると、なんともド派手な内装。

 

廊下からリビング、室内まで壁という壁にアーティスティックなペイントがされている。

今までのYHAと違ったのは内装だけでは無く、宿泊客も多いという点。

 

 

(リビングにある暖炉の上にはツリーが描かれたペイント)

 

宿には僕ら以外にも沢山の旅行者が宿泊していた。

 

その、ほとんどが自転車旅行者、通称チャリダーの旅人たちだった。

国籍も性別も様々で、彼、彼女らはとてもフレンドリーだった。

 

チャリダーの宿泊者達は、とても馴染みやすく、ストイックであり、優しさがあった。

そして、節約旅であり最低限の持ち物等、無駄の無い旅のスタイルが魅力的にも感じた。

 

そんなチャリダーとのふれあいを楽しみながらも、翌朝の早朝出発の為に早めの解散。

彼らと「グッバイ!」を交わし部屋に戻り就寝をすることにした。

 

 

明日は寝坊をしないようにしっかりしないと…。

 

 

 

さいごに

(僕が宿泊したドミトリーの室内)

 

この日は他の2人とは別の部屋で宿泊する事になった。

 

僕は数人でシェアするドミトリー、2人は個室を取った。

旅費を節約したい僕、節約よりも快適さを優先したい2人。

 

翌朝の集合時間を決めお互いに部屋に入った。

僕は、2人と別れたあともラウンジに集う旅人達との談笑を続けた。

 

僕は他の2人と違い、まだまだオーストラリアの滞在歴も浅く、このような知らない人との出会いが新鮮に感じ、新しい話しが聞ける場がとても楽しく感じていた。

 

聞けば、そこに集いメンバーは皆、ひとり旅をしている人が多かった。

道中はひとりで孤独かもしれない、しかし旅人が集えば一人ではなくなるのだ。

 

「ひとり旅とはなんと魅力的なのだろう…。」

 

僕は今まで旅行というものは人と行くものだと思っていた。

しかし、この場所にいる人達は皆が一人で、旅行の期間も何週間、何ヶ月…。

 

と、とても長い。

 

ひとり旅ならば…。

自分で好きに行程を決め、食べ物も好きに決め、誰と話すのかも自由なのだ。

 

 

自分はグループで旅行をするよりも「ひとり旅」が向いている人間なのではないか?

こうして、他のメンバーと別れて一人になると改めて強くその思いを感じた。

 

 

 

記事を読んでくれてありがとう! また次回の記事もよろしく!!