【サイト管理人】

都内在住30代(元)会社員。

東京都内の私立高校を中退。

その後、二十歳を過ぎるまで日雇い労働や飲食店のバイトを経て、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)を受験。2回目の試験で資格を取得。

(日雇い労働仲間のおじさんに「俺は学が無いから、今も苦労しているんだ。悪いことは言わないから今からでも勉強した方がいい。」と言われ、大学入学+就職することを目標とする。)

無事に試験に合格。大学へ入学しようと考えるが貯金が足りず大人の事情で短大に入学するが、想像していた大学生活とは程遠い地味な大学生活を得て就職活動に突入。

2年ダブリで4年制大学卒業生と、ほぼ、おなじタイミングで就職。都内の不動産管理会社に就職するが4年語の2011年、友人から別の仕事に誘われ転職。新卒で入社した職場を退職しやる気満々で転職するも転職先の景況が不安定で転職後、一ヶ月で解雇される。

失業保険を受給しながら転職先を探すが100通の履歴書を出して9割以上の不採用通知。それを見ているうちに「一体自分は何をしているのだろう?」と思いはじめる。

会社を辞める事=駄目な事。
と思っていたぐらい視野が狭い人間だった。

失業保険が満了しそうになったタイミングで焦って就職した先が、恐ろしい程のブラック企業で同期10人がほぼ一ヶ月が以内に全員、退職してしまう。この頃から必死に就職活動をすることがアホらしくなり遊んで暮らせる方法はないかと、真剣に考え始め、ブラック企業の給与+失業保険を使ってオーストラリアへワーホリへ。

語学学校で英語を勉強して帰国し、会社員の道へ戻ろうと決意するもワーホリ先で沢山の価値観に触れ、現地で2年間を過ごした後にオーストラリアで稼いだ金を使ってアジアを放浪。

完全に旅にハマる。

帰国後、不思議なもので縁があり面接なしで外資系の貿易商社へ再就職が決定。前に失業した時には、あれだけ頑張って就職活動をしたのに就職が決まらなかったのが嘘のようだと感じ世の中の不思議を考え始める。

2回目の就職では、前職以上の好条件で、再就職するも旅の衝動が抑えられず毎年2回の海外旅行をする為に煙たがられながらも長期休暇を取得し続ける。その後期限を決めない旅行をしたいと思い2018年に4年間働いた会社を退職。

「もったいない。」

周りの人に会社を退職した事を言われるも、本人は全くそんな事を感じることなく趣味の写真を撮りながら行きたい場所へ行く生活を続けている。

時間と場所にとらわれず好きな生き方をする。

そんな生活を目指しています。

現在の旅の様子はTwitterで更新中!!

Ronin walker420

記 2018/04/26

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする